FOXHEAD

自動車内装専門

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ferrari ディノ246GT レストア-6

2010-01-22 13:15:38 | お知らせ
ferrari ディノ246GT レストア-6

少し忙しくブログがアップできませんでした。

前回はシートフレームの錆を落とし再塗装した処までお伝えしましましたが、
今回はフレーム裏の表皮取り付けパネルを取り換えるところからご説明させて頂きます。
このボードは張り替え時には必ず取り換えことが必要になります。
取り換えを怠りますと表皮の張りが緩かったり、剥がれたりの原因になります。




材質はMDFの3mm防水タイプです
(純正に使用されている物は2,8mm未防水タイプです

前回で風化した座面の写真の写真ですが、ディノの違う車の
レストア時の記録が見つかりましたので参考にと、記載させて頂きました。



この車両が特別傷んでいる訳でなく、殆どの車両が裏を見ると近い状態になっています。
弊社がウレタンの型を制作し初めて再生可能になりました。

今までは傷んだウレタンの上に10mm位の平らなウレタンを張り表面だけを誤魔化していたのが現状です。

ウレタンのインジェクション型の制作は非常に高価になり少数生産では不可能ですが、
スーパーカーの歴史的な意味合いでの価値観から、弊社が制作いたしました。
イタリアのレストア工場にも供給させて頂いております。



背面にウレタン取り付けた後にフレームの裏側のウレタンも取り付けます。





ウレタンだけのシート全体画像になります。
この様にベースになるウレタンがしっかりして初めて、ferrariの
美しい造形美の再現が可能になります。



この後の作業はレザーの裁断から縫製、取り付けと移っていきますが、レストアとは

文化財の補修に似て時間と資料の必要な高度な自動車の楽しみ方の一種です。

続く

自動車内装に関することはhttp://www.foxhead.co.jp

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« LAMBORGHINI カウンタックを... | トップ | LAMBORGHINI カウンタックを... »
最新の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事