FOXHEAD

自動車内装専門

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ferrari 365GTB/4 Daytona レストア記録No 5

2012-07-25 17:11:05 | お知らせ
ferrari 365GTB/4 Daytona レストア記録No 5

梅雨も明けたみたいで、私が住む関東も毎日が暑いです。

ヴィラ・デステ報告で少し間が空きましたが、ferrari 365GTB/4 Daytona レストア記の続きです。

作業前のシート画像です、一見綺麗に見えますが明らかにシートパターンがオリジナルとは違いますね。
以前張り替えた時に材料が無くて、苦労の末形にしたのでしょう。


先ずは何時も様に表皮を剥がして中のウレタンの状態を調べます。
Daytonaのシートは裏側がタッカーによって止めてありますので、(凄い数ですが)タッカー釘を一本一本
取り外します。

表皮をすべてはがしますと、中のウレタンが見えてきます、センターシートも表皮を剥がします。
画像では良く分かりませんが、ウレタンが風化が進行しているようで、手で触るとポロポロと崩れてきます。



先ずはウレタンの形状を数値化しておきますが、その際長年の使用でウレタンがへたりますが、その分を考慮して
数値を出します。

計測したら次はウレタンを剥がしフレームのチェックをします、この形状のフレームはサイドサポート部分の
パイプに亀裂が入る事が、多々見受けられます。

やはりサイドサポートセンター部分で折れているのが見つかりました。
普通張り替えと言うと表皮だけを取り換えるのがほとんどですが、本当はこの様な事があるのでフレームの
点検は必要ですね・・・声明に拘わりますので!





折れていたフレームは補強を入れ溶接処理をした後に、ブラストを掛け錆び防止のために塗装を施します。


センターシートも塗装後にバックに生ゴムのシートを張りエアーホールを開けて準備OKです。


次は特徴的に美しいシートシルエットを決めるウレタン製作ですが、
今日は此処までで次回ウレタン試作に入ります。


色々な方法で人生をエンジョイ出来る自動車って本当にステキですね。



ではまた次回

自動車内装 及びレザー製品のご相談はhttp://www.foxhead.co.jp 又はinfo@foxhead.co.jpまでお気軽にご相談ください。

イタリア・ヴィラ・デステ Winner

2012-07-16 09:11:49 | お知らせ

イタリア北部にコモ湖と言う土地が有り、日本で言うと避暑地の軽井沢或いは箱根にあたるのでしょうか?

その湖を見下ろせる処にヴィラ・デステホテルが優雅な姿で立っております。


元は16世紀王径貴族の別荘と言う格式の高いホテルの中庭で、毎年5月にクラシックカーのコンコースが開かれ、
その名がヴィラ・デステコンコースです。

コンコースの内容は雑誌名『カーグラフィック』8月号に記載されておりますので、ご覧下さい。



ヴィラ・デステホテルの歴史紹介の一文です。

世界で最もロマンチックな湖の一つのほとりに設定され、ミラノのすぐ北に、ヴィラ·デステは、枢機卿Tolomeoガリオの夏の離宮として1568年に建てられました。 プロパティは、その像や風景何世紀にもわたって撮影された庭園の25エーカーを含む。

皇后、英語の女王や貴族のお気に入りの遊び場、それが1873年に豪華なホテルに生まれ変わりました。』





別名貴族が集まるホテルとも言われ、コンコースも格式が高く審査員も名だたる業界の方々で、世界中でコンコースが
有りますが、ヴィラ・デステは歴史及び格式が特別です、ヴィラ・デステで入賞すると言う事は難しく、 又入賞は
技術者にとって大変名誉の事と友人のイタリア人も言っておりました。

1012年も5月に開催されクラスD部門(ピッコロエンジェル部門)で初めて日本のオーナーが名誉あるウィナーに輝きました。
そして入賞車の内装復元を弊社が担当させて頂きました。


その復元作業を少しだけですが画像を見て気分を ヴィラ・デステへ・・・

復元途中です。

ルーフは醜く痛んでおりました。


シートはオリジナルは異質なものに取り換えられ、オリジナルは無くなっておりましたので、
資料からフレームを新しく製作しました。



ダッシュボードはアルミ製で凸凹状態でしたのを、弊社で板金修正作業でした。



そして結晶塗装をオリジナルと同じ柄で仕上げます。



シートはウレタン型を製作し新しいウレタンを復元した後コノリーレーザーにて仕上げます。




作業途中ですだいぶ進んでもう少しです。



出来上がったパーツを組み上げ内装が完成です。



車両製作及び復元に数々の技術職人が携わりますが、この様なお仕事の場合彼らは裏方で支え、
表にはその名は刻まれませんが、今回の入賞は外国の名だたる審査員が、日本の復元技術を正しく
評価して頂けた事に,心から誇りと嬉しさを感じて居ります。


この様な喜びと感動を体験させて頂きましたオーナー様には、この場を借り感謝とお礼を申し上げさせて頂きます。

今回もコンコースに出品する為の特別作業では無く、普段作業している車と同じ過程と気持ちで製作しておりましたので、コンコースに出品した事を、後日知り少し驚きました。



次はどんな車を復元するのかな?


ではまた次回

自動車内装 及びレザー製品のご相談はhttp://www.foxhead.co.jp 又はinfo@foxhead.co.jpまでお気軽にご相談ください。