中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

大珍楼別館が昼から営業 ~冷し中華880円~

2007年08月16日 | 冷やし中華

 今日の昼飯は新しくできた中山路の「福亭」で食べようと思って、超酷暑のなかでかけていったのですが、たまたま「大珍楼別館」の前を通りかかったら、なんと店が開いているではないですか!

 平日は普通、夕方からしかオープンしないお店だし、壁の貼紙には“五目冷しそば”なんてのも出ているし、そんなわけで、即「福亭」は諦めて「大珍楼別館」に入ってしまいました。

 先客は大珍楼の陸社長とその親戚らしき人々が14人。他にはお客がいませんでした。
 まさか昼間からやっているとは思ってもいないので、近所の会社員たちはゼロです。あっ、もっとも今週はお盆休みか…
 

 内部はこんな感じです。レンガ風の壁紙、赤い短冊、どこかニイハオとか福楼に似たところがありますね。
 壁のポスターも懐かしいです。


 こちらはレトロな煙草会社のポスター。タバコの煙は嫌いですが、こんなポスターは大好きです。


 で、出てきた「五目冷しそば」(880円)が、これ。一瞬、サラダと間違えられた! と思ってしまいました。
 でも、れっきとした冷し中華です。間違いありません。


 チャーシュー、蒸し鶏、キュウリ、錦糸玉子、トマト、クラゲ、ミズナ、ニンジンその他(よく分からんもの)をかき分けていくと、下から細麺が出てきました。
 かなりの平打ち麺です。ツルツルでシットリしていました。
 タレは“ゴマダレ”でもなく、“甘酢醤油系”でもなく、それらをミックスしたようなやつで、結構おいしいタレでした。
 これが、すでに麺にからんでいるのです。下の方に淀んでいるタレを麺にからませるよう、ワッサワッサとかき回さなければならない店がありますけど、ここのは客の立場になってよく考えられています。

 しかも、麺も具も皿もタレも、すべてが冷たく出来上がっていました。
 気分の良くなる冷し中華とは、これのことでしょう。ご馳走さまでした。

 ちなみに、昼間の営業は今週いっぱいです。近場の方は、ぜひ、行ってみてはいかがでしょう。


←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね




コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 美味しい朝食 ~デパ地下で... | トップ | かきいれどき »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わーー! (アリーマ)
2007-09-23 13:41:45
あああぁぁあぁ!
これをあと一ヶ月早く読んでいればっ!!(涙)
本当に美味しそうです。
これはウマイに違いありません~。
あああ~。

そうそう、大珍楼別館て、盆暮れ正月GWみたいな所謂「休み時期」は、週末営業体制になるみたいです。
ここの客層、はっきり言って、そういう「休み時期の人の流れ」とほぼ本格的に(?)無関係だと思うんですが・・・(謎)
Unknown (ブログ管理人・酔華)
2007-09-23 21:51:24
アリーマ様

確かに。
どうなっているんでしょう?
大珍楼って、よく分からないところがあります。
新館が今年7月5日、「大珍皇帝御膳房」としてリニューアルオープンしましたが、いまじゃあ、食べ放題なんかの幟も出ていたりして・・・

参考記事
http://blog.goo.ne.jp/chuka-champ/e/2abe345d0dfc662416caacefb41c45d9

コメントを投稿

冷やし中華」カテゴリの最新記事

トラックバック

『大珍楼』の冷やし中華がウマイっ! ~水餃子も意外とイケます~ (横浜ほにゃらら日記)
またかよ!と言われそうだが、6月の再オープン以来5回目。 しかし、コレはお知らせしなければ!という一品があり。 冷やし中華です。 机の端にヒッソリ写真入りで出ているのは気付いていたけど、 「ここで食べるもんでもあるまい...