GESブログラブ -知への招待- GES PREPSCHOOL

WebLog_Love Site ∬xydx May You take a walk for Intelligence

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

正しい努力が実らない場合のために、塾はある

2019-05-06 11:31:50 | 人生
前回、マイノリティは人が見えないものが見え、人が見えるものが見えないと話した。
では、マイノリティは人が見えるものを見えるようにするにはどうすればよいか。
メガネを掛け替えさせ、見えるようにすることである。
そのメガネが塾にある。
マジョリティのメガネを掛けさせることは、塾の技術、職人技である。
表から見えなければ、裏から見る。
切り口を変える方法もその一つである。
大半の者は物事の全体像は見えていない。
ある角度から見る者の人数が正規分布曲線の±2σ内に集中している。
この標準偏差外のマイノリティ者は見えないが、角度を変えると見えるのである。

学習は真似である。
新たな発見は不可能に近い。
ならば、この真似が角度を替えた見方なのである。

もう、お分かりでしょうが、この真似技術が塾の得意技です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 正しい努力は大半が実るが、... | トップ |   

コメントを投稿

人生」カテゴリの最新記事