Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

長生きしてね

2017年08月31日 | 日々のあれこれ
元々は従妹の家の飼い犬だった、はなちゃん。
昨年の地震後の4000回を超える余震も独りで耐え抜いた。
その後も色々ありまして、現在、「本当の」飼い主に、叔母がなった。
今年の夏の暑さで熱中症になってしまい、獣医さんから叱られた叔母。
「ついこの間、飼い主になったばかりなのに…」とブツブツ言いつつ、はなちゃんのために、事務所の一角を寝床として提供。
晴れて、はなちゃんは外犬さんから家犬さんに。
でも、すでに17歳ぐらい。
もう足腰が立たなくなって、寝たきり状態だそうだ。



叔母にだっこされてご満悦。



おなかすいたかな?
手伝って貰いながら、食事をモリモリ。
食欲にはムラがあるようだが、食べられるときに食べればいいよね。

はなちゃん、長生きしてね。
新しい飼い主は、ちゃんとしているから大丈夫。安心して過ごしてね。
コメント

一日に二度遭遇

2017年08月30日 | 日々のあれこれ
先日、区役所に行くときのこと。
国道3号線を走っていたら、前方の交差点の信号が青なのに、隣の車線のトラックが止まっているのを見つけた。
「何で止まっているんだろう?」
と不思議に思い、よく分からないまま、私も少し減速を開始してみた。
そうしたら、赤信号側の道路から、緊急走行中の消防車登場!
すでに減速を開始していたので、そのまま停止線で停止。
いやぁ、隣の車線のトラックが止まっていなかったら、気づかなかったかもしれない。
昔のサイレンはかなり遠くから聞こえていたと思うのだが、最近は相当接近しないと聞こえない。
突然聞こえ始めるような印象が強い。
今回は消防車側も右折というのもあるんだけど、相当徐行しながら交差点に進入してきたから、ぶつかるようなことはなかったと思うけど…。

帰りは帰りで救急車のサイレンが聞こえ始めて、まずミラーを確認したら、私の車の一台後ろに救急車を確認。
すでに信号停止に向けてブレーキは踏んでいた。
右折レーンがある交差点だったので、そこまでは進んで(救急車を確認した位置からは、制動距離内)、やや左に寄るようにして停止。
右折レーンに他の車がいないのもあって、救急車はそのまま右折レーンを使用して直進。

それにしても、一日、しかも1時間もあるかないかぐらいの時間で2度も緊急自動車に遭遇するとは。
今回は消防車も救急車も行く手を阻むような車はいなかった。

以前、緊急走行中のパトカーの直前を右折したりUターンしていったりした車をみたから、あれを反面教師にしている。
コメント

やらなきゃいけないこと、全て終了!

2017年08月29日 | 日々のあれこれ
運転免許の更新も終了!
9月になったら行こうかな、なんて漠然と考えていたんだけど、今週が一番都合がいいことに気づいた。
ということで、今日、運転免許センターへレッツゴー。

いやぁ、年のせいかな、免許センターがやけに遠く感じたよ…。
熊本市外に出なきゃいけないというのもあるけど、やっぱり遠いわ…。
行きは通勤ラッシュの最後付近だったのもあって、渋滞というほどではないが、
信号という信号に片っ端から引っかかって、約1時間。
片道約18キロ。

受付を済ませたら、あとは流れ作業のようにどんどん進んでいく。
いつもは受付も、視力検査も、写真撮影も、全て同じフロアで行われていたのだが、
昨年の震災の影響で、視力検査と写真撮影は講義が行われる教室のあるフロアに移っていた。
「次は○○の部屋に行ってください」と言われても、その部屋がどこかが分からないよ~と思っていたのだが、
免許センターなんてそう何度も何度も来るようなところじゃないので、
ちゃんと案内用の張り紙やらビニールテープやらで示してくれていたので助かった。

写真撮影が終わったら、あらかじめ渡されていた番号札に基づいて教室と席に案内された。
待つこと数分。講義開始。
優良運転者講習なので30分。
講師の方、やたらと早口&滑舌があまりよろしくなく、言っていることが3分の2ほどしか分からなかった…。
2~3分オーバーして講義終了。
番号札と新しい免許証を引き換えて全て終了。

来た道を帰るのも疲れた~。
往復で36キロか。
久々に長距離運転したな…。

さぁ、次の更新も優良運転者を目指すぞ!


