ブロブロガー@くつログ

Proと呼ばれたい...そして日々悪戦苦闘する
Brofessional な職業人の安息の日誌

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◇【完全版】国際弁護人橋下徹のまるっと慰安婦問題弁明~安倍首相の評価は?

2013-05-30 | 従軍慰安婦問題

http://www.j-cast.com/2013/05/27175959.html

> ご自身で蒔いた種とは云え、橋下氏の慰安婦問題発言が世界中を駆巡って、
> ご自身の政治生命すら危うくなる事態にまで発展してしまいましたね…。


実際、迂闊に弁護しようとした、日本維新の会の西村慎吾衆議院議員などは、
自身の不適切な発言が原因で除名されてしまった訳ですから、橋下共同代表も
自身の政治生命どころか、日本維新の会自体の存続に係る事件として、事態の
収拾に懸命です。


> でも、問題発言の当初は、主に国内からの批判の大合唱に晒されていました
> が、批判がマスコミやSNSを通じて世界中に拡散される様になるに連れて、
> むしろ国内では、橋下氏の主張を擁護する意見が増えましたね!


もはや、一市長の失言問題に留まらず、日本人全体を代表するかの様な立場で、
この慰安婦問題の核心について、世界中に日本の立場の弁明を発信しています
から、日本人としては、これを応援したくなるのが当然だと想う…。


> いつの間にか「被告人橋下徹」が、「国際弁護人橋下徹」に為り変って、日韓
> 関係改善の障害になっている「従軍慰安婦問題」と、「竹島問題」との根本的
> 解決のために、国際司法裁判所での決着を呼びかける立場に出世しました!


▼【慰安婦問題】橋下徹大阪市長記者会見主催:日本外国特派員協会 2013/05/27

http://www.youtube.com/playlist?list=PLk4zC4nc2U8v4gIH5gqhxWaQdBOMvg6aj

この問題の根底には、日米韓、そして世界との間の歴史認識の相違が問題点と
して存在する事は確かです。
しかし、以前にも拙ブログで書いた通り、この問題の現代的な本質は、女性に
対する人権問題、および人身売買に対する考え方や取組み方の問題
に在ります。


▼◇従軍慰安婦問題の不思議?
http://blog.goo.ne.jp/ayakikki/e/a2fdcb4d81f0a10bc63cf9ee3d040a02

過去の歴史問題としてでは無く、まず現代の日本の考え方をしっかり明示して、
過去の日本の行為に(現代的な視点から見て)不適切な事実が在るのであれば、
これを反省し、また必要であれば謝罪する姿勢が大切なのですね。


> Broが常に主張する、罪刑法定主義・法の不遡及の原則はどこに消えたの?
> 戦前・戦中には、売春防止法は存在し無かったはずですが…?


キリスト教圏の多くの国々の人々は、人権を「普遍的価値」として認識してい
ます
から、これを法律以前の人道的な問題として考えています。
この点に留意しないと、欧米人の理解を得る事は難しい…。
そこで、橋下氏の主張の主要な論点の一つが登場します。
つまり、世界中の国々において軍が売春婦を利用していた事実を隠ぺいしたま
まで、過去の日本の行為だけを非難する事は、不公平(アンフェア)である
と。
反省するべきは、唯日本だけなのでは無く、世界各国がこの様な歴史的事実を
直視して、これと向き合うべきである
と。
この観点からは、旧日本軍の慰安婦問題は、過去における事例の一つに過ぎず、
現代に至るまで綿々と続く「戦場における性」の問題は、優れて現代的な問題
なのであり、世界各国において、正面から取り組んで頂きたい
のだと。


> 沖縄米軍基地の一部の兵士による、性犯罪の防止の問題へと繋がる訳ですね。

「(日本で合法的に認められた)風俗業をもっと活用して欲しい」などと言った、
誤解され易い発言の断片が、まさに米軍に対して買春を勧めたかの様にマスコ
ミによって報道されてしまっているから、世界中の批判が集中する訳です。


> でも、「雨降って、地固まる」ですね!
> 国際弁護人橋下徹の記者会見は、自身だけでなく、日本の立場を適切に弁明
> し、代弁してくれた様に感じるのですが…?


私も、概ねそう感じています。
日本政府や外務省が、これまで破れなかった難壁に、一穴を空けたのではない
でしょうか…?


