英語講師の仕事の息抜き日記

教室や身の回りで起こる、ちょっとした出来事を書き綴ってみました。
あなたの仕事の息抜きにお寄り下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国際人と歯

2006-02-12 23:30:47 | Weblog
Miyajima, Hiroshima


国際人とは?

という問いにぱっと思い付くのは、英語が話せること、かもしれません。

あと、わたしがすぐに思い付くのは、歯並び。

アメリカにいるとき、歯の矯正が盛ん、というより、当たり前の状況であることにびっくりしました。そしてみんなよく歯の手入れをしている。

仕事場で、お昼の後に歯ブラシと歯磨き粉を持った人を普通によくみました。また、デンタルフロスを切らしてしまった同僚が、まるで財布を落としたかのように慌てている姿も覚えています。

そういえば、某日本人女性歌手がアメリカに進出したときに、「君がアメリカで成功したいなら、まずやらなけらばならないのは、歯をなおすことだ」とアドバイスされたという話も納得がいきます。

アメリカ人女性作家 Judith Viorst の書いたエッセイ Friends, Good Friends-and Such Good Friends の中に、女友達との長い付き合いを表す表現として次のようなものがありました。 

Who knows how we looked before our teeth were straightened 


歯の矯正を受ける前の自分達の顔を知っている人はわたし達二人の他にはいない、と言って、その女性との付き合いの古さ、秘密を共有する親しい間柄を表しているわけです。

この表現を読んだ時に、アメリカでの歯列矯正の定着度を実感しました。


なんでこんな事を書いたかと言うと、先週、歯医者さんへ行ったからです。クリーニングをしてきました。

わたしは歯並びは決して悪い方ではありませんが、矯正をやって全てまっすっぐになっている人とはやはり違います。ときどき今からでもやりたいな、なんて考えたりもします。

でも相当ストレスそうですよね。

極端な例かもしれませんが、2002年3月のBBCのニュースで歯の矯正が原因で病気になった女の子の話がありました。

A dental brace (矯正器具のこと)is found to be the cause of schoolgirl's chronic ill health (March 18, 2002)

こんなのを読むと、歯の矯正も気をつけないといけないな、と思います。


今さら歯の矯正はしないと思いますが、せめてよ~く歯を磨いて寝ようと思います。

それではまた!人気ブログランキング<-クリックしていただけると嬉しいです
コメント (20)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« イタリア仕込みの男 | トップ | E-mailは可算か不可算か? »
最新の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
歯のお手入れ (kaoru)
2006-02-13 18:09:18
国際人=歯並びとは、面白い視点ですね。



ただ、歯並びを重んじるのは主にアメリカ人ですね。アメリカ人とイギリス人の違いは歯を見れば分かるってのも、一説としてあるくらい。(それで歯並びが良いほうがスニーカーを履いていて、靴下が白ければ尚可能性高し、いやほぼ確実!!)



ちなみに、僕も初対面の人の歯を必ず見てしまう習慣があります。そして歯磨きが長いことで有名です。(笑)
審美歯科も・・・ (KopyKat)
2006-02-13 19:22:52
アメリカは今やこどもで歯列矯正はあたりまえですが、大人になると審美歯科の世界になっています。異常なほどに白い歯にこだわるので、漂白もさかんです。審美歯科では、差し歯よりも、ラミネートベニアがさかんなのではないでしょうか。Show Biz の人で審美歯科のお世話になっていない人は、限りなくゼロに近いと思います。

 ヨーロッパはまだアメリカほどに歯にこだわっていないので、ヨーロッパから来た人は歯を見ればすぐわかります・・・。
Unknown (みりぃ)
2006-02-13 21:58:35
すごく興味深く読みました!

そういえば、brace をしてるのを映画でもドラマでもよく見ますね。



この前は、braceに宝石?みたいな光物をつけて

る子をTVで見てびっくり!



