カラダよろこぶろぐ

山の記録と日々の話

初雪の北アルプス

2020-10-22 | ヤマのこと

2020.10.17(土)~19(月) 北アルプス・パノラマ銀座へ


*10/18 朝の常念岳と常念小屋*

年に一度くらいは北アルプスに行きたいよね
恒例の秋休み、今年はいろいろ難しいので一番アクセスの楽な安曇野へ

いつものようにひと月以上前に有給申請をした後は天気予報に一喜一憂する日々
本当は金土日で燕⇒常念と小屋の予約を入れてあったけど
どうにも土曜日の雨&雪マークがとれない
今年はどうしても稜線歩きをしたかったから稜線雨はだめでしょう
よし、予定変更!雨の中を登り、晴れ予報の日曜日に賭けてみることにした

----------------------------------------------------------------------

10月17日(土)


土曜日の燕山荘は満室だったため(悪天候で直前空きが出たけど)ルート逆回り
一ノ沢から常念小屋を目指します
夜行バス・電車を乗り継ぎ穂高駅へ
既に雨はパラパラ降っている中、タクシーで一ノ沢登山口へ
今日の予報は雨1mm、標高が上がるとみぞれ&雪
夏以外で雨の中を登るのはめったにないので、気合入れて出発~


この雨でも3組ほど登っていきました
しとしと雨が降り続く中、笠原沢あたりで見上げる先に白いものが
あ~やっぱりきたかぁ・・・



胸突八丁からはみぞれが木の階段にうっすらついて
滑らないように気を使い



ここまでくれば最後のひと頑張り


ですが、みぞれから雪に変わって
しかもどんどん降ってきて、あたり一面雪景色



常念小屋に到着したときは雨と雪で頭からびしょ濡れ
乾燥室とストーブの恩恵ですぐに乾いたけど、まだ12時なのに窓の外はごんごん雪が積もり止む気配なし('Д')
勝手な自分の予想では、翌日は朝は雪が少し残る程度でも昼間は解けて楽しい稜線歩き、
だったんですけどなんだか怪しげな雰囲気・・・

ま、考えても仕方ないので朝起きてから考えましょ

常念小屋では感染対策のため、夕食時の飲酒は禁止
談話室でもあまり飲んだりおしゃべりしたりという雰囲気でもないので
さっさと寝てしまいましたが
18時過ぎに稜線で動けなくなった人の救助要請があって、バタバタしてました

---------------------------------------------------------------------

10月18日(日)


起きてみたら快晴!ヤッタネ~


槍様も赤く染まった

快晴は良かったのですが問題は雪の量 誰もが予想外の積雪となった朝、さてどうしましょ?
なんとかトレースはありそうだし、軽アイゼンももってるし、
ましてやこんなチャンスはそうそうないので、予定通りいきましょう!

といいつつも、小心者の私は小屋番さんに「燕方面、どんなイメージですかね」と聞いてみる
「新雪なので歩きなれた人ならアイゼンはなくてもOKですが、トレースはあると思いますがそれが正しいとは限らない。
吹き溜まりはかなり積もっているだろうから、ラッセルとルートファインディングができるなら行けるけど、自信がないなら下山ですね」

・・・はい。



ではラッセルはダンナにまかせて出発





うっひょーーなにこの美しさ☆
北アルプスの雪山なんて、そもそも登ろうなんて自分で計画しないから
こんな景色のなかに自分が立てるなんて思いもしなかった



これは雷鳥さんの足跡?
どこかにいないかとキョロキョロしてみたけどみつからなーい





稜線の美しさに見とれながら快適に歩く・・・ほど甘くはなかった
新雪に足を取られ、時々沈むは、吹き溜まりは膝くらいまであるから足上げがキツイ



横通岳を巻いていく
この先だいたいが巻き道なので、コケて落ちないように一歩一歩足元を確認しながら着実に進むと
時間がかかる・・・



無雪期ならお散歩のように下ってくるこのあたりも、
いつもと逆コースなので大天井までほぼ登り、自分では登ってるつもりなのにちっとも進まない
この東天井岳あたりが一番雪深かったかな



