中古車のネットショップCIA

問題だらけの中古車業界の情報を表も裏も発信中!重くないのでスマホからもPC版でどうぞ(一番下『PC版で見る』をクリック)

blogで新年のごあいさつ2018

2018-01-01 | 車のネットショップciaについて

新年明けましておめでとうございます。

皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。
また、日頃から温かいご支援ご協力を賜り、心からお礼申し上げます。

本年も変わらぬご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

17年は、N-BOXの年でした。

8月末登場の新型が、月2万台以上売れまくりというのもスゴイのですが、
モデル末期の前半の地点で、プリウスや、ノート e-power を抑えて台数1位だったというのがスゴイ。

軽自動車をおすすめします(全世界に、規格ごと)
と昔から言ってるciaですが、新型N-BOXが軽を新しい段階に押し上げたと思っています。

ホンダセンシング標準で、レスオプション(装備を外して7万円くらい安く)があるのに、9割以上が付けているのだとか。

  • 軽自動車で、車両価格が150万、170万円のグレードが半数以上!という価格帯になってきたこと。
  • 中古車相場が高値安定で、下取りが高いこと。(N-BOXを3回買いかえてる人も)
  • そうなると、7万円くらいのオプションは「付けておこうか」となる。
    (一昔前の「軽はコミ100万円くらいでしょ」の時代は、ナビさえ2割も装着率がなかった。
    ま、当時ナビも高かったが。)
  • リッターカー(ヴィッツ、デミオ中級グレード並み)に高いので、消費者は同等の安全性を求める
    (無茶な要求なんですが(笑))
  • 安全運転支援、衝突安全性などの装着率が上がる

と『維持費が安い軽自動車』から、日本で一番売れている車N-BOXが新しい時代を作ってしまったんじゃないかと。

一強状態を指をくわえて見てる訳にはいかないですから、
他社軽自動車も、同等の装備を標準にし、価格も合わせてくるでしょう。

NAエンジンにVTECを採用したり、先日発売になったスペーシアなどスズキ車にはSエネチャージがあったり、
運動性能も上がっているし、「5人乗りじゃないと」という人以外は、使い勝手を試したら、リッターカーは選ばないかも。

18年はダイハツのタントもフルモデルチェンジ予定だし、スライドドア軽だらけになりそうな予感。
(狭い田舎道、都会の裏通りは、軽のサイズが便利。)

世界をみますと、ドイツの組織的クリーン(に偽装した)ディーゼル詐欺か
にまとめていますが、10年以上ウソを吐き続けたクリーン(笑)ディーゼルを止めなきゃいけなくなり『EV祭り』

まさに、お祭り騒ぎでしたね。マスゴミが。

実際のところは、欧州でやっと日本並みにハイブリッドが売れ始めたそうで、何より。
アメリカ企業までがモーター付き(=ハイブリッド)を大急ぎで開発中だとか。

1年前にも書いているが、日本の政治、頑張れ。
欧州人が作った『エコ』
エコエコ言う環境ゴロ
地球の環境を人間が悪化させている=ヒトが地球をコントロール出来る
と思いあがっている人間どもに、異議を唱えてもいいんじゃないか?

EVはエコなのか?!と。

日本は許されると思うんだ。(核兵器廃絶運動への態度のように)
4ドアクーペボディ続々登場したり、4WSなどの欧州の最近の車って、日本の30年遅れじゃないか!
マスゴミよ、何がEVで、自動運転で、トヨタがなくなる危機だ。
ハイブリッドに力を入れるのも20年遅れじゃないか!

最後に、佐藤琢磨選手、インディ500アジア人初優勝!感動した!

お正月のお暇な時に是非!

ラスト7分、日本のライブ実況動画。何度見ても泣ける!名実況!

インディ500 佐藤琢磨 優勝への軌跡

100分くらいの動画ですが解説付

2012インディ500ファイナルラップ 上の動画の前にぜひ5年前のライブを

cia 会社概要ページ トップ画像look back
2017は、酉年にちなんで酉の名前・エンブレムの付いているハリアーでした。

もちろん今年のトップ画像は戌・・・
お楽しみに。

C.I.A. お車情報局 2018年の誓い

ciaは、おかげさまで14年目。「相談が出来る車屋」を体感していただき、喜びの声を多くいただいております。

時代の、一般の方のネットの使い方の、変化を日々研究し、
サイトを充実させ、より多くの新規の皆さまに、
「相談が出来る車屋」で買うメリットを体感していただけるよう頑張ります。

当社ユーザーの皆様へ

「地球にやさしい車屋」として 年賀状0運動 (今年で12年)をしており、
いろいろな方面から賛同の声をいただいております。

ご理解よろしくお願いいたします。

読者の皆様へ

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
追記を増やす更新で、内容を充実させるブログ運営をしていましたが、
7月gooブログの目障りな広告差し込み改悪があり、どんどん ciaホームページ に記事を移行しております。

FBページを作り、両サイトの更新をまとめていますが、分かりにくくなっていてすみません。
(いいね!お願いします。その他のブログ、サイトもHPにまとめました。)

お陰様で、アクセス数、滞在時間、共にgooブログもHPも増加しております。

年間アクセスランキング2017

当然、ニュースサイトのように、全話題を記事にしている訳じゃないので、
あまり意味がないかと思い、これまで作らなかったんですが、
新規の方が「ciaの事を早読みするのに便利」と思われるなら、来年もあるかも。

  1. マツダのスカイアクティブディーゼル シリーズ
  2. 車屋・悪質業者さらしの場 シリーズ
  3. 残価設定 カテゴリー(07年7月から続いているシリーズ)
    1. 残価設定で5年乗る(買うんじゃない)計画だったのに 15年3月のトヨタの残価設定記事
    2. 残価設定(BMWはバリューローン)で買ってみた 13年9月の記事
    3. 残価設定クレジットで買ってみた。 08年8月の記事
  4. 日産のCMのトンネルは今治にありますが、もう絵は消されてます 15年11月の記事ですが17年もCMで使われたので
  5. モータージャーナリストっていりますか?5 16年12月の記事。自動車評論家どものクズっぷりが話題に
  6. 日産e-POWERの実燃費は良くない? 16年11月の記事ですが、実燃費をいち早く正確に書いたのはうち
  7. ヤフオクで格安でGETしたBBSが偽物だった 15年5月の記事
  8. 当社のお仕事 カテゴリー
    検索でいろんな記事がHITしアクセスしていただいた方の多くが、
    ciaにも興味を持っていただけているという事でしょう。ありがとうございます。

ciaホームページの年間アクセスランキングTOP10記事 も作りましたので、よかったら。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 車のキズ直します?直すならD... | トップ | 『俺の背後に立つな』じゃな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

車のネットショップciaについて」カテゴリの最新記事