> 安倍首相は、どう評価しているでしょうね…今回の記者会見を?
> やはり、単なる自己保身のための弁明に過ぎないと考えているでしょうか?


安倍内閣は、上品な育ちの政治家が多いですからね…。
今回の様な泥まみれの騒動に立ち向かう事は、政権与党としての責任も在って、
所詮、難しいのかもしれません…。
私は、今回の橋下氏の粘り強さを見て、少し彼に対する見方が変りました。
この人は、「日本の救世主~安倍首相」でも解決できない種類の問題を、何とか
解決に導く事を可能にする、貴重な政治家なのかもしれない…と。
そんな風に、想ってみたりしました…。
彼を政界から排除してしまう事は、日本にとっての損失なのだと感じます!



※この際、橋下氏を応援したいと想う方へ!
 皆さまの応援のポチッをよろしくお願い致します!
 ↓↓↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

コメント (2)   トラックバック (1)

◇吠える犬には餌が要る?~従軍慰安婦問題の裏側を覗く

2012-10-16 | 従軍慰安婦問題

> 今回は、再び従軍慰安婦問題がテーマですか?


そう、以前日韓外交問題に関連して、従軍慰安婦問題を取上げた続きです。
その後調べてみて、気がついた事を記録しておこうと想いまして…。


▼◇従軍慰安婦問題の不思議?
http://blog.goo.ne.jp/ayakikki/e/a2fdcb4d81f0a10bc63cf9ee3d040a02


> そう言えば、尖閣国有化に対する中国の反日デモ騒動以来、李明博大統領
> 対する批判の影が薄れてしまいましたよね?

「李明博大統領は、何故竹島上陸を強行したのか?」と云う疑問等も、TVで
話題になりました。


> 韓国内での支持率低迷を回復するためや、反日のヒーローとして韓国の歴史
> に名を残すため、ではなかったのですか?


そう云った側面も否定しませんけど、他に重要な事実として、従軍慰安婦問題
に関する野田総理の不誠実な対応に憤りを感じていた
点が指摘されています。

> 日本の総理が不誠実だからと云って、竹島上陸の様な強行な手段を正当化す
> る理由にはなりませんよね?


確かにその通りですが、その点については韓国内でも大統領批判の声が多い様
です。この際、主観的な判断は脇に置いておいて、事実関係だけを確かめてお
きたいと考えました。


> 従軍慰安婦問題については、昨年8月30日に韓国の憲法裁判所が、韓国政
> 府のこれまでの対応に対して、違憲判決を下しているそうですね?

ええ、1965年の日韓請求権協定において、韓国政府が慰安婦に対する賠償問題
を日本政府に求めなかった事は、政府の「不作為」である
と判決しています。

> 李明博大統領は、この違憲判決以来、政府としての対応を迫られる立場にな
> っていた訳ですね。そこで、昨年末来、野田総理に相談を持掛けていた…。
> 野田総理は「善処する」みたいなニュアンスで、民主党得意のリップ・サービス
> を返した訳ですか?


昨年12月に、「人道的見地で知恵を絞りたい。」と発言したらしいです。
その後、今年3月と6月に、李明博大統領は韓国内で「人道的解決」発言をし
ている。その間にも韓国内では動きがあって、5月24日に韓国大法院(日本
の最高裁判所にあたる)が、さらに画期的な判断
を下しています。
つまり、従軍慰安婦問題に限らず、日本統治時代における、日本による朝鮮人
徴用自体を不当な行為であると判断
したらしい。
そもそも韓国では、大日本帝国による「朝鮮併合」自体を、「不法・不当な侵略
行為」とする歴史認識の立場をとっている
ので、この様な結論になる訳です。

> 何か、罪刑法定主義の原則も何も無く、どんどん事後解釈を拡大させている
> みたいな気がするなぁ!
> 自国の政府が過去に結んだ対外条約を、事後的に違憲として「ちゃぶ台返し」
> してしまえば、「何でもあり」のご都合主義の世界になってしまいますよね!
> あまりに身勝手ですよ、それは!


まあ、とにかく、従軍慰安婦問題に関する関係者の主張を聞いてみて下さい。


▼慰安婦たちは何を訴えているか



> 元慰安婦の証言として「強制」と言っていますが、これは結局、家出少女が
> 民間業者に騙されて、売り飛ばされたケースですよね?
> しかも、業者は朝鮮人業者だったと明確に発言している。


日本政府の調査では、慰安婦問題で軍や政府の「強制」を示す資料は出ていな
いのです。元慰安婦の証言だけが存在しています。



> 従軍慰安婦問題を訴える団体と云うのも、表向き人権問題として主張してい
> ますが、当事者である訳でも無く、何処かしら嬉々として「被害者の苦痛」
> を訴えている様な気がしますよね?

