Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

こんな時に限って

2011年06月30日 | 日々のあれこれ
先日来の頭痛。
昨日は我慢しているのがやっとだったのだけど、今日はそうでもない。
こういうのを繰り返していくんだろうな。

で、神経内科の医師から「止めてもらった方がいい」と言われているお薬。

まだ飲んでます。

だって、処方医と連絡が取れないんだもん(泣)

病院に電話はしているんだけど、「先生が体調不良で来院していない」と…。
あ~、それで月曜日の診察は、先生に会うことなく、処方箋のみ渡されたのか~と火曜日には思ったのだけど。
昨日(水曜日)になってもまだ治っていないというのが気になる。

普通の病院とは違うからね。
先生にだってストレスはたまるだろうな。
それは理解する。
でもね…。

タイミング悪すぎだろ

先生も私も。
とりあえず、事務員さんの話だと、今日には先生と連絡が取れるらしいので、明日の午前にまた電話するつもり。
手紙を渡さなきゃいけないし、場合によっては返事を貰って市民病院に持っていかなきゃいけないと思うので、
ちょっとだけ焦っている。

救いは…。
電話に出てくれる事務員さんが同じということかな(笑)
昨日も「昨日(火曜日のこと)にお電話した○○ですけど…」と言っただけで、用件をすぐに理解してくれた。
そりゃ自分が「明日(水曜のこと)のこの時間に、もう一度お電話ください」と言ったのだから、当然だろうけど…。
長々とまた説明するのはおっくうだもんね。

それはそうと。
しっかりと受付には「電話での診療相談にも、診察料を頂きます」という旨が記載されているが…。
(「電話再診」で、きちんと認められていることは知っている)
先生にたどり着いていないのだから、再診料は発生しないよね、この2日の電話は。
うん、大丈夫だろう。
コメント

これは言語道断。だけど…。

2011年06月29日 | 時事・ニュース
Hey!Say!森本、喫煙で芸能活動停止(サンケイスポーツ) - goo ニュース

なんとなくネット上を彷徨っていたら、この記事を見つけた。
16歳で喫煙。
この処分は当然のことだと思う。
まあ、普通の高校生だったら、こんなに大問題になることはないんだろうけど…。
(野球部だったら、ものすごいことになりそうだけど^^;)

何年か前に、フランスに行ったときのこと。
当時も未成年アイドルが飲酒・喫煙で活動停止処分が下されていて、そのことをガイドさんに話したことがある。
ガイドさんは「信じられない!」と言っていた。
未成年が飲酒・喫煙をしたことではなくて、そのことを原因として処分が科せられたことが「信じられない」とのことだった。
当時、そのアイドルは19歳。
未成年といえば未成年だけど、はたして処分が適当なのかどうか、疑問を投げかけられた気がした。

この日本で、大学に入って、「未成年だから」という理由で飲酒を拒める人はどのくらいいるのだろう?
芸能人やプロスポーツ選手など、すぐに年齢が特定できる人ならば、ある程度の自制も利くだろうけど、一般人はどうだろう?
私の周りにも「未成年」を理由に酒を断った人は見たことがない。
「飲めない」と言った人は自分も含めて数人いたが、それらの人は、私もだが、今でもほとんど飲めない。

タバコだって、大学に入ってすぐに吸い始める人も多いだろう。
実際、私の弟が大学に入った際、初めての帰省のときに「喫煙者になって帰ってきたらどうしよう」と心配したくらいだ。
弟の場合、「タバコに回す金があるなら、その分食べる」と言って、今でも喫煙者にはなっていない。

今回のような16歳での喫煙・飲酒(は含まれていないみたいだけど)は、厳に対処しなければならないと思う。
だけど、限りなく成年に近い、高校卒業後の18、19歳の「少年」も同じ扱いでいいのか、という疑問はいつも付きまとう。

時々思い出したように議論が出てくる、「18歳成年制度」。
色々と難しい面もあるのだろうけど、いっそのこと「18歳になった後の最初の4月1日」から酒・タバコ解禁とでもしたらどうだろうと感じる。
つまり、大多数の人がそうであると思うけど、「高校卒業後」解禁ということ。
あれこれいじらなくても、よさそうに見えるんだけどなぁ。
コメント

