様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

理事のRon McFarland氏が、自伝「Global Interaction & Understanding」を発表。

2016-02-08 22:38:24 | Ron's Life Story
当協会理事のRonald Dale McFarland氏が自伝「Global Interaction & Understanding - A Personal Journey」を発表しました。



米国のサンフランシスコに生まれ、州都サクラメントで育ったMcFarland氏は、いすゞ自動車の日本法人に22年在籍し、現在は建設関連工具メーカーのユニカの海外営業部長として活躍しています。ユニカでの在籍期間も14年目となっています。

McFarland氏が何故海外に、しかも、全く異なる文化の日本に興味を持ち、どう日本企業の中で異文化と向き合ってきたのか。

また、いすゞ自動車の営業・サービストレーニング担当等や、ユニカの海外営業部長として、80か国以上の人々とどうビジネスを行ってきたのか。

この自伝は、McFarland氏と同様な仕事に就いている方々やこれからグローバルな舞台で活躍しようとしている方々に有益な示唆が得られるのではないかと思い、当ブログで5か月に亘り連載しました。

好評につき再度掲載させていただきます。

前回もお断りしましたが、通常のブログより若干ながめの文章で掲載させていただきますが、よろしくお願いいたします。

その後の変化は、Ronさんが4月からフルタイムではなくゆったりと過ごせる体制で仕事をすることになったこと、今夏、お孫さんができること、などでしょうか。

では、また、長期になりますが、お楽しみください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加