HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

箱根駅伝予選会、駒澤大学が2位に大差を付けて1位通過、青学以外の緑のユニフォーム頑張って!

2018年10月13日 19時54分53秒 | 駅伝/陸上

私の母校には全く関係の無い話題ではありますが、一応箱根駅伝予選会の結果をお伝えしておきます。

9年振りに予選会に出場してしまった、駒澤大学が2位の順天堂大学に7分の大差を付け圧勝しました。
BS日テレで中継してたのを知らないで、すっかり見逃してしまいましたわさ

結果一覧

     http://www.kgrr.org/event/2018/kgrr/95hakone-yosenkai/sougo.pdf

1 駒澤大学
2 順天堂大学
3 神奈川大学
4 國學院大学
5 明治大学
6 東京国際大学
7 大東文化大学
8 中央大学
9 国士舘大学
10 山梨学院大学
11 上武大学

順位はともかく、予選通過したチームには大きな番狂わせは無かったような気がします。
この他に日本大学が、「関東インカレ成績枠」とやらで予選を免除されています

(こう言うふざけた特例は今回だけにして貰いたいね何が関東インカレ成績枠じゃ

そもそも「関東インカレ成績枠」とは・・・・。

   https://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/20180528-OHT1T50210.html 

今は駅伝は青山学院大学の天下になっています。青学のユニフォームはグリーンですが、同じ緑を基調としている古豪・強豪チームが最近 箱根駅伝本戦から遠ざかっています。

専修大学、東京農業大学、亜細亜大学、関東学院大学 などなど。

今回は、国士館大学と上武大学が予選を通過しています。この2チームは遠くから見ると東洋大学とユニフォームの色が良く似ています。(濃紺~黒)

たまに見間違える事がありますが、1区の途中までは集団で走っているでしょうが、2区以降はこの3チームの中で、一番先頭を走っているのが『東洋大学』ですので、お間違えないように。
コメント

「週刊文春」 しっかり立ち読みして来ました。何だあの記事は?!面白くも何ともない

2018年10月12日 20時14分55秒 | 駅伝/陸上

仕事帰りに、生協の一角にある書店コーナーで、話題の「週刊文春」をしっかり立ち読みして来ました。

おそらくフリーの自称ジャーナリスト (三流トップ屋?) が文春側に持ち込んだ (文春が買った?)か、若しくは、その自称ジャーナリストのTwitterを見た文春側が、東洋大学側に取材をしたかのどちらかでしょう。

考えたくはないが、退部した本人や母親 (母子家庭らしいです。)が文春側に持ち込んだ?

陸上部内のチョットした行き違いがあっただけで、監督などのパワハラや上級生の理不尽ないじめ・暴力などとは一線を画すものです。

本人の生活態度・練習態度にも問題があり、胸倉を掴んだり、臀部を軽く蹴っただけの話で、それもお互いに謝罪し合ったと書いてあります。

退部した当の本人は、矛先をそのジャーナリストや文春側に向け始め、情緒が不安定になってるような。

日大のアメフト部や、日体大の陸上部監督と決定的に異なるのは、当人たちに監督が事情をよく聞き、お互いに謝罪させ、関東大学陸連にも速やかに報告した事ですね。

ここまで私が述べた事以外に、他に隠された真実がもしかしたらあるのかも知れませんが、退部した1年生も余り言わなくなったし、自称ジャーナリストも自分の記事を200円に売りに出してます。あれだけの事を書いて匿名のままと言うのも卑怯だと思いますね

記事の信ぴょう性を疑われてもしょうがないです

退部した1年生 橋本龍さんのTwitter:https://twitter.com/ryuchan011821

 
自称 詩人ジャーナリスト氏(笑)のTwitter(素敵な未来へ) https://twitter.com/sutekinamiraie

コメント

出雲駅伝、東洋大学 終盤の猛追も及ばず惜しくも2位!西山に何かあったか?

