食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大
暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

「桜疑惑」安倍首相は「4つの山口」を責任解明しない限り年内退陣に追い込まれる/少数派

2020年01月13日 | 特設|桜を見る会疑惑
Ns170minoritytp 少数派シリーズ/政治情勢   特設|桜を見る会(桜疑惑)
「桜疑惑」安倍首相は「4つの山口」を責任解明しない限り年内退陣に追い込まれる|VOL9

191117m59edfa94a32033e7151da42820e4d656_

“桜を見る会”の安倍首相の税金私物化・公私混同・出鱈目さ
首相は往生際が悪く、「4つの山口」から逃げ回っている
新年には国民が桜を見る会のことを忘れると思っているが、どっこい!そうは行かぬ
メディアはもちろん国民全体が、この問題を追及していかねば

安倍御用達・提灯持ちジャーナリストと揶揄される
田崎史郎氏は新年が明けてから、盛んに
安倍首相はオリンピック後の9月から年内中に退陣するだろうと言っている
田崎氏の思惑は、安倍首相がズタズタになる前に慮ってのことだろう
こういうジャーナリストの存在が、日本を駄目にする
(そもそも、こういう思想の人間はジャーナリストとは呼ばぬ)


田崎氏の見解とは異なるが
安倍首相は桜を見る会の「4つの山口」問題に対し
責任解明しない限り、本当に年内退陣に追い込まれるだろう

さて「4つの山口」とは?
◆1つ目の「山口」は、安倍氏選挙区の山口県の後援者850人を招待
選挙対策に税金を使ったことはは明らか、後援者がホテルで飲食した費用は
一部、安倍事務所が負担していたのではないか?の疑惑

◆2つ目の「山口」は、桜を見る会に招待されたジャパンライフ元会長の山口隆祥
高齢者を騙した大規模詐欺集団の山口元会長と安倍首相が
長期に関係していたことは事実
ついでに田崎氏も、ジャパンライフの宣伝に一役買っていた
(一時TV出演自粛や火消しに躍起だった)

◆3つ目の「山口」は、公明党の山口那津男代表
山口代表になってから公明党は自民党の言いなり
かねてから公明党の下部党員・女性支援者に突き上げられていた
桜を見る会の安倍・山口氏の乾杯ツーショット報道が盛んに流れ
公明党全体に不信感が出てきたこと
最近は若干ながら、公明党は安倍首相と一線を画す動きが出ている

◆最後の「山口」は、桜を見る会と違うが元TBS記者の山口敬之
伊藤詩織さん(仮名)に性暴力を加えた卑劣な男
逮捕状が出されたが、逮捕直前になって突如執行されなかった
それは山口氏が極めて安倍首相に近いからとされている


安倍首相は苦しくなると、またいつもの丁寧に・真摯に対応すると言い出したが
「4つの山口」に対しては、全くのダンマリと証拠隠しに明け暮れる
その手法が国民から嫌われ、年内退陣に追い込まれることになるのが
未だに己の立場が分かっていない裸の王様状態  (*退陣ではなく崩壊だろう)

トランプ大統領に無理難題を押し付けられても、何1つ文句を言わぬ(言えぬ)
北方領土・拉致家族は帰らず  アベノミクスも失敗
実行力はなく、ただ「やっているポーズ」を見せるだけ
しかし右翼思想だけに、唯一改憲には意欲を燃やす

「改憲」より、4つの山口に対する「会見」を
上に立つ者は、国民に謙虚であらねばならぬ
謙虚・真摯・丁寧なのは、家庭内の昭恵夫人の前だけか・・・

Sankoub 桜を見る会特集
次号/10・松尾貴史コラム◇安倍首相年頭から「改憲」意欲示すも「桜疑惑」への発言なし
前号/8・松尾貴史コラム◇「桜疑惑」を終わらせるな!国民愚弄の地獄の安倍政権と根比べ

TOPページへ

この記事についてブログを書く
« イラン攻撃を指示したトラン... | トップ | 緊迫強まる中東イラン・自衛... »

特設|桜を見る会疑惑」カテゴリの最新記事