ちなみに…。
熊本市内在住の私には、最寄りの警察署で更新するという選択肢は与えられておりません。
コメント

ショック!!

2017年08月28日 | 訃報
熊本以外の方には、馴染みのない方だと思いますが…。

荒木恒竹アナウンサーがご逝去されました(TKU・テレビ熊本)

大西市長のTwitterで知りました。
私の世代だと「若っ人ランド」というローカル番組で有名でした。
先日、「阿蘇に゛波浪注意報゛?」という記事を書いたけど、
その記事中にある「そこらのアナウンサー」が、この荒木アナウンサーでした。

私の母校にも何度か取材に訪れていらっしゃいます。
お話することも、取材を受けることもありませんでしたが、学校内で見かけると興奮したものです。

ついこの間まで、テレビの中で活躍していらしたのに…とショックがすごく大きいです。

荒木アナウンサー、どうぞ安らかにお休みください。
コメント

やらなきゃいけないこと、2つ終了。

2017年08月28日 | 日々のあれこれ
今日、区役所に行って、特定疾患医療受給者証の更新手続きをしてきた。
区役所に行く道が通行止めだったり、変なところで曲がってしまい、大変な思いをしたり、
ハプニングだらけだったけど、何とか終了。
あとは、免許更新だけだ!!

その免許更新を控え、危うく事故を起こすところだった。

家の前の道路(車線も何も引かれていない路地)から、国道57号に出るときのこと。
車を走らせていたら、国道57号に出るための信号が青になった。
前に車もいたし、この位置だったら余裕で行けるよな~と思いながら進行。
前の車に続いて57号に出ようとしたら…。

自転車がスーっと横断。
自転車側は赤。つまり自転車の信号無視。
急ブレーキで難を逃れたが、こちらは心臓バクバク。
右折のためにスピードを落としていたのもよかったのかもしれない(もともと30キロ制限の道だし)。
助手席においていたカバンも、床に落ちた。
自転車に乗った、推定60代のオッサン、「あ~ららら、ごめんね~、でもこっちは自転車だからね~」というように
ヘラヘラヘラ笑いながらギコギコ自転車を漕ぎ続けていた。
他の車に轢かれろ!と思いかけたが、そんなことをしたら他の車のドライバーがかわいそうだから、
電柱だか塀だかにぶつかるか、水路にでも落ちろ、と呪ってしまった。

信号無視だけは勘弁してくれ!

1時間以上経過しても、心臓バクバクだったよ…。
コメント

宇宙戦隊キュウレンジャーspace.27

2017年08月27日 | 宇宙戦隊キュウレンジャー
まさかの総集編だった今回。
ツルギにアルゴ船復活までの経緯を説明する、という流れはなかなか楽しめた。

インダベーがマスク(?)を取ると、キュウレンジャーとも意思の疎通が取れるというのは驚きだった。
今回はアキャンバーが命じた、潜入だったけど、いつか本当にジャークマターを抜けたい、と
申し出てくるインダベーも出てくるかもしれないな、と思った。

現代に残ったメンバーで、バランスがいつもの調子を取り戻している様子なのはちょっと安心した。
でも、まだハミィは責任を感じている様子…。
OPに山崎さんのお名前がクレジットされていなかったから、ナーガの出番がないのは分かっていたけど、
回想編で挿入されるナーガのシーンが、いいところばかり選んであるな、と思った。

過去に飛んだチームも変身せずに終わるのか、と思いきや、ツルギだけ変身。
やっぱり一人ぐらいは変身させないとまずいのかな、大人の事情と言えばそれまでだけど。

さて、先日発売されたムック本に、ガルについてこんな記載があった。
「ラッキーの寵愛が欲しい。ラッキーの忠犬になりたい。」
ツルギを信じるか信じないか、ラッキーに従うと言ったガルに、この記載を思い出した。
やっぱりガルは、ラッキーのやることはすべて賛成なんだろうな。
コメント (2)

