るーたんの日記 ~part2~

山歩き・食べ歩き・旅のひとりごと日記

2021.9月「立山三山+剣岳」+温泉

2021-09-18 23:05:32 | 日本百名山

かつて1度だけ登ったことのある「劔岳」。もう20年くらい前になる。大阪の友人と剱沢小屋に泊まって挑戦した。

その日は、ガスガスととても混んでいて、タテバイが大渋滞、下山にして一服剱に戻ったころに天気が回復してきた。

なので、ガスガスと渋滞で詳細を覚えていないんですよね。

2021年9月、満を持して2度目の剱岳の登頂を計画。天気に恵まれ、その行程を満喫しました♬

1日目は立山三山も周回。ちょっと早い紅葉を眺めながらの、ぜいたくな3日間を過ごしてきました。

***************************

立山三山

前に歩いた五色が原方面を懐かしみ…

雄山

向かいの後ろ立山。針の木とか。

大汝山

室堂を上より鳥瞰

富士の折立から三山。

真砂岳と内蔵助カール

振り返った、歩いてきた稜線。

真砂岳

初日の最後のピークは別山への道。

時々紅葉

別山より振り返って

ようやく、本日の最後の下り。剣山荘まで。

なんと! 何十年ぶりに2回目の剱岳を明日は目指します。

そのため、本日は一番剱岳に近い剣山荘に泊です。1泊2食付きで11,000円。

なんと宿泊者が少なく、1人で1部屋利用でした。

インナーシーツは持参しました。昨年のこの時期に涸沢小屋で購入したモンベルのもの。便利です!!

夕飯は5時から。剣岳の前回の挑戦時は剱沢小屋でしたが、そこもとんかつでした。本日もとんかつ。

劔の山小屋の夕飯はとんかつなのかな?!

あと、シャワーもありました。

夕方6時、夕焼けがきれいというので尾根まで上がってみました。

夕日もどうにか。雲海ときれいでした♬

月も登ってきました。

この日の宿泊者は15人くらい。半分以上が女子で、珍しいことだと小屋の方も。

夕焼けを教えてくれた宿泊者の男性と話すと、なんと山梨の方。

小屋に戻ってしばし山話など…世の中狭いものです。

****************

2日目は…朝4時くらいに起床したら、星が輝いていました☆彡

登っていく登山者のライトと共に。三脚ではないのでぶれてますが…

流れ星も見えました☆彡 ラッキー!!

5時30分から朝ごはん。剱を眺めながら…

5時50分ごろには出発!

まずは一服剱を目指します。

一服剱より前剱を確認。

下の三角が一服剱でした。前剱への途中より。

前剱…手強いぞ!

大日岳を確認。

 

 

前剱より。

平蔵のコル

 

 

最後の核心部。登りは右側、真ん中あたりの縦ライン「タテバイ」から。下りは左から戻ります。

タテバイを上から

 

 

 

 

 

3時間ちょっとかかって、剱岳山頂。2,999m。

早月尾根と早月小屋方面。日本海も。

 

平蔵のコルあたり…

*********************

せっかくなので、行程の写真をアップし記録にしようと思います。

<つづく>

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年9月 鳳凰2座「地蔵ヶ岳・観音岳」(御座石から)

2021-09-18 19:53:39 | 日本百名山

9月に入って、日帰りで3座歩けないかな?と挑戦しましたが、2座のみとなりました。

久々に登った観音岳付近では、ウラシマツツジの紅葉がはじまってました♪

白砂とはい松と岩々がおりなす稜線の景色、南アルプスの展望…なかなか良い山ですね。

・・・今更ながらですが…、鳳凰三山の観音岳と地蔵ヶ岳を御座石から周回してきました♬・・・

********************

最初のピークの燕頭山。ここまでがきついのですが、

ここの森、この先の森歩きがなかなか良いのですよね。

この日も朝はガスだったのですが、このあたりに着くと、森にきれいな陽射しが入りました。

展望は時々。八ヶ岳や秩父方面が見えます。

途中から見える甲斐駒ヶ岳。

目指す地蔵ヶ岳。

小屋までは歩きやすい登山道。

 

鳳凰小屋は掃除や片付けで忙しそうです。

トイレはチップ制で1回200円。南アルプス天然水は、無料でいただくことができます!!