他方では、こんな話題もありますから…。


▼従軍慰安婦問題、提訴者の韓国人女性「詐欺」で逮捕



> う~ん、日本国内でも人権問題や差別問題は、きな臭い部分が多いですけど、
> ご多分に洩れない様子ですね!
> 弁護士達のための「人権ビジネス化」している様な気すらします。


そもそも、支那の属国としての歴史が長い朝鮮では、奴隷売買や人身売買が、
半ば当然の事として行われて来た
のです。
特に近年に至るまで、儒教国の伝統として女性に対する人権意識は希薄でした。
「妓生」の伝統をもつ朝鮮では、女性が売買や贈与の対象にもなりましたから、
それこそ「奴隷」扱いだったのです。
その様な文化的背景の違いを知らずに、日本の常識だけで考えてみても、相手
の主張は正しく理解する事ができません。

> 最近になって、従軍慰安婦問題が再浮上してきた背景には、韓国女性の間で
> 女性の人権問題に対する意識の変化がある訳ですか?
> そう言えば、韓流がブームになる前は、おじさん達の韓国ツアーと云えば、
> 半ば売春ツアーの事を意味していましたよね?


朝鮮戦争後の韓国では、復興に必要な外貨獲得のために、在韓米軍や日本人観
光客を主たるターゲットにして「国営妓生」まで活用していましたから、まさ
売春は国家事業でもあった訳です。
韓国で売春が法律で禁止されたのは、2004年になって、ようやくの事ですよ。
それまでは合法的なビジネスで、非合法になった2006年でも、GDPの1.7%、
およそ14兆ウォンの事業規模
があったとの事です。
ちなみに、韓国女性政策研究院が韓国ギャラップ調査研究所と共に実施した、
『2007年性売買実態調査結果』によると、2006年の全国の性売買店は46,247
ヶ所で、売春婦は約269,000人となっています。


> ひぇぇ、ではそれ以前の合法時代には、もっと大規模だった訳ですかね?
> 正真正銘の「売春大国」だった訳ですね!


現在でも格差の大きい社会なので、女性達による「性売買就業を要求するデモ」
が行われているらしいです。


▼韓国 売春婦達のデモ



▼韓国の売春婦デモ



> …何か、日本人が考える『痛ましい身売り』の感覚と随分違いますね…。
> 日本のおじさんとしては、相当なカルチャーショックです、これは。


日本も今では大層な『AV大国』ですからね、それはある意味で、ジェネレー
ション・ギャップが原因なのかもしれません…。
まぁ、根本的に西欧キリスト教圏とは「性」に対する文化が異なりますけど。

> しかし、これでいよいよ従軍慰安婦問題などは、欧米流人権思想に目覚めた
> 人々による、「新参先進国女性達の自意識過剰」の産物ですね、こうなると!
> 一種の「ウーマン・リブ」運動ですか、すると。
> でも、韓国の男性も困りますよね、女性達から「過去の奉仕活動」に対する
> 対価を要求される事になっては…?


土台、法律も文化も慣習も異なる国や時代の間で、被害者だの加害者だのと、
罪の認識を問う事自体が困難な事なのです。
人類普遍の倫理などあまり意味は無く、在るのは「慣習と合意に基づく規範」
だけなのだと、私は考えます。


> 「罪刑法定主義の原則」ですか、結局。
> でも、戦後の東京裁判でも問題視されましたが、近代法の源流である英米法
> の流儀では、「人類普遍の道徳(人道)」と云う観念を重要視しますよね?