最悪は免れたけど

2011年06月28日 | 病院受診
今日は携帯から。

朝からMRIの検査。
その後、皮膚科を受診。
頭痛のことを告げると、カルテに記載されている検査日前倒しを見た医師の目の色が変わった。

その場で神経内科に紹介された。
なんかイヤな予感。
問診票に「深刻な病気の場合、告知を希望しますか」との項目があり、そこだけやたらと際立って見えた。
実際はそんなことないんだけど。
とりあえず、そこは「わからない」にしておいた。
少なくとも、一人で受け止める自信はない。

そして診察。至急で読影したらしく、2時間ほど前に撮影した画像がパソコンに映っていた。
結果を先に言うと、異常なし。
だけど、頭痛が酷すぎるのが気になる。

神経内科の医師から現在飲んでいる薬が原因の可能性を指摘された。
その旨を記した手紙をもらえたので、出来るだけ早い時期にもう一度行かなくては。

薬物乱用型頭痛。

名前は聞いたことあったけど、自分の身に降り掛かるとは…。
本当にそれならいいんだけど、違ったらどうしよう…。
コメント

天までとどけー第七週ー

2011年06月27日 | 天までとどけシリーズ
先週、正平兄ちゃんの大学入試への見送りで終わっていたが、実はその前にちょっとした事件があった…。
なんと、次男である信平の高校入試を忘れていた!という、普通の家庭では考えられない事件。
信平も信平で、何も言わずにさっさと入試に行ってしまうものだから、激励の言葉を掛けられなかった家族は残念そう。
そんなことがあったので、ちょっと過剰とも見える正平兄ちゃんの送り出し。
背景を知ると、大袈裟なのも納得がいくかな。

全然ダメだった…と落胆して帰ってきた正平兄ちゃん。
気分転換に、豊橋にいるおじいちゃんの家まで自転車で行くことにした…って、極端すぎるよなこの人(笑)
3日掛けて豊橋に行き、帰りは自転車分解して宅配便で送って新幹線で帰宅。
この後のシリーズの正平兄ちゃんを知っている身としては、この後先考えない行動が却って面白く映っている。
結果は、正平兄ちゃんも信平も合格。
とりあえず、良かったね。

そしてちょっとしたロマンスを廻る話題も2つほど。
そのうちの片方はあまり興味がないんだけど(笑)
もう片方、階下のおじいちゃん、大和田六助さんと、以前子どもたちがお邪魔した是枝さん。
今は六さんの一方的な片思いのような、ちょっとした憧れを感じている風だけど、これが今後どのように発展していくのか。
お年寄りの秘めた思いっていいなぁと思ってしまう。

今週、大問題となっているのが「犬」。
小学生の子どもたちが拾ってきた犬。
団地の規則で飼えないのに、こっそり親にもナイショで飼っていて、いつばれるのか、とヒヤヒヤ。
「親がいいと言えば飼える」と思いこんでいる子どもたち。
気持ちは分かるけど、規則は守らないと、追い出されちゃうよ。
この犬が今後どうなるのか。
推測としては、今週突然再出演した是枝さんが引き取ってくれるんじゃないかとにらんでいるけど、どうかな?

第八週は予告を見ていると、ドキドキもの。
だけど、後のシリーズを知っているので、ドキドキ感は半分くらいかなぁ(笑)
コメント

海賊戦隊ゴーカイジャー第18話

2011年06月26日 | 海賊戦隊ゴーカイジャー
ゴーカイシルバーが誕生した経緯は、なるほどな~と感心してしまった。
仲代先生がどのように出てくるのか、ある程度予想はしていたけど、やはりそう来たかという感じ。
でも、まさかジュウレンジャーとタイムレンジャーまでくっついてくるとは思ってなかった(笑)

たしかに、ジュウレンジャーやタイムレンジャーは、戦士本人を出すとなると、
仲代先生以上に高いハードルが待っているもんなぁ…。
こうして3つの大いなる力を手に入れたから、えっと、今いくつだっけ(汗)

・マジレンジャー
・デカレンジャー
・ゲキレンジャー
・ガオレンジャー
・シンケンジャー
・カーレンジャー

6つの戦隊の大いなる力をテレビシリーズで手に入れて、先日の劇場版で

・ゴセイジャー

を含む11の戦隊の大いなる力を手に入れたことになっていて、

・ジュウレンジャー
・タイムレンジャー
・アバレンジャー

の3つの大いなる力を手に入れて…。

もう20も手に入れたことになっているのか。
11の戦隊で、私が確実視しているのは、「ゴセイジャー」と「ゴレンジャー」だけなんだけど…。
どうなんだろうなぁ。

今回、ラストの「ドンさん」に吹いた。
そうだ、ハカセって「ドン・ドッゴイヤー」だったっけ。
忘れかけていた名前を久しぶりに思い出した気分(笑)
コメント

朝っぱらから真夏日

2011年06月25日 | 日々のあれこれ


現在の室温と湿度。
蒸し暑い…。
でもまだエアコンはONじゃない。
このくらいの暑さだったら、扇風機でなんとかなる。

今までは温度計なしで生活していたけど、目覚まし時計に温度が表示されるようになってからは、何だか気になるようになってきた。
公式な最高気温は、日陰で測定されるからこれよりも5度くらい低いんだろうな。