2018年10月08日 20時22分03秒 | 駅伝/陸上

第30回出雲駅伝、1区から青山学院が快調に飛ばし、独走で優勝かと思いきや終盤の5区・6区で、東洋大学の今西・吉川が連続区間賞で猛追し、優勝した青山学院大学に秒差まで迫りましたが、惜しくも準優勝に終わりました

   http://www.izumo-ekiden.jp/record/record.pdf

3区の西山が区間6位と大誤算でしたね。ブレーキとは言わないが、ここまでの駅伝やトラックの実績から見て、信じられない区間順位でした

戦犯なんて言い方はしませんが、敗因の一番は西山ですね。
6区の吉川も、前半飛ばし過ぎて息切れしちゃいました。襷を受けて間もなくして、首位の青学に4秒差まで迫ったのは明らかに突っ込み過ぎです。最長区間で10㎞あるのだから、あんなに飛ばさなくてもね・・・。(でも区間賞ですから

2位で追いかける選手が、早く追いつきたいが為に、前半早く入り過ぎて、後半バテる場面はこれまで何度も目にして来ました。まあ気持ちは分るけどね。

やはり西山の凡走が勝負を分けましたね。駅伝に集中出来ない何かの理由があったのかも知れない・・・。(あと三日くらいしたら分かるかも・・・)

やはり青山学院大学は強いです。他大は3つの駅伝のメンバーは変わらないと思うのですが、出雲駅伝専用の短い距離に特化した選手が複数います。

東海大学もエース鬼塚が居ませんでした。〝全日本大学駅伝〟も〝箱根駅伝〟もこの三校が中心になると思います。

私は今シーズンも青学が三冠達成すると思っていますが、では青学には全く勝つチャンスが無いかと言えば、そんな事はありません。

前回の箱根は5区・6区で負けたので、5区を走った田中龍誠 (私は5区は吉川だと思いますが・・・)6区の今西が青学との差を縮められれば、他の平地では対等以上の力があるので、何とかなると思っています。

(箱根駅伝至上主義者 を標榜しながら、Twitterでも当ブログでも結構熱くなっておりますね)。/font>
コメント

出雲駅伝の区間エントリー発表、AI(人工知能)では優勝は東洋大学らしい!

2018年10月07日 19時51分06秒 | 駅伝/陸上

台風25号は熱帯低気圧に変わりながら、津軽海峡を抜けて北海道東部の海上を通過したようです。
幸い当地では風雨もそれほど強くなく、大きな被害はありませんでした。

心配されていた出雲駅伝も無事に開催されるようですね

各チームの区間エントリーは下記の通りです。

   

写真が小さく見えにくいですが、東洋大学のオーダーは

1区(8.0km) 相澤晃 (済3=学法石川)
2区(5.8km) 西山和弥 (総2=東農大二)
3区(8.5km) 山本修二 (済4=遊学館)
4区(6.2km) 小笹椋 (済4=埼玉栄)
5区(6.4km) 今西駿介 (済3=小林)
6区(10.2km) 吉川洋次 (ラ2=那須拓陽)


酒井監督は三冠を狙うと公言しており、現在考えられるベストメンバーを組んで来ました。
3000m障害が得意の小室、入学時には西山と同じくらい期待されていた大森、期待の1年生鈴木は外れました。彼らは 「全日本大学駅伝」 では出番があると思います。

下馬評通り、東海大学、青山学院大学、東洋大学の三強の争いとなると思います。
最近の駅伝は、先手必勝ですから、前半区間から有力選手を継ぎこんで来ましたね。

ところで、今流行りのAI(人工知能)が、出雲駅伝の優勝(順位)を予想したとの事で、その結果は東洋大学が優勝らしいです



ご丁寧にタイムまで予想しています。5000mや10000mのベストタイムなどはインプット出来るでしょうが、チーム部外秘の故障者や調子の上がらない選手の情報などはどうやったのでしょうかね?

今季も青学が強いと思いますが、この短い距離なら昨年と同様に東海大学の優勝もあり得ます。
勿論、東洋大学にも大いにチャンス有り

ダークホースは早稲田・法政・帝京あたり

コメント

出雲駅伝当日は、台風25号は過ぎ去っている予報ですが、北海道直撃じゃんか!