それ自体が、「白人中心社会による近代化の歴史」の遺物なのだと考えますよ。
世界の宗教や文化は多様である訳で、欧米の価値観中心のグローバル・スタン
ダード
だけでは、国際問題に対応しきれない現状なのだと思います。
日本は「白人によるアジアの植民地支配体制」からの解放に貢献しましたが、
一方文化面では、「米流スタンダード」の宣伝と普及拡大を推進してきた訳です。
最近に至って、ようやく「戦後レジームからの脱却」が話題になっていますが、
実は「未来志向の国際レジームの創造」こそが、今後の本来的な課題なのだと
想いますよ。


> なるほど、イスラム圏の女性達は、五輪への参加でさえも、大きなハンディ
> キャップを伴いながら競技していましたね。
> ひょっとすると、民主主義の根幹に在る、人権思想の哲学的意味までもが、
> 問い直されるべき時代に来ているのかもしれませんねぇ。。。

う~ん、やはり「憲法改正問題」の奥は深いですねぇ…そう考えてみると…。


コメント (6)

◇従軍慰安婦問題の不思議?

2012-08-29 | 従軍慰安婦問題

> 今回は、日韓外交の戦場のひとつとして、従軍慰安婦問題を考えてみます。

まずね、今回改めて調べてみて気が付いたのですが、「従軍慰安婦」と云う呼称
は戦後になって意図的に使われる様になったもので、戦前は単に「慰安婦」
呼んでいたらしいです。


> 「従軍」を付ける事に何か意味が在るのですか?


つまり、「軍隊に徴用された」と云う点を強調する意図ですね。

> なるほど、米国などでは「慰安婦」の訳語「Comfort Woman」ではなく、
> 「Sex Slave」(性奴隷)とする例もある様ですね。
> 言葉ひとつで、随分と対象のイメージは変化しますよね。


当時の日本では公娼制度が存在していて、売春行為を一部合法的に認める事で、
風俗や文化的な秩序を維持しようとする考え方でした。
戦後になって、売春防止法が制定されたのは、昭和31年(1956年)の事です
から、私などの若い時分でも「赤線」の名残とされる場所は沢山ありました。


> 気を利かせて「慰安婦」などとせず、「売春婦」(Prostitute)のままで呼んで
> いた方が、現代的には誤解が少なかったかもしれませんね…。

それですよ、「売春婦」と呼べば合法・非合法の別に拘わらず、それがビジネス
として成立していた
のだと、世界中の人々に理解し易かったと思う。


> 「需要在る処に供給在り」ですか。
> 現代でも基地の周辺には多く見かけますね…。

むしろ旧日本軍の場合は、駐留地での兵士達による不法な犯罪行為を防止する
目的などもあって、きちんと「慰安所」を設置して、これを運営した様です。


> 報酬もきちんと支払われた?

比較的高給だった様ですよ、もちろんそれで無いと志望者がいない。


> 問題はそこですよね!
> 慰安婦志望者は、募集広告を見て自主的に応募したのですか?


軍は人材募集を民間の業者に委託していたらしいです。
合法的に公娼制度も在って、この種の業者は沢山いたらしいですから。


▼従軍慰安婦の真実
http://makizushi33.ninja-web.net/


> では、正式なビジネスですね…何か変だな、軍による強制は無かったの?

韓国側の主張は、軍の強制があったとするものです。
事実、被害者の訴えが在ると言う。

> でも、募集は民間業者が行っていた訳でしょ?


当時は、日本人・朝鮮人の別に関係無く、前払金を受け取って、これらの募集
に応じる人が多かったのです、特に多額の借金の返済に困った場合などにね。
自分の娘を身売りさせる親まで居た。
年の小さい少女などだと、事情が良く理解できないまま、売られて行くケース
も遭ったのだと想います。


> 「人身売買」なのですね、問題は、「朝鮮人に対する差別問題」ではなく。

「差別」と云う意味で捉えれば、むしろ就業機会は平等だったかもしれません。
ただ、朝鮮人家庭で生活困窮者の割合が高かったので、結果的に朝鮮人慰安婦
の比率が増えたのかもしれませんけどね。
でも、この問題の本質は「人身売買」に伴った「女性の人権侵害」に在ります。
あと、韓国から指摘される様に、当時の軍が直接強制徴用したか否か、ですね。


> 「性奴隷」と訳される理由も、ここに在る訳ですか。
> 本人の自由意思に基づかない、不当な強制だと、欧米の人権論者なら言いそ
> うです。
> 彼らの歴史こそが、「奴隷制度」や「人身売買」との闘いの過去なので。


リベラルな立場からは、そのとおりですね。
しかし、これも経済的には自由市場の一側面でもある訳です。

> なるほど、過去の歴史問題などではなく、グローバリズムと密接に関連した、
> 極めて現代的な問題ですね、「人身売買」は!