小屋番さんと話をして、1日で3座は無理そうなので、前回とは逆に先に観音岳から攻めてみることにしました。

稜線に出るまでは、森の木陰が歩けるので確かに地蔵に登るよりは暑さはしのげました。

観音岳までは40分。

あの先のピーク。見えているけど、小ピークを越えながら…

時々、鳳凰シャジン。葉っぱが細いのが特徴。

振り返れば地蔵ヶ岳。奥には甲斐駒ヶ岳。

観音岳までの稜線上のウラシマツツジがの紅葉がはじまっていました。

ただそれだけでもうれしくなる♡

観音岳と北岳。

白根三山。

北岳。白根御池小屋、肩の小屋、二股と確認できますね。

久々登っていない仙丈ケ岳。行くとすれば、現在は長野の戸台からになりますね。

甲斐駒ヶ岳

観音岳からだと、地蔵のほかに手前の景色も入って良いですね。

地蔵ヶ岳に歩いていく稜線。ここも小さなピークを越えつつ・・・

何十年振りかの観音岳。

終盤でしたが、鳳凰シャジン

タカネビランジ

イワインチン

ウラシマツツジの紅葉

薬師方面や富士山の方面は、この日はずっと雲の中でした。なので、2座でよかったかもです(笑)

地蔵ヶ岳に着くころには、雲も多くなってきました。

 

本日も眺めるのみ。

下りは早めに・・・

蟻地獄に飲み込まれていくようです(;'∀')

再度、鳳凰小屋に立ち寄ってご挨拶。冷たい南アルプス天然水を補給させていただき、下山です。

小屋で教えていただいたシラヒゲソウ

下山途中で見かけたこのお花も、鳳凰シャジンと思います。葉っぱが細いのが特徴。

シャクジョウソウ

ダイモンジソウ

こんなお花が確認できました。

**************

本当なら、青木鉱泉を起点に周回したら1日で3座の周回も可能なのかもしれないのですが、

私の体力で可能なのか?

あと今一つ、滝のルートが事故が多くて好きでないことから、

今回も御座石からの挑戦となりました。

今回、久々に観音岳に登ってみて、稜線のはい松と白砂の眺めが独特で美しいなと実感しました。

また季節を変えて、泊まりで今度は3座を周回してみたいですね。来年には…妄想!

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年8月 八ヶ岳の初コース

2021-09-05 09:46:27 | その他の山

八ヶ岳のずっと気になっていた「ここ」にようやく行ってみました。

「青薙」(あおなぎ)

****************

編笠から赤岳方面。阿弥陀の下に、なんかコンクリートっぽいザレ地。

どんなところなのかなと、ずっと思っていました。

******************

権現がいつもとは違った感じでよく見えます。

ちょっと前進すれば、赤岳と中岳も。

今回は行きませんでしたが(´;ω;`)

意外と怖くなかった「アオナギ」

今度は、阿弥陀岳に登りたい!美濃戸の方からで!

たぶん、八ヶ岳で唯一、登ってないかな「阿弥陀岳」と「中岳」。

来年は・・・

それにしても、ココ眺め良いです。

ここに来るまでは、ちょっと一般道ではないのでご紹介できませんが。覚書として・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021.7.18-19:今年初の小屋泊まり「北岳」①

2021-09-03 21:52:56 | 日本百名山

※タイムリーではありませんが、本人の覚書として…アップします。

2021年7月。ようやく取れた休みで、2年ぶりの花の北岳に行ってきました!

(昨年は、その前の年の大雨による崩落とコロナで、入山自体ができなかったですからね) 

*******************

この日も駐車場が心配なので、前日から車中泊。

なのに、朝グタグタしていたら…タクシーの最後の乗車にようやく間に合った(;'∀')

今年の南アルプスは、山小屋は営業しているものの完全予約制。(寝袋持参とか)

※8月のまん延防止等重点措置の指定以降は、一部の山小屋は休業に入っております。ご確認を!