登り切ってやっと大天井岳が見えた、ふー



ちょっと曇ってきてしまいましたが、雪の東鎌尾根をこの目で見れるなんて、ね




キレイな大天荘に到着
くたびれちゃったのでここに泊まってしまおうか?と一瞬よぎりましたが、
明日中に下山して帰らないと火曜日は何が何でも出社しなければならないのでムリよね・・・

今回、いつもと逆コースの励みにしたのは大天荘の”インディアンランチ”を食べること
小屋に上がってしまうともう歩くのが嫌になってしまいそうですが、
さすがに外は風が寒いので中で頂きました
いつも燕山荘からくると時間が早すぎて食べれなかったので
10年越しの念願がかないました、美味しかったーーー♪

がしかし、時刻は12:30
ここまでで予定のCTより1時間ほど多くかかってしまった
ということは、この先も1時間オーバーと予想すると到着は!!



だからと言って下りビビりの私が早く歩けるはずもなく
大天荘からの急斜面をそろりそろり



切通岩を越え


時折吹く強い風に雪が舞い上がり、隠されがちなトレースを辿り



大下りの頭へ やっと半分かぁ



為右衛門吊岩あたりからは焦っててあまり覚えがないけど



蛙岩越えたら



よっしゃ~あと少し!



やっと燕山荘が見えた~急げ~~
こちら側は午後になって雪の量が減ったのもあり、歩きやすかった



常念小屋から9時間かかってようやく燕山荘到着
ほっとした~





到着は16時ちょっと前でした
こんな快晴なのに時間切れで燕岳のピークには行けなかった・・・
山男が「雪のアルプスを快晴の日に歩けたんだからいいじゃない」と慰めてくれました

----------------------------------------------------------------



手続きを終えサンルームへ
時間も遅いですがいつもなら座る場所確保も大変なのに、今年は静かですね



予約時にはなかったgotoキャンペーンが10/1から適用されるとのことで
初めて見た1000円チケット、さっそく利用しました
宿泊代金もずいぶんお安く済んじゃったので、その分お買い物


食後はいったん片付けを終えてから赤沼オーナーTIME
今回は約一時間もお話してくれました、
何度か聞いてもいつも違うお話が聞けて本当に勉強になるんですよね
一般客室、真ん中にロールスクリーンがそれぞれに付いていました

-------------------------------------------------------------------------------------

10月19日(月)


土曜日の天気予報では月曜日まで晴れだったけど、変わったみたいでどんより曇り空
天気予報通りになった昨日の穏やかな快晴は、私にとってはキセキのような一日でした



さて、十分楽しみました、下山です



合戦小屋まではところどころ雪が残って凍っていましたが、そこから下は秋





中房登山口へ降り、湯原の湯に入って帰りました。

思いがけずの雪山体験で楽しかったこと・いろいろ学んだこと・勉強になったことあったけど
中でもビックリだったのが燕山荘で真夜中に目が痛くて痛くて目が覚めて、
少ししか開かない目でスマホ検索したら雪目だと知ったこと・・・あーぁ。
途中曇ったりしたからうっかり胸ポケットのサングラスをかけないまま歩いた自分が悪い
下界に降りてからも仕事に支障が出るほど眼が辛かったのが、一番の勉強だったかも(*´Д`)

おしまい。




【行程】
バスタ新宿23:05⇒信濃大町駅5:02/5:30⇒JR穂高駅 タクシーにて一ノ沢登山口(約¥5,900)

10/17(土)一ノ沢登山口6:50⇒胸突八丁10:00⇒第一ベンチ10:40⇒常念小屋11:32
10/18(日)常念小屋7:00⇒東天井岳鞍部9:15⇒中天井岳11:13⇒大天荘・山頂11:25~12:25⇒切通岩12:45⇒大下りの頭14:30⇒蛙岩15:05⇒燕山荘15:47
10/19(月)燕山荘6:45⇒合戦小屋7:00~7:15⇒中房登山口9:30 湯原の湯で入浴

