様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

ハイジャックそしてクラッシュ!Ronさん、九死に一生(10)

2021-02-07 00:13:58 | 旅の安全
緊急事態宣言が3月7日まで延長になりました。国内旅行や出張もままならない現在、海外旅行・出張はほぼゼロ。

では、コロナ禍が明けたらどうなるのでしょう。

コンサルティング会社マッキンゼーの調査によると、B2Bの意思決定者の70から80パーセントが、リモートセールスが好ましいと思っているそうです。
面談による営業に戻ると信じている人が多いようですが、そうはならないと断定しています。
実際、リモート営業を取り込んだ新たな仕組みの90%はそのまま残ると予想しています。

このようにビジネス環境が変化するため、ウォール・ストリート・ジャーナルは、ワクチン接種が始まりCOVID-19から回復できたとしても、
ビジネストリップの19~36%はなくなると予想しています。Zoom等による会議が普及し、世界を飛び回る出張は激減するでしょう。
ネット上で旅をする、「面談」する・・それがグローバルビジネスのスタンダードになるでしょう。

では、古き良き時代にもどり、ハイジャックの話の最終回です。今後は、コンピュータシステムの乗っ取りがますます増えますね。

I was contacted by a movie producer in Germany that was researching the crash a few years later. I had to go to Egypt for work, so we decided to meet in Frankfurt, Germany. It was interesting, but just at that time the pilot was there from Ethiopia and I met him. We were on the same German program together.




 
The pilot of the Ethiopian Airlines plane and me in 1998

On my last trip with Isuzu Motors, I met Rani and her family finally in Bombay several years later. I met their daughter for the first time. I met her son Sanjay while I was on Reunion together, and saw him again. That was our last meeting, but I learned the daughter got married a year or two after that and moved to Lagos, Nigeria. She is now has her own children, so Rani is now a grandmother. We share pictures with each other all the time now on Facebook. I am considered part of their family, and they are part of mine.

次回からは、Ron-sanのライフ・ストーリーから私が特に気に入っている「青春時代」をお届けします。

60代の方は、1970年代の米国の若者の姿から当時の自分を思い浮かべるのではないでしょうか。

私もそうです。良いことばかりでなかった青春時代。

***************************************************************************************

齋藤信幸の生産財の営業はここ。

齋藤信幸のロングステイはここ。

***************************************************************************************

コメント   この記事についてブログを書く
« ハイジャックそしてクラッシ... | トップ | Ron McFarlandの Personal Jo... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

旅の安全」カテゴリの最新記事