様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

ハイジャックそしてクラッシュ!Ronさん、九死に一生(9)- PTSDとの戦いも。

2021-01-31 11:42:11 | 旅の安全
1月が間もなく終わりですね。

緊急事態宣言が出て、ちょっとした「お出かけ」はできても、旅行は厳禁。海外旅行は来年?

先週の火曜日に代休を取り、週末よりも人出が少ないであろう明治神宮を参拝。正月の参拝は、かれこれ48年続いています。

今年はそれにしても参拝者が少ない。海外からの旅行者もいていっぱいだった昨年の正月とは比べ物にならない。

しかし、とても厳かな気分にはなれました。







では、ロンさんの話の続きです。



帰国するも更に6か月入院。
I returned to Japan a month later. After returning, I was in the Isuzu hospital for six months and was not allowed to work. Finally, I went home for Christmas, 1996. I met my friends in the neighborhood and finally slept in my own bed.

そしてPTSD。
At that time, the posttraumatic stress really started, and I spend whole nights just shacking. It was so bad that even Taeko couldn’t sleep which is something. Taeko can sleep standing up. Still today I don’t sleep that deep, but am very comfortable taking plane flights.

I met part of Rani Nanakani’s family in Bangalore, India on my way from Singapore to Turkey a couple years later, in 1998. I was on a business trip and decided to route it through India. I met the same brother I met in Reunion, Rani’s other brother, her sister that lives in Canada and Rani’s Mother. It was wonderful, but I couldn’t meet Rani, her husband or their children.

***************************************************************************************

齋藤信幸の『理詰めの営業』はここ。

齋藤信幸のロングステイはここ。

***************************************************************************************

コメント   この記事についてブログを書く
« ハイジャックそしてクラッシ... | トップ | ハイジャックそしてクラッシ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

旅の安全」カテゴリの最新記事