京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

山吹が咲く頃

2020-07-07 08:08:10 | 俳句
山吹が咲く頃
            金澤 ひろあき
  山吹が咲く頃、例年でしたら、松尾大社の神輿が巡行されます。それがコロナ禍で中止になりました。
  満開の山吹 お祭りは中止の中   ひろあき
 天気が良いので、桂川沿いに松尾大社から嵐山までを歩いてみました。学校が休みになっているので、川原の広場では子供達がマスク姿で走っています。サッカーやキャッチボールをしている子供もいます。
 小さな子供を連れたお母さんが、シートを広げてお弁当を持ってきています。町の中に行けないぶん、自然の近くに行く人が多くなっているようです。川沿いに公園や遊歩道は、けっこうな人出です。
 といっても2メートル以上は離れていますので、ソーシャルディスタンスは十分です。
 嵐山の手前に公園があり、その中に池があり、葦が植えられています。去年の枯れ葦が残っているのですが、今コロナで苦しんでいる私たちの心情を映しているようで、しみじみとします。
 池の近くにはベンチがあり、50代と思われる男女が話をしています。二人とも派遣の人のようで、コロナ禍による休業で職場を変えられるかもしれない。いや、あなあは大丈夫でしょうなどという話をしています。
  川ぞいの風がつめたいコロナ禍の話 ひろあき
 ひとしきり話をした後、二人は松尾大社のほうへ去って行きました。
 公園を出るとテニスコートが見えてきます。マスクをしてのテニスはしんどいでしょう。でも何組かが楽しんでいます。
 嵐山には日帰り温泉があるのですが、休業です。そのかわり渡月橋のところで、牡丹の花が迎えてくれました。
  休業の嵐山 主役は牡丹      ひろあき
コメント

小さなお稲荷さま

2020-07-06 08:11:08 | 俳句
小さなお稲荷さま
             金澤ひろあき
 京都の町の辻には、お地蔵様が多いです。でも、よく見ると、お地蔵様以外の神様であることもあります。
 西向日という阪急の駅を西へ、西国街道沿いに面する所に、小さなお稲荷さまがあります。鈴吉大明神という名前です。元は違う所にあったのを移転したとか、移転の時、悪口を言った人にバチが下ったとかいう話が残っているそうです。
  町の辻隠れた民話語りつぐ ひろあき
コメント

フリー句「魂のセルフィー」の巻

2020-07-04 12:14:37 | 俳句
フリー句「魂のセルフィ-」の巻
魂のセルフィーを撮ることは出来ない 青島巡紅
見えない糸が胸の奥で響く      金澤ひろあき
鍵無くし不貞寝の手枷足枷      巡紅
しっぽだけ返事がわりに動かす猫   ひろあき
時計の振り子を頭で追う子猫達    巡紅
花菖蒲 夢二ゆかりのひとの家    ひろあき
五位鷺襲来あちこちで咲く泥の花   巡紅
彫像の息をしている月光下      ひろあき
主神ゼウスでも父神アポロンでもない俺は俺とフェアトン  巡紅
愛を知らない子の灰色砂漠      ひろあき
朝日東夕陽西北極星北進むべきは己の意思 巡紅
恋に急変流されて行く        ひろあき
縁切神社の絵馬に呪殺感謝      巡紅
忍術で現れる巨大がまがえる     ひろあき
赤影様登場ねと少女のハ-トはドキドキ 巡紅
高度経済成長の夢を見ていた     ひろあき
何度見ても心躍るアポロ宇宙船の光と影 巡紅
ビートルズ来日してから長髪で    ひろあき
ツイッギー残していったミニスカートなのにロングラン 巡紅
時染めている薄墨桜         ひろあき
※この巻の終わり頃、1960年代~70年代のテーマが集まりました。少年時代でしたが、あの頃の日本は元気でしたね。大阪で万博があり、日本中が沸き返っていた感があります。一世風靡したツイッギーさんは今70歳だそうです。当時の文化などが今に引き継がれている。あの頃をしっかり書き留めて、後の世に伝えるのも、私たち世代のやるべきことかな、という気もします。
コメント

長岡天神五月 吟行作品

2020-07-03 08:12:10 | 俳句
長岡天神五月 吟行作品(2018年 なつかしの作品が出てきました)
大口を鯉あけ五月晴れもどる    金澤 ひろあき
栴檀のひっそり白い自己主張     
黄菖蒲の敵のように積み上がる
石になるまで甲羅干ししている亀   
追突の亀に示談はないらしい
おそるべき上目遣いの鯉が来る    
放生池みどりの底に竜宮城
遊びに来いまた来るよと池の亀    
殿中じゃ背中に家紋背負う亀
河骨は放生池の黄信号        
放生池ひるねの夢は竜宮城

日だまりに亀集まりてゴッツンコ  三村 須美子
大亀の赤い入黒大手ぶり       
足音に鯉集合し口あける
退ち去りぬ鯉潜水艦となりにけり   
さざ波に若葉の青のかさなりぬ
栴檀のあるかなしのうす紫      
来年は我が庭に来い姫小判草
噴水や日の傾きて浮見堂       
風薫る鳩羽つくろいするカップル
「エサくれ」と鳩の夫婦がすり寄りて 
かきつばた宛てがハズレ亀泳ぐ
すいれんや白い帆上げ丸葉舟     
さえずりや四方八方池の中

円窓や和服カップルカメラ音    青島 巡紅
鯉の口軍団餌の売場なし       
河骨や遊び遊ばれ池の鯉
鴨四羽喧嘩をしてもまた一つ     
さくらんぼこっそり実り鳥の宴
池の上静かに沈む夢を見る      
池映すしだれ柳の青さかな
小穂振れば鈴鳴る小判草       
音たてず幼な子の寄る二羽の鳩
夕日前羽虫を染める葉々の青
コメント

なつかしの席題「バス」

2020-07-02 14:05:55 | 俳句
なつかしの席題「バス」
時刻表通りに来いよバスと友   金澤ひろあき
青春の夢という名の夜行バス
幼稚園バス以来の顔なじみ

朝のバス念入り化粧の次けいたい 二神大輔
けいたいを打つ女性怒鳴るバスの中
コメント