中房温泉BS10:45⇒穂高駅11:40/11:54⇒松本12:24/13:10⇒あずさ⇒新宿15:41

★この日の美しい画像は大天荘のブログからどうぞ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村




コメント (9)

紅葉の山歩き・平標山

2020-10-04 | ヤマのこと

2020.10.3(土)平標山へ


そろそろ近場でも紅葉がみれる時期になりましたが、混雑もする時期
安達太良山や那須岳は道路が渋滞するからバスでは行けないし、谷川岳ロープウエイは運休だし
渋滞に巻き込まれず紅葉を楽しめそうな山・・・あ、そうだ、と5年ぶりに平標山へ
越後湯沢駅からのバスは1台で満員、立ったまま40分 平標山登山口へ



今回も松手山コースから行きます
このルート、なかなかきついんですよね・・・
今年はまともに山を歩いていないのでちょっと心配だけど頑張りましょ



鉄塔までの急登を登り、鉄塔で一休みし



ほんの少しの息を整えられる区間を経てようやく稜線へ出て



松手山でまた一休み



ここからは気持ちの良い尾根歩きになります





秋色に染まった山肌が秋を感じさせてくれます
でも平日の仕事中は晴れで、なぜ休日になると曇り空?
昨日の金曜日はあんなに快晴だったのにーーー!
陽が射していればどんなにきれいだったかと、それだけが残念です



きつい記憶はあるけれど、さっき見えてたのは山頂ではなく、
まだまだ先だったという記憶は消えててちょっとヘタる
自分に都合悪い記憶は消えてしまうのかしら・笑



斜めになった木道あたりはもう苦しくて休み休み





歩いてきた道を振り返れば苗場山
肉眼では色づいているのが確認できました、いーなぁ、苗場山 また行きたいな



そういえば今年はハクサンイチゲに一度も会えなかったな
季節はいつの間にか秋になっちゃいましたね



9合目まで来ると紅葉はさらに赤みを増して





山頂目前、モコモコパッチワークが美しすぎて足が進みませんでした(ほんとに?)



山頂に着くとちょうどお昼時もあって大混雑でした
ところがさっきまで静かだったのに、ガスは上がってくるは、風は強いは、そして寒い!
半袖で登ってきたのに一気に体が冷やされました



ガスの合間に松手尾根方面と池塘を眺め



谷川岳・仙ノ倉山方面を眺める
でもここも風の通り道で寒い!
紅葉の最盛期の晴れた日にここを歩けたら最高でしょうね~



お花畑も秋色です



山頂にいると寒くて凍えそうなのでお昼を食べてすぐ下山
ところが平標山の家方面におりてすぐ風がピタリとなくなり、木道脇に誰もいないベンチがあった
ここならこの景色見ながらゆっくりできたのに、次回こそ覚えておこう!



山の家周辺は黄葉の紅葉



山の家は賑わってました
自炊小屋も満席みたいだし、テントも10張くらいあったみたい
ここは水が豊富なのがいいですよね



一休みして下山開始
下山し始めると先ほどまでの寒さはなくなり、また暑くなって半袖に逆戻り



こちらは松手山コースよりさらに階段だらけで泣ける~
もう後ろ向きで降りたくなるほどの連続階段を経て林道到着



スタート地点へ戻ってきました

帰りのバス停には40分ほど早く着きましたが、5人くらい並んでた(帰りは座れました)
この時期陽が射さないとじっと待ってるのは結構寒い
周囲は何もない場所なので17:20のバスだと暗くなって辛いな、と思いました。


------------------------------------------------


越後湯沢駅構内の”酒風呂”に入ろうと行ったら、なんと15時で閉館!
仕方なくまたさっきまでいた東口に戻り”江神温泉浴場”へ
開いててよかった・笑

旅先ではできるだけその地でお金を使うのが我が家の決まり事
温泉の後は越後湯沢駅内のお蕎麦屋さんでおいしい日本酒&夕食

でも半分くらいの飲食店が15時で閉店していたり、
以前はあんなに混んでいた”ぽんしゅ館”や”がんき通り”も閑散としていてとても心配になりました





【行程】
東京駅6:36⇒新幹線⇒越後湯沢8:06 南越後観光西武クリスタル線8:25⇒平標登山口9:05
登山口9:20⇒鉄塔10:10⇒松手山11:05⇒平標山12:35~13:05⇒平標山の家13:45~13:55⇒平元新道登山口14:45⇒駐車場15:45-バス停15:55 
平標登山口BS16:35⇒越後湯沢駅17:13
江神温泉浴場にて入浴&がんき通りで食事
越後湯沢駅19:37⇒新幹線⇒東京


