様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

橋本氏がロシア語の文法の本を英語で出版

2014-04-20 15:12:56 | 雑記
前回紹介した橋本行英氏がロシア語の文法の本を英語で出版。

タイトルは、「Effective Learning of the Russian Verbal Aspect Based on Novel」。ロシア語を学ぶ上で最も難しい動詞アスペクトというものを平易に解説したとのこと。

具体的な内容は、以下のとおり。AMAZONにあるので、検索してください。

内容紹介

This book provides intermediate Russian learners with a clear and effective guide for mastering the Russian verbal aspect, which is definitely the most difficult part of Russian grammar for non-native speakers.
Features:
● A practical guide to the Russian verbal aspect for intermediate Russian learners
● Schematic tools for a clear understanding of the verbal aspect
● The “action box”, a new visual tool that successfully tackles the difficulties of the aspect
● An easy-to-understand explanation for tackling difficulties and problem areas
● Solutions to the often-encountered confusion over the verbal aspect
● An emphasis on the modern Russian language rather than the classical language

ロシア語の動詞アスペクトを最新のメソードで解説した画期的参考書
ロシア語を学ぶノンネイティブの学習者は上級者でも「アスペクト」をきちんと理解し
使いこなすことは大変難しいと言われています。ネイティブで文法的知識をしっかりと
学んできた人でも、いざノンネイティブに教える時、説明方法に迷ってしまいがちな
「アスペクト」。その「アスペクト」ついて、メジャーな学説をベースにロシアだけでなく
英国での研究も参考に、著者独自のビジュアル化等の最新の手法を使った実践的解説書。

日本語の解説書では、マーケットは小さすぎますが、英語で書けば世界中にマーケットが広がりますね。これぞグローバル戦略。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加