ブロブロガー@くつログ

Proと呼ばれたい...そして日々悪戦苦闘する
Brofessional な職業人の安息の日誌

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◇靖国問題の本質。。。平和ボケ頭脳のコペルニクス的転回

2006-04-20 | 靖国問題
> まず最初に前回までのBroの意見に修正するべき点があれば,修正して下さい。
私は「現代的な靖国問題の本質とは外交問題である」との意見を述べました。
しかし,それ以前の問題として「歴史認識」の問題が問われるべきであると考え
直しました。。。
我々「日本人の歴史観は,このままで良いのか?」が問われるべきです。

> Broが問題意識を感じる「日本人の歴史観」とはどの様なものですか?
前に述べたとおり,「日本帝国主義の侵略戦争」的な歴史観です。。。
これが現在の日本人のスタンダードな見解になっている...
靖国問題の本質的な解決を果たすには,ここから考え直す事が必要です。

> 具体的にこれまでの歴史観のどの様な点が問題なのでしょう...?
戦前の日本は「大日本帝国」と称して,天皇主権の国家でした。。。
だから戦前の日本の対外政策を「帝国主義政策」と考えて,あまり疑問を感じな
くなっているんです...しかも対中国戦の主戦場は大陸でしたから,これを「侵略
戦争」と呼ばれて,何も疑問を持たなかったのです。。。

> なるほど。。。続けて下さい...
考えてみると「帝国主義的歴史観」はレーニンの発明であったと思います。。。
マルクス主義的な教義からすると,資本の運動法則は「帝国主義的段階」に発展
するのであって,これは「共産主義勢力」によって打破されるべきものと考えら
れています。

> マルクス主義の所謂「唯物史観」ですね...
中国は現在も共産主義政権ですから,彼らがこの様な歴史観を持つ事は,考えて
みれば不思議ではありません...
しかし何故資本主義国家の日本で,この様な歴史観を保持し続けているのかが大
いに疑問と考えなければならないのです...皆忘れていますが...

> ではBroは,戦前の日本の対外政策が「帝国主義的」ではなく,また先の戦争
> が「侵略戦争」ではなかった...との見解を持つに至った訳ですか?
戦後の日本人が「政策」を考える際に,忘れがちな視点として「国防」の問題が
あると思います...そしてこれは「歴史」を考える時にも忘れがちな点です。

> 現代の日本人は「平和ボケ」している...と...??
そうです。戦前の大陸における陸軍の行動は「国防」の視点から見たときに初め
て納得いく理解が可能です。。。

> 例えば...?
「満州事変」を考えましょう。
この事件は1931年に満州の奉天郊外において,満鉄の鉄橋が爆破された事に始
まり,翌年清王朝のラストエンペラーである宣統帝溥儀が満州国皇帝として建国
するに至った事件です。
そして今では,この満鉄爆破事件は旧陸軍の石原莞爾将軍の画策であった事が知
られています。

> 旧日本軍の侵略行動であった事が明白ですね...?
しかし「侵略行動」と断定するには,ここで疑問が生じます...
日本軍は実力があったにも係らず,何故ここで満州を日本領とせず,満州族の民
族国家「満州国」の建国に手を貸したのでしょう...?

> それは国際世論の批判を回避する方便でしょう。。。?
> 実質的に満州国政府は日本の傀儡政権でしたから...
しかし何故これほどのリスクを犯してまで,「満州国」を「中華民国」政府から
独立させる必要があったのでしょう。。。??

