山梨百名山から見る風景

四方を山に囲まれた山梨県。私が愛して止まない山梨の名峰から見る山と花と星の奏でる風景を紹介するページです。

ベニカヤラン開花  平成29年4月23日

2017年04月25日 | 花・花・花
 昨年も何度か撮影に出かけたベニカヤラン、今年も1週間ほど前に訪れてみたが、まだほとんどが蕾だった。そして再訪してみると、8部咲きというところではあるが、午後の遅い時間で陽が射し込まなかったこともあり、やはりうまく撮影出来ない。


    開花したベニカヤラン。400㎜望遠でIso640まで上げて撮影するが、全くまともに写ってくれない。


    比較的近いところにあったものを200㎜で撮影。


    400㎜にすると、やはりまともには写らず。


    何度トライしても高い木の上に居るこの花は撮れる気がしない。


    トリーミング。やっとこの程度。

 日の当たる条件の良い日に、出来るならば再トライしてみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未だ咲かず 甲府市北部林道のスミレ  平成29年4月23日

2017年04月25日 | 花・花・花
 昨年見つけたスミレだが、交雑種のカクマかどうか決着が着いていなかったスミレ、そろそろ咲いている頃かと思い訪れてみたが・・・未だ咲かず。


    日当たりの良い場所でようやく咲いたタチツボスミレ。


    このスミレはもうそろそろ終わり。エゾアオイスミレ。


    アケボノスミレは咲き始めたばかり。


    色黒のアケボノスミレ。


    エイザンスミレも咲き始めたばかり。


    葉が細くて一見ヒゴのようにも見えるが、薄く色付いておりこれもエイザンスミレ。


    こちらは葉が細くて花弁も白い。ヒゴスミレ。毎年咲く場所が移動しているのが面白い。


    一株だけ気の早いマルバスミレ。


    日当たりの良い斜面に少しだけアカネスミレ。


    今盛りなのがこのシハイスミレ。


    しかし昨年に比べるとかなり数が少ない。これからまだ咲くのかも知れない。


    葉を立てたこの姿はマキノのようにも見えるが・・・花の色はシハイスミレ。

 昨年問題のスミレを発見した場所を訪れてみたが、まだ花も葉も出ていなかった。たくさんあったアカネスミレも咲いていないが、早い時期に咲くはずのゲンジスミレが全く見つからない。斜面がもろいこの林道、ひょっとしたらと心配をしていたのだが、土が崩落して崩落止めのネットが露出してしまっているところが随所に見られ、斜面の雑木林が切られて環境が変わってしまっているようにも見える。まだ時期が早かったようだが、無事に咲いてくれることを願う。


    気になるこの崩落した斜面。木も切られている。


    桜もまだ満開になっていない。少し早かったようだが、スミレが無事に咲いてくれることを願う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『山と花と星の奏でる音楽会』 盛況に開催終了しました。

2017年04月25日 | 番外編
 平成29年4月22日(土)に開催された『山と花と星の奏でる音楽会』ですが、声楽家2名とピアニスト1名をゲストにお迎えし、約60人ほどのご来場者をお迎えして盛況に開催終了しました。


    メンバー5人


    ご協力いただいたスタッフらとともに


 今回上映したプログラム





 歌とスライド(パワーポイント)の切り替えタイミングが合わなかったり、捜査を間違えたりというミスもありましたが、声楽家と行う音楽会としては初めての試みの割にはうまく出来たのではないかと満足しています。

 機会がありましたらまた開催したいと思っております。ご来場の皆様、ありがとうございました。



 今回の上映の目玉、割れるダイヤモンド富士
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「山と花と星の奏でる音楽会」予告  平成28年4月20日

2017年04月20日 | 番外編
 4月22日開催予定の音楽会、兼上映会まであと2日と迫りました。ちょっとだけ上映する画像の予告をします。

 『雪化粧』
 「Bring the Snow」という曲に合わせて上映します。この曲はこの冬に上映されたディズニー映画『Moomins at Christmas』の主題歌です。


    雪庇が発育した金峰山


    雪化粧した甲府市の里山 積翠寺


    樹氷の三ツ峠の夜明け


 『忘れられない空』
 山上で見た思い出の空を集めてみました。曲は宮本笑里の「Sola」です。


    巻雲が流れた南アルプスの空 6月の鋸岳から


    青い空を映す姫池 9月の平ヶ岳から


    夕焼けの空 夕暮れダイヤモンド富士の後に広がった高尾山の空


    雲海上のダイヤモンド富士 雲海だけでなく空に流れた雲が良いアクセントを添えてくれました。 雨ヶ岳から


 『絶滅危惧の花たち』
 「竹田の子守歌」のピアノ演奏に合わせて上映します。今回は山梨県の絶滅危惧ⅠA類に限定して画像を集めてみました。


    ウチョウラン 御坂山系の山


    カイコバイモ 南部町の山


    ホソバノツルリンドウ 山梨県東部の山


    カイジョウロウホトトギス 山梨県南部の山


 上映予定のビデオ編集はほぼ終了しましたが、歌手の歌に合わせて上映するパワーポイントの編集はまだ完了していません。毎度のことですが、出来上がるのは当日の朝になるかと思います(笑)。

