様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

外国人の活用は「我慢と根気」が基本

2019-07-07 15:12:32 | グローバル人材育成
一昨年の春、顧問先に新卒インド女性のKさんが私お顧問先に入社してきました。

顧問先の会社は、ビル管理会社で、ビルの電気設備等の管理、清掃、受付、警備などの業務を請け負っています。

Kさんは日本の国立大学の工学部建築科を出た今人気の理系女子です。

我々の英語が完璧でないのと同様、彼女の日本語は完璧ではありませんが、日常会話で困ることはありません。

本当はイギリスに留学したかったが、お父さんの勧めで安全な日本に来たのだそうです。

入社後は、会社が管理しているビルで実習。

その後は、C部長の直接指導のもと見積作成、請求書処理など基本業務を習得。

その頃、C部長が「おーい、Kさん、なんでこうなんだ」「え~~」と10回くらい繰り返していました。

KさんにC部長のシャチハタの判子を使って書類に判を押させたのですが、押した方向が、横向き、逆さ、いろいろで、結果、C部長の雄叫びとなったのでした。

「C部長、我慢、我慢」こういうことを外国人を雇ったときの楽しみにしないとね。

日本人が当たり前にやれることも、当たり前でない(かもしれない)ひとには根気よく教えないといけませんね。

「我慢と根気」が、外国人活用には必須です。

一年半たった今、頭の良いKさんはC部長の右腕に近い存在になっているようです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訪問先の国に迷惑をかけないように!

2019-07-04 02:28:19 | 旅の安全
海外出張や赴任にはリスクが伴う。

個人の努力だけでは防ぐ事のできないリスクもあるが、個人でも最大限の注意を払うべきである。

現地の人でさえも躊躇するフィリピンの最貧地区に行ってしまう日本人。

スリに掏ってくださいと言わんばかりにジーンズのおしりのポケットに財布を入れた日本人など平和ボケの日本人が散見される。

個人が注意を払うべき安全に関わる項目を以下にまとめてみた。出発準備の一環として、治安情報サイト、外務省やJETROのホームページなども活用して研究すること。

少なくとも知らない土地での夜の歩行・タクシーでの移動は避ける、宿泊先は治安の良い場所にする、訪問先近郊の治安情報を確認する、は最低限必要だ。

・犯罪・テロ・政情不安(殺人、強盗、強姦、住居侵入、窃盗、売買春、賭博、違法薬物、爆弾テロ、反政府行動など)

・自然災害・事故(洪水、交通事故、火災など)

・健康(病気‐デング熱・マラリア・住血吸虫病・HIV・狂犬病・消化器系感染症、不衛生など)

・風俗・習慣(政権批判、宗教批判、叱責など)

・ユニークな法律(喫煙、ガム、道路横断、ポイ捨て、猥褻図書、輸入制限品など)

・その他(写真撮影、旅行制限、政治活動、機密漏えい行為、宗教活動など)

このようなリスクをどうマネージするかも海外出張や長期滞在の楽しみともいえる。

「自己責任」の意味を問い直し、訪問先の国に迷惑をかけないようするべきである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加