フリースタイル社員の部屋

フリースタイルのスタッフがリレー形式で綴るブログ。投稿をお楽しみに!

ティッシュペーパー

2020年02月27日 | その他

社員のT.Kと申します。

今回はティッシュペーパーについてのお話です。

昨年の忘年会で、高級ティッシュを頂き、
普段使っているティッシュペーパーとどれほど違うのか比較してみました。
種類は<保湿ティッシュ>と<ティッシュ>に分かれています。

比較候補は以下の5点です。
①.西友のティッシュ
②.王子ネピア 大人の鼻セレブ
③.クリネックス ティッシュー 至高 SHIKOU
④.クリネックス ティッシュー 至高 極 KIWAMI
⑤.エリエール 贅沢保湿


価格、柔らかさ、拭き取り、匂い、味を五点満点で評価しました。

価格  :②~⑤の価格はモノタロウから引用しました。
     販売店で、価格が前後あると思いますが、ご了承ください。
     が多いほど価格が高いです。

柔らかさ:触った感触や潤を比較。
     が多いほど柔らかいです。

拭き取り:醤油をテーブルに垂らして一組で拭いて醤油の染み込み方やて手が汚れるか比較。
     が多いほど拭き取りが良いです。

匂い  :嗅いでみたら匂いが気になるか比較。
     が多いほど匂いがするようになります。

味   :舐めてみて感じる味の感想です。
     多いほど味がありました。
     ※一番聞かれることが多かったので比較対象にしました。

①.西友
  ティッシュペーパー(5個パック)

↓右:1組の写真  左:拭き取り実験後の写真↓


<ティッシュ>
2枚重ね
枚数:300枚(150組)
価格:38円 ※1組あたり0.256円
(5個パックの値段:192円(税込))

一般的なティッシュペーパーです。
外装はフィルムになっているので、ゴミが減らせます。
鼻をかむのには私はあまり使いませんが、
汚れを拭いたりメイク等で何かと万能なので常備しています。

・価格は、コストパフォーマンスに優れ①~⑤の中で最安値です。
・肌触りは、比較した中で一番ガサガサでした。ずっと鼻をかむと鼻の周りが荒れます。
・拭き取りは、醤油の吸込みは①~⑤の中で抜群に良いですが1組だと手まで醤油が染み込みました。
・匂いは、ありません。
・味は、ありません。水分がティッシュに持っていかれます。

価格  :☆☆☆☆
肌触り :☆☆☆☆
拭き取り:★★★
匂い  :☆☆☆☆
味   :☆☆☆☆


②.王子ネピア
  大人の鼻セレブ

↓右:1組の写真  左:拭き取り実験後の写真↓


<保湿ティッシュ>
3枚重ね
枚数:450枚(150組)
価格:549円(税込)※1組あたり3.66円

「ハナセレブシリーズ最高級ティシュ。」
パッケージは塗り絵になっており、可愛いですね。

・価格は、①.西友のティッシュと⑤.贅沢保湿より高めです。
・肌触りは、柔らかく、しっとりとした感触です。
 3枚重ねだからなのか、⑤.贅沢保湿よりは少ししっかりとしている感じです。
・拭き取りは、適していないと思います。すぐボロボロになってしまいます。
 さらに、拭いたときに醤油が伸びることがあり周りに汚れが広がってしまいました。
・匂いは、ありません。
・味は、⑤.贅沢保湿と同じくおなじみの甘い味がします。

価格  :★★★☆☆
肌触り :★★★★
拭き取り:☆☆☆☆
匂い  :☆☆☆☆
味   :★★★★


③.クリネックス
  ティッシュー 至高 SHIKOU

↓右:1組の写真  左:拭き取り実験後の写真↓


<ティッシュ>
3枚重ね
枚数:480枚(160組)
価格:550円(税込)※1組あたり3.44円

「3枚重ね(究極の原材料も加工技術もすべては至高の使い心地のために)
原材料のこだわり抄紙工程でのこだわり加工工程でのこだわり「コト」へのこだわりすべてにこだわり、
最高のティシューができました。
パッケージの書は書道家「武田双雲氏」によるものです。」

・価格は①.西友のティッシュと②.大人の鼻セレブと⑤.贅沢保湿より高めです。
・肌触りは、保湿テッシュではないのになめらかですべすべです。
  また、裂けやすい方向とは逆に引っ張ったときに伸びがあり破れにくいです。
・拭き取りは、頼もしいです。1組で拭いているのに手まで醤油が染みませんでした。
  しかし、①.西友のテッシュより醤油が染み込むのに時間がかかる感じがしました。
・匂いは、ありません。
・味は、ありません。