 山に登る方も登らない方も、音楽が好きな方もそうで無い方も、きっと楽しめる音楽会&上映会になるかと思います。皆様のご来場をお待ちしております。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

越野の君を再訪  平成29年4月初旬

2017年04月19日 | 花・花・花
 4月8日に訪れた時にはまだ蕾だったアズマイチゲはもうそろそろ開花している頃だろう。数を増やしているように見える越野の君のその後も見てみたいが、それ以上に気になっているものがある。


    沢沿いにヒナスミレが満開。


    今年は当たり年なのか、ブーケのようになっている。


    シロバナエンレイソウも咲き出した。


    しかしアズマイチゲは・・・一旦は開いたようだが、空模様が悪くなり閉じてしまったようだ。


    残念。


    越野の君は新しい株も出ていた。


    越野の君をパトロール。盗掘は無いかどうか? 大丈夫そうだ。


    登山道沿いで踏まれそうな株は石で囲ってあげる。


    不運にも踏まれてしまった株は添え木で修復してやる。


    そんなふうに花に愛情を注いでやると、花のほうから姿を現してくれることがある。前回は蕾だったこの花。


    今度はしっかりと開花してくれていた。


    シロバナの越野の君、今年も出会えました。1年限りのものと思っていただけに、出会えて嬉しい。

 「私たちを守ってください」と花が告げているような気がしてならない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花咲かじじい作戦 ネット張り  平成29年4月某日

2017年04月18日 | 番外編
 咲かなくなってしまった花を咲かせようと、テンニンソウを除去し木の枝を掃って日当たりを良くし、肥料を撒いてやったが昨年はとうとう姿を見ることは出来なかった。それどころか、世話した場所はシュロソウをはじめとする今までに生えていなかった草が増殖してくれたにもかかわらず、それらは全て鹿に食われてしまった。つまり、やって来た努力は鹿の餌を増やしただけという結果に終わってしまった。順番を間違えたのであろう。先に保護ネットを張るべきだったのだ。しかし、そうすることによって花の在り処がわかってしまうというためらいがあってネットを張らなかったのだが、もはやそんなことは言っていられない状況となった。待った無し、ネットを張ることにする。


    伐採が進んで森が明るくなっていた。


    標高が高いだけあって、まだ雪が残っていた。


    荷揚げしておいた荷物を取り出して、さらに今回持ち上げた資材を使ってネットを張る。


    草むしりの効果はある程度出ているようだ。


    資材にいろいろと問題があることもわかったが、作業3時間にしてなんとかネット張り完了。


    日当たりも改善している。さあ、出てくれ!と祈るばかりである。

 今年は保護活動を実際の行動に移す始まりの年と位置付けている。最低でもあと2ヶ所、4月と5月のうちに囲わなければならない場所がある。どこまでやれるのか、どこまで守れるのか、全くわからない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北杜市のスミレを散策  平成29年4月16日

2017年04月18日 | 花・花・花
 朝霧高原から北杜市に場所を移動してスミレの観察に出動する。現地の入り口でさらに3人が合流し、総勢9人という大人数での観察会となる。


    アケボノスミレが咲き始めていた。これが咲いていれば、他のスミレも咲いているはずだ。


    アケボノスミレ。もっと色黒のタイプがあるはずだが、まだ咲いていなかった。


    エゾアオイスミレ。春の早い時期に咲くスミレ。


    エゾアオイスミレ。あまり数は無い。


    イブキスミレが姿を現した。清涼感あふれるスミレ。


    イブキスミレがたくさん。


    日当たりの良いところでは元気にアカネスミレが咲いていた。


    アカネスミレ


    アカネスミレもたくさん。


    ニオイタチツボスミレはあまり数が無かった。


    そしてお目当てのスミレが登場。


    ゲンジスミレ


    6輪咲いた欲張り株。もっとたくさん咲かせていた株もあって、今年は大当たり。


    ピンク色の株


    こんな虫が媒介するのだろうか?