> 当時日本は「昭和恐慌」と呼ばれた大不況下にありました...
> しかも国内には過剰人口を抱えていましたから,新たな植民地の開拓を必要と
> していた...との見解があります。
私も最近までその様に日本の帝国主義的行動として理解していました...
...が,むしろ「中華民国」政府から「満州国」を独立させる事の方が本質的に必
要だった...と理解する方が,より自然だと考え直しました。

> ...と言うと?
① 満州における日本の権益の保護
② 共産主義勢力への対抗および封じ込め
③ アジア民族の欧米列強支配からの開放
④ 殖民政策,経済的共栄圏の構築,確保
⑤ 中国における日本の権益の保護...等々
以上の様な目的を遂行する上で,当時の大陸情勢はあまりに混沌とし過ぎており
かつ当時の中国政府はあまりに「反日的」であり過ぎた事実などからです。

> 満州国建国を支援する方が,日本の国策を遂行する上で,より手っ取り早く,
> 現実的な手段だった...と云う事ですか。。。
ええ...そして最も有効な「防共」手段だったと思います。。。実際。
念のため補足しますが,①~⑤の日本の国策は「侵略的」と云うよりは,むしろ
「自衛目的」の政策だと考えます。

> 「日華事変」についてはどうですか?...これも侵略戦争ではない...??
それについては次回お話しましょう。。。
むしろ大切な事は各論ではなく「日本の歴史教育の見直し」です。。。
「マルクス主義的唯物史観」の影響から早期に脱却して,日本の歴史認識を再構
成する事が必要だと思います。。。
靖国問題の本質は「現代的な歴史観の再構築」の問題だと考え直しました。
これが結論です。

> なるほど...では次回「日華事変」編に期待します。

コメント

◇靖国問題への反省。。。歴史認識の相対性理論

2006-04-19 | 靖国問題
> Broが前回までに述べた「靖国問題への考え方」に対して,今回は幾つかの観点
> から批判を試みたいと思います。。。
おっ!! 宣戦布告ですか!!。。。なるべくお手柔らかにお願いします。。。

> まず最重要と思われる点からですが,Broは前回「戦争被害国への道義的責任」
> について言及しましたよね...これが問題の本質であると。
しました。これを根拠に「戦争被害国の感情を逆撫でするかの行動は慎むべし」
と結論しました。

> 「偽メール問題」の様な国内問題については然りですが,今や靖国問題の焦点
> は外交問題に転移していますよね...
> 国際問題を論ずる際に「道義的責任」の様な,極めてメンタルな倫理基準を持
> ち出す事は危険ではないですか...?
う~ん...各国ともそれぞれのお国柄や国民性があり,道徳基準もまた異なるだ
ろう...という意味ですね...

> そうです。Broの意見ではA級戦犯亡き現在においても,日本には戦争被害国に
> 対する道義的な責任が残っている...とする見解でしたが,日本人として素朴に
> 理解できるこの意見も,国際問題の場で適用するには注意が必要かと思います。
なるほど。。。「国際的な信義」はやはり存在するとは思いますが,確かに注意
が必要ですね。。。その適用には...

> それと「戦争被害国」および「加害国」の概念についてですが,日本が「敗
> 戦国」である事に何等の疑問も無いのですが,「加害国」とする事には些か釈
> 然としない想いがしますよね...
原爆のような明らかに国際法に違反する無差別攻撃を受けた「戦争被害国」であ
ると云う論点ですか...?
。。。念のため,私は対米戦に関する限りにおいて,日本が全面的に「加害国」
であるとは考えていません。。。あれはケンカを挑発されて,うっかり先に手を
出してしまった闘いだった...と考えています。

> 日本が真珠湾奇襲攻撃を開始する直前まで,和平に向けた外交努力を続けてい
> た事は明らかな事実ですものね。。。
...戦争準備を整えるまでの「時間かせぎ」を目的とした「外交ポーズ」であると
の見方もありますがね...
しかし少なくとも,昭和天皇→近衛首相→東條首相等の人々は対米戦回避の意向
だったとの資料も多く残されています。
従って目的としては「自衛目的の戦争」だったと考えています。

> では,韓国併合および満州事変から日中戦争に至る対中国戦については,どう
> ですか?
戦前の時代的背景として,欧米列強による植民地支配体制が一般化されていまし
たが,日本もこれら列強の仲間入りを志向しており,当時弱体であった朝鮮およ
び中国への植民地的野心を大いに含んだ侵略的行為だったと思います。。。

> 歴史家の解釈も概ねその様に説明しています。。。
> しかしBroはなまじ社会科の教員資格など持っているので,これらの教科書的説
> 明を鵜呑みにしてはいないですか...??
...教科書だけではなく,それなりに専門の歴史文献も多く読んでいましたが...

