FOXHEAD

自動車内装専門

1957年製 ferrari250TR

2021-06-08 16:25:37 | お知らせ
Ferrari 250TR シートその他の復元記録です。 
シートアルミシエルに新規製作したウレタンフォームを接着して 縫製した生地を組み付けて行きます。

サイドサポート部分が完成したらバックレストセンター部分を手縫い作業で仕上げて行きます。

最後に新規に制作したクッション部分を取り付けて完成になります。

仕上げる前のシートとヘッドレスト画像です


完成後のサイドビューとヘッドレスト画像です。


スペアータイヤを止めるストラップとボンネット・トランクを止めるストラップのオリジナル画像です。


オリジナルと同じく復元したスペアータイヤストラップとフードストラップです。



ferrari 250TRはレーシングカーですのでインテリアパーツはこれで全てですが、次にレストアされるのは50年位
後になると思いますが、その時代にオリジナルが分かるようにオリジナルに忠実に復元できました。

クラシックカーは文化財で芸術品 是非大切して下さいね。

自動車内装 及びレザー製品のご相談はhttp://www.foxhead.co.jp 又はinfo@foxhead.co.jpまでお気軽にご相談ください。

1957年製 ferrari250TR

2021-01-30 10:37:55 | お知らせ
クラシックカーを復元するときに一番難しいのが当時と同じ素材を見つけることです。
製造時代から50~100年と時が過ぎて行きますと、当時普通に存在していた材料が非常に貴重なものになったり
自然環境等色々な規制で生産が出来なくなったり 色に関しまして鉛規制で当時の様な発色の良い レッド・ロイヤルブルーとかは不可能になりました。

今回の250TRのシート生地は調べた結果は、綿素材のキャンバス生地でしたが幸いにも現車に近いものが入手できました。

現代のレーシングカーはシートセルはカーボンが主流ですが1950年頃はアルミ素材が最も軽く適した材料で250TRも見事なアルミワークで作られています。

裏側から見ると3分割で2~3㎜のアルミ板を綺麗に友付けガス溶接されているのが分かります。

シート復元の最初の仕事が劣化したウレタンを取り替えることから始まりますが例の如く製造者のサインが見つかりました。
70年も前の職人さんとの出会いです。

彼の為にも完璧に復元してまた70年後に残さなければと思います。 剥がした一脚分のウレタンです。

アルミ溶接の職人さんもシート縫製の職人さんも当時は限られた道具で素晴らしい仕上がりの製品を素手の感触を頼りに
製品を作られていたのは凄いことです。
余談ですが
私も40数年前にイタリアで素晴らしい縫製職人とお会いできた事を嬉しく懐かしく思います。


クラシックカーは文化財で芸術品 是非大切して下さいね。

自動車内装 及びレザー製品のご相談はhttp://www.foxhead.co.jp 又はinfo@foxhead.co.jpまでお気軽にご相談ください。

1957年製 ferrari250TR

2021-01-04 13:53:35 | お知らせ
2021年 仕事始めになります。 
昨年来のコロナ過の中ですがやはり新年は何か良いことが有る様にと希望をもって進みたいと願っております。
そんなことを願いながら元気の出る赤い車のレストア日記です。

その名は1958年製造ferrari250TR 通称テスタロッサこの圧倒的なリャービューです。

今回のご依頼はシート関係とスペアータイヤホールドバンド関係になります。
基本的にレーシングカーですので内装はこれがすべてになります。
古いオリジナルシートです 素材はキャンバス生地で色はロイヤルブルーとなります。

ヘッドレストも同じ素材ですが染色が飛んで歴史を刻んできたことが窺われます。

先ずは表皮をはがしましてウレタンの確認ですが やはり長年の経過でウレタン劣化が進んでいます。

スペアタイヤをホールドしている革のバンドですが、硬化が激しいくタイヤをホールドできません。
昔はレース中にドライバーがタイヤ交換していたのですね。(良き時代かな?)


これらの部品をオリジナルと同じ素材を使用して復元してゆきます。

復元状況は次回・・・


2021年は皆さんに明るい未来が有りますように願っております。

クラシックカーは文化財で芸術品 是非大切して下さいね。

自動車内装 及びレザー製品のご相談はhttp://www.foxhead.co.jp 又はinfo@foxhead.co.jpまでお気軽にご相談ください。

パリオートサロンショー

2020-01-08 15:00:13 | お知らせ
2020年 仕事始めです 

私たちの仕事は70%がビンテージカーの復元になりますが、年に1メーカーに限定して開発に協力させていただいております。
この画像は数年前 あるベンチャー企業に感じるものが有り パリショーに向けてインテリアを担当させていただきました。
パリショーに向けて製作した4シーターです。

フロント周りです。

パリオートサロンショーでの1ショットです。


自動車デザインが変化していくのはある意味仕方ない事かもしれませんが、若い人が憧れるような美しい物作りをと思っております。

2020年も宜しくお願い致します。


クラシックカーは文化財で芸術品 是非大切して下さいね。

自動車内装 及びレザー製品のご相談はhttp://www.foxhead.co.jp 又はinfo@foxhead.co.jpまでお気軽にご相談ください。

Lamborghini Miura interior Sr7

2018-11-19 16:32:17 | お知らせ
Lamborghini Miura interior Sr7

お久しぶりです! 二年ぶりのグログ更新になりましたがMiuraの内装復元記録の第7弾になります。

1966年頃から市販されたMiuraですから内装部品の樹脂パーツも経年劣化により取り換えが必要になります。
しかし生産台数の少ない車両ゆえにパーツの入手は難しいの現状です特に内装パーツは難しいのが現状です。

そんな意味も有り今回は弊社で復元した部品の紹介をさせて頂きます。

先ずはFRPで出来ているシートシェルですが、張替は3回が限度と思います シートシェルにインサートされている
留め金が3回位で折れてしまいます。
そんな意味で弊社でシートシェルを型から制作して新規に制作いたしました。


新しいシートシェルに同じく型を制作して新たに制作したウレタンファームを装着いたします。


またヘッドレストのウレタンファームも100%劣化していますが 殆どの業者さんは何枚かのウレタンを重ねて制作していますが
本来の形からはかけ離れた物が多いのが現状です。


幸い弊社では数台Miuraを復元していますが一台だけ原型を留めたヘッドレストが有りましたので、その個体を計測して同じ物を復元
することが出来ました。


新しいウレタンを取り替えて制作したヘッドレストです。


又プラスチック関係も経年劣化で張替の際に再使用できない物が多く見受けられます。
その一つにダッシュボードのデフロスター吹き出し口のベゼルです、これ等は海外にリプロ製品が有りますが形が違っていたり出来が悪く
弊社では使用できませんので 正確にデーターを取り復元しました。

次もプラスチック製品でドアーロックのベゼルになります、良くネットでFIAT850のベゼルが合うと書いてありますが実際は形状が違い
使用することはできません。
この部品は海外にリプロ製品がありますが表面の形は良い出来ですが裏から止める足が付いていません(問い合わせたら両面テープで止めるそうですが…)
そんな事も有り矢張り新しく制作いたしました。


クラシックカーは文化財で芸術品 是非大切して下さいね。

自動車内装 及びレザー製品のご相談はhttp://www.foxhead.co.jp 又はinfo@foxhead.co.jpまでお気軽にご相談ください。