そう、今世界中で問題になっているんですよ、「格差社会」と「人身売買」がね。

> それで、不思議が一つ解けました!
> 60年以上も前の戦時中の問題が、なぜ21世紀の今頃になって、米国や欧州の
> 議会で議論されたり、騒がれたりするのか…今やっと理解しましたよ。
> でも、これって、日韓二国間の外交問題を超越している訳ですかね?


▼アメリカ合衆国下院121号決議
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E4%B8%8B%E9%99%A2121%E5%8F%B7%E6%B1%BA%E8%AD%B0

▼欧州議会が慰安婦決議 日本政府に公式謝罪要求
http://www.47news.jp/CN/200712/CN2007121301000704.html


問題はそこですよね…。
本来、韓国との戦後補償の問題は、1965年の日韓国交正常化の際に、両国間で
完全に解決済み
なのです。
この時、日本は賠償金の支払いとともに、経済援助を行う事で決着している。

> それが慰安婦問題については、韓国側から何度も蒸し返されていますよね?
> 日本側では、解決済みの歴史問題だと考えているのに。


▼字幕【テキサス親父】世界の常識は韓国の非常識?慰安婦問題



韓国での従軍慰安婦問題は、対日問題だけでなく、朝鮮戦争時の米軍や国連軍
などとの問題も在る
様なので、解決がより複雑なのではないでしょうか?
この点では、米軍や国連軍も他人事では無いので、韓国に対して弱い立場なの
だと想いますよ。
そもそも「平和ボケ日本人」には、従軍慰安婦は無縁ですしね。


▼実話を基にした映画「38度線」 朝鮮戦争時の従軍慰安婦(売春婦)



> 韓国人にとって、売春婦や人身売買の規制問題は、過去の歴史などでは無く、
> 現在進行形の大問題なのですね、きっと!

韓国人タレントの騒動や自殺事件などを見る限り、そうでしょうね。
この辺も、我々日本人との認識ギャップを埋める必要がありそうです…。

> 何か、韓国内で暗躍する闇組織韓国軍の行政問題と混同されているのでは
> ないでしょうか、旧日本軍の組織が?


悪質さの点では、日本は負けてしまいますね、きっと。
とにかく、解決のためには、問題空間の時間軸と空間軸を整理して考える事
大切です。


> 歴史認識の相対性理論ですね。


現在の視点から、過去の歴史的行為を裁いては、罪の認識が混乱するだけです。
「罪刑法定主義」の原則を良く理解して、問題解決に臨むべきなのです。


【前回記事】
◇日韓外交戦争、第2Rの舞台は従軍慰安婦問題へ?


コメント (1)

◇日韓外交戦争、第2Rの舞台は従軍慰安婦問題へ?

2012-08-28 | 従軍慰安婦問題

> 先日、野田首相が緊急会見の場で、竹島問題の解決策として国際司法裁判所
> での決着を韓国側に要求したのは衆知のとおりです。

ええ、韓国側はこれを正式に拒否しましたね!


> そこで、今度は韓国側から例の従軍慰安婦問題の解決の場として、第三国の
> 委員から構成される仲裁委員会を設置して決着する事を要求して来たらしい。
> 何でも、1965年の日韓国交正常化の際に、両国間の紛争を外交協議で解決で
> きない場合には、仲裁委員会設置方式による解決の方向で合意済みらしい…。


▼韓国、慰安婦巡る仲裁委設置提案へ…現地紙報道
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120827-OYT1T00493.htm?from=main3


なるほど、確かにこちらの「戦場」では、日本側は戦略的に不利ですね。


> そこで日本政府は、2つの問題は別々の問題だとして、即座にこれを拒否
> たらしいです。

従軍慰安婦問題の件では、例の河野談話の悪影響もあって、米国議会も韓国側
の主張に肩入れしていますからね、厄介な問題です、日本側としては。


> この件は、自民党政権時代の河野談話の失策を指摘する声が大きいですね?

腰の定まらない民主党外交の責任も大きいと思いますよ、この問題では。

> 菅内閣の国家公安委員長だった岡崎トミ子議員が、従軍慰安婦問題でソウル
> の日本大使館に抗議する韓国の団体を支援していた問題ですね。


靖国問題も同様なのですが、今だに「歴史認識の問題」の本質を正しく処理す
る能力の無い議員や論者
が多すぎますよね、これらの人々が癌なのです。
いい加減、「問題を正しく処理する方法」を学習して欲しい、日本のリーダ達は!