> でもBroの学生時代は1980年代ですから,戦後35年をようやく経た時点です
> よね...未だ東西冷戦構造が解消していない時代の,しかも敗戦国日本の歴史解
> 釈です。。。
敗戦の影響が歴史解釈に反映している時代は,すでに脱却していると感じていま
したが...

> 単刀直入に言って,Broの過ちは「事後の観点」から「過去の行為の犯罪性」を
> 解釈しようとしている点です。。。
東京裁判で争点の1つになった「罪刑法定主義・法の不遡及」の問題を指摘して
いますね。。。
しかしそれは「法解釈」の問題です。「歴史解釈」の問題ではなく...

> 今問題なのは「戦争被害国」および「加害国」の概念の問題です。
> 「歴史解釈」においても,「責任」について言及するには「時間軸」の問題を無
> 視できないと思います。。。
...と言うと?...

> Broが「道義的責任」を感じるのは,1980年代の日本の一般的な歴史解釈を通じ
> てです...今日の日本の歴史解釈,または戦時の日本の国際情勢認識を通じて見
> た場合にやはり同様の「道義的責任」を感じるものでしょうか...??
現在はともかく,当時としては感じていないでしょうね。。。
感じていたら,戦争が起きていたかどうか...

> そこですよ!!...問題は!!
> 当時の日本人は自分達の行為に対して「道義的問題」など感じていなかった...
> むしろ「大義」を信じていたんですよ,「アジアの植民地支配からの開放」と
> 云う名分でね。。。
。。。その割りに,台湾や韓国を日本の領土にする等の自己矛盾を犯していまし
たけどね...

> 台湾を日本領としたのは日清戦争後の下関条約によってです,そして韓国併合
> は日露戦争後の国際情勢の変化の中で,米英の意見や韓国自身の政党の希望も
> あっての事ですよ...いずれも満州事変より以前の話です。
いずれにしても領土的野心があった事は事実でしょう??

> Broが感じる「道義的責任」はそんな昔の歴史的事実にまで及ぶのですか??
> きりが無いですよね...歴史を遡及して行くと。
いや...満州事変後の歴史的事実に限定しても良いです...それが東京裁判の論点で
すから...

> では韓国や北朝鮮の「不快の念」に「道義的責任」を感じる根拠は無いです
> よね...後は中国問題です...
ちょっと待って下さい。。。結局「道義的責任」を感じる根拠は「歴史解釈」に
依存していると言いたい訳ですね。。。そして「歴史解釈」には「時間軸」の問
題を意識する事が必要であると...

> そうです。「歴史解釈」も「法解釈」同様に,「事後の視点」から「過去の
> 行為」を認識すると解釈に相違が生ずると思います...
> 「過去の行為」は「その当時の視点」から認識して,そして解釈を加える...
確かに解釈に「コペルニクス的転回」を生ずる可能性がありますよね...
そう言えばアインシュタインの相対性理論も,本質は「認識論」の問題でした...
「歴史的認識」も「空間軸」や「時間軸」における「相対性」を意識しておく必
要性がありますね...良い指摘だと思います。とても!

> ...一気に『相対性理論』までぶっ飛んでしまいましたか!!
> ま...良いです...所詮,遊びですから...遊び。
では次回は「相対論的歴史認識」に基ずいて「満州事変以降~」を検証してみまし
ょう。。。面白いですよ...きっと!