それはそうと。

一昨日から、夕方のNHKニュース、「クマロク!」で男性アナウンサーがシャツにネクタイというファッションで出演するようになった。
さすがにネクタイは取れなかったのだろうけど、上着がないだけで随分と涼しげに見える。
シャツもこれに上着はないだろう…という、ちょっと色の濃いものなので、違和感は全然ない。
そして番組の最後に「番組もクールビズでお届けしました♪」と言っていた。

それなのに。

8時45分からのニュースでは上着を着ていた(えっ)
同じシャツの上に。
うん、やっぱり上着はない方がいいと思うな。
上着が似合わないシャツってあるんだな~と、変なところを納得してしまった(笑)

今日と明日は放送がないので、来週以降のファッションが楽しみになってきた。
コメント

昨日の続き

2011年06月24日 | 日々のあれこれ
昨日、あの後市民病院に電話してみた。
状態を告げ、受診した整形外科の先生から「可能なら早めて貰った方がいい」ということも言われたことを伝えた。
そうしたら…。

「カルテを取り寄せて、先生とも相談してみます」
とのことだった。
ま、そりゃそうだ。
一旦電話を切って待つこと30分。

病院からの電話で、早くて次の火曜日にMRIが撮れるという。
そして撮影後、診察を受けて欲しいとのこと。

いいですとも~~。

頭痛の正体を早く突き止めたいところだが、生憎その日の読影は不可能ということだったので、それは仕方がない。
できれば脳外科にも回して欲しいんだけどな~~。
あまりこちらが言いすぎると、医師の機嫌を損ねてしまうのがネックで、言いだせない。
いざとなったら、整形の先生が紹介状なり診断書なり書いてくれると言っているので、そちらに任せよう。

父を見てくれた、大学病院のK先生に掛かりたいんだけどな、本音のところは。
だけど、まだ言えない。
ぐすん。

何で患者が医師の顔色を窺わなきゃいけないのか疑問だけど…。
30年以上にわたるお付き合い、ってこんなもんなのかな?
コメント

どういう順番にすべきか…。

2011年06月23日 | 日々のあれこれ
変な頭痛が続いている。
首筋から痛みが来ているのか、と思って整形外科を受診していみたが、整形的な異常所見は見られず。
持病が持病なだけに、医師も慎重になっている。

とりあえず、頭部MRIをなるべく早く撮影することを提案された。
予定では7月上旬なんだけど…。
今痛いんだからちょっと遅いかな。
後で撮影を予定している病院に電話してみるつもりだが…。
腫瘍関連でないことを祈りたい。

腫瘍が否定されたら、次は頭痛クリニックかなぁ。
一応名前は聞いてきたし、名前からしてその町名にあるんだけど、そこに行くことになるのかな。
そこが先の方がいいのかな。

うーん…。
よく分からなくなってきた。

なにはともあれ、市民病院への電話が先だよな、うん。
コメント

もらったら嬉しい結婚式の引き出物

2011年06月22日 | gooのお題
もらったら嬉しい結婚式の引き出物ランキング - gooランキング


おそらく、もう結婚式に呼ばれることはないであろう年齢に達してしまったが…。
(次に呼ばれるとしたら数十年後かしら…ほほほ…)

持ち運びに便利なカタログギフトはありがたい。
出席した結婚式のほとんどがカタログギフト付きだった。
他には、その地域でのしきたりに則ったお菓子類や鰹節などが入っていたかなぁ。

東京で出席した従兄の結婚式の際に貰った引き出物の中に、赤飯が入っていたんだけど、そのことに気づかず、荷物として宅配便で送ってしまった。
クール便なんて利用しなかったので、赤飯は腐っていた(たはは…)。
別に苦情を付けるつもりはなかったのだけど、従兄側は父方の伯父さんたちも長崎から来ていたので、そちらが大丈夫だったか気がかりになり、伯母に報告。
その後従兄本人から「言っておけばよかった」と謝罪の電話があった。