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村




コメント (8)

秋の東北トレッキング②

2020-09-27 | ヤマのこと

2020.9.21(月祝) 岩手県の三ッ石山へ


公共機関利用で三ッ石山へ最短で行く登山口は松川温泉
その松川温泉に行くバスは一日に二往復しかないので
盛岡駅6:54発のバスに乗るために、盛岡駅に一泊して出発しました



盛岡駅の乗り場には登山者の列ができていましたが、それでも10人程度
約二時間バスに揺られて8:51 松川温泉BS到着



地熱発電所の脇を上がっていきます
ここ松川地熱発電所は昭和41年10月に完成した、わが国最初の地熱発電所だそうです



登山口からはいきなりの急登
丸太階段の連続ですが



それも30分ほどで緩やかな道となり、犬倉山方面が見えました 岩手山は隠れています



急坂が終わったらこんな緩やかな道でいいの~♬と喜んだのも束の間
ずーっとどろどろ道でした・・・滑らないように歩くので変なところに力が入ります



空が近くなったかな?と思ったころ、右手に三ッ石山がチラリと見えた
えーー!ま、ま緑色ーー?
昨日の栗駒山も紅葉には早すぎたから、そんな予感はあったけどこっちも全然まだですか( ;∀;)



三ツ石山は本州で一番早く紅葉が始まる山なのにぃ・・・
がっかり気分で進むと ここまで花はなかったけどリンドウさんが花道を作り



そこを抜けると懐かしい三ツ石避難小屋が現れました

前回来たときは紅葉の見頃だったこともあり大混雑でしたが、今日は静か
懐かしみながら小屋の中で昼食をとります
その後、山頂へ



そうでしたそうでした、こんな登りでした
降りてくる登山者にこの先がまだまだ長いことを聞かされ、励まされたっけなぁ
三ツ石山の紅葉はこの先がメインだった記憶



淡い期待 登り切ったら部分的にでも紅葉で赤くなってたりしないかしら・・・



してなーーい!(涙)



残念ながらこちらも紅葉はまだでした
初めてココの紅葉に魅せられた日も 同じシルバーウイークで9月20日だったのに
今年は夏が暑かったから?かなり遅いってことですかね



しかも山頂に着いたら黒い雲がどんどんやってきてパラパラと雨も降りだした
今日は曇りと晴れマークだったのに~~



風が冷たくて手袋が欲しいほど寒くなってきたので、ここから大深山方面を眺めるのはあきらめ
いったん岩を降りる



今回の旅のメインだったんだけどなぁ
ま、私らしいといえば私らしいけど
雲の流れが速いので、黒い雲が行ってしまえば、と晴れ待ちをしてみることにした
すると、



青空きたー!



光が射したら ほんのりと色づく三ツ石山も輝いた
紅葉にはまだまだだけど、青空が明るく見せてくれる 待ってみるもんだね♪



今回期待した紅葉の絨毯を見ることができなかったので
またここを縦走しながら紅葉を見にこよう、という想いも湧いてきた
でも次に来るときは、岩手山はパスしようかな
よくあんなところから歩いてきたもんだ、11年前はさすがに若かったとしみじみしてしまった・笑



私が今まで歩いた山の縦走路の中で、一番こころに残る裏岩手縦走路
あの時と変わらぬ優しい風景が 今日も私を癒してくれた



メルヘンちっくな三ツ石避難小屋を見下ろしながら
帰りは来た道を戻るだけ



どろんどろんで転ばないようにね、
なんて言いながらなんてことないところで転びましたけど(悲)