**************

タクシーの数もいつもよりは少なく感じました。

つり橋から、まずは御池小屋目指します。

分岐は御池へ。

7月の新緑はまぶしかった✨

歩きやすくなると…

クガイソウかな

白根御池小屋に到着。今シーズンは外に簡易有料トイレありです。

水が豊富なので、よく手入れされていて気持ちよく使用できました。

桃ソフトはやってなかったんですが、お水もたくさんあったんですが、あまりの暑さにCCレモンいただきました!

ここから…お花目指して…なんと…二股へ下ります(;^ω^)

ここからが、暑さとの厳しい戦いとなりました!

 

ここまでに出会ったお花は…

からまつそう/こあじさい/かにこおもり/   

キンレイカ/     /この葉は!!/ ギンリョウソウ

キソチドリ

コフタバラン

グンナイフウロ/ ハクサンフウロ /おうれん/やぐるまそう/この白いお花なんだ!?

***************

日陰ごとに休憩しながら。本日の宿は「肩の小屋」なので…。

鳳凰も見えました♬

エゾノムカシヨモギ

クワガタソウ

ホザキイチヨウラン

タカネのアオチドリ

ハクサンチドリ

ヨツバシオガマ

きれいなブルーのミヤマハナシノブとキンポウゲ

草滑りとの分岐まで…暑さとの戦いだった(;'∀')

シナノキンバイ・キンポウゲ・白山チドリのお花畑

ようやく、小太郎尾根への分岐の稜線にでました。あとは1時間のコースタイムなので…ゆっくり行きます!

仙丈がよく見えます。

小太郎山は一度ピークハントしたのみ。また行ってみたいけど、ピストンなんですよね。奥には甲斐駒ヶ岳。

向かう宿への道。

あと1時間(コースタイムは…)

 

ミヤマタネツケバナ

クモマナズナ?シロウマナズナ?

こけもも

タカネツメクサ

イワベンケイ+ハクサンチドリ

ミヤマキンバイ

ちょっとピンクがかったイワウメ

 

イワヒゲ

ハハコヨモギ

タカネシオガマ

どうにか2時前には肩の小屋着。

小屋のお花畑にキタダケ草発見。

荷物を片付け、ちょっと外で休憩。小屋特製のお汁粉いただきました♪

 

夕飯は5時からの1回目。

今シーズンから、北岳肩の小屋にちなんで「肩ロース」焼き肉の夕飯。

同じ山梨ですが、昔からの手作りみそが濃い目で身に沁みました。お替りいただきました。

 

コロナ感染対策で小屋は宿泊者を減らしていて、完全予約制。

就寝スペースは、こんな感じ。各敷き布団はビニールに入っています。掛け布団は2枚。

宿泊者には寝袋が用意されています。それに、各自で必ず持参する「インナーシーツ」等を使って寝ます。

7月は入り口が換気のため24時間開放されていました。ビニールが下がってはいましたが。

そんなに寒いとは、7月は感じませんでした。

夕飯後も外に出て景色を眺めたり。

雲が早くて、かかったり、隠れたり…

富士山も時々見えたり。

テント場肩見えた甲斐駒が近く見えたな。

:::::::::::::::::

星空は雲が多くて無理だろうと、結局朝まで寝てしまった。

翌朝は、農鳥方面へ向かう人が多く、朝早くから準備する音がして、起きることに…

起きた3時過ぎは星も良く見えました。

甲斐駒と八ヶ岳。

そして、ご飯の前に…

鳳凰の奥、秩父の山から登るご来光でした。

肩の小屋からは、富士山と北岳が撮れるのが良いですね。

そしたら、先着順の朝食に並びます。

朝ごはん。ご飯とお味噌汁、お茶はお替りOKです。山でタコさんウインナーとは!