ビビリだから…

2017年08月26日 | 日々のあれこれ
今朝は雨がひどかった。
雷まで鳴っていたし、今日化粧品を買いに行こうと思っていたが取りやめ。
明日にでも行こうか。

雨の音にビビったうちの犬、動き回る私や母にくっついて一緒にウロウロ…。
座ったら座ったで、ピッタリと寄り添う。
それはいいんだけど、犬の平熱って38度~39度くらいだから、体温が直に伝わってきて暑い!!

洗濯物は外には干せないから、部屋の中に干すんだけど(タオル類は家の乾燥機で)、
その部屋が薄暗かったので、電気をつけた。
その電気を浴びながら(?)、くつろいでいた犬、洗濯物を干し終わって電気を消すと、抗議の目で見られてしまった。
いやいや、君がずっとその部屋にいるのならつけておいてもいいけど、どうせいないでしょ。

相当ストレスが溜まりまくったのか、雨が小康状態になった現在、ぐっすりとお休み中。
今日はエアコン入れても意味がないと思うから、扇風機で我慢してね♪
コメント

おいおい…

2017年08月25日 | 日々のあれこれ
お盆に弟が帰省してきたときのこと。
弟は空港からレンタカーで家まで帰ってきた。
その車で、15日には父のお墓まで行くことにした。
行く前に叔母の家へ挨拶に。
新築中の家も見学させて貰って、お仏壇へのお参りも済ませて、さぁ出発しよう、と言うときのこと。

ナビやエアコン(送風)、ラジオなどが付いた状態で、エンジンはまだ掛かっていない状態で、バックさせようとした弟。
「動かない!!何で!?」
最初はボケているのかと思ったのだが、アタフタしている様子を見て、これは本気だ…と思ったので、
「エンジン掛かってないよ」
と教えたら…。
「あ…!自分の車がハイブリッドでエンジン音しないから、こんなもんだと思っていた」

それからエンジンをかけようとするのだが、バックギアに入れたままエンジンをかけようとするから、当然掛からない。
「こらこら、パーキングに入れろ!」
「あ、そっか…」

おいおい…。
焦るのは分かるけど、エンジンのかけ方の手順は同じだろうに…。
慌てると何をしたらいいのか分からなくなるのは父親そっくりだなぁ。
コメント

阿蘇に゛波浪注意報゛?

2017年08月24日 | 日々のあれこれ
友人のブログに便乗~♪

高校生まで、「波浪注意報」がよく分かっていなかった私。
耳で「はろうちゅういほう」と聞いていただけだったのもあると思う。
文字で見れば、海に関するものだとすぐに分かるんだけど…。

私と同学年で別の高校の男子生徒(現・NHKアナウンサー)が、アナウンス大会で優勝したことがある。
その彼を取材した番組(県内ローカル)で、彼がとあるニュース原稿を読み上げた。
下には「そこらのアナウンサーよりよほどうまい」とのテロップが…。
取材していたのは、民放局のアナウンサーだったので、
「そこらのアナウンサー」とは、そのアナウンサーを指していたいうことは想像がついた。
そして、ニュースを読み上げたあと、天気予報の原稿に移った。
「阿蘇地方に波浪注意報。おかしな波浪注意報、(このあとのセリフは忘れた)」
というセリフを聞いて、「あ、阿蘇に波浪注意報出るのがおかしいの?」と思った。
同時にテロップで出ていた「波浪注意報」という文字を見て、ようやく、「海沿いにしか出ないのか」と思い当たった。
海に関する仕事とか関係なかったし、まだまだ無知だったとはいえ、ちょっと恥ずかしい出来事だったな。
他人に言わなかっただけマシだと思おう。

