様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

英語力の価値

2019-03-02 22:44:11 | 英語教育
外資系のIT企業や製造業で人生の大半を過ごしてきた私が、外資系証券会社と付き合ってみて感じたのは、「英語力の価値」ということです。

「英語力」は、グローバル化社会の必須のスキルの一つです。当該外資系証券会社の日本人スタッフの英語力は、本当に高く、ネイティブに近い人が集まっています。会議もメールも基本は英語。だからと言って、給与が特別良いわけではありません。ただ、ここまで高いレベルの英語力のある人材は少ないので、仕事を失う可能性は少ないと思います。

一方、私がいた製造業はどうでしょうか。特に、エンジニア。「英語が苦手なので理系へ」といった進路選択がまだ行われているとは思いたくありませんが、私がいた外資系企業といえども英語のレベルは高くありませんでした。しかし、英語がある程度できれば、例えばTOEIC730点以上であれば、海外出張もでき、プロモーションの機会も増えます。

英語ができてあたりまえのマーケットと英語力が貴重なマーケット、あなたは、どちらに進みますか。

もちろん、英語はあくまでもコミュニケーションツールでそれ以外に、専門性のあるスキルに磨きをかけなければなりませんが。

齋藤信幸

コメント
この記事をはてなブックマークに追加