フルート吹きのほっと一息

楢崎容子です。ご訪問ありがとうございます。
ミニシュナ・トム君は2008年1月10日生まれ。
ただいま10歳です

買ってしまった

2008年02月18日 | flute 2008
フルートを買ってしまった。
ヨハネス・ハンミッヒの晩年の作。中古品である。

今まで使っていた銀の笛とそう実力の差があるわけではない
ただ、ドイツの楽器でバッハが吹きたかった.
今月末はブランデンブルグ協奏曲第5番を演奏する.

今の私の年齢を考えると
しっかりと華やかに演奏できるのは、あと10年?
日々がものすごく貴重でいつだって時間が惜しい。
(こんな駄文を書いている場合ではないのだ・・・)

この楽器手元に来てからきょうで18日。
昨日、ようやくわかり始めた微妙なコントロールの違い。
なんとも表現できないけれど、

  「今まで1cm に感じていた所を
   何ミリか減らして演奏した方がより効果がある・・・」

みたいな、前の楽器とのコントロールの仕方の違いに気がついた.
10cm を5cm にというならともかく、
数ミリの違いはいつ頃になったら吹き分けられるか?
自分の変化が楽しみだ.とっても。

楽器の状態も悪くはないが調整のプロのところに行って
さらに私が「ここぞ」と思う響きになるように
調整してもらうつもり。
っと。。。。。東京に行かなきゃならないなぁ。
嬉しいような悲しいような楽器貧乏でございます   
コメント (2)

ステキな調度品

2008年02月17日 | flute 2008
昨夜はレストランでディナーコンサートをやっておりました。
前半の演奏、後半の演奏、合わせて一時間位。
面々はトリオザパームの小島さんとチエちゃん。

会場はヴィーニュという札幌南区藤野にある
ステキなログハウスのレストラン
家具も照明もステンドグラスもオブジェの一つ一つも
みんなこだわりの物ばかり。

暖炉には薪がくべてあって
ゆらゆらした炎をみていると
時が過ぎて行くのがわからなくなる。
本当に優雅なひととき。

終演後に頂いた今日のお料理も絶品のおいしさ
思わずレシピをシェフから聞き出してしまいました。
今度試してみようとおもいます。

会費はまちまちですけど4,500円の時が多いようです。
よろしかったらいらしてくださいね。
私は一年に一度くらいしか出てませんが。。。

チェロの小島さんは秋にリサイタルをするそう。
70歳の記念に.

ステキでしょ
コメント

お、ライネッケ

2008年02月11日 | 日々つれづれに
今日はエンジンオイルなどなど交換しなきゃと思い、
ホームセンターに行ったら
映画のDVDを見つけたのでついでに買ってみた。
「愛の調べ」
キャサリンヘップバーン主演のモノクロ映画

シューマンとクララシューマンと
ブラームスとリストとライネッケが出てくるのだ。

ちょっとだけだったけど、
ライネッケが出てくるのが嬉しい。
ライプツィヒの指揮者役。

去年はライネッケのソナタ「オンディーヌ」を
何度も演奏したので、すっかり親しい感じがして
おおおっっ でございました。

音楽好きにはおすすめかなと思います
コメント

レッスン室から 9

2008年02月02日 | レッスン室から
最近は月一で簡単?な合奏の日をつくっている。
メンツは五人。
ほとんどが合奏経験のない人達で、
楽器の持ち方、譜読みの仕方から教えた
紳士淑女のみなさま。

ふだんガッチリ教えてあるので、
音程ばっちり
苦労されているのは「聞く」という作業
訓練だなぁ「
コメント