今年だったと思うけど、熊本市西区と南区に高潮警報かなにかが出て、避難勧告のエリアメールが届いたことがある。
「南区に海、あったっけ?」とキョトンとしてしまった。
県の地図を見たら、バッチリ、南区の一部が海岸沿いだった。
へぇ、あそこって南区だったんだ~と南区の思っていた以上の広さにビックリした出来事だった。
(この時高潮による被害はなし)
コメント

気になる「日本語」

2017年08月23日 | 日々のあれこれ
先日、新聞に日本語の乱れを憂慮する意見が載った。
「これ好き?」と聞かれて「好きくない」と言うとか、そういう類いのものだったとおもう。
それを言うなら「好きじゃない」だ!
もしかしたら、どこかの方言が元になっているのかな?という気もするが…。

私が気になるのは「ぽい」と「ぶり」の使い方。
意味は分かるだけにタチが悪い。
「小学生ぶり」って、なんていう出世魚?
「してるっぽい」って、なんか変。

いきなり使われ出して、瞬く間に広がっていた感じがするのだが、どこが発祥なのだろう?

何年後かには定着してしまっているのだろうか。
受け入れられない私のような人間には辛そうだな…。
コメント

改めて調べてみて。

2017年08月22日 | 日々のあれこれ
先日、「長靴をはいた猫」についての記述を読んで、「ん?いつ書かれた作品なんだろ?」と疑問に思った。
いろいろとあるようだけど、1697年に出版された、シャルル・ペローによる作品が有名とのこと。
あ~、ペローかぁ。
だからかぁ…。

と、一人で納得してしまったのだが。

私が大好きなバレエ、「眠れる森の美女」にも、「長靴を履いた猫」が登場する。
第3幕のオーロラ姫の結婚式の一場面。
「眠れる森の美女」もペローだからね、その繋がりがあるんだろうね


Sleeping Beauty - Puss in Boots


ということは…?

「赤ずきん」もペローだった!(いや、ペローのもあるというのが正解か)

Marvelous Margarita Frolova as Ravishing Red Riding Hood Mariinsky Ballet Sleeping Beauty


じゃあ、じゃあ、「青い鳥」は…?と思ったが、これはペローではなかった(モーリス・メーテルリンク作)。

Sleeping Beauty. Blue Bird PDD


では「フロリナ王女と青い鳥」はどこから来たんだ?と思いつつ、Wikipediaに教えてもらった。

以下、Wikipediaより。

25 パ・ドゥ・カトル (Pas de quatre) - 初演時はプティパにより「青い鳥とフロリナ姫のパ・ドゥ・ドゥ」に変更
a) 入場 (Entrée)
b) シンデレラとフォルチュネ王子のヴァリアシオン (Variation de Cendrillon et Prince Fortuné) - 初演時はプティパにより「青い鳥のヴァリアシオン」に変更
c) 青い鳥とフロリナ姫のヴァリアシオン (Variation de l'Oiseau bleu la Princesse Florine) - 初演時はプティパにより「フロリーネ姫のヴァリアシオン」に変更
d) コーダ (Coda)

なるほど。ロシア系のバレエ団による上演の時には現れる、シンデレラたちとの共演だったのか。

ここまで深く調べてみたことはなかったので、いい勉強になった。

コメント (6)

凄かった…。

2017年08月21日 | 大河ドラマ
「直虎」高橋一生、壮絶ラストにネット号泣 早くも“政次ロス”広がる

昨日の放送は本当にあっという間の45分だった。
まさか直虎の手で…という展開には驚かされたが、そこに直虎と政次との熱い思いを感じた。
政次としても愛する者の手で逝けたというのは良かったんじゃないかな。

サブタイトルにもあるように、登場人物のほとんどから疎まれ嫌われていた政次。
誰よりも井伊のことを思い、行動していた政次。
どこまでが(政次の)演技なのか、どこまでが本心なのか、時に分からなくなることもあった。
直虎と二人きりになった時に見せる笑顔、義妹であるなつに見せる笑顔、どちらも好きだった。

龍雲丸が言った、「あの人(政次)の言う"井伊"ってのは、あんた(直虎)のことなんだよ!」という言葉。
政次とは別の意味で直虎に惚れている龍雲丸だからこそ言えた言葉だと思う。

次回は、放心状態の直虎が描かれるそうなので、直虎と一緒に政次のいない世を寂しがろうと思う。
どのようにして井伊が弱小国から強国へ成長していくのか、それはまた別の物語になるんだろうけど、
次の当主へ繋ぐ役割を、いかにして果たすのか、しっかり見ていきたいと思う。
コメント

宇宙戦隊キュウレンジャーSpace.26

2017年08月20日 | 宇宙戦隊キュウレンジャー
ナーガ…!!
数週前に、プレミアムバンダイか何かのツイートを見て(私がフォローしている人がリツイートしたもの)、
ある程度の覚悟は出来ていたのだが、やはりショックでしかない。
ナーガの黒い感情部分だけが分離して実体化されるのでは?なんて淡い期待も抱いていたのだが、
さすがにそこまで甘くはなかったか。

新たにキュウレンジャーの前に姿を現したフクショーグン・アキャンバー。
テッチュウの登場話数から考えて、彼女の登場話数もそう多くはないだろうなと思いたいのだが、
意外と長く出てきたりして…。
早くナーガを元に戻して欲しい。

ハミィがナーガに「自分で考えろ」と言ったことを悔やんでいるけど、実は第二話ですでにラッキーも同じことを言っているんだよね。
「感情」というものをほとんど持っていなかった時期に言われたことと、
ある程度持つようになった今の時期に言われたのでは、ナーガの受け取り方も変わってきてしまったんだろうけど。

個人的には、ナーガはメンバーみんなに愛されていると思う。
元に戻ったとき、ナーガには自分がバランスだけでなく、みんなから愛されているということを実感して欲しい。
そして、正しい感情を学んで欲しい。

次回からは現代と過去でストーリーが動く様子。
いつナーガが元に戻るのかも気にしながら、過去の動向も見守っていきたい。
コメント

意外と取れないものね

2017年08月19日 | 日々のあれこれ
秋の遠足に備えて、航空機とホテルの手配をした。
今予約すると、格安で行けるというプランがあったので、それを利用。
便の変更はできないが、手数料さえ払えば払い戻しOK。
航空機とのパックを探してみたが、結構高い。
宿と別々に取ると、1万円以上違うことも判明したので、今回も別々に取ることにした。
いろいろなエリアで探してみたが、結局、いつものところにしてしまった…。
意外と、というか、土曜日って取りにくいものなのね…。
土曜日が空いていなくて諦めたところもいくつかあった。

結局いつものところにしたのだが、まぁ、会員になっているしね。
会員限定プランで予約した。

ホテルは現地決裁だけど、航空機の決裁に行かなくては。
往復で、先日帰省してきた弟の半額強で済んだ。
それこそ、ヨッシャラッキー!!だね。
コメント

長い夏休みだね

2017年08月18日 | 日々のあれこれ
先日帰省していた弟。
11日から20日まで夏休みなんだって。
学生の時以来の長い夏休み。
なんでも、教職員全員・学生全員立ち入り禁止らしい。
どこまで徹底されるかは分からないけど、エアコンも電気もつかないらしいので、
そこそこ効果はあるだろうな…と思う。

そんな長い夏休みだけど、弟が我が家にいたのは14日から16日までの3日。
しかも14日の夕方到着、16日の朝出発だったので、家にいたのは丸1日。
1日中熊本にいた15日はあいにく大雨。
大雨なのに、熊本城と阿蘇神社をはしごするフットワークの軽さには脱帽。
しかも、昼にうなぎ、夜にラーメンという、すごい献立。
我々はうなぎは付き合ったけど、ラーメンはパス。
久々に熊本でラーメンを食べに行けたということで、本人は大満足の様子。

帰りの飛行機で、ちょっとハプニングはあったらしいが、無事に家に帰りつけたようなので何より。
弟が帰ってからは暑い日が続く熊本。
アノヤロ、雨男だったんじゃあるまいな?
コメント