下山するころにはすっかり晴れるあるある でもほっんと気持ち良い♪
森の香りってどうしてこんなにいい香りなんでしょう~



オレンジの丸は八甲田山でも見たアレですね
ここが雪深い森であることを再確認させてくれます



15:00 到着
気持ちの良い一日をありがとう


----------------------------------------------------------------

今日はずっと泊まってみたかった松川温泉・峡雲荘で一泊
連休はこの日しか取れなかったのでここをメインに逆算して計画


館内はどこも木のぬくもりを生かした造りで



部屋の暖房は地熱を利用しているそうで、調節が出来ないので暑いときは窓を開けるか扇風機
この日は暖房入っていませんでしたが、自然のものを利用するのはさすがですね
濁り湯の温泉はもう言う事ナシ♬
東北は魅力的な温泉がいっぱいあって、どこもそれぞれに素晴らしくて大好きです

▽過去レポ▽
藤七温泉 大深温泉 繋温泉 夏油温泉 乳頭温泉 玉川温泉 嶽温泉 酸ヶ湯温泉 鯵ヶ沢温泉 湯の台温泉 月山志津温泉



夕食は部屋出し、人手不足の今どきに珍しいなぁ、と思いましたが
一ノ膳という方法で出てきて、なるほど、効率が良い
コロナ禍では他人との接点が少ないのがとても良かったです
朝食もバイキングではなく席も離れてて〇
イトウのお造りやイワナの塩焼き、山菜、タモギダケはまた食べたい
地産食材のお料理はすべてが好み、美味しかった~~

大満足の東北の山旅でした。

前日の栗駒山はこちら

※追記:2020年の紅葉の見ごろは10月2日前後だったようです。

---------------------------------------------------------

【行程】
往路:盛岡駅BS6:54⇒松川温泉BS8:51 登山口(トイレあり)9:20⇒三ツ石避難小屋11:15~11:40
⇒三ツ石山山頂12:17~12:50⇒三ツ石避難小屋⇒松川温泉15:00
☆松川温泉・峡雲荘泊
復路:峡雲荘BS9:45⇒盛岡駅11:29⇒東京14:56





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村





コメント (6)

秋の東北トレッキング①

2020-09-25 | ヤマのこと

2020.9.20(日)栗駒山へ


せっかくの連休ですが、今年は体力筋力が激落ちのため長時間歩くのは無理
では紅葉目的で大好きな山と温泉を絡めた旅をしよう、と東北へ



8年ぶりに降り立った”くりこま高原駅”
前回気づかなかった高いビル”エポカ21” 駅前のバス停から乗るのは今回は12,3人
10分ほど遅れて”いわかがみ平”到着 ひんやり空気が寒いほどでした



1週間前に調査したところ全然紅葉していなかった
少しは進んだかな、と期待して来てみたけど



赤はないかとキョロキョロするも オオカメノキの実くらいで



稜線に出たけど、う~~ん
山は御覧の通りまだみどりいろ~(*´Д`)



まあ、4連休の天気予報は当初曇り&傘マークだったのだから
雨は降らないし風も穏やか、これだけでもありがたい
今日は前回の失敗を踏まえて中央コースから山頂を目指します




最後の丸太階段を登ったら山頂



やったね☆(たったの登り1時間半だけど)
8年前のリベンジ果たせました

山頂は老若男女で大賑わい 地元の方に愛されるお山、栗駒山


高曇りですが周囲のお山がかすかに見えます
標高1,627mの山頂からは 鳥海山、月山、蔵王連峰、
岩手山、早池峰などの東北の名峰の数々が見渡せるとか



山頂でお昼を済ませ 須川温泉に行ってみたいと思いつつ 今日もいわかがみ平へ戻ります
東栗駒コースを行きます



涼しくて穏やかな天気 下界を見下ろしながら歩く とっても気持ちよいトレイル
これで真っ赤な絨毯が見れたら最高だったんですけどねぇ・・・
1ヶ月前には予測できなかったのだから仕方ない






