会津天王寺通信

ジャンルにこだわらず、僧侶として日々感じたことを綴ってみます。

一隅を照らす運動阿部新理事長と竹内新総本部長が抱負語る

2021-02-24 07:43:33 | 天台宗

 

 天台宗の一隅を照らす運動機関誌の「きらめき」№64令和3年(2021)春号が届きました。今回は冒頭の特集「一隅を照らす運動」への想いということで、昨年11月16日付で一隅を照らす運動理事長と一隅を照らす運動総本部長にそれぞれ就任された阿部昌宏天台宗総務総長、竹内純照吉祥院住職(京都教区)のお二人が抱負を語っておられます。
 阿部同理事長は「今、私たちは新型コロナウイルス感染症の蔓延から、未曽有の経験を強いられ、社会では分断や差別などを生んでいます。コロナの闇は科学の力で照らし出すことができます。しかし、人びとの心の闇を照らし出せるのは神仏の力において他にありませんと」と力説されました。
 また、竹内同本部長は「一隅を照らす運動とは何か」との原点を忘れることなく、「山田惠諦座主猊下は、運動を通し『仏性の開発』『浄仏国土建設』を説かれた。それを精一杯実現していく。そして、お寺が何を発信しようとしているか、檀信徒が理解しやすい取り組みをこちらから提案していきたい」と述べられました。
 令和となった1昨年には、50周年という節目を迎えましたが、一隅を照らす運動が始まったのは昭和44年(1969)6月20日のことです。初代会長の今東光(春聴)師を先頭にして、物欲と自己中心の世相に警鐘を鳴らすべく「本当の心の豊かさ」を訴えたのです。
 みちのく会津の天台宗の一住職として私が忘れられないのは、一隅を照らす運動40周年東日本大会が平成21年10月6日、一隅を照らす運動45周年東日本復興大祈念大会が平成26年11月12日、郡山市のユラックス熱海で開催され、その事務局長を私が務めたことです。とくに、一隅を照らす運動45周年東日本復興大祈念大会は「一隅を照らす心~手を取り合って次代につなげよう」とのテーマのもと、全国から3000名以上が参加者しました。東日本大震災から間もないときでもあり、天台宗が一丸となった読経が流れ、東北地方に住む人たちを元気づけることができました。
 今年は伝教大師様の1200年大遠忌でもありますが、私の力が及ぶ限り情報発信や社会活動に力を入れ、一隅を照らす運動に邁進する所存でおります。何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

       合掌

コメント

今年の比叡山から発する言葉は「自他同心」 柴田聖寛

2021-02-14 09:11:18 | 天台宗

 

 天台ジャーナルの令和3年2月1日号が届きました。そこでは延暦寺年賀式が1月8日に行われ、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、例年と違って規模を縮小し、阿部昌宏天台宗総務長や延暦寺一山住職ら関係者のみで挙行されたことが記事になっています。
 森川宏映天台座主猊下はお言葉でコロナ禍に触れられ、世界中が困難に直面しているとの状況認識のもと「この事態に立ち向かい、新しい取り組みにも挑戦し、前向きに懸命に務めを果たしておられる人びとに想いをいたすと、心からの経緯と明るい希望を持って早期終息と人心安寧の祈りを捧げることができます」と祈りの大切さを説かれるとともに、「『己を忘れて他を利する』の精神を広く伝え、『一隅を照らす』人物が充ち満ちる国づくりに邁進しなければなりません。第四の鴻恩に報いるために共に努めましょう」と呼びかけられました。
 同式典では、毎年発表している「令和3年比叡山から発信する言葉」は、水尾寂芳執行から「自他同心」であることが示されました。令和3年2月8日発行の比叡山時報第792号でも「本年1月1日の年明けと同時に、一隅を照らす会館前にて今年1年間の心がまえを示す『令和3年比叡山から発信する言葉』の除幕式が執り行われ、水尾寂芳執行による本年の言葉『自他同心』が発表された」と紹介されています。
 密になるのを避けるために、身体は近づかなくても、相手の心になって行動しようとの思いがこもった言葉です。天台ジャーナルで水尾執行は「困難な中だが、我々は仏天と宗祖大師、祖師方のご加護を信じ、前向きに懸命に務めを果たし、人心安寧の祈りを捧げてまいらねばならない」との決意を語られました。また、水尾執行は比叡山時報では「本年は伝教大師1200年大遠忌を迎えますが、コロナ禍のなか皆さん不安を抱えて日々の生活をおくられている。密を避け体は近づくことができなくても、マスクの下の不安に見えない振りをしないで、互いに心と心の距離を縮めましょう」と述べられました。
 森川座主猊下も水尾執行も「前向き」ということを強調されておられますが、どんな逆境に直面しても、信仰者として前に向かって歩むことが求められているからだと思います。

