ドクターリコの明日もHappy!

形成外科医リコの、美容と医療と育児と趣味のブログ。http://kitamurariko.com/

フェイシャルフィラー2016

2016-02-29 13:45:13 | 美容・医学
忙しくて…という言い訳は使わないようにしようと心がけているのですが…
今月はあまりブログアップできませんでした来月はもっと書きます。


日曜日の昨日は品川へ。

ヒアルロン酸注入の勉強会へ行ってきました。


今回の講師は私のお顔の主治医でもあるいわきクリニックの岩城佳津美先生と、イギリスのボン先生。
お二方とも、深い解剖の知識に基づいた注入法のお話、とっても勉強になりました。

今回は飛行機の往復から同門の先輩、おくむらクリニックの奥村千香先生と山村医院ドクター美南子スキンクリニックの山村美南子とずっと一緒でした

品川でメキシカンランチ。



帰りのお疲れさまビールも


コメント

異所性蒙古斑。生後5か月、女の子。

2016-02-24 12:50:37 | あざ治療
ほとんどの赤ちゃんのお尻には「蒙古斑」という青アザがあります。
薄いものは小学生くらいまでに自然に消えますが、お尻でも濃いものは残ります。
そしてお尻「以外の場所」にある「異所性蒙古斑」も、薄いものは自然に消えますが色が濃いものは残ります。
お尻と比べて人目につくことが多いため、青アザが残ってしまうとコンプレックスに感じる方も多いようです。

同じレーザー治療でも、皮膚が薄く、日焼けをしていない赤ちゃんのうちに治療をすることで、早く、綺麗にアザを消してあげることができます。

患者さんは生後5か月の女の子です。
手首や足首に青アザが出る子は多く、薄いものは自然に消えますが、はっきり色が濃いものは残ることが多いです。


治療後。

まだうっすらと残っていますが、ここまで薄くなればあとは自然に消えていきます。
コメント

ノブ「デオドラントクリーム」お取扱い開始☆

2016-02-22 19:10:34 | クリニックのこと


軽くのびて、べたつかない。ワキ・足などの気になるニオイを防ぐ、ノブのデオドラントクリーム。
これ、今まで当院でサンプルだけお渡しして、「どらもり(ドラッグストア・モリ)で買ってね~」とお勧めしていた、隠れファンの多い商品なのですが…

近くのドラッグストアがどこも取扱いを中止してしまって手に入らなくなったらしいので…しょうがないので、当院でお取扱いすることにいたしました
ワキ汗のニオイはもちろん、足のニオイにかなり効果的で、冬場のブーツで蒸れた足のニオイや、素足で履くパンプスのニオイを劇的に減らしてくれて、リピーターさんの多い商品です。
30gで1,500円(税別)というお手頃価格も魅力です診察なしで、ご購入いただけますので、ご希望の方は受付へお申し出くださいね。サンプルもご用意していますので、まずは試してみたいという方も、お気軽にお声掛け下さいませ~
コメント

苺状血管腫。生後4か月、男の子。

2016-02-15 15:21:53 | あざ治療
いちご状血管腫は、いちごみたいにぽこぽこっと盛り上がってくる赤あざです。
生まれてすぐには無いことが多いです。生後1~3週間くらいで、うっすらとした赤みや、赤い斑点、ひっかき傷のような見た目で出てくることが多く、放置すると1歳まで大きくなります。
1歳を過ぎると自然に小さくなると言われていますが、全て完全に消えるわけではなく、膨らんだ分の皮膚がシワシワになって残ったり、頭部の場合はハゲが残ったり…大きくなればなるほど、傷跡を残す可能性が高くなります。
昔、レーザー治療がなかった時代は待つしかなかったので、「自然に小さくなるのを待ちましょう」と言われていましたが、今はレーザー治療があります。
大きくなる前、膨らむ前に治療を始めることで、早いうちに、傷跡を残さないように、消してあげることもできます。


患者さんは生後4か月の男の子。
血管腫が出始めた時に、お母さんは里帰り出産をされた地元の小児科の先生に相談したそうですが、「消えるから放っておいていい」と言われたそうです。
でも、どんどん大きくなるし、真っ赤で心配、と受診されました。

すでにかなり大きくなったいちご状血管腫です。擦れたりの刺激で出血したり、潰瘍ができたりという心配もあります。


まず、1回、レーザー(Vbeam)治療をしました。

1回でも、目に見えて赤みと盛り上がりが改善します。


12回のレーザー治療後です。

赤みも、盛り上がりもほぼ消えました。

最初に、小児科で相談された時点で治療を始められていたら、もっと皮膚のシワは小さくてすんだかもしれません。
でも、その後にお母さんがご自分で調べ、治療を決断して、当院を受診して下さったおかげで、血管腫からの出血や潰瘍化がなく、その分の傷跡は残らずにすみました。

小児科、産婦人科の先生方に、もっと治療の情報を知って頂かなくてはいけません。それは、レーザー治療をしている私たち形成外科医の力不足なのだと反省しています。全てのあざで悩む患者さん、ご家族のお悩みがなくなりますように。
コメント

バレンタインライブ@イルロスパッチョ

2016-02-14 21:40:26 | 日記

先日、大村市のピッツェリア「イルロスパッチョ」で開催されたバレンタインイベントへ行ってきました


諫早出身の桜井ゆみさん、田口悌治さんのジャズデュオライブを聴きながら美味しいごはんとワイン




最初はしっとりまったり
最後はスタンディングでノリノリ~~


Happyなライブでした
コメント