価格  :★★★☆☆
肌触り :★★★☆☆
拭き取り:★★★★
匂い  :☆☆☆☆
味   :☆☆☆☆


④.クリネックス
  ティッシュー 至高 極 KIWAMI

↓右:1組の写真  左:拭き取り実験後の写真↓


<ティッシュ>
4枚重ね
枚数:560枚(140組)
価格:1,000円(税込)※1組あたり7.14円

「これぞ、「Made in Japan」のモノづくり
紙づくりの技術のみで究極の肌触りを
実現したクリネックス「至高」をさらに究め、
日本の紋様を一線一線手書きで描き上げる匠の技を融合し、
誕生したのがクリネックス至高シリーズ「極(きわみ)」。」

・価格は、なんと1,000円です。①~⑤の中で高級です。
・肌触りは、保湿テッシュではないのにダントツでなめらかですべすべしています。
  ①~⑤の中でも分厚く、裂けやすい方向とは逆に引っ張ったときに伸びがあり破れにくいです。
・拭き取りは、③.至高と同様に頼もしいです。1組で拭いても、手まで醤油が染みませんでした。
  しかし、①.西友のテッシュより醤油が染み込むのに時間がかかる感じがしました。
・匂いは、ありました和紙のようないい香りがします。
・味は、ありません。

価格  :★★★★★
肌触り :★★★☆☆
拭き取り:★★★★★
匂い  :★★★☆☆
味   :☆☆☆☆


⑤.エリエール
  ローションティシュー贅沢保湿

↓右:1組の写真  左:拭き取り実験後の写真↓


<保湿ティッシュ>
2枚重ね
枚数:400枚(200組)
価格:329円(税込)※1組あたり1.66円

「保湿成分にグリセリン、プルーンエキスを配合したティッシュです。
鼻のまわりがカサカサと赤くなる前に、やさしくいたわることができます。パルプ100%でつくられています。蛍光染料は使用していません。」 

・価格は、普通のティッシュよりは少し高めです。
・肌触りは、①~⑤の中で一番柔らかく、贅沢保湿とあるようにしっとりとした感触です。
  箱からティッシュを取り出そうとして破けることもたまにあるので注意です。
・拭き取りは、適していないと思います。すぐに丸まってしまいます。
  さらに、拭いたときに醤油が伸びることがあり周りに汚れが広がってしまいました。
・匂いは、ありません。
・味は、②.大人の鼻セレブと同じくおなじみの甘い味がします。

価格  :★★☆☆☆
肌触り :★★★★★
拭き取り:☆☆☆☆
匂い  :☆☆☆☆
味   :★★★★★

 

比較した結果
・花粉症や風邪の鼻かみ用に向いているのは②.大人の鼻セレブや⑤.贅沢保湿ですが
 コストパフォーマンスを見て、贅沢保湿の方が良いと思いました。
・鼻かみ用以外に使用するのであれば、質だと断然③.至高や④.至高 極ですが
 経済的なのは①.西友のティッシュが何気なく使えます。

感想
ティッシュペーパーの世界は奥が深いと思いました。
5個比較しましたが、どれもよさがあり、比較していてとても楽しかったです。
特に、至高や至高極は普段生活していてお目にかかれない代物で貴重な体験でした。

以上、ありがとうございました。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

野村克也さん死去

2020年02月12日 | その他
野村克也さんが2020年2月11日(火)午前3時30分、永眠されました。
 
 
野村克也さんとの思い出は、昭和58年4月社会人の第一歩となる入社式での
講演が野村克也さんでした。

当日、アメリカからの飛行機が遅れて、数時間講演の始まりを待ちました。
「三つの道」と題した講演だったと記憶しています。

入社式の終了が遅れ、その日に研修所のある軽井沢へ移動だったのですが、
研修所に到着して夕食のはずが、深夜近くになり夕食抜き。
当時、峠の釜めしで有名な横川駅で碓氷峠越えのため補助機関車を連結する
など時間のかかる事が多い時代で。今は、新幹線・・・。

社会人の第一歩をくじかれた感が強く、嫌いでした。

あれから37年、こんな思い出がある事が自慢です。


心よりご冥福をお祈り申し上げます。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする