川塵録

「リーガル・ボディガード」国際弁護士・中山達樹の備忘録 ~人生ハ挑戦ナリ~

五島列島

2018年07月29日 | 旅行記
五島コンカナ王国に二泊

辞本涯 つまり 本邦の果を辞する,という空海が遣唐使で唐に渡った地がある島

長崎には島が972もあって日本最大

五島列島最大は福江島

人口2万7千くらい?

五島全体で3.5万人くらい

世界遺産に今年7月登録された2つの教会は,福江島にはない

びっくりしたのは,西のはてだから,日が長いこと

よる8時でも明るい

甲子園の優勝校が,西に集中する理由がよくわかる

東の関東では,毎日一日くらい,夕方の練習時間が短いんだね

五島の最大の観光スポットは,高浜

日本で最良のビーチの一つ

遠浅

透明

緑に囲まれて

人が少ない

石垣ほど魚はいない

かなりいん
コメント

五島列島

2018年07月29日 | 旅行記
五島コンカナ王国に二泊

辞本涯 つまり 本邦の果を辞する,という空海が遣唐使で唐に渡った地がある島

長崎には島が972もあって日本最大

五島列島最大は福江島

人口2万7千くらい?

五島全体で3.5万人くらい

世界遺産に今年7月登録された2つの教会は,福江島にはない

びっくりしたのは,西のはてだから,日が長いこと

よる8時でも明るい

甲子園の優勝校が,西に集中する理由がよくわかる

東の関東では,毎日一日くらい,夕方の練習時間が短いんだね

五島の最大の観光スポットは,高浜

日本で最良のビーチの一つ

遠浅

透明

緑に囲まれて

人が少ない

石垣ほど魚はいない

かなりいん
コメント

大阪城,姫路城,安土城

2018年07月29日 | 旅行記
8歳と5歳の息子が歴史好き

いつも信長とか幸村とか言っている

そんでもってお城巡り

大阪に二泊

そこからレンタカーで姫路城と安土城(伊勢安土桃山城下町)

伊勢に行くのに2.5時間もかかるんですね

近畿侮るべからず

〜〜〜

子供の満足度は,なんと,安土城

というか,伊勢安土桃山文化村

忍者の格好した人とか

吹き矢,手裏剣上げ,居合斬り体験とか,が楽しかった模様

丁半博打も体験して楽しんでた

〜〜〜

大人的にはやはり姫路城

日本初の世界遺産で国宝

数百年前からの建造物の歴史的重み

半数は外国人でした

〜〜〜

大阪城は混んどった…

石垣とか迫力ありますね 江戸城よりも

ゴージャスな外観の大阪城は,大阪の派手なおばちゃんを想起させた

〜〜〜

私も小学生のころ

大坂城や姫路城に親に連れて行ってもらった

世代を超えて同じことを

親に改めて感謝するとともに

親の義務を一つ果たしたかなと

もういつ死んでも悔いはないと少し思った

息子娘たちよ,君たちも,親になったら,子どもたちを,大坂城と姫路城には連れて行ったれよ
コメント

蘇州のシンガポール国立大リーダープログラム

2018年07月20日 | 旅行記
蘇州のシンガポール国立大リーダープログラム

蘇州−三国志の呉の首都−京都と筑波とシリコンバレーとシンガポールを混ぜたような街

1 「圧倒的」な質量感(と高級感とスピード感)

  日本人との「空間感覚」「規模感覚」の違い
  中産階級4億人/量が質を担保する/民度も上がっている!/数年で空気も綺麗に
  産業政策が競争政策を凌駕(指定企業に独占させてスピード促進)
   →もはや中国抜きでビジネスは一言も語れない

2 中国の「驚異的」発展

 (1) 例1:摩天楼の建設数(200メートル以上の高層建築物 2016年)

  世界で128
  中国 84(9年連続の首位)
   うち深セン 11
  アメリカ 7
  韓国 3 
  日本 1 名古屋のJRゲートタワーのみ

 (2) 例2:高速鉄道 

  営業距離 日本の新幹線の7倍
  利用客数 日本の3倍
  速度 日本の1.3倍くらい?

 (3) 例3:社会のIT化

  5つ星ホテルにいくと融資枠が上がり,貧しいところに行くと融資枠が下がる!
  EC化 日本6% アメリカ12% 中国15% 
  Wechatの方が安い(0.3%)から店もクレジットカード(3%)を受け付けない!
  DiDi−運転手が急ブレーキの後に文句を言うと,短気と認識されて保険料が上がる

現地に足を運ばないと、肌感覚として実感できない、多くのものを得ました!
コメント

蘇州 リーダープログラム

2018年07月18日 | 旅行記
蘇州 揚子江のはるか南 のNUS のリーダープログラムに来ています

中国の開発!

蘇州!

規模!


中国の凄さ!

いろいろ刺激的

仔細はおって
コメント

バンコクでテイラーメイド

2018年03月08日 | 旅行記
ANAビジネスにアップグレード 18000マイル って安いもんだな

〜〜〜

今回もいい仕事できた

海外出張で いい仕事できなかった 経験ってない

私は本当にラッキーだと思う

〜〜〜

BKKではいくつかシャツを新調

襟の立ったお気に入りのデザイン

ちょっと派手な記事すぎた…

白スーツも二着

〜〜〜

女性は肌なシャツをビジネスでも着れるのに,男性は着れないのはなぜ?

男性はシャツにネクタイで… っていう固定観念が強い

それってどうなの
コメント

北京視察(SHORT VERSION)

2017年07月05日 | 旅行記

・政府(李克強)主導の起業支援の「場」「プラットフォーム」 「物理的エコシステム」構築が驚異的! 共産主義ならではの「上からの」改革。ショッピングモールが一夜にしてインキュベーションセンター/コワーキングスペース/サイエンスパークに!

→日本だと,「産学連携」や「 企業とのマッチング」は「綺麗事」「スローガン」「目標」で終わるのに

・中国全体が「特区」みたいなもの

・サービス質悪い・性悪説→自動化・機械化/人が信頼できないからテクノロジーが発達する

・遠く仰ぎ見るシリコンバレーよりも,身近なアジアが 刺激 になる/上海や北京の発達は,「後輩」がめちゃ伸びて,自分を遥かに追い越しているっていう刺激・危機感に近い

・北京空港着いて,ATM使えない/巷で英語通じない/北京で一番ハイエンドな商業ビル受付嬢に「タクシー」が通じない…

・滴滴 (中国版UBER):中国に口座と電話番号あって中国語通じないとダメ

・バイクタクシー(トゥクトゥク):運転凄い/傍若無人/逆走したり交通法規無視/5元で行くよと言って乗せるのに50元請求…。

・セグウェイや電動キックボードで移動する人も。電動バイクは静かで環境にも良さそう

・モバイク: 修理の必要性を報告すると,レーティングが上がる

・BAT(BAIDU,ALIBABA,TENCENT) :初任給 二万元=日本円で40万円近く

・北京人:車のクラクション多い/ ガサツで 気が荒い/ 大阪人のよう?/男性は短髪ばかり

・「ビキニ」:年配の男性が,熱いときに,シャツをまくって胸・腹を出す…
コメント

北京視察

2017年07月05日 | 旅行記
■ インフラ

北京空港着いて,人民元を下ろそうとしたら,ATMが1基のみしかなく,しかも,登録携帯番号?を入力しないといけないので,現地通貨下ろせない… やむなくカウンターのEXCHANGERで

社会主義国家的「大ぶり」な街並みゆえ,徒歩での移動は辛い・困難

北京:単身 50平米で家賃35万円/月
2万〜3万元(35万円〜50万円) 駐在員の払う賃料レベル

雨期はない。都市に排水施設ないので,大雨降ると,地下に水溜まって死人が出たことも

■ 移動手段/モビリティ

電車に乗って宿泊先まで行こうとしたけど,ターミナル2?で降りてしまって…結局タクシー 80元は2000円弱か

タクシー:ヒュンダイ 空港からダウンタウンまで行く高速でも渋滞。滴滴 (中国版UBER) は,中国に口座と電話番号ないとダメ

バイクタクシー(トゥクトゥク):運転凄い/傍若無人/逆走したり交通法規無視/5元で行くよと言って乗せるのに50元請求…。バイクはノーヘル

セグウェイ的なものや,電動キックボードで移動する人も。電動バイクは静かで環境にも良さそう

走ってる車:多くは綺麗/日本車は,1〜2割
ナンバープレートの番号によって走れない日を指定し,渋滞を制限している。その制限を超えて毎日乗るために,車を2台持つ人もいる

ベンツのマイバッハという最高級車が結構走ってる
車が社会的地位を示すステイタス

モバイク: 修理の必要性を報告すると,レーティングが上がる

上海に飛行機で行くと,フライト時間はいつも遅れる
だから新幹線(高速鉄道)選ぶ人も多い。5時間以上かかるが時間は計算できるから

駅構内に入るのに,セキュリティチェックあって渋滞することも 
電車内:降りる人優先になってない/飲み食い平気/口開けて大あくびする若い女性がいたり
地下鉄の改札等はバンコク風/地下鉄構内は冷房あまり効いていない

■ 清華大学/起業支援

スタンフォードやMITのようなもの。工学系に強く,官僚や研究者多い。一方,隣の北京大学は投資家多く,ファイナンス強い

Insead と連携した:executive コース
MITと連携した: 普通のMBA(ちなみに東大にMBAないの痛い)

李克強の音頭で,2年間で全土に4000個のインキュベートセンターを設立
子ファンド,VC のお金が北京で溢れてる。しかも日本とは桁違い/シードAで2.5億円とか

サイエンスパークが数年で民営化され,規模拡大中
(産学連携して起業家を養成するエコシステムを構築している点は,私が通った)20年前の東大と比べると隔世の感

ショッピングモールを,インキュベーションセンター/コワーキングスペースに改変 → 人・モノ・金が集まる

北京大学の隣に,秋葉原のような中関村という電気街が発達。このような地理的隣接は強み

こういう「場」「プラットフォーム」 「物理的エコシステム構築」の力はすごい。これを一夜で創ってしまう,共産主義の迫力。国策の強さ
→日本だと,「産学連携」や「 企業とのマッチング」は「綺麗事」「スローガン」「目標」で終わるのに

清華大学MBAで韓国人はメチャ優秀。卒業後,中国企業へ入る倍率高い(難しい,ライバル多いから)
卒業後も韓国戻って仕事が保証されないから,死ぬ気になって努力する

■ 北京今昔

ここ10年で 土地価格は10倍に
10年前はVISA出ないため,中国から日本に用意に来れなかった…

中国の若い世代は 5年で考え変わる
BAT(BAIDU,ALIBABA,TENCENT) :初任給 二万元は  日本円で40万円近く

北京市:流動人口 2500万人(戸籍は1500万人)
オリンピックで郊外開発
三環四環あたり この十年で開発
本当の北京人ー戸籍が二環(山手線圏内くらい)の中

いい学校に入るためには寄付も必要。子どもの教育のために学校の近くに引っ越す人も

■ 北京人

車のクラクション多い/ ガサツで 気が荒い/ 大阪人のよう?

「ビキニ」:年配の男性が,熱いときに,シャツをまくって胸・腹を出すスタイル…北京でも 南の方に特にいる 刺青している人も多い

上海は全体的に豊かになっているけど,北京の周りの河北省では貧しい人まだまだ多い

北京大学卒業生とかは当然知的 レベルが高い
こういう人と付き合うと,対中感は変わる

服や髪型:まだダサい/男性は短髪ばかり

■ 言語

基本は中国語しか通じない/英語通じない

国際法律事務所の受付でも「let me a minute」 程度の英語を喋り,英語通じにくかったりする

北京で一番くらいの商業ビルの受付嬢に「タクシー」が通じない…

■ 中国の政治経済

中国全体が「特区」みたいなもの
サービス質悪い・性悪説→自動化・機械化
人が信頼できないからテクノロジーが発達する

遠い仰ぎ見るシリコンバレーよりも,身近なアジアが 刺激 になる。
上海や北京の発達は,「後輩」がめちゃ伸びて,自分を遥かに追い越しているっていう刺激・危機感に近い

深セン:ハードウェア/市政府が本気でサポート 大学を誘致したり 気候は最もジメっとしている
上海:金融都市/ライバルはニューヨーク? 気候は最も日本に近い
北京:ソフトウェア/冬は寒くて夏は暑い
今後は,北京・上海・深センの3都市の競い合い!

テンセント :(アリババと違い)国内需要を深掘りする戦略

日本から観光客激減。対中感情悪化したから
コメント

北京

2017年07月04日 | 旅行記
空港着いて,ATM1基のみしかない…
登録携帯番号? を入力しないと現地通貨下ろせない 断念

電車に乗って宿泊先まで行こうとしたけど,ターミナル2?で降りてしまって…
結局タクシー 80元は2000円弱か

電車の駅で降車後,空港入るときに隔離されて触られた?
あれはなんだったの…

タクシー:ヒュンダイ
タクシーで高速も渋滞


子ファンド vc 北京でお金溢れてる

清華大学= スタンフォード MIT のようなもの
Insead :executive コース
Mit: 普通のMBA

2年間で4000個のインキュベートセンターを設立
李克強の温度で

ちなみに東大にMBAないの痛い

10年 土地10倍
10年前 VISA出ないため中国から日本に来れなかった…

中国 五年で考え変わる
BAT :初任給 二万元  日本円で40万円近く

北京市:流動人口 2500万人
戸籍は1500万人
三環四環 この十年で開発
オリンピックで郊外開発
本当の北京人ー戸籍が二環の中
いい学校に入るためには寄付必要

シンセンBYD 1番の電気自動車

上海に空で行くと 時間いつも遅れる
新幹線選ぶ人も 5時間以上かかるが時間は計算できる

走ってる車:綺麗
ナンバープレート 番号 によって走れない日を指定し,渋滞を制限
2台持つ人もいる,毎日乗るために

「ビキニ」:年配の男性が,熱いときに,胸・腹を出すスタイル 
北京でも 南の方にいる
上海 全体的に豊か
北京 :周りの河北省 貧しい人多い

北京:単身 50平米 で35万円 もする毎月の賃料
2万〜30,000元 駐在員の払う賃料レベル

北京大学 レベル高い
こういう人と付き合うと,対中感変わる

韓国人は優秀 清華大学MBAで
中国企業へ入る倍率高い
韓国戻れないから死ぬ気になって努力する

ベンツマイバッハという最高級車が結構走ってる
車が社会的地位を示すステイタス

清華大学:工学系に強い 官僚 研究者
サイエンスパーク:数年で民営化 規模拡大

テンセント (アリババと違い)国内深掘り戦略的
北京大学 隣 投資家多く ファイナンス強い
20年前の東大と比べると隔世の感

中国全体が「特区」みたいなもん
電気街の発達 北京大学の隣に
 地理的隣接は強み

「場」 の力すごい 共産主義の迫力 国策の強さ
エコシステムの整備が 物理的に困難
 →日本だと綺麗事 産学連携 企業とのマッチング

夕食のレストラン・雲南料理
タブレット をスワイプで注文=サービス質悪い・性悪説→自動化、機械化
人が信頼できないからテクノロジー発達
身近なアジアが 刺激 になる
遠い仰ぎ見るシリコンバレーよりも
上海や北京の発達
 …後輩がめちゃ伸びてる・自分を追い越しているっていう刺激・危機感

シンセン:市政府本気
上海:ライバルはニューヨーク
北京・上海・シンセンの競い合い!

気候ー上海が日本的
北京ー寒くて暑い
シンセンージメッとしてる、香港に近い

コメント

上海レポート

2017年06月01日 | 旅行記
初上海。

■ 総論

・ビジネスのスピードすごい/日本がもっと学ぶべき/タイムイズマネーの感覚/日本人と10倍くらい違う?
・このスピードは,資金力から来る/資金力は,人口・マーケットから/日本と3桁くらい違う…
・上海のこの「スゴさ」は日本では報道されない/メディアの姿勢が原因か?
・規制はともかくグレーでやっちゃって,政府が追認ってのは,まさに「カウボーイ・ルール」
・政府(李克強)がベンチャー支援/それに比べて日本の政府は…

■ タクシー/UBER

・UBERない(買収されたローカルのがある?)。
・空港から,(エアポートの者だ、と言わんばかりの胸章付けた)白タク4500円。タクシーの1,6倍くらいの価格。
・漢字で行き先を用意しないとダメ

■ 言語

・タクシードライバー,市井の人,まったく英語通じない。
・地図を見せて路を訊いても答えてくれない…
・トイレットもレストルームも通じない

■ モビリティ

・音の出ない電気バイクばかり
・地下鉄チケット買えず… 100元冊が機械に入らない
・日本車1−2割? トヨタホンダのみ日産ない/フォルクスワーゲン多い
・モバイク・OFO等の自転車シェア,スケールしたのは,GPSという技術から
・すごいのは,僻地から乗って都心に置けば,お金もらえる(払うのではなく)
・配車アプリ,呼ぶのはタダ/日本でタクシー呼ぶのに課金されるのと大違い
・シェアすべき自転車を私有しちゃうと,実刑…/共産主義のスゴさ

■ フィンテック

・カフェで、スマホのQRコードを示して会計! 便利!
・ウィチャットとアリペイがすごい/パソコンもクレカも飛ばして
・タイのバンコクや日本のコンビニでも使える→貨幣も銀行も要らなくなりつつある
・個人間での送金もできる/飲み会の割り勘とか
・Bitcoinの70%が中国というのも頷ける/最高額紙幣が100元=約1500円ってのは小さすぎ→財布厚くなる→現金を嫌う
・それに比べて日本のモバイルSuicaがレジと同期してなかったりというのはあり得ないほど時代遅れ
・テンセント・アリババの2強/バイドゥは消えた/PCではなくSNSの時代/モバイルユーザ8億人が背景
・IPOせずにテンセントらに買収される
・ツイッターやFBの競合いないから中国企業が伸びる

■ ICTが世界を変える

・レーティングシステムが給与に影響→みんなマナー良くなった→民度高くなった!
・テンセント・アリババのBIGDATAは驚異的
・現金決済は不正の温床/フィンテック・ビットコインは不正防止に役立つ

■ 中国人

・30代以下で真に親日の人が居るのか?/日本語話せる中国人は,日本のアニメ・ドラマ・AVから

■ 日本人弁護士

・上海に30人くらい
・10くらいの日本の法律事務所
・多くは60期(10年目以下)

コメント

オークランド

2017年04月11日 | 旅行記
IPBA(環太平洋法曹協会)の年次総会に出席するため,ニュージーランドのオークランドに出張して参りました。

■ オークランド

北の島の港町で,ニュージーランドの首都。人口は約150万人。
なお,NZ全体では450万人。

■ 言葉

「Kiwi」が「NZの」を意味する形容詞的に多用される。Kiwi peopleとか。

これは,オーストラリア人を表すAussie,カナダ人を表すCanacと同じようなもの。

侮蔑的な意味はないようなので, YankeeやJapとは違う。

「Kia Ora」 - Hello とかYou're welcomeとかいう現地語。最もよく使う挨拶か。

現地白人の訛りは非常に強くて聞き取りにくい…
 − Nasal=鼻から抜けるような感じ,しかも早口

「Zealand」って何?かと思ったら,昔のオランダのコペンハーゲンがある島の呼称
オランダ人が最初にNZを見つけたから,と。
ただ,NZに最初に上陸した欧米人は英国人ジェームス・クック。

■ 人種

豪州と比べて,ポリネシア系(先住民マオリ,14%)が多い。
韓国・中国系等のアジア系も12%。
その他は白人(74%)

 …カッコ内の数字はウィキペディアから。

ただ,体感的には,もっとマオリ系・混血は多かった印象(3割くらい?)。

タクシー運転手はインド,パキスタン,フィリピンからの移民・出稼ぎ

■ 汚職

トランスペアレンシーインターナショナルの腐敗認識指数では,世界「第2位」のクリーンさを誇るものの,UBERドライバーによれば,上層部の見えない腐敗はあると。中国系の汚職らしい