    ゲンジとアカネのコラボ。しかし交雑種は見つからなかった。


 場所を移動してもう1ヶ所。


    ミツバツツジが咲いている。これが咲いていればおそらく咲いているはず。


    居ました。フイリシハイスミレ。


    まだ咲き始めたばかり。葉はたくさん出ている。


    山梨県ではおそらくここにしか咲かない貴重なスミレだ。

 予定ではもう1ヶ所だったのだが、なにせ花見隊の観察会なので納得できる写真が撮れるまでは次に進まない(進めない)のが花見隊だ。ピッチが遅いがその代わりに見落としも少ない。この日は想定外の場所にもゲンジスミレが咲いていて(おそらく分布を広げたと思われる)足が止まってしまった。朝の割れる剣ヶ峰ダイヤモンド富士良かったのでこの日は運を使い果たしただろうと思っていたのだが、その後も驚くほどのゲンジスミレに出会えた素晴らしい1日だったと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝霧高原のスミレ 平成29年4月16日

2017年04月18日 | 花・花・花
 先日下見に出かけた時はまだ蕾で1輪も咲いていなかったスミレがようやく咲き始めた。


    朝日を浴びて咲き始めたヒナスミレ


    ここのヒナは葉に斑が入ったフイリヒナスミレが多い。


    フイリヒナスミレ


    咲き始めたばかりのエイザンスミレ


    エイザンスミレ


    こちらも咲き始めたばかりのキスミレ


    お見合い中。


    まだ少しだけ。


    ヨゴレネコノメソウ


    ニリンソウも葉っぱだけ。

 例年よりも開花が遅れている。見頃を迎えるのは来週以降だろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6人並んで剣ヶ峰ダイヤモンド富士を狙う 朝霧高原  平成29年4月16日

2017年04月17日 | 番外編
 春のスミレ観察のため花見隊が朝霧高原に集結し、前日から車中泊した。まず狙うのは・・・花では無くて剣ヶ峰から昇る割れるダイヤモンド富士だ。早朝5時過ぎに朝霧高原道の駅を出発し、撮影地に向かう。GPSで位置を確認し、横一直線に6人、約10mの幅で7本の三脚を並べてダイヤの時間を待つ。カメラの設定等を調整してもらって、さて、秒読み開始、5・4・3・2・1で一斉にシャッター連写を始めるが・・・ここで一人電池切れとなってまさかの脱落。若干時間計算が狂い、連写開始から約20秒後に太陽が現れ始めた。


    いちばん右の位置で構えた私のカメラだと太陽は剣ヶ峰の右から現れてしまった。


    それでも割れるダイヤモンド富士は撮影成功。


    若干春霞が出て光芒はいまひとつだったが、光が3つは出ている。


    あっという間に終わり。


    600㎜望遠レンズ


    右から太陽が現れた。


    一応は4分割


    5分割?はちょっと無理。


    わずかに位置が右にずれて、ティアラにはならず。


    惜しかった。

 しかし、この日は6人横並びで撮影したので必ず撮影に成功している人が居るはずだ。全員の画像を確認すると全員剣ヶ峰で割れるダイヤの撮影(脱落者を除く)に成功しており、いちばん良く割れていたのはいちばん左側の位置のカメラだった。GPSの座標を記録して後にカシミール3Dで軌道を再計算してみると、このくらいの距離だと思っていたよりも左側の軌道でティアラになるようだ。しかし、GPSの座標は衛星の補足状況によって5mくらいずれることはしばしば起こるので、この軌道が全て正しいとは言い切れない。


    いちばん右寄り、私の位置からの太陽軌道。


    いちばん左寄り、最も均等に多重分割した位置からの太陽軌道。

 1昨年から始めたこの割れるダイヤモンド富士の撮影だが、始めたばかりの頃はこの軌道データ取りに多大な時間を費やした。しかし大人数でやると1回の撮影で一気にデータが揃ってしまうという利点がある。次回からのティアラ狙いに今回のデータを参考にさせてもらおう。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

富士山に昇る木星 朝霧高原  平成29年4月15日

2017年04月17日 | 星空
 明朝からのスミレ観察会+αのため花見隊が前夜に朝霧高原道の駅に集結した。寝過ごすと大変なので私も車中泊することにして、夕方7時半に道の駅到着。皆さん車が止まっているが・・・既に車内は真っ暗で寝ているらしい。ご年配(?)の皆様は寝るのが早い。空が晴れて月明かりも無く素晴らしい星空になった。明朝は早いので早く寝ないといけないが・・・折角の星空、富士山の上にはひときわ明るい木星が輝いている。ちょっとだけ星空撮影に、ついでに彗星が撮れないかどうか、スカイメモSも持って行く。


    富士山頂に昇った木星。朝霧高原道の駅に隣接するヘリポートから撮影。


    近くには1等星のスピカとアルクトゥールスが輝いていて、夕暮れの東の空は華やか。


    明るい木星。


    スカイメモで追尾。真ん中の赤っぽい星は土星。

 レンズを150㎜くらいにして空を狙うが彗星は捉えられない。考えてみれば、撮っているのは南東の空、しかしそっちじゃなくて彗星が居るのは北東の空ではなかったか??パソコンで位置を確認して来なかったので当てずっぽうに撮ってみるがやはり捉えられず、時刻は8時半となり撤退となる。明朝も早い。さっさと寝なければ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加