コメント

◇靖国問題再考。。。A級戦犯と歴史認識について

2006-04-12 | 靖国問題
> 前回「靖国問題」について書いたら,くつログ初のトラックバックを頂きまし
> たよ!
ええ。嬉しい限りです。ついでに参考文献も紹介して頂きました。時間を見つけ
て私も読んでみたいと思います。 

> ついでにと言っては何ですが,今回靖国問題の本質についてもう少し考えてみ
> たいです...
なるべく簡潔にお願いしますね。。。
 

> そもそも日本の首相が戦没者に対する哀悼の意を表明する意図で靖国神社を参
> 拝する事にどの様な問題があるのでしょうか...??
> 平和への祈願を確認する行為と思うのですが...
政治的に大きな影響力をもつ人が,ある特定の宗教(この場合特に戦前の思想的
支柱となった「神道」)に肩入れするかの行為を問題視する意見がある様です...

> それでは日本の首相は一般の神社への初詣や,知人の結婚式で教会へ行く事な
> ども規制されてしまいますよね...行過ぎた意見ではないでしょうか?
確かに過去の日本には,戦前の思想教育に対するアレルギーに近い反感が根強く
残っていましたからね...
現在の日本では,首相が靖国神社を参拝したので,これが特定宗教の布教拡大を
宣伝する行為であると捉える人はほとんど皆無でしょうね。。。

> 結局,靖国神社=日本の軍国主義の象徴...である事が問題なのですよね...
それは捉え方の問題ですよね,靖国神社=戦没者の慰霊を行う場所...との捉え方
が現在の日本では優勢だと思います。。。
それと「神道」と云う思想も,宗教のひとつとしては禁止されるべき対象とは考
えられていません...憲法が個人の自由として保障しています。

> では国内的には,ほぼ問題ないですよね...首相の靖国神社参拝は...
外国,特に中国,韓国,北朝鮮などから批判されて,日本の外交の足枷になって
いる事が問題なのです。。。現在では。 

> でもそれは,小泉首相が言うとおり内政干渉ではないでしょうか...?
> 国内的な活動ですよ...「参拝」は...
しかし彼らは「戦争被害国」の立場ですからね...「加害国」である日本はその心
情に配慮する道義的な責任はありますよね。。。

> 中国,韓国,北朝鮮などは何に対して憤懣を抱いているのでしょう...??
靖国神社には所謂「A級戦犯」も合祀されており,彼らも含めて祭神として祈り
を奉げる事になるからでしょう...やはり。。。

> 「戦争犯罪者」を祀るとは何事か! ...と言う憤怒の感情ですか...
> だから「A級戦犯分祀」という妥協案が登場する...
しかし前回述べたとおり,靖国神社は国立施設ではありません。
生い立ちはともかく,現在は独立した宗教法人ですから「A級戦犯合祀」も独自
の信条に従って行っている事です。
...そしてこの行為は違法でも違憲でもありません。

> しかし「戦争犯罪者」を神と祀るのは非常識かもしれませんよね...
そこですよ!...この問題を複雑にする最大の要因は。。。
「A級戦犯=戦争指導者=戦争犯罪者」という単純化された図式に納得できな
い人々が大勢いる事が原因と思います。。。
しかも「戦争犯罪」という概念そのものも,よく理解されていないのが実情では
ないでしょうか...?

> う~ん...戦争の責任が誰にあるのか?なぜ戦争を始めたのか?と言う事で
> すね...
まだあります。。。そもそも戦争を行う事は犯罪か?...と言う論点です。

> そう言えばアメリカだって戦争を始めていますよね...何度も...
自衛目的の戦争もありますから,戦争を行う事自体は犯罪とは考えられていま
せん...現在もそれは同じです。。。