■ 出生率は2を越える

女性(特にマオリ系)は17歳くらいで出産してたくさん子どもを産む人も多し
父親は別々だったりするらしい

■ UBER

安い。タクシーの3分の2くらい

ドライバーから,「話面白いな,話しようぜ,助手席に来いよ」みたいなカジュアルな会話をされて車中で楽しめるのがUBERの魅力の1つ。

■ AIRBNB

安い! 一泊2,800円(リビングのカウチのみの利用),3日で1万円。

ローカルとの会話が楽しめるのが楽しい

■ その他

・NZでは,女性が一番強くて,動物が次で,男性が一番下に見られている(笑)…と現地男性

・早朝4時,5時から働く人も多し

・HILLYなので自転車はあまり利用しない


・クラブでは2M100キロの黒服が乱暴で… USHERD OUTされる稀有な経験も

・インド人やペルー人の親友と港を観ながら人生を語り,いいリラックスに

・人生初のバンジージャンプ… 加速度が付くジャンプ数秒後の恐怖感… もう金輪際バンジーはやらなくていいかと思いました…
コメント

タイ・レポート

2016年12月15日 | 旅行記
バンコクで,日タイ英の3各国語が飛び交う7−8人の会議,ほとんどみんな初対面,を仕切ったら,タイ弁護士からAmazingと褒められた。

とてもEfficientだったと。

うん,海外で会議を仕切ってプロにAmazingと言わせる能力。それを今後も伸ばしていきたい。

〜〜〜

BKKでは電車,男性はあまり座らないよね

〜〜〜

国王逝去から,1年は,喪に服すってことで,黒い服を着る人多し

〜〜〜

最寄り駅まで,朝7時半,タクシーで40分って…
コメント

ミュンヘンでステージ・ダイブ!

2016年08月30日 | 旅行記

ミュンヘンの国際若手法曹協会の年次総会で,数百人の聴衆の前で,独り,ステージダイブしてきました。

プロのシンガーの歌うロックに合わせて,参加者である主に欧州の弁護士400名くらい?がダンスをしている際,私のダンスが参加者中,最も目を引いたようでした(IPBAで10年,セクシーダンスを鍛えたからね)。

そのため,私独り,ステージに上がって,シンガーから「Professional Dancer, Tatsu!」としてアナウンスされ,壇上で,みんなの前でバンドに合わせて一人踊り狂うという光栄に浴しました。たしか曲は I got a feeling.

その後,ダンスで盛り上がった聴衆数百人の上にダイブするように促されたので,ダイブして,手で持ち上げられて,15メート ルくらい?人の手の上を泳ぎました。ステージダイブとかモッシュダイブとか言うんですね。

プロシンガー自身,歌いながらステージダイブ(スイム?)している私の写真を撮るなど,誠に誇らしい経験をしました。

日本人ここにあり。やむにやまれぬダンス魂を示してきました
コメント

ミュンヘン・レポート

2016年08月29日 | 旅行記
ドイツはミュンヘンに行って参りましたので,ご報告差し上げます。

■ 目的

世界の45歳以下の弁護士で構成する若手法曹国際協会(AIJA。欧州人が中心)の会合に参加してきました。AIJAについては別稿で述べます。

主な目的は,
① IPBA(環太平洋法曹協会)をよりよくするために,他の団体から国際組織運営を学ぶ,
② IPBAオフィサー(役員)として,AIJAとの連携を模索する,
③ ネットワーキング(国際法務をするためには,その国の弁護士を知らないといけない),
④ 欧州人の思考・行動様式を学ぶ,
でした。

加えて,⑤新しいエコシステム(Airbnb, UBER)を試す,ということも付随的な目的だったと言えるかもしれません。

■ 欧州とアジアの都市の違い

欧州とアジアの都市の違いは,①自転車専用道路の整備,②電線・電柱だと思います。いずれも欧州が進んでおり,アジアは遅れている。私は,日本が電線を地中化しないのは恥ずかしいことだと思っています。

アジアでは,地中化するコストが10倍くらいかかるから,電柱が乱立… アジア人の美醜感覚が劣るということか,それとも,「景観よりコスト削減を優先する」という経済重視の姿勢のせいなのか…

■ サイクリストの多さ

ミュンヘンでは自転車利用者も多かったですが,これは,自転車専用道路が整備されているから利用者が多いのか,それとも,利用者が多いから整備が進んだのか,いずれなのでしょうか。。
分かる方いたら,教えていただけますでしょうか。

なお,自転車のタイヤはどれも太く,耐久性が高そうでした。また,自転車専用道路は,ロンドンとは異なり,原則として歩道上にありました。

■ UBER

私は,初めて訪問する国では,利便性を肌で確かめたいという好奇心から,公共交通機関にチャレンジすることが多いです。しかし,ドイツ語だけの国(英語表記は多くない)でやろうとしたらタフでした…
主要駅までのキップを買ったり,どこで降りるかを確認したり,バスを利用しようと思ったら逆方向に乗ったり… 
 
主要駅ではwi-fiつながらないので(だからUBER使えず),結局そこからはタクシーを利用しました。空港から宿泊先Airbnbまで,2時間近くも結局かかったかな?

しかし,帰国時にはUBERを利用したら,快適この上なし。30分。43ユーロ(タクシーだと60−70ユーロ)。現金も要らない。

今後は,public transportation を利用してみたいという好奇心は,UBERに比べると,時間と労力において,とてつもない代償を払うことを覚悟すべきですね。

というか,UBER自体が,いずれ, 「public」 な,移動手段になってしまうのだと思います。

■ Airbnb

若いカップルのアパート(80平米くらい)に,一部屋をあてがわれて,ルームシェア。帰りは鍵を置いて帰る。

バスルームもシェアなので,好きな時間にトイレ・シャワーが使えなかったりという不便さはあります。

ルームシェアの一番の利点は,「現地人と会話ができること」かと思います。私のように好奇心旺盛な人にはいいと思います。今後のすべての海外旅行はAirbnbでもいいかなと思いました。

例えば,ドイツの市井の人は,Japanを「ヤーパン」とドイツ語のまま発音するのだな,とか,ホテルでは得られない情報を得ることができました。

でもwi-fiは当然使えるし,これで(ベッドルームを提供するだけで)一泊8000円くらいが稼げるのなら,部屋を提供する側も,良いビジネスだなと思いました。

■ その他ミュンヘン雑感

・自転車で半日で観光できるくらいの小さい街。人口140万人。

・English Garden という新宿御苑をだいぶ大きくしたような公園が特徴的。

・ロンドン同様,ミュンヘンでも,散策というか散歩というか,「緑とふれあうこと」が,日常生活の中で大切にされている実感を得ました。日本や他のアジアとの違いです。

・夜道は暗くても安全? 真夜中・真っ暗闇の中を何度も歩きました。

・ロンドンでもそうでしたが,歩道者も自転車も,交通がなくても,赤信号で止まることが多い。罰則があるから…とドイツ人らしい理由があるようです。

・ミュンヘン名物であるEnglish Garden内の「川泳ぎ」経験もしました。楽しかったですが,体が冷える中で(だから筋肉も上手く動かない),川の流れの中で泳ぐのは難しく,溺れるというメカニズムが少し分かった気がしました。

・ドイツと言えば移民ですが,移民の勢力というか圧力を特に感じることはありませんでした。
コメント

ロンドン・レポート

2016年08月29日 | 旅行記
ロンドンに行って参りましたので,簡単にロンドン事情をご報告差し上げます。皆様の視野を広げる一助になれば幸いです。

■ 目的

法的な情報収集・ネットワーキングというよりも,私のライフテーマでもある,日本人の「多様性・自由化・国際化・西海岸化」について,現地にいる日本人にインタビューする目的で渡英しました。