それはさておき。

このランキング、凄いなぁと思ったのが。

私がカタログギフトで取り寄せたもののほとんどがランクインしている、という事実。

2位の食品は、上記の従兄の結婚式で貰った2冊のカタログギフトのうちの1冊でお取り寄せ。
たしか、高級店のカレーのレトルトだったかな(笑)

4位のキッチン小物。小物と言えるかどうかは微妙なラインだけど、友人から貰ったカタログで、ホットサンドメーカーを貰った。
あまり作ることはないのだけど、時々思い出したように使っている(笑)

5位のインテリア小物。友人の結婚式で貰ったカタログから電波時計を取り寄せた。多分、一番実用的なものになっていると思う。

7位のアロマテラピーグッズ。友人の結婚式で貰ったカタログで、アロマキャンドルを取り寄せた。
いくつかまだ未使用のまま残っている。

食器類はねぇ…。
同居の親との兼ね合いもあるので、取り寄せには至っていない。
ただ、父の従弟の結婚式で母が貰って来た、カレー皿1枚は大変役に立っている。
カレー皿としてではなく、別の料理を盛る大皿として(笑)

好みの問題なども絡んでくるし、収納の問題も出てくるだろうから、やはりカタログギフトが一番実用的なのかなぁとも思う。
コメント

休校になった日

2011年06月21日 | 遠い日への回想
先日来降り続く大雨。
その影響で、昨日はいくつかの学校で休校の措置が取られたらしい。

我が家の前のアパートに住む高校生が、家の鍵を忘れたから、と我が家にあるマスターキーを借りに来た。
普通なら学校に登校しているはずの時間だったので不思議に思っていたら…。
電車が動かないので休みになったらしい。
電車…。市電のこと…かな?それともJR?

それを聞いて思い出したのが、私が高校生の時。
数日降り続いた雨ではなかったが、その日も大雨だった。
とても自転車で通学できるような状態ではない。
また、我が家からバス停までは結構な距離(800メートルくらい?)があるので、そこまで行くのにも大変。
そういうわけで親が車で送ってくれた。
学校前まで行くのは禁止されていたので、少し手前で降りて、歩いて行った。
20~30メートルぐらいだとは思うんだけど、全然傘が役に立たなかったのは覚えている。
既に夏服になっていたので、肌にまとわりつく布の感触が気持ち悪かった。

見ていると、私が来る方向とは別の方向から送ってきた車が次々に学校の敷地内に誘導されていた。
この日、家族に送ってもらった人は沢山いたが、半数ぐらいは私と同じように少し離れたところで降りてずぶぬれになりながら登校。
残りの半数ぐらいは学校の敷地内に誘導されてほとんど濡れることなく登校。
この差は何!?とクラスメイトたちと憤慨したものだ(笑)

そして7時30分。
朝課外の始まり。だけど、クラスの3分の1ぐらいが登校していない。
7時30分の時点で教室の中にいないと遅刻扱いになる学校なので、この現象は明らかにおかしかった。
(バスだと7時30分に間に合いそうにないから送ってもらうんだけど^^;)
外は相変わらずの土砂降り。
先生の声もほとんどかき消されてしまっている。

朝課外が終わってもまだ登校していない人が何人もいた。
そして朝のホームルームの時間になり…。
担任から衝撃の一言が発せられた。
今日は休校になります。」

なんですと~~!?

学校近くには坪井川、白川が流れていて、このうちの白川に決壊の恐れがあると言われ愕然…。
朝課外50分のためだけに登校した、お間抜けな高校生。
休校自体は仕方がないけど、朝6時から6時半までの間ぐらいに判断して欲しかった…。
そして一斉に連絡網使って回して欲しかった…。
帰りはバスだったので、またずぶぬれになりながら帰りましたさ。

ホームルームにも間に合わなかったクラスメイトたちは、渋滞に巻き込まれて身動きが取れなかったことが翌日判明。
やっとのことでたどり着いたと思ったら休校。
彼女たちが一番可哀想…。

幸い、あの後は雨も治まり、どの川も決壊することなく終息したんだけど、なんとなくモヤモヤとしたものが残る1日だった。
コメント

遮られてばかり

2011年06月20日 | 日々のあれこれ
このところ続く大雨。
ラジオを付けていると、頻繁に「番組の途中ですが、○○(大雨、鉄道etc…)関連のニュースをお伝えします」と遮られる。
テレビだったら、テロップで済むものが、ラジオだとアナウンサーの読み上げになってしまうのも仕方がない。

だけど…。

昨日の九州新幹線に関する速報は凄かった。

一時的に、熊本から鹿児島中央までが運転見合わせになっていたのだが、それが再開された際のニュース。

まずは熊本から。
「熊本・鹿児島中央間の運転を再開しました。」

その2~3分後、今度は福岡から(多分、九州全域?)。
「熊本・鹿児島中央間の運転を再開しました。

さらにその2~3分後、今度は東京から(全国?)。
「熊本・鹿児島中央間の運転を再開しました。」

同じニュースを、違うアナウンサーがそれぞれ読み上げていた。
おかげで聞いていた「のど自慢」、遮られる遮られる(笑)
速報が終わったら、歌い終わっていて合格していた…なんてことも。

たしかに伝えなければならない情報なんだけど…。
何だか変だな~と感じた一件だった。
コメント

天までとどけー第六週ー

2011年06月19日 | 天までとどけシリーズ
結局、前週で中絶手術をしたルミのウソがばれてしまった…。
ルミのお母さんが家にやってきたのを見て、待子が「ばれるはずないのに…」と感じていたが…。
ばれないと思った、その根拠が知りたい(笑)

誰かにぶつけずにはいられなかった、ルミのお母さんの気持ちもよく分かる。
何もかも段取りをつけてしまった待子への不信感が芽生えたのも分かる。
だからこそ、待子の親と話しに来たのだろうし…。
そしてお父さんに叱られる待子。
「なんで、最後まで中絶に反対しなかったんだ!?」
って、お父さん怒るところ、ソコですか~!?
命がかかっているというのは分かるし、理屈も分かる。
だけど、それと高校生が妊娠し、相手からも邪険にされ、どうしようもなくなったときに「産みなよ」と言えるわけがない。
落ち着くところは、やはり
「お前に出来ることは、親に言う勇気を持たせることだけだったんだよ!」
この一言に尽きると思う。
命が宿ったのはルミのお腹であって、待子ではない。
だからこそ待子には中絶に反対する権利も賛成する権利もない。
どちらになるにせよ、ルミは親に言うべきだったと思う。
その場に待子にいてもらう、というぐらいなら手伝ってもいいと思うけどね。

今週のエピソードで最も笑えたのが、「父親の浮気が原因で両親が離婚したら、どちらに付くか」。
正平が間髪をいれずに「親父に付いていく」と答えた理由を、不満げに聞く待子とお母さん。
「13人も子ども作っておいて、浮気するとはけしからん。お母さんに楽をしてもらうために親父に付いていく」
と答えた正平に待子とお母さんは納得の笑顔。
そんなところへ帰ってきたお父さん、問題と結論だけ聞いて喜んでいたけど、理由を聞いたらガックリ。
ルミの妊娠騒動でちょっと重い空気が流れていたので、十分に息抜きができた(笑)

そして…
時は一気に過ぎて突然2月に。(流れ過ぎだ~!)
正平兄ちゃんの大学受験が迫ってきたぞ~。
受験当日の朝で、今週分は終わったけど、どうなるのやら。
コメント

仮面ライダー×3 EPISODE YELLOW

2011年06月18日 | 仮面ライダー・感想・雑談
ディエンド編で、新しい電王が出るとか、色々事前情報は聞いていたけど…。
なるほど~、こう持ってきたか…と感じた。
ディエンドのストーリーにモモタロスたちが上手く絡み合って、なかなか面白かった。

タイムパラドックスについても少し語られていて、そういうルールがあったのなら、もっと早く言ってくれればいいのに、とも感じた(笑)
未来から来た人物が、その時間の自分を消してしまおうとしても消せない。
たしかに、もしそんなことが可能だったら、過去の自分を消した瞬間に未来の自分も消えてしまうわけだから…。
色々考えていると、訳が分からなくなってくる。

時間警察の黒崎レイジ。
彼が一体何年後の未来からやってきたのかは分からないままだったが、正確な年は曖昧だが2007年だったかな?その時点で7歳前後と見た。
ということは…、少なくとも22、3にはなってそうだったから…。
大雑把に計算して、約10年後の未来からやってきたということになるのかな?
随分と進化(?)していて、そして何だか殺伐としていて怖いという印象を受けた。

電子イマジンの人間の感情の機微を理解できない、杓子定規な判定にはちょっと辟易させられたかな。
一電子イマジンが処刑の可否を決定する、しかもその場の状況で…ってホント、怖いよ。

2010年からやってきた海東大樹と、2007年の海東大樹がそれぞれディエンドに変身したのはおぉ!と思った。
2007年時点で既に変身することはできたんだ。

最後に語られた、「宝物」。
他人にとってはどうってことのないものでも、自分にとってはこれ以上のものはない、宝物。
昨年、「天装戦隊ゴセイジャー」でも語られた、かけがえのない宝物。
天知博士にとっては、望であり妻であり、思い出のワイングラスだったわけだけど、
レイジにとっては、やっとのことで辿り着いた、母親の愛情。
最後の最後になって母親と出会うことができたわけだけど、本来その時間の自分はもっと小さいということで、
親子の名乗りができなかったのは残念。
だけど、晴れ晴れとしたレイジの笑顔と、自分の思いを一般論として母親に告げる姿は何だか感動した。

3ヶ月にわたって放送された「仮面ライダー 仮面ライダー 仮面ライダー トリロジー」も終わり。
難解なものもあったけど、各作品それなりに楽しめたかな…と思う。
まだまだ電王人気はとどまらないのか、ただ単にデンライナーという便利なものがあるおかげなのか、モモタロスたちに何度も会えるのは楽しい。
だけど…。
良太郎やハナさんたちを出すのは、そろそろ苦しくなって来たんじゃないかなぁ。

コメント

注文後だって。

2011年06月17日 | 日々のあれこれ
こんな記事を見つけた。

セルフサービス店の「席取り」は注文前?注文後?

へぇ、注文前に席取りできるんだ~。
熊本ではどうかな?と色々考えてみた。

・ショッピングセンター内のフードコート
注文前OK。
席に着いてから、何にしようか考えることもあるし、席を確保しておかないと、注文した品を持ってウロウロする羽目になるかも…。

・店舗型のファーストフード(マクドナルドのようなところ)
原則として注文前NG。
というのは、見かけたんだよね。
「注文する前に席を取るのはやめてくれ」と店員さんが言っているのを。
高校生が10人くらい店の前に群がっていて、何だか怖かったのを覚えている。
その高校生たちが、席のある2階に上がろうとしたところ、カウンター内の複数の店員さんから声がかかった。
「注文してから席についてください」と。
高校生たちはそれを無視して行こうとしたのだが、店長らしき男性店員にきつめの言葉で繰り返されてしまった。
派手な舌打ちも聞こえた(笑)

考えてみれば、マクドナルドのようなところで「席を先にどうぞ」なんて言われたことないなぁ。
トレイを抱えたまま待っていたこともザラにあるなぁ。
2人以上いれば、誰か1人が席を取っておいて、その人の分まで一緒に注文したってことはあるけど。

地域によってルールが違うというのも面白いというか、面倒くさいというか…。
席を先に確保するように言われる地域の人が、逆の地域に来たら大変だろうな。
コメント

ぜひ進めて欲しい

2011年06月16日 | 時事・ニュース
過去記事にも、実名は挙げていないものの、分かる人には分かる、という感じで書いていたが…。

県立第一高校に男子生徒を 同窓会を中心に運動

はい、私の母校、県立第一高等学校。
今日の新聞にこんな記事が出て、驚きと同時に嬉しさも感じた。
年々、どうにもレベルの低下が気になって来ていたのだ。
私たちの時期がピークとまでは言わないが、ガクンと落ちている感じは否めない。

男子がいないから避ける…という話もよく聞こえてくる。

女の子、ということで進学に際しても足かせになっている部分はいくらかあると思う。
手元から放したくない親、できるだけ近場で進学させたい親。
実際、私たちの時期には、九州を出る、というのだけでも少数派だった。
私が広島に進学したのも、珍しい方だった。
(九州圏内の大学が悉く不合格だったというのもあるが…)

男子だったら、東京方面への進学を希望する子も出てくるかもしれない。
そうなったら全体的な学力レベルの底上げも図れるんじゃないか…。
そんな淡い期待を抱いている。

女子高が共学になるのではないから、その気になれば男子の受け入れは可能なのだし、ぜひ推し進めていただきたい。
OGとしても嬉しい。

幸いなことに、女子高が共学に転じた学校も上手く軌道に乗っているようだ。
その手腕を参考にしながら、ぜひとも新たな男子の卒業生を輩出してもらいたい。
コメント