2018年10月05日 21時07分53秒 | 駅伝/陸上

駅伝ファンの間では、10月8日に開催予定の出雲駅伝が、台風の為中止になるのではないか?との心配があるようです。天気予報を見ると・・・。

   

出雲駅伝当日は、既に台風25号は島根県を去っているようで、開催は大丈夫なんじゃないかな?と勝手に楽観しているのですがね。

それはそれで良いのですが、7日は何と北海道直撃ではないですか!
先の台風24号では、北海道東部に大きな影響がありましたし、未だ9月6日の北海道東部地震の余震が続いています。

何とか北海道に上陸する時には、勢力が弱まっているように祈るしかありませんね。

今日は仕事が長引いて、苫小牧に 「陸上競技マガジン 大学駅伝 秋号」 を読みにはいけませんでした。
髪が伸びて来たので散髪💈に行こうと思っていたのですが、それも出来ませんでした。台風の影響が少ない明日の内に、行こうと思っています。

出雲駅伝、頑張ってくださいね
コメント

陸上競技マガジン 2018 大学駅伝 秋 号発売!いよいよ駅伝の季節到来。

2018年10月03日 20時19分44秒 | 駅伝/陸上

ベースボールマガジン社から、「2018 大学駅伝 秋 号」が発売されました。
例年、出雲駅伝が始まる少し前に発売されていますね。

        

東洋大学からは、山本修二が表紙を飾っています。(私の頭の中では、山本修二が箱根2区なんですけどね・・・)

今日首都圏で発売されました。北海道は二日遅れて発売なので、5日に発売となります。
6・7・8と3連休なので、苫小牧の書店で一応立ち読みしてから、良かったら購入予定です。

出雲駅伝や全日本大学駅伝もあるので、全国の大学のレギュラークラスの名鑑が載るはずです。
自分の贔屓の大学の選手の、顔と名前が一致しない方などには必読の書でありますね。
円です。

毎回言ってますが、「箱根駅伝至上主義者」の私は出雲駅伝と全日本大学駅伝の結果は、余り重視していません。

最近は個人的に来年正月の、箱根駅伝区間オーダーを考えています。(妄想)
往路はだいたい予想出来たのですが、(相澤-山本-西山-大森―吉川) 復路が迷っています。
まあ4区に大森の起用、今年5区で頑張った田中を外して、吉川を持って来るとか、かなり冒険で、反論はあると思いますが


妄想なので、お許し願いたい。決して奇をてらったものではないと自分では思っています。 復路で迷っているのは、小室、渡邊、鈴木を使うのか?使うとしたら何区か? ですね。
コメント

出雲駅伝、各チームのエントリー出揃う 青学・東洋・東海の三強?最大の敵は台風25号

2018年10月02日 21時06分45秒 | 駅伝/陸上

出雲駅伝まで一週間を切りました。

参加各チームのエントリーが出揃いました。

   http://www.izumo-ekiden.jp/runner/index.html

まあ、メンバーから見て、青学・東洋・東海が強そうですが、10名のエントリーメンバーの内、誰が実際に走るのかによって、大きく順位が変わると思うので、それによっては早稲田や法政にもチャンスがあるかと・・・。

学生駅伝は、箱根駅伝だけ勝てば良い!と言う 「箱根駅伝至上主義者」 の私は、順位などはどうでも良いから、小室・大森・鈴木など大きな駅伝未経験者に経験をしてもらいたいだけであります

各チームにとって最大の敵は、台風25号でしょうか

最新の予報では、駅伝当日の8日には台風は島根県から遠ざかるようですが、どうなりますか?

   

4年前の大会も台風のため中止になっっちゃってます/font>
コメント

2018 関東大学女子駅伝、東洋大学3位は立派だが、1・2年生が少ないんだよな!

