みいのしっぽ2016

主婦のきまぐれブログ

文芸たかだ 第356号

2018-08-03 08:39:51 | 



   文芸たかだ 発行されました    色々とあったの・・・・でも無事に発行できてよかったです


   表紙は 金井九一氏のさざえ    高田文化協会の事務長 河村女史が体調を壊されて入院!!  いったいどうなるのか・・・・呆然とした日々が続いたけれど


   ちゃんと手配されてくださっていたのと   編集長K氏とOさんのおかげで 間に合いましたね   よかったです


   河村女史の赤裸々なエッセイも載っていますわ。。驚きですが・・・・右上に自分の分身がいて いつも客観的に自分を見ている そういう生き方を心がけること。。なるほどね





    分かりづらいですが もくれんの会(童話好きの人の集まりの会)ページが新しくできました


    私の童話が載っています    嬉しいです。。    大勢の人に読んでもらえる場! こうゆうことが大事なんだと思います


    会員の童話やエッセイが続いて載ります   楽しみです
コメント

未明文学の森 公開講座

2018-07-10 08:38:41 | 



    小川未明文学館出張講座企画展「未明文学の森 おいたちと作品」 公開講座   に参加しました


    会場は アストピア5階   ミュゼ雪小町



     上越教育大 小埜先生の講座です    盛況でした  大正12年 赤い鳥に初出   飴チョコの天使


     森永のキャラメル  以前は飴チョコと呼んでいたそうです    東京の工場で作られた飴チョコが汽車にのって東北の田舎に出荷される


     おばあさんに買われて 東京の孫へ送る荷物の中に入れられる   飴チョコの箱に書かれた天使たちは 箱を破られても 焼かれても痛くない


     子供たちに食べられ 捨てられた天使たちは 静かな黄昏にゆっくりと青い空へ上っていく。。



       中味を食べられ 箱を捨てられる・・・・その運命を見届けたうえで天に帰っていく天使。。  ゴミはゴミ箱へ・・・・の教訓だけではないのね・・・・


       未明のお母さんが 孫に飴チョコを送っている風景が浮かぶ   自分は行けないけれど 飴チョコがちゃんと孫に届いて 喜んでもらっている景色が浮かぶなぁ。。






        復刻版の赤い鳥     白い門のある家 大正14年 赤い鳥 初出     不思議な物語    もう会えない人 忘れてしまっていた人と会える店   一度きりの再会


        タモリの世にも奇妙な物語・・・・にありそうな話     内田百聞の冥途を彷彿とさせる   小埜先生がおっしゃっていた



        とてもいい講座でした    小川未明は悲しい 苦しい 寂しい・・・イメージがあるけれど  心にぽっと明かりが灯るような話もあるんだぞ~。。
コメント

仲間

2018-06-16 18:34:41 | 



   暗黒のメルヘンという短編集に入っている  三島由紀夫の仲間。。


   お父さんと僕と あの人という三人の登場人物   場所はロンドン  時間は夜


   不思議な三人の関係   父と子はあきらかに人間ではない。。 あの人は何者なのか・・・   三島由紀夫が書いたとは思えないような短編。。  けっこう面白いよ





     昨夜  夜遅く  聞いた話    運命という大きな壁に立ちはだかれてしまった人   ・・・でもその壁ってきっと乗り越えられると思う


     いまは高くて どう登っていいかもわからないけど   きっと越えられる   私は下から押すよ  疲れたらうちわであおぐよ


     壁の上から引っ張ってくれる人もいるよ   壁の向こうで待っている人もいるよ   だから きっときっと乗り越えられるよ  乗り越えさせるよ


     そしたらまた 気持ちいい風のなか ビューって すごい速さで 走ってほしいよ  


    一晩寝て ゆめだったらいいのにって思ったけど  でも ・・・私はあきらめないよ 応援し続けるよ。。


    
コメント

図書館子どもまつりでのこと

2018-06-06 08:47:53 | 



   6月2日(土)  上越市頸城区の希望館内にある図書館 高田図書館分館になるのですが   読み聞かせグループ ワンダーランドが


   図書館子どもまつりのイベントお手伝いで    絵本にでてくるお料理を作ろう! を開催しました   午後3時のえほんのじかんに集合。。


   まずは 絵本  ぐりとぐらとすみれちゃん を読みました   この本に出てくるのは カボチャ。。


    すみれちゃんがカボチャを割るところが おもしろいよ   そのカボチャでいろんなお料理をつくるの   かりんとう  おせんべい  蒸しパン・・・


    今回ワンダーランドが考えたのはね





    カボチャのぺたぺた焼き。。    カボチャを蒸して  中身をスプーンですくって  こねて  平らにして フライパンで焼くの


    ゴマをふりかけて   甘じょっぱいたれをつけて





     出来上がり!!    カボチャの焦げ目がいろんなものに見えるんだよ   パンダ🐼みたいな焦げ目もあった!!


     みんなでおいしくいただきました   参加者は親子10組  おばあちゃんとお孫さんチームもいました


     この日は図書館に来た人だれでも参加できる  カード作りというのもやっていました。   ワンダーランド・メンバー 参加してくださったみなさま お疲れ様でした
コメント

読み聞かせ ワンダーランド

2018-05-23 09:04:42 | 



   文部科学大臣賞を受賞したことで  高田図書館のホールにて お披露目と報告のお話会をすることになったワンダーランド


   普段は 上越市頸城区の希望館図書コーナーにて 月に2回の読み聞かせ活動中だからさ・・・・前日の19日土曜日も希望館で活動だったのよ






    二日連続での読み聞かせ  えほんのじかん     しかも今回はアウィエ    とてもさわやかな日曜日の午前11時



    高田図書館のスタッフさまが 大歓迎していただき   セッティングもばっちり。。   あとは人が来てくれるかな? とドキドキ



    私もさぁ  久しぶりに絵本を読みことになってさ   練習したんだけど  緊張しちゃって。。





    でも始まってみたら  そんな心配は吹っ飛びました    来るわ来るわ・・・・人がいっぱい  まるでホーム。。


    子供たちもすごく集中して聞いてくれました






     こんなシートも用意してくださって   参加者は写せなくて残念だけど   大成功!!


      さすがワンダーランド  どこへ行っても平気だね   みなさんありがとうございました


   
コメント