青いリンドウと渋い紫のリンドウ



ふんわり草紅葉の斜面に近づいてみれば



波打つような黄金色のふかふかクッション



分岐まできて振り返れば



中央コースから見えたのとは違う、
大きくてりっぱだけど どことなく女性らしい表情の栗駒山が



晴れたり曇ったり
歩いてきたのびやかでやわらかな稜線




時々ゴツゴツ大きな岩




前回来たときはガスで何も見えなかったから
こんな素敵な山だとは気づかなくて ごめんね栗駒さん



やっぱり好きです、東北の山



今年の紅葉見ごろはあと2週間くらい先かもしれないなぁ



前回強風で敗退した場所みつけて記念撮影・笑
やっとあの日の残念な思いを 楽しい記憶に塗り変えることができたよ



名残惜しいけど沢を渡り ごつごつぬたぬた歩きにくい道を降りていく



あの日真っ赤だった木々たちはまだ青々としていたけど
改めて歩いてみたら ここはね、紅葉関係なく素敵なお山なんだよ、って教えられました

山のイメージを情報や一度の経験だけで決めつけるのは申し訳ない、
そんな当たり前のことに気づく機会を与えてくれてありがとう、栗駒山。


--------------------------------------------------------------



くりこま高原駅から盛岡へ向かう車窓から
やさしく佇む栗駒山の姿が またね、と見送ってくれました



盛岡駅についたら速攻”盛楼閣”へ
できるだけ行動範囲を広げないように予約していったのですが、
ビルの外まで何の列?と思うほどの行列はざっと数えて40人くらい?
何時間待ったら食べれるの~人気店なのは知っていましたがこれほどとは('Д')


翌日へ

※追記:2020年の紅葉の見ごろは10/4前後だったようです。

-------------------------------------------------

【行程】
往路:東京6:04⇒新幹線⇒くりこま高原8:26 紅葉号(バス)9:20⇒いわかがみ平10:40 片道¥1,600
歩行:いわかがみ平10:50⇒中央コース⇒栗駒山頂12:15~12:50⇒東栗駒山13:45⇒いわかがみ平14:40
いわかがみ平(バス)15:00⇒くりこま高原駅16:15/17:02⇒新幹線⇒盛岡17:54
☆ルートイン盛岡駅前泊





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村



コメント (14)

TAKAO朝散歩

2020-09-13 | ヤマのこと

2020.9.13(日) 高尾山へ


7時ちょっと前の高尾山口駅
みなさん朝早いな~ 人いっぱい



サブちゃんもマスク姿
今日の天気予報は晴れ



気温はたぶん26度以下
さすがにもう熱中症の危険はないかな?
6号路の沢の音に癒されつつ登ると 涼しいはずなのにやっぱり私は滝汗( ;∀;)



今日はラスト階段も休まず、山頂に着いたら・・・あれ?富士山方面真っ白
時間が早すぎてまだどこのお店も開いていないし
天気もいまいちなのでもういいや、さっさと帰ろう

稲荷山コースで下山しようと思ったけど、この時間帯はどんどん登ってくるので
狭い部分のすれ違いが大変だなぁ・・・と道幅の広い1号路で下山




薬王院で手を合わせ、薬王院Tシャツを横目で見て・・・



今日は一人なのでタッタカ進むと



やった!これは!
はなねこさんのところで教わったばかりのハイイロチョッキリの??

※ハイイロチョッキリ:甲虫目オトシブミ科チョッキリ亜科
 8~9月にドングリの中に産卵し、葉の付いた枝ごと切り落とす昆虫



断面や産み付けた穴をじーっと見るけど・・・結局よくわからなかった・笑
カメラを持っていかなかったのでスマホで撮ったらピントもいまいちで残念
でもこの周辺だけいっぱい落ちてたからきっとそうだ♬



金毘羅神社からの眺め なんだかひと雨来そうな空 
天気予報ハズレ?昨日の予報では晴れだったけど変わったのかな?



なんなら今週末の4連休の天気予報もハズレてくれないかなぁ・・・


--------------------------------------


【行程】自宅5:40→高尾山口7:17→6号路→高尾山頂8:30→薬王院9:00→1号路→高尾山口10:10→自宅11:55





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村


コメント (1)