FOXHEAD

自動車内装専門

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Bugatt t35 -1

2013-12-10 18:21:14 | お知らせ

BugattType35

某日シンプルな構成の、シートを持参された方がおられました。

お話をお伺いいたしましたら、その昔ブガッティの創立者エントレー氏が、自身の為に製作したシートと
同じ物を製作して頂けませんか?とのご相談をされました。

当時はウレタンと言う物が存在しない時代でしたが 当時と同じ素材を使用して製作したいと、
世界数カ国に依頼致しましたが、全てウレタンを使用し製作してしまうと・・・
その方は出来上がって来たシートと数十枚の色あせた写真を資料に
『当時と同じホースヘアー(馬の肌毛)で製作出来ませんか?』との事でした。

下の画像はその時のシートです。


バックレスト部分です。



弊社に少しですが、ホースヘアーのストックがありますとお答えいたしましたら、『是非復元して下さいと』
私もBugattに興味があり ご依頼をお受けすることに相成りました。

但し車両は持ってくる事が出来ませんとの事で、全て当時の写真から計測して作業を進めることになりました。

先ずはシートベースとなる合板の製作です。

座面は左右大きさが違いますので、非対象です。




シートベースの大きな丸い穴は絞りボタンを通すのと表皮にコノリーレザーを使用致しますので、シート内の
空気を抜くホールです。

次の画像はバックレスト部分のベースです。


先ずは座面の製作を始めます。

ベース板に厚み弾力性ーを出すため ヤシの繊維とホースヘアーをラバー系の厚50mmのシートを接着します。




センタートンネルの逃がしの為に斜めにカットします。


これで座面の第一段階は終了ですので、一旦車両に合わせて見ます。

第二段階はいよいよホースヘアーを敷き詰めたり サイドサポートを製作したりと進んで行きますので、
偶にブログを覗いて頂けましたら嬉しい限りです。

クラシックカーは文化財で芸術品です 是非大切して下さいね。

自動車内装 及びレザー製品のご相談はhttp://www.foxhead.co.jp 又はinfo@foxhead.co.jpまでお気軽にご相談ください。