2018年10月01日 20時45分23秒 | 駅伝/陸上
千葉県印西市で行われた、関東大学女子駅伝で、東洋大学は3位に入賞し、全日本大学女子駅伝の出場権を得ました

昨年は優勝してますが、関東の強豪の大東文化大学などのレギュラーが海外遠征をしていて、ベストメンバーではありませんでした。その点で今回の3位通過は善戦したと言えるでしょう

関東大学女子駅伝に出場した、メンバーは (スポーツ東洋より)

総合3位 東洋大 1:41' 17(29.6km)

1区(4.8km)伊東明日香 1年 順天 16'03(8位通過・区間8位)
2区(3.3km)室伏杏花里 4年 白鴎大足利 11'13 (7位通過・区間10位)
3区(5.6km)白川恵理菜 3年 常総学院 18'27(3位通過・区間3位)
4区(3.9km)和田美々里 2年 順天 12'57 (3位通過・区間2位)
5区(6.7km)大倉真歩 3年 埼玉栄 23'18(3位通過・区間8位)
6区(5.6km)山口いずみ 3年 順天 19'19(区間5位)

心配事は、選手の出身校が関東以北に偏って居る事、1・2年生が少ない事ですね。(2年生6名、1年生5名 2年生部員は7名ですが、1名は競歩の選手)

   http://www.geocities.jp/toyogogo_tu/j18meibo.html

6名中、3名が同じ高校(順天)と言うのもチョッとね

大学女子駅伝は関西・中部・四国地方が強いので、そちらに進学する選手が多いのと、東洋大学が女子駅伝を強化し始めたのが遅かった事、練習拠点が群馬県の板倉キャンパスと言うかなりの田舎にある事、所属学部が板倉キャンパスにある食環境科学部に限定されて居る事(1部例外はあります。)
などが挙げられると思いますが、ほぼ同時期に強化した女子サッカー部は女子陸上部よりもっと結果を出して居ますので、高校生の有力選手が関東以西に多いのかも知れませんね。

女子サッカー部は、大阪などの関西の強豪高校から入学してますから、陸上部ももっともっとスカウティング頑張ってください

コメント

関東大学女子駅伝、鉄紺女子は3位で全日本大学女子駅伝出場権獲得!

2018年09月30日 19時55分49秒 | 駅伝/陸上

関東大学女子駅伝は、今日千葉県印西市で行われ、昨年まさかの初優勝を果たした東洋大学は3位に入り、11月に仙台市で行われる全日本大学女子駅伝(杜の都駅伝)の出場権を確保しました

  https://駅伝マラソン.com/2018/09/29/kanto-women2018-result/

昨年は関東で優勝しながら、杜の都駅伝でシード権を逃す惨敗を喫しましたので、同じ轍を踏まないようにお願いしたいです

とは言っても、大学女子駅伝は男子とは全く異なり、関西・中部・四国が強く西高東低が続いていますので、関東で3位と言っても油断は出来ません。

今日は3区を走ったエース白川(3年)と4区の和田(2年)が好走したようです



関東大学アイスホッケーリーグ戦は、今日は一次リーグの最終日でしたが、東洋大学は昨日の明治大学戦に続き、今日も早稲田大学に完敗しました。(1-4)
早稲田大学は全勝を守っています。東洋-明治の後に行われる予定だった、明治-中央は台風接近のため順延となりました。(首都圏の公共交通がストップしちゃうので、試合見たら、帰れなくなっちゃいますもんね
コメント

主な大学陸上長距離選手の進路が発表されました。東洋大学の山本修二は旭化成!

2018年09月29日 17時25分06秒 | 駅伝/陸上

昨日の 「スポーツ報知」 に、主な大学陸上長距離選手の進路が載っていましたのでご紹介します。

        

東洋大学の4年生は、小笹主将と山本修二の2人がレギュラークラスですが、山本修二は兄の憲二が在籍する 〝マツダ〟 ではなく、〝旭化成〟 でした。某巨大チャンネルでは夏ごろにそれらしき書き込みがあったので、可能性はあるかな?とは思っていたのですが、噂は本当でしたね。

スポーツ報知では、「選手の希望進路」となっていますので、まだ決定ではありませんのでご注意ください。
小笹も、小森コーポレーションと言う噂も聞きましたが、今回は名前がありませんでしたね。

山本修二くらいの力があれば、どこの実業団に行ってもレギュラーは獲れるとは思いますが、強豪が犇めく旭化成に入社となると、単にニューイヤー駅伝のメンバー入りだけではなく、世界を狙う意思があると見て良いでしょう。あの強かった大西智也でも若くして、一線を退かなければならないほど、〝旭化成〟は層が厚いですが、山本修二なら、何かやってくれそうな予感がしますね
コメント