> 「A級戦犯」はどの様な罪を犯したのでしたっけ...?? 確か「東京裁判」で判
> 決されたのでしたよね...戦争犯罪について...
「東京裁判」は「極東国際軍事裁判」と云うのが正式な名称です。
この裁判では,満州事変以降の一連の日本の軍事行動について,戦争指導者即
ち「A級戦犯」として起訴された28名の内,東條英機他の25名が「平和に対
する罪」等の戦争責任に問われ,被告として有罪判決を受け,刑に服したもの
です。

> この判決を国際的に受容れたのですよね...日本政府は...
受容れざるを得なかったでしょうね...ポツダム宣言を受託した敗戦国としては。
しかし,25名の「A級戦犯」が共謀結託して始めた戦争であるとは日本国民の
誰も考えてはいません...むしろ自衛目的の戦争だったとの解釈も一部では存在し
ていますし,東京裁判そのものの裁判形式や手続き上の問題も多く指摘されてい
ます。全員無罪と判決した判事も居ました...この裁判では。

> しかし戦争を行った事が事実である限り,戦争責任者を特定する必要はありま
> すよね...
「A級戦犯」の25名は大日本帝国の行った戦争責任を代表して受刑した,と云
うのが日本国内での解釈でしょうね...だから彼らも「戦争犠牲者」と考えられる
と思います。
そして彼ら「A級戦犯」は,1952年以降日本国内法上の罪には問われていませ
んし,さらに1956年には国際的にもサンフランシスコ講和条約により釈放されま
した。

> では刑は終えている訳ですね。「A級戦犯」としての...
そのとおりです...しかしながら,刑罰と法律上の責任は終えても,過去の罪自体
が消えてなくなる訳ではありませんから,被害者や遺族の方々に対する謝罪の気
持ちは,やはり必要でしょう?...道義的問題として。。。

> でも「A級戦犯=戦争責任者」の中で,現在存命の人は居ないですよね??
> 誰が道義的責任を負い続けるのですか...??
結局そこですよ。。。日本の首相が「A級戦犯」を奉じる神社を参拝する事に対
して「戦争被害国」が不快の念を表明する限りは,やはり道義的問題として行動
を慎むべきと考える人が多いのです。。。これが本質ではないでしょうか?
現代版「靖国問題」の。。。

> 長々とありがとう...少なくともBroの意見は良く分りました。
> 早く「しこり」が消えると良いですね...アジアの発展は共通の利益なのに...
少なくとも「偽メール問題」の時の様には行きませんよ,いくら小沢さんでもね。
 
コメント (1)

◇安倍VS小沢論戦第1R。。。靖国問題について考える

2006-04-11 | 靖国問題
> 前回は靖国問題について言及しましたが,結局小沢案の「A級戦犯分祀」をど
> の様に評価しますか...? Broの意見を聞かせて下さい。
前回少し結論を曖昧にしてしまいましたが,やはり安倍さんの意見に軍配を挙げ
たいです。。。私の結論としては。

> 「分祀の是非は,靖国神社自身が判断するべき問題」と言う事ですか...
...と言うより,「信仰や宗教の問題に政治が介入するべきでは無い」と言う意見
ですよ...安倍さんの主張は。

> ...なるほど,靖国神社は国立施設でも何でもないですからね。
「思想や信仰の自由」に政治的介入を許すべきでは無いですね...やはり。

> う~ん...よく考えてみると両者の主張にイデオロギーの違いが見え隠れしてき
> ますねぇ...やはり。。。
そうです,安倍さんは「政府の役割」を極めて限定的範囲で考えておられる「小
さな政府」論者ですよ...その意味で極めて正統な小泉路線継承者ですね。やはり。

> 一方で小沢さんは「もっと積極的・指導的な政府」論者ですか...?
経済政策で云う所のケインジアン的な発想ですか...ちょっと飛躍しすぎかな??