                合掌

 追伸 

昨日の夜中23時08分ころに福島県沖を震源地にしたマグニチュード7・1の地震が発生しました。福島県浜通り、中通りでは震度6強が、会津地方でも震度5強を観測したところもあります。皆様も驚かれたでしょうが、天変地異や疫病に直面している今こそ、私たち一人ひとりの信仰が大事になってきていると思います。

コメント

「会津嶺」1月号2月号に私の文章が掲載されました 柴田聖寛

2021-02-07 12:19:48 | 天台宗

 

 立春も過ぎましたが、皆さまにはいかがお過ごしでしょうか。私の「天台宗の一乗信仰」という文章が「会津嶺」の2021年の1月号と2月号の2回にわたって掲載されています。仏教の言葉はかみ砕いてお話をするのは難しいのですが、私なりにまとめてみました。 
 誰でも仏様になれるというのが一乗信仰です。「悉皆成仏」という教えです。この人は駄目とか、この人は良いとかいうんではなくて、誰もが成仏できるという信仰なのです。
 仏教が日本仏教化するための道筋を拓いたのが天台宗なのです。その私どもの天台宗の教えをベースにして、浄土宗、浄土真宗、日蓮宗、臨済宗、曹洞宗などの鎌倉仏教が生まれました。天台宗と一口に言いましても、法華経ばかりではなく、座禅や念仏、密教など多方面にわたりますから、どれを強調するかでそれぞれ独立した宗派を形成したのでした。
 天台宗や仏教に関心をお持ちの方は、宗派は違ってもよいですから、ぜひ遊びにおいでください。お待ちしています。

               合掌

            

コメント

3月11日に東日本大震災追悼とコロナ終息祈願法要 柴田聖寛

2021-01-30 09:35:22 | 信仰

寒冷の砌、宗徒並びに檀信徒に置かれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。また、常日頃より宗門に多大なるご指導とご協力を賜り、心より深く感謝申し上げます。
 さて、東日本大震災から10年を迎えようとしていますが、会津天王寺では3月11日午後2時46分から観音堂において、観音経、妙法蓮華経如来壽量品偈、般若心経の読誦による「東日本大震災物故者慰霊10周年追悼・復興祈願と新型コロナウイルス早期終息祈願法要」を挙行いたします。
 3分20秒も激しく大地が揺れ動いたあのときのことは、今も私は鮮明に覚えております。津波や火災などで亡くなった人ばかりでなく、関連死を含めると、2万2千人もの尊い命が失われました。福島第一原発事故によって、未だに故郷戻れない人たちもいます。また、新型コロナは世界中で猛威をふるっており、1月28日時点で、日本の感染者は38万427人、死亡者は5501人となっています。
 参列を希望される皆様は、私どもの方にご連絡のほどよろしくお願いいたします。携帯090-1498-4150(柴田)。また、今年は124年ぶりに節分が2月2日となりますが、例年同様に節分供養も実施いたします。

        合掌

コメント

平和の象徴の牛は健やかに大地を踏みしめて前進する  柴田聖寛

2021-01-01 07:16:00 | 日記

  新年おめでとうございます。皆様にとって素晴らしい一年でありますようお祈り申しあげます。今年は牛の年に当たりますが、馬は神馬とも呼ばれ戦争の象徴であるのに対して、牛は聖牛ともいわれ、平和の象徴であります。お釈迦様のゴーダマという言葉は「特に優れた牛」という意味があります。牛のように平和な年であり、世界が健やかに大地を踏みしめて前進することを祈願してやみません。
 とくに、今年は「伝教大師1200年大遠忌」にあたることから、私なりに伝教大師様について書いてまとめたいと思っています。さらに、会津天王寺を創建された天台宗の僧観裕は、第58代光孝天皇の皇子とも伝えられ、30歳のときに行基作の11面観音像を背負って都を離れ、菩薩のお導きによって会津高田の地を選んだともいわれます。
 その故事にちなみ、会津天王寺55世である私の手で、僧観裕の遺徳を偲び、光孝天皇の歌碑を建立したいと思っています。
 昨年は新型コロナもあって、どこにも出かけられませんでしたが、牛のようにどっしりと、一歩一歩踏み固めていく所存ですので、何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

      合掌

コメント