中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

久しぶりの「エロガッパ」でおうちごはん

2019年09月26日 | 中華街(台南小路・太平道・その他路地)

 先週のことだが、中華街を歩いているうちに、どうしても和食が食べたくなってきた。こんなとき、昔なら「ベティ」とか「あたりや食堂」、「あい川」なんてのがあり、いつでも焼き魚や納豆などが提供されていたのだが、そういった老舗和定屋さんはどんどん消えていき、中華料理店ばかりが増えてきた。
 そんな中でもたまに和定食を食わせる小さな店がオープンはしていたよね。たとえば「アヤメ」、「水仙」、「茗香閣Dining」、「三代目BOUZU」などだ。しかし、どこも営業していた期間は短かった。
 トンカツの「つね勝」やホットドックの「パンアメリカン」でも焼き魚定食、煮魚定食を出していたが、両店とも今はもう無い。

 こんな状況のなか、新たに登場したのが「エロガッパ」である。初めて食べに行ったのが2年ほど前で、それから何回か使わせてもらっている。和食腹になったときに重宝する店なのである。

 冒頭の写真は蘇州小路から横道に入ったところに置いてある看板。以前と変らぬ「愛」を感じる文言、デザインだ。


 「エロガッパ」が入居するビルの入口。


 そこの黒板には……

 毎日ごく普通の生活を
 過ごせる幸せを
 ありがたいな~と 
 小さな幸せ少しずつ
 何気なさの中に隠れている

 こんなことが書かれているよ。


 さて店内に入ると先客は3名の女性。全員が常連らしく、マダムといろいろお話をしていた。ここはいつも女性率が高いのだ。オジサンたちはちょっと気後れしそうだが、入ってしまえば気にならない。

 この日も「おうちごはん」(税込650円)を注文した。
 まず、オカズを紹介しておこうね。右下から時計回りに玉子焼き、ジャガイモの合えたもの、焼き鯖、レンコン・ニンジン・コンニャクのキンピラ風、ナムル風野菜。オカズプレートの横には漬物とサラダ。特筆すべきものは豚汁! とにかく具だくさんでこぼれ落ちそうなくらい野菜・根菜が盛られている。
 そして十六穀米も美味しい! 炊き方も上手なんだろうね。

 美味しくて、この値段だから何度でも訪ねたくなる。でも、JR駅からはちょっと遠いのが難点だ。みなとみらい線利用者にとっては近くて便利だよ。

 参考に初潜入したときの記事も読んでみて♪

 宿題は朝7時に入店し、朝食を食べてから出勤することだが、けっこうハードルが高いかも……。
 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 運河沿いのオリーブの木が切... | トップ | この巨大な空き地に建つもの... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちゃめごん)
2019-09-27 17:38:04
おうちごはん、この内容でこの値段!是非食してみたいです。
「あい川」思い出すと懐かしくて涙が出そうです。

ところで、近日放送予定の「○独のグ○メ」、中華街と聞き、どこが紹介されるか予想しています。あまり期待して外れるかもですが。
お久しぶりです (管理人)
2019-09-28 10:28:07
>ちゃめごんさん
この内容でこの値段!
ぜひ行ってみてください。
孤独のグルメ、ここじゃなくて良かった。
行列ができたら大変ですからね。

今回登場する店は、すでに行列店です。
どうなることやら……

コメントを投稿

中華街(台南小路・太平道・その他路地)」カテゴリの最新記事