> 小沢的発想は官僚主義的で,安倍的発想は市民主義的とも言えますかね??
...まだその様な色づけは早計でしょう。論戦は始まったばかりだし。。。

> どちらが勝ちますかね...第1Rの勝敗は...
私でなくとも,安倍さんの発想を「より現代的」と評価するでしょう,世論は。
 

> でもそうすると,いよいよ解決策が見えてきませんね...靖国問題は...
私的には次期首相になる方が,首相就任後に靖国神社参拝を継続するか否か?
...ここに注目しています。

> なるほど!この点は小泉後継首相選の重要な争点になってくるでしょうね!
安倍さんは参拝するのかな?? ...首相就任後は,きっぱりと参拝しない方針で最
初から貫く方が賢明かもしれませんね。。。いろいろな意味で。

> あれっ? Broは前回,私的には参拝したい...と言っていたじゃないですか!?
> もう思想転換ですかっ!...だらしないっ!
 
タレントさんだって私的な行動に制約が生じるでしょ...やはり。
契約上スキーにも行けないモデルさんだって大勢います。日焼けするから...
日本の首相も就任の条件として明確に宣誓すれば良いんですよ...在任中は靖国参
拝を我慢します...と。それが国益である限りね。。。

> う~ん...何か玉虫色の解決案だなぁ...本質的な問題解決では無い様な...
だから言っているでしょ!...この問題の本質的解決は非常に困難だと!
早期解決の困難な問題だと見極めて,当面の対症療法に徹する作戦が現実的なの
です...でしょう?? 

> う~ん...もう少し考えさせて下さい。。。
コメント   トラックバック (1)

◇民主党支持率上昇。。。でも靖国問題はホント難しいね!!

2006-04-10 | 靖国問題
> 民主党の支持率が上昇に転じたみたいですね!
ええ。JNNの世論調査結果によると小沢氏への期待が58%に上り,民主党の支持
率は19.8%と前回調査から+2.8%上昇した事が報じられています。

> 偽メール問題以来,民主党批判があいついで支持率を急速に下げていましたか
> らねぇ...支持率が上昇に転じた事は,やはり小沢さんの成果ですかねぇ?
少なくとも菅さんが述べておられるとおり,「良いスタート」になった事は事実
ですよね。。。メール問題の「しこり」からも脱却できた感じだし。。。

> 小沢さんの「挙党人事」も非常に好感をもって受けとめられましたね。
秋の再選までの暫定体制の様ですが,とても良い判断だと感じます。
とくに代表選を争った菅さんを「代表代行」として,「一心同体」をアピールし
た事で民主党の挙党体制への結束を印象づけて,新体制をとても強固なものにし
たと感じます。

> いよいよ小沢民主党の発進ですね! 
先の調査結果では小泉内閣支持率は現在59.3%ですからね,国民の6割が支持する
内閣の切り崩しに挑む訳です...ハードルは充分に高いですよ!

> 小沢さんは早速「靖国問題」について発言したそうですね...?
ええ。「A級戦犯の分祀は可能」との意見を述べたそうです。

> 靖国問題は小泉首相のアキレス腱ですからね...与党側の一番痛い所ですよね!
ええ。そして小泉後継の最有力候補である安倍官房長官は,小沢発言に対して
「分祀の問題は靖国神社自身が判断するべき問題で政治が介入するべきでは
ない。」と切り返しました。。。

> う~ん...早速,注目の論戦ですねぇ...なんか,Broの期待どおりの政治状況に
> なって来ましたねぇ。。。動きが早いです!
はい!...「靖国問題」は重要な問題ですので,ぜひ充分な議論を行って欲しい
です。

> Bro自身はどう考えているんです?この問題について...??
う~ん...とても奥が深い問題ですからね...即答は...
でも日本の外交問題を除外するならば,私は小泉首相の態度と行動にとても共感
を抱いています。。。所謂「A級戦犯」と決め付けられた方々も,多くは戦争犠
牲者であったと考えていますし。。。

> では小沢さんの意見には反対ですか...今回は...
いえ...日本の外交が現在置かれている状況を勘案するならば,とても現実的な選
択肢かもしれません。。。
何よりも小泉首相に対する「全面批判」ではなく,「日本の外交の現実的な選
択肢」を提案しておられる点に好感を感じます。

> ...なるほど。小沢さんは現実感覚に優れた政治家ですよね,確かに。
> 小泉さんの様に,主義・信条一点張りの頑固者ではなく。。。
小沢さんも主義・信条には,こだわりのある方ですよ...しかし,最終的な決定に
はより実現性を重視される様ですね...