私は、パートナーの条件はずっと「歯並びのいい人」でした。しかし、KopyKatさんの言う「審美歯科」って初めて聞いた・・・(汗)
Unknown (管理人->kaoruさん)
2006-02-13 22:02:08
>歯並びを重んじるのは主にアメリカ人ですね。



そうですね。わたしもイギリスとアメリカでは事情がかなり違うと聞いた事があります。友人がアメリカでは日本で治療したところをけなされたのに、イギリスでは works of art と絶賛されたそうです。



わたしはイギリスには短期にしか滞在しなかったので歯医者さんにはお世話にならなかったのですが、アメリカでお世話になっていた歯医者さんは、日本の歯医者のほとんどが犯罪者だ、とまで言っていました。国によって技術のレベルも違うのでしょうね。



国際人=歯並び、という発想はアメリカ中心の考えですよね。(実は書き終わった後に気付いてはいたのですが、あえて書いちゃいました)



Unknown (管理人->KopyKatさん)
2006-02-13 22:10:52
審美歯科ですか。そういえば、今回書いた日本の某女性歌手の元旦那さんは、たしかアメリカ滞在中、審美歯科を勉強していたという話をなにかで聞いたような記憶があります。



ラミネートベニアですか。覚えておこうっと。でも、健康な自分の歯が一番ですよね。今日も、よ~く磨きます。
Unknown (管理人->みりぃさん)
2006-02-13 22:17:29
ええっ、brace に宝石ですか!すごすぎる。でも、brace をするというのはあまり快適なものではないから、そんなマイナスの状況を楽しもうとする、ある意味プラス思考的な要素を感じますね。



みりぃさんのご主人はきっと歯並びのよいすてきな笑顔の方なのでしょうね
日本の歯医者 (ベッキー)
2006-02-14 23:19:59
矯正歯科に関しては、日本はアメリカよりも進んでいます。

多くの最新の技術が日本人矯正医によって開発されて、

アメリカでも広く用いられています。

そのことをアメリカの歯医者でも知らない人が多いです。

いかにも日本が得意そうな分野でしょ?



ただアメリカの方が、矯正治療をする人が多いので、

裾野は広いのでしょう。

私は日本で治療を始めて治療途中でアメリカに留学しあちらで治療を継続しましたが、

ちっともなおらず、帰国後結局やりなおしになって

苦い思い出があります。。



でも結局その矯正医と結婚することになりましたので、

なんだかんだご縁があったんですね。。。
Unknown (管理人->ベッキーさん)
2006-02-15 22:55:09
はじめまして。コメントありがとうございます。



なるほど、貴重なご意見をありがとうございます。

矯正歯科の分野でも、日本の技術が海外でも認められているのは嬉しいことですね。



ベッキーさんは矯正をしながら、その歯科医の方と結婚してしまうなんて、きっと魅力的な女性なのでしょうね。素敵なお話をありがとうございます
Unknown (ひろこ)
2006-02-17 17:01:11
歯の矯正、高校生のころ、やりました。

これから矯正歯科を勉強する歯医者さんたちの実験台だったため格安でしたがそれでも25万くらいかかりました…。



私も歯医者に行かないといけないなあ…。
歯についての所感(笑) (KopyKat)
2006-02-18 09:34:37
一般の歯科でも、日本の治療法とアメリカの治療法では、けっこう違いがありますよね。例えば、クラウンの付け方。日本では残った歯の形に合わせてクラウンを作るので、表面はギザギザだったりします。一方、アメリカの歯科では、残った歯を削るところまで削って、プラスターを載せて、歯を平らにしたところにクラウンを付けます。(私が治療を受けた限りではそうでした。)私の義理の弟は日本で歯科医をしていますが、彼によると日本の方法のほうが優れているとのことです。(アメリカ人歯科医は、きっと逆のことを言うと思いますが・・・。)

 それにしても、最近はオリンピック選手でも審美歯科に行っている人が多いですね(特にアメリカ人の選手)。輝くほど白くきれいに揃っている歯は、ほとんどラミネートベニアだと思います。芸能人と同じで、外見にこだわる人が多いと思います。

 アメリカで活躍している日本人歯科技工士さんの話を日系新聞で読みましたが、審美歯科にかかっているハリウッドの顧客が多いそうです。ハリウッドスターのきれいな歯も、実は日本人の手によって作られている?!かもしれないです。

 矯正後何年も経つと、歯並びというものは狂ってくるそうです。なので、こどものときに矯正して、大人になってやり直すアメリカ人もいます。また、矯正は時間がかかるので、代わりに審美歯科へ行く人もいます。審美歯科は高いのですけどね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事