ミュンヘンに行くついでに,週末に1日だけというタイトスケジュールだったことや,現地弁護士の都合等もあり,残念ながら現地弁護士との会合は実現しませんでした。

■ 気温

8月下旬なのに気温15度… 東京と20度近い温度差にびっくりしました。

■ wi-fi

ロンドン郊外のヒースロー空港から,市街中心部の駅へ向かう高速鉄道内でも,wi-fiが通じました。

また,Steet Wi-fiといって,屋外でも,人通りの多いところでは,wi-fiが使えました。この「屋外でもwi-fi」というのは,今までで訪問した国ではない,初めての経験でした。

日本でも東京五輪に向けて,どんどん無料wi-fiが整備されてほしいと思います。

■ UBER

日本のタクシーより高い?タクシーよりも,半額くらいという評判のUBERを利用しました。

Street Wi-fiが使える,主要駅の外から利用できたのは良かったです。値段も,日本のタクシーレベルか,それ以下かというイメージでした。

■ レンタルサイクル

ロンドン市内はほとんどすべて,レンタルサイクルで移動しました。クレジットカードを使って,最初の2ユーロ(約250円,24時間有効)以外は,30分以内に返却すれば無料,というシステムは,ニューヨークと全く同じでした。

ニューヨークよりはスタンド(返却・レンタル場所)が少ないと感じました。

ロンドンでもニューヨークでも同じシステムを利用しているのなら,東京でも同じシステムを利用してしまった方が,分かりやすいと思いました。

■ 地下鉄

狭いし,冷暖房がないので,暑かった… 東京の地下鉄の快適さを思いました。

■ Airbnb

住所表記が不正確だったようで,チェックインするのに時間が掛かりました。Facetimeで直接貸主と連絡をして事なきを得ましたが,携帯端末の充電が切れていればそれもできなかったので,携帯での直接の連絡の確保は必須と思いました。

同居人とルームシェアする設定になっており(事務局任せにしていたので,当日まで知らなかった…),同居人がGAYのレバノン人でした。

私は空手黒帯なので,身の危険は感じませんでしたが,そうでない人は,同居人の有無は事前にチェックした方が良さそうです。同居人とはディナーを共にしたり(人生初のレバノン料理を味わいました),空港までの車(25ユーロ,UBERよりもタクシーよりも格安!)を手配してもらったり,とても親切にしてもらいました。

■ サイクリスト・フレンドリー

車道と歩道との間に,自転車専用道路が多く整備されていました(原則は車道通行)。交通がなくても,赤信号の前では止まるのは,印象的でした。

まあ,スリランカ人も,東京で,「赤信号をみんな守っている」ことに驚いていましたから,東京と大差はないのかもしれませんが。

ニューヨークでは,レンタルサイクルをする人は,あまり赤信号を守っていなかったので,ロンドンとは顕著な違いがありました。

■ 散歩・散策

ロンドンでは,ハイドパークなどの公園が整備されてたり,テムズ川沿いにも歩行者専用の散策用の小路が整備されていたり,散歩・散策が,日本人より生活の一部になっているであろうことを肌で感じました。現地の友人に聞けば,郊外では「コモン(ズ)」と言われる共有地で散策を楽しむ僧です。

この散歩への親しみはミュンヘンでも同様でした。「緑や自然とふれ合うこと」を欧州人は日本人より重視するのでしょうか。

■ 人種構成

中東からの人が多く,アジア人は少ないと感じました。例えば,アメリカ等に比べても,日本料理屋はだいぶ少ないのではと感じました。

数年前にサンクトペテルブルグに行った時も「コーカソイドばかりでアジア人が少ない」と感じましたが,それに近い感覚を持ちました。

ただ,ニューヨークなどに比しても,「世界で最も人種構成が豊かな都市」(の1つ)だけあって(疎外感がないので),居心地の良さを肌で感じました。

そう考えると,単一民族に近い日本は,本質的に,外国人に対して,最も「疎外感」を与えてしまう国なのではと考えました。

今後の長い目での日本の発展を考えると,ロンドンを見習って,多様性をより取り入れる(移民を受け入れるなどして)方向を検討すべきと思いました。ロンドンのように疎外感がない国だと,定住までしたくなる,その気持ちを実感することができました。
コメント