中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

「獅門酒楼」にてメバルと蕗の黒豆ソース炒め

2016年03月23日 | 中華街(中山路)

 「一楽」でメバルを使ったランチを食べた同じ週に、「獅門酒楼」でもメバルが日替わりに登場していた。

 向こうは高菜などを加えたスープ煮だったが、こちらは蕗などと一緒に豆鼓で炒めたものだった。 (写真がピンボケになって申し訳ありません)

 春らしいメニューである。


 料理にはエリンギ、ピーマン、ベビーコーンなども参加。
 メバル本体は淡白な味わいなのだが、それを包むコロモに豆鼓ソースが絡んで実に美味しい。


 中華料理の具材に蕗というのは珍しいのではないだろうか。
 この街に通って30年以上になるが、初めての出会いである。

 食べてみるとなんの違和感もない。蕗が嫌いな人でも、これなら美味しく食べられるだろうね。
 「一楽」といい、「獅門酒楼」といい、ランチにちょっと変わった食材が出てくるので、毎週のメニューチェックは欠かせない。

 そんなわけで他の店に行く機会が減ってくると、デカプリ子さんのようにこんなローテーションになってしまう。 


 食後のデザートは、もちろん紹興酒ムース。
 相変わらず美味しいね♪

 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 根岸の監獄 | トップ | 「三春」のホースネック »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一楽さんでは (吉継)
2016-03-25 00:01:50
今日メバル揚げ物にんにくソース掛けが日替わりでした結構大きな切り身で食べ応えがありました。おっしゃる通り獅門さんも季節のメニューは多いですね。この前のブログのまつさん良いですね是非お伺いしたいお店です。
Unknown (管理人)
2016-03-25 05:28:54
>吉継さん
季節のものをランチで提供するお店に足が向いてしまいます。
「キッチンまつ」はお勧めです。酒を呑んでいるオジサンたちも多いです。

コメントを投稿

中華街(中山路)」カテゴリの最新記事