> でもこれで「A級戦犯の分祀」が決定するならば,A級戦犯と決め付けられ
> た人々は2重に戦争犠牲者となりますね...お国のために犠牲を強いられる...
う~ん...「A級戦犯」を「戦犯」として認めていない人々は,「屍に鞭打つ」行為
と批判するでしょうかね...やはり...

> やはり難しいですね!! ...「靖国問題」は...!!
同感です。。。個人としてはA級戦犯の方々を含めて御参りしたいです。私は。

コメント

◇小沢氏が民主党代表に!! 。。。今後の政局に期待

2006-04-08 | 政治
> 小沢氏がとうとう民主党の代表になりましたね。
ええ。今回は相当の決意で代表選に臨んだ様なので期待しています。

> Broは小泉政権支持派ではなかったでしたっけ?
恥ずかしながら,前回の解散総選挙まで20年以上も選挙権を行使していません
でした...前回が初めてだったのです...選挙に行くのが。。。

> ひぇぇ!! それはまた何故ですか!?
長く政治への不信感が払拭できなかったのです。
けっして政治に無関心な訳ではありません...
それと,よく知りもしない政治家に自分の1票を投じる事は,かえって無責任だ
と感じていました...気に入った政治家が居ないなら,むしろ棄権する事が自分の
意見の表明であると。。。

> では前回総選挙には何故投票する気になったのですか?
前回総選挙は極めて明確な目的を持った選挙だったからです...「郵政民営化法案
に賛成か反対か...」直前にこの法案が国会で否決されていましたので,この選挙
で私は生まれて初めて「自分の1票」の重要性に目覚めました...自分の意見を表
明するべきだと...

> う~ん,なるほど...それなりに考えてはいる訳ですね。。。
> ところで,前回は小泉自民党に投票したんですよね...?
そうです。郵政民営化を実現すべしと考えていましたので。。。

> で民主党の小沢さんに何を期待するのです??
前回自民党は勝ちすぎましたからね...
私は制度改革推進派ですが,改革の内容については自民党一党の考えでなく,も
っと広く意見を集め討議を行う必要性を感じています...
そもそも私が長く政治不信に陥った原因は,最も多感であった少年時代が佐藤長
期政権の時代にあたり,国会での多数派の強行採決の混乱ぶりなどをTVでよく
見ていたからだと思います。。。

> では民主党流の改革路線と自民党流改革路線の対決を期待する訳ですか...?
そうです。小沢さんの主張するとおり,本来2大政党が国会の場で論戦を戦わせて
国民の支持を選挙で問う...という政治の姿が理想的であると思います。

> 小沢民主党にそれを期待する...実現しそうですか?今の民主党で?
小沢さんの手腕に期待しています。
小泉後継内閣と政策論戦を戦って欲しい。。。特に医療制度改革について!
内容次第で次期選挙では民主党に投票する事も選択肢のひとつだと考えています。

> 分りました。政党や人物ではなく,政策内容で自身の投票行動を決めたい!
> そう言う考えなのですね。。。Broの考えは。
そのとおり。小沢さん,国民の期待に応えて頑張って下さい!

コメント

◇祝!! 城島大リーグデビュー2試合連続本塁打!!

2006-04-06 | スポーツ
> 元ホークスの城島選手が大リーグデビューを2試合連続アーチで飾りましたね!
さすが城島!! おみごと!...です!


