京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

2020年2月長岡天神句会の記

2020-02-17 15:18:53 | 俳句
2020年2月長岡天神句会の記

今年は暖冬で、もう梅が咲き始めています。雪にならず、雨。これがまた暖かい。
長岡天満宮は雨の梅のふぜいです。
雨に梅散って地面の同心円    ひろあき
雨中梅漢詩の似合う天満宮

 さて、今月の皆さんの句です。
探梅の頂にあるお土居かな       中野硯池
雪まうや老鶏するどき目をとじる    三村須美子
焼き芋新聞に包み貧しくやさしかった  金澤ひろあき
飛行機雲で編んだマフラーあげる    青島巡紅
赤ちゃんの掌真ん丸おしくらまんじゅう 野谷真治
寒風に支柱にかけ寄りだっこちゃん   坪谷智恵子

来月の句会のお知らせ
3月29日(日)午後2時
私の津堂で変更しています。すみません。
場所は喫茶アーバン 阪急長岡天神駅東口
コメント   この記事についてブログを書く
« 懐かしの席題「忘れる」 | トップ | 「蒼天」158の読後感 »

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事