> 例の自虐史観の事ですか、Broが憂慮するのは?


歴史教育問題としてはそれも含みますが、リーダの資質の問題としては、日本
の歴史だけでなく、一般的な歴史認識問題全般の処理方法をスキルとして体得
しておく
と云う事です。


> 以前からこの@くつログでは、靖国問題に関連して「歴史認識の相対性理論」
> を主張してきましたが、単なる認識論の問題としてではなく、政治手法論
> して何か進化した訳ですかね、この問題で?


【関連の過去記事】
◇民主党支持率上昇。。。でも靖国問題はホント難しいね!!
◇安倍VS小沢論戦第1R。。。靖国問題について考える
◇靖国問題再考。。。A級戦犯と歴史認識について
◇靖国問題への反省。。。歴史認識の相対性理論
◇靖国問題の本質。。。平和ボケ頭脳のコペルニクス的転回
◇日中戦争の真実。。。漁夫の利を得た中国共産党
◇経済同友会が靖国提言発表。。。首相の参拝自粛を要求
◇国立戦没者慰霊施設の建設に反対します!
◇自民党加藤元幹事長発言。。。靖国参拝是非論の背景
◇日中戦争の舞台裏。。。大いなる誤算
◇安倍官房長官,靖国参拝推進派議員と会談
◇旧日本軍化学兵器処理問題で新事実発見!

何も特別に「新しい手法」を開発した訳ではありません。
従来から法律の専門家は、「罪刑法定主義」と云う原則を確立していました。
例えば、田原総一郎さんが昨年出版した本がありますよね…。


▼なぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E3%80%8C%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%BA%9C%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%80%8D%E3%82%92%E6%88%A6%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E7%94%B0%E5%8E%9F-%E7%B7%8F%E4%B8%80%E6%9C%97/dp/4569794831/ref=pd_sim_b_3/378-6473434-7937460


> 田原総一郎さんと云えば、てっきり左寄りの論客だと想っていたのですが、
> 最近「転向」でもされたのですかね、随分変化しましたね、考え方が?


常に自分の考え方の「客観性」を問い続けている方だと感じます。
いつも相手に問いかけて、確かめているのです、「~だよね…」と云う形で。

> その割に「強引な断定手法」を批判される事が多い方ですよね。
> 相手の主張を無理やり捻じ伏せて、方向転換を強要する場面も多い。


基本的には、左翼論客特有の客観性や絶対性を重視する考え方だからだと想い
ます。それが最近になって変化して来た…。

> 「歴史認識の相対性」を重要視し始めた訳ですか?
> それとも単に、自論の誤りに気が付いただけですかね?


それは、ご本人と直接会話してみないと判りません。
とにか昨年出版された著書では、戦後日本人の視点からでは無く、戦前の日
本人の視点から観た大東亜戦争を論じたので、読者から観ると、まるで著者が
思想的に「転向」でもしたかの様な錯覚を感じる
のです。

> なるほど、以前この@くつログでも実験した様に、歴史認識の座標軸を過去
> の方向へ「ローレンツ変換」して見せた訳ですね、昨年の本では。
> そうすると、従軍慰安婦問題の扱い方「ローレンツ変換」が大切ですか?
> 歴史認識の座標軸の移動ですね!

田原総一郎さんの話が出たついでに、昔生放送中のテレビ番組で田原さんから
罵倒された、自民党の高市早苗議員のその節の反論を読んでみて下さい。
これこそ、現代のリーダが体得しておくべき処方論の見本だと考えます。


▼早苗コラム/田原総一郎さんへの反論
http://sanae.gr.jp/column_details155.html


> これはまさに、「歴史認識の相対性」を重要視した反論ですね!
> お見事です、高市さんの論旨は。


でしょ?
従軍慰安婦問題も、河野氏や岡崎氏の様な思考能力の硬直化した議員が論じる
から、まるで日本人に賠償責任が在るかの様な倒錯した主張になるんですよ。


> では、@くつログ流に従軍慰安婦問題を議論してみましょうよ。
> 未だ、テーマとして取り上げた事がありませんよね、この問題は…。

もう時間も遅いので、次回にしましょう。
明日が心配です、私は。

> では、また次回と云う事で…「近いうち」で無く「早いうち」にね!


コメント

▼他のブログの意見を見る

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