> Broはイチロー選手のファンじゃなかったでしたっけ...?
何でも良いでしょっ!!
同じマリナーズの日本人選手なんだし。。。
第一福岡県人はみんな城島ファンですよ!元ホークスのヒーローなんだから。

> そう言われてみれば,Broが城島ファンなのは,言わば当たり前なんですが,な
> ぜイチロー選手のファンなんですか??
それも余計なお世話ですよ!人がどの選手のファンだろうが勝手です。
それにイチロー選手のこれまでの活躍を見ていれば,福岡県人だろうが何だろう
が日本人ならば誰でも応援したくなるでしょ!!
日本の野球のレベルを国際的に認知させた功労者ですよ!イチロー選手は!!

> ...そうですね,彼の存在が残したものは不滅ですね,やはり...
そうです!そして城島選手がホークスに残した功績も偉大でした。。。
その彼が心機一転,今度は大リーグの舞台にチャレンジするのだから...しかもイ
チロー選手と同じマリナーズで!!

> う~ん,しっかりとファンの期待に応えてくれましたね!城島選手は。。。
そうです。新しい活躍の場でしっかりと周囲の期待に応えて結果を出す事は,口
で言うほど簡単な事ではありません...やはり,Proですよ...城島は!

> 何か嬉しそうですね...Broは...
嬉しいですよ!...何か訳も無く「俺もやるぞ~っ!」と言う気になるじゃないで
すか...ヒーローにはこれが大切ですよね!周囲に元気を与える力が...

> Broも野球ばっか見てないで頑張って下さいね...お仕事...
おおっ!!...新年度にそなえて走り込みでもしましょうかねっ!!...明日から...


> バントヒットで良いですよ...あまり力むと空振りしそうだし...
> それと何より,デスクワークでしょ...Broの仕事は。。。
デスクワークも気力と体力が第一ですよ!! ファイト~一発っ!!


コメント

◇今日から新年度入り。。。日経平均大幅続伸!

2006-04-03 | 株式投資
> 本日の日経平均は大幅続伸の,17,333円に達しましたね!! TOPIXは,2000年の
> ITバブル期につけたザラ場高値を更新したそうです!!
ええ,本日はとても好調な新年度スタートだったですね。。。私の含み損もかな
り減ったし...

> Broは未だ含み損抱えたままなんですかぁ。。。いい加減損切りしたらどうなん
> ですか... 未練がましいっ!!
そうは言っても,決済したら途端に決済資金が必要になるんですよ...そんな資金
ありませんよ...現状。。。

> どの程度の損失なんです...?今現在...
本日の後場終値で評価して,約45万円の含み損ですね...本日やっと50万円を
切りましたよ...損失が!! 

> 喜んでいる場合じゃないでしょ!! Broの運用資金からすると大幅な損失じゃな
> いですか...未だに!!
う~ん。。。確かにそうですが,やはり嬉しいですよ...損益が改善すると。。。

> そう言えば,もう足を洗うんじゃなかったっけ?株から...
ダメですよ。。。未だ損しているんだから。。。今年いっぱいは続けます。そし
て黒字転換してみせます!! 必ず!

> そんなに強気で大丈夫ですか...?金利も上昇し始めたのに...
しかし,景気の上昇は未だ継続中です。ゼロ金利解除までは大丈夫ですよ...この
景気回復は息が長いです。きっと...

> 随分希望的な観測ですね...どこまで続くと考えているんです?今回の株価
> 上昇は。。。
本日日経のTV番組で伝えていた,日経平均株価,19,000円まで行くと思います。秋口には....

> その後の展開は??
秋口に日銀のゼロ金利政策解除の発表があった後に,下げに転じるでしょう。。。株価から。。。

> 根拠は??...単なる期待なんでしょ?Broの。。。
.....

> まっ精々がんばって下さい...あと半年あまりですよっ!45万の含み損ですか
> らね,45万の!
うちの奥さんみたいな事言わないで下さいよ...心臓に悪いから...


コメント

▼他のブログの意見を見る

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