様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

利下げ競争が始まりそうですが、フィリピンの金利は?

2019-08-23 22:06:05 | 地域研究
今晩、FRB議長がジャクソンホール(わが町、調布の店ではありません)で利下げに言及するかに注目が集まっています。

以下は、本日届いたフレンドシップクラブの便りから。

〇1年定期利息6.7%、日本どんだけ~

滞在中、日本の家内から電話が入る。

定期預金の証書を探してほしい。

簡単に見つかりました。優良銀行メトロバンクのものです。

何気で見ると、1年定期、その利率が・・・、うそだろ!!。

なんと6.7%!!。

預けている額(大した額ではない)が、大きいと言っても、すごい利率です。

支店長曰く、もっと預けてくれたら、まだ、上乗せするそうです。

例えば、1000万円預けると、1年の利息67万円、源泉ひかれて50万円残る。

日本では、利率0.15%、利息15,000円、源泉ひかれて11,250円。

約50倍弱の差です。

年金生活者の両国比較です。

比国試算)

年金手取り15万円+1000万円定期預金利息手取り4.1万円。

計19万円。まあまあのフィリピンでの生活費です。

日本資産)

年金手取り15万円+1000万円定期預金利息手取り0.1万円

計15.1万円

泣ける、何の足しにもならない。

しかし、比国で6.7%金利は、優良顧客用です。

だれでも、同じ金利ではありません。

優良顧客とは?、銀行側の判断ですから、何とも言えません。

自分が優良顧客かは、銀行の支店長と話してみるしかありません。

まずは、優良行の支店長と、顔なじみになることです。

やはり老後はフィリピンで。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「中国実習生、2人殺害容疑」で考えること

2013-03-18 01:45:04 | 地域研究
「中国実習生、2人殺害容疑」、3月15日の朝日新聞の見出しです。テレビでも報道されましたので、皆さんもご存じだと思います。

広島県江田島のカキ養殖業の工場で社長と従業員の2名が死亡し、6人がけがをした事件です。

なぜ、実習生は惨劇に及んだのか、報道されていることの一つは、社長に頻繁に怒られていたことです。社長は、実習生にしっかり仕事を学び、実行して欲しいと望み、叱責したのでしょう。

実習生はどのような状況の中で叱責されたのでしょうか。皆の前で、あるいは、会議室に呼ばれて。日本語はどの程度分かっていたのでしょうか。社長が怒っていることは理解できたと思いますが、話す内容をどこまで理解できたのか。

国によっては、大声での叱責や人前での叱責をされた場合、二度と協力しなくなるか、辞めてしまう傾向があります。辞めてすぐに帰国できない実習生にとっては、仮に非が本人にあったとしても、辛い日々であったと推察されます。

厚生労働省の「外国人雇用状況の届出状況」によると外国人労働者数は、平成24年10月現在68.2万人となっています。外国人労働者数は、過去10年で約3倍となっており、国内における外国人との協働の機会は増えています。

グローバル化は海外展開だけではありません。国内のグローバル化に対しても、マネジメントやコミュニケーションの方法、地域研究等の研修をしっかり行い、惨事を繰り返さないようにしなければらりません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加