**************

そしたら、ゆっくりお花を眺めながら北岳の山頂を目指し、八本歯から下山とします。

肩の小屋さんは、7月現在、一部改築工事の予定で営業されていました。

最短で北岳に登れる山小屋として、感染対策をされながら営業されてました。

宿泊する自分も、きちんとルールを守って協力したいと思いました。

インナーシーツ・タオル等の持参、検温、マスクの着用、などなど。

また、2021年秋にもお花を見に行けたらなと思ってはおります!!

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021.7.18-19:今年初の小屋泊り『北岳』②

2021-09-03 21:51:21 | 日本百名山

日本標高2位の「北岳」と1位の「富士山」のショット

***********

トラバースでゆっくりするように、山頂目指します!

振り返って、肩の小屋と甲斐駒と八ヶ岳。

肩の小屋、感染症対策もあってか改築予定とのことでした。(7月の状況)

仙丈ケ岳の奥には中央アルプス

ツガザクラ

タカネシオガマ

イワカガミ

ハクサンイチゲ

ミヤマオダマキ

イワベンケイ…まん丸でかわいいよね

ハハコヨモギ

チョウノスケソウ…葉っぱの小判型が目印

きれいなミヤマ赤石クワガタ

キンバイとチシマアマナとイワベンケイ

レンゲイイワヤナギ

3000m級の稜線が見えてきました♪

そして正面には、日本の標高1位と2位のショット!

ハクサンイチゲとキンバイ

イワベンケイと山頂

山頂から仙丈と甲斐駒

パンパン!ザック!!

大好きなちょっと先にて休憩。ここからの3000mの稜線大好きです💛

今回は雷鳥さんに会えなかった(´;ω;`)

ウラジロキンバイ?

シコタンソウ

 

タイツリオウギ?

地味なお花・・・ムカゴユキノシタ

山頂を振り返れば・・・

行く先は…

北岳山荘を目指しましたが、途中からトラバース道へ

 

定番のくるみやまびこでコーヒーブレイク☕

名残り惜しいけど、八本歯へ向かいます。

********

たくさんのお花です🌸

タカネナデシコ

イブキジャコウソウ

タカネシュロソウ?ムラサキタカネアオヤギソウ?

シコタンソウ

タカネコウリンカ

ミヤマムラサキ

キンロバイ

たんぽぽ

ミヤマアワガエリ

ミネウスユキソウ

タカネグンナイフウロ

ハゴロモグサ…葉っぱの丸型がかわいいんだ

お花畑

ミヤマ赤石クワガタが満開

ムカゴトラノオ

イワツメクサ

トラバースは慎重に

ヒメカラマツか?

北岳ソウには種がついて。 

ダイコンソウ

分岐についたころには雲が出てきて・・・

山頂にも雲がかかった

アオノツガザクラ

ニガナ

ミヤマオトコヨモギ

キタダケヨモギ

八本歯のコルへの分岐です。

ここからは、梯子の連続

目指す二股。

バットレスには雲が。

下ります。

足元には、紅葉落葉松

ツマトリソウ

********

大樺沢の雪渓はほとんど夏道でした。

ここを通過するなら、雪渓歩きが良いなあとか思いながら下山。

落石も心配ですから、ここではゆっくり休めませんので。

スダヤクシュ

ミヤマハナシノブはきれいな色です…何度もになりますが(笑)

二股でトイレ休憩。(チップ制)

下山は沢沿いから。

トリアシショウマ

マルバタケブキ

こちらでもコフタバラン

大雨のたびに整備される橋、ありがとうございます。

2年ぶりに歩いて、この沢沿いのコースは前と少し違って道がついている部分もありました。ご注意を。

*********

無事に下山し、乗り合いタクシーにて芦安まで。

今回は駐車場近くの温泉会館で入浴して帰宅しました。

ここから30分くらいですけど(笑)

****************************

 

シダは、こんな2つ。

 

タカネのマンテマかわいい♡

*********

ようやく、2021年7月に初めて今シーズンの泊り登山ができました。

お花の地元「北岳」は2年ぶりでしたが、やはり素晴らしかった。

初日の暑さはこたえましたが。(´;ω;`)

今年、また登りたいと思っていたところ、まん延防止で制限がかかってしまいました。

解除されたら…間に合うかな!?

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする