川塵録

『インテグリティ ーコンプライアンスを超える組織論』重版出来!

コンプラを変え,会社を変え,日本を変える!

霊感弁連さんの昨年10月の「公開申入書」は…

2023年06月07日 | 法律・海外法務
家庭連合に反対しているのは、霊感弁連さんと鈴木エイト氏と有田芳生氏くらいしかいない。他の方たちは靡いている・便乗しているだけ的な感じ。

その反家庭連合の騎手・霊感弁連さんは、昨年10月に「公開申入書」ってのを出し、「家庭連合に対して解散命令請求せよ!」ってキャンペーンを貼っている。こちら

しかし。

不思議と、昨年10月以降、「家庭連合が解散すべき理由」を追加的に主張したりしていない。

つまり、反家庭連合が主張する「家庭連合が解散すべき理由」は、霊感弁連さんが昨年10月に出したこの公開申入書が最後。That's it. 

霊感弁連さんが200人いて、この10月の申入書以上のことは主張されていない。霊感弁連さん35年の活動の「集大成」がこの公開申入書。いわば最終答案。ファイナルバージョン。

その内容(特にポイントとなる「3 著しく公共の福祉を害すると明らかに認められる行為であること」部分)を改めて分析すると、、、

要するに「正体隠し伝道がたくさんあるから解散せよ」と言っているだけでした、、

1 「教義」が「事実」なのか

冒頭からして… 大きな違和感を感じました。

「大多数の信者は、旧統一教会による勧誘であったことを知らされないまま勧誘され、それが旧統一教会の教義であることを知らされないままその教義を事実だとして植え付けられて信者にさせられた」

 おいおい、、
 今のコアな信者は数万人。
 数万人の信者は、これを見てどう思うか。
 「勘弁してくれよ」と思うのでは。

 <旧統一教会の教義であることを知らされないままその教義を事実だとして植え付けられて>
 
 って書いてますが、「教義」が「事実」?
 「教義」は、「信仰」に属するものであって、「事実」って言えるんでしょうかね、、 
 例えば、「文鮮明氏がメシアである」ってのは教義・信仰に属するものだと思いますが、これを「事実」として植え付けられて… って批判しているのでしょうか。

 冒頭の表現からつまづいちゃいました。

2 正体隠し?
 また、大多数の信者が<旧統一教会の教義であることを知らされないまま(中略)信者にさせられた>ってありますが、そんな事実あるんですかね?
 不当な判決でそれらしき認定されている裁判例はいくつかあるのかもですが、常識的に考えて、<その宗教の教義だと知らされずに信者にさせられた>ってのが、論理的にもあり得るのか。。

  「Aという教義を知らされて、気に入って、入信手続をしたらB宗教だった」ってことですかね。
 「これがオウム真理教の教義です」って説明されて、入信手続をしたら「え、家庭連合だったの?」ってことですかね。よくわかりません。
 ほとんどの家庭連合の信者が、そりゃあ「統一原理が家庭連合の教義である」と分かって信仰の道に入っていると思いますが、、

3 「信者にさせられた」?
 上記で「信者にさせられた」ってありますが、自由意志で入信したのではないとすれば、脅迫?詐欺? この文脈だと詐欺(正体隠し)ですかね。
 一番最初は、ビデオセンターとかで家庭連合だとは知らずに勧誘を受けたとしても(どんな宗教の最初の勧誘もそういうソフトアプローチをする)、信者になって献金した時点では「文鮮明師がメシアであるところの家庭連合」って分かってましたよね。
 それでも「信者にさせられた」??

4 脱会が極めて困難?
 <脱会すると地獄に落ちるというような内容を教えこまれるため自らの判断で脱会することが極めて困難である実情>
 って書いてますが、本当に脱会が極めて困難なんでしょうか。
 小川さゆりさんは簡単に脱会しましたね。
 小川さゆりさんの本にも、脱会が困難だったなどとは書いていらっしゃらなかったはず。

5 多数の正体隠し伝道があるから解散命令?
 その次のロジックにびっくり仰天。
 正体隠しの違法伝道が多数あるから「著しく公共の福祉を害すると明らかに認められる」って書いてます。
 損害額の話はしていません。ダマされて入信した事例がたくさんあるから「著しく公共の福祉を害すると明らかに認められる」ってロジックです。

 これはイタい。
 「著しく公共の福祉を害すると明らかに認められる」と認定する前に、損害の話をしないと。後から損害論(イ 財産権の侵害)をくっつけていますが、文章として、論理的に、後から書いてはダメです。

 最初はダマされて入信して/勧誘を受けても、その後に本当の教義を知って、幸せに暮らしている信者がたくさんいるんだとすれば、「公共の福祉」は1ミリも害されていないに等しい、、

6 損害額は15億円のみ
 裁判で認められた損害額は、多数の裁判を挙げていますが、15億円だけ、、
 霊感弁連さんが、1987年の設立以来、35年かけて、170くらいの訴訟をしかけてきて、渾身の公開申入書で主張する損害額が、15億円足らずですか。。
 なお、上記数字から、霊感弁連さんが主張する和解額は除いてます。そもそも、霊感弁連さんが和解額を公表していますが、和解条項に守秘義務条項がついてなかったのか疑問…(確認中です) 

____________

以上6点のコメントをしました。

昨年10月の、一番「風が吹いている」ときではなく、それから8ヶ月経った今の我々の冷静なアタマで、この「公開申入書」(こちら)を見てほしいです。

これを見て「著しく公共の福祉を害すると明らかに認められる」から解散せよ! って思う人は、ほとんどいないのでは、、、
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画『Women talking』 また観ました

2023年06月07日 | 映画
映画『ウーマン・トーキング』(原題:Women Talking)。

先日観たけど、キリスト教の教義の点とか、よく分からなかったので、クライアントのクリスチャンさんをお誘いして、また観てきました。

同じ映画を映画館で2回観るなんて、人生で初めて…

それくらい私を虜にした映画。

はっきり言って、キリスト教にあまり理解がない方にはあまりおすすめできない… 聖書をがんばって読んできた私でさえ、一回では十分に理解できないくらいですから。。

どうせ観るなら私のように2回観るつもりでご覧になるのがいいかも。

プロット・ストーリーの機微を含めて、私の理解度は:

 1回目は70%
 2回目で100%

です。

一緒に観に行った、先輩のクリスチャンクライアントによれば、

  •  後々になっても深く考えさせられる
  •  間違いなく名作

だそうです。

共産党とか、半宗教の方は、こういう映画を楽しめないんだろうなあと思うと、可哀想に思えてきました。

特に2回目で分かってきたのは(以下ネタバレ注意):

1 「命より信仰が大事」って人が今も実際にいる
2 あの状況で「出ていく」という選択肢は、未知の世界への冒険であって、かなり危険を伴う、死とスレスレの、大きなチャレンジ。決して「逃げ」ではない。命懸けの行為。
3 (時間的・空間的な)「距離を置く」ということが、重要で効果的な選択肢になりうる場合がある。

二回観て、ほんとうに良かった!


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

上司は部下のメンタルに責任を持つべきか

2023年06月07日 | 経営・インテグリティ・エンゲージメント
上司は部下のメンタルに責任を持つべきか?

否。

私が尊敬するコンサルの安達裕哉さんがそうおっしゃっている。


安達さんは、ここ数年は、社員寄りではなく、経営者寄りの発言をしているような気がする。

社会のニーズが、「フラット過ぎる、甘やかした組織」から「きちんと秩序のある強靭な組織」に変える方向に進んでいるから、と推測する。

こういう「緩んだ組織を締め直す」方向があるから、識学の社長の安藤さんの本が売れているんでしょうし、、、
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なぜビールはジョッキで飲むのか

2023年06月07日 | 食・健康・カラダ
他のアルコールと異なり、なぜビールだけ、ジョッキで飲むのか。
ワインも、日本酒も、シャンパンも、、ビール以外に、ジョッキで飲む飲み物はない。牛乳とかオレンジジュースも、、

なぜだろう。

ウィキによれば:

(ジョッキの)厚手の飲み口は味覚にも影響し、薄手のコップでは味わえない爽快な味となる。

だって。

なんで、「厚手」の飲み口がいいんだろう。ビールのグラスも、シャンパングラスも、「薄手」の飲み口のほうが美味しいはず。

なぜ、ビールだけ、「厚手」の飲み口の方がいいんだろう。

ちょっと考えるに:

厚手だけに、口を縦に開ける
 →一度にたくさん口に入る
 →ガブガブ飲んでる感が味わえる

ってことですかね。。。

他に、<ビールだけジョッキで飲まれることが多い>理由を思いつく方は教えて下さいませ!


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小学生がたった1日で19✕19までかんぺきに暗算できる本

2023年06月07日 | 教育・子育て

 日経MJの、ヒット商品番付によれば、『小学生がたった1日で19✕19までかんぺきに暗算できる本』ってのが売れているらしいです。

大人もためになるそう。ポチった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大人になるとオナラが臭くなる?

2023年06月07日 | 教育・子育て
中学生になった長男のオナラが臭くなったような、、

子供が大人になるとオナラが臭くなる?

新生児のオナラは臭くないけど、中学生で臭いが変わるという情報はヒットしない、、

次男や長女(妹)の場合で検証するか、、

あ、女の子はもう中1だと家族の前でもオナラしないか、、
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

拙著『インテグリティ』 3度目の重版

2023年06月07日 | 自己紹介
一昨年に書いた拙著『インテグリティ』が、おかげさまで、3度めの重版になりました! 

 
じわじわと売れているようで嬉しいです。

残念ながらAmazonレビューにはコメント多くありませんが(サクラの依頼していないので)、いいコメント書いてくれた方には、弁護料ディスカウントします!w
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安倍元首相暗殺と「ねじれ」

2023年06月07日 | 社会・時事など
あと1か月で、安倍元首相暗殺から1年が経ちます。来月が一周忌です。

この1年近くのメディア報道で、この図のような歪んだ「ねじれ」が生じました。

本来は:

 暗殺犯=加害者
  安倍元首相=被害者

なのに、いつのまにか(まぁ左翼側の「便乗」戦略でしょうか):

 暗殺犯=被害者
 自民党+家庭連合=加害者

になっちゃってます。歪んだ「ねじれ」。

暗殺事件に便乗して、特定目的を実現したい方たちが元気に頑張っているようです。「便乗ねじれ」とでも言うべきか。

来月の安倍元首相1周忌までに、この歪んた「ねじれ」が是正されることを願います。

____________

 ※ 家庭連合も、関連施設が暗殺犯の試し撃ちの狙撃対象だった点では「被害者」ですが、それは強調しません。こちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

上司は大きな声を出して叱っていいのか

2023年06月07日 | リーダーシップ・コミュニケーション
上司(←この言葉も使いたくない、先輩がいいかな)は、大きな声を出して、叱っていいのか。

基本は、上司は、いや部下も、職場で大きい声を出してはいけない。

特に私なんか、岸見一郎さんの以下の本を読んだりして、「叱らないリーダーシップ」を実践してきた。



岸見一郎さんは、怒っても叱ってもダメ。feedbackするだけでいい、っておっしゃる。
怒るのも叱るのも同じですよ、と。区別できませんよ、と。

一理ある。

いや、一理どころか二理も三理もある。

この本は、すべての上司が読んで欲しい。パワハラ研修の必須本です。

私も基本的に、怒らない、叱らない。feedbackをする。

しかし。

それでも、ごく稀に、怒る(ないしは叱る)ことがある。1年に1回くらい(アラフィフになって、加齢とともに怒りやすくなっていないかはやや危惧している)。

これは基本的には「期待値」の問題。期待を裏切られると人間は怒る。これは人間である以上、感情がある以上、どうしようもない。

例えば。

1 教育ママ/パパ
 あんなに送り迎えしてサピックスの採点してるのに、子どもの成績が一向に上がらない、、
 そんな時に教育ママは怒る。感情的になる。期待を裏切られるから。

2 スポーツの英才教育
 いつもキャッチボールして、あんなにバッティングセンターに連れて行ってあげているのに、野球が上手くならない、、
 そんな時に野球英才教育オヤジは怒る。感情的になる。期待を裏切られるから。

って例を挙げると、要するに、「期待を裏切られるから怒る」ってのが分かる。
ではなぜ期待するのか。

時間。
時間を投下しているから。
投下資本としての、教育のために時間を割いているから。
だから期待する。

だから、パワハラ防止のためには、

A (過度な)期待をしない
B (そのために、過度な)時間を使わない

これしかない。

このABをやらずに、アンガーマネジメントなんかやっても、無意味。
7秒待てば怒らない!? そんな簡単な、表面的な、表層的な話ではない。

ーーーーーー

だいぶ脱線しました。

言いたかったのはこう言うことではなくて(上記はかつても紹介したこと)。

上司は大きな声を出していいのか。
出していいとして、どんなシチュエーションか。

今の(48歳@令和5年の)私のアンサーとしては、「大きな声を出すことがあってもいい」と思う。

どういう時か。

後輩/部下が「舐め腐った」「舐め切った」態度を示したとき。

私も6年?くらい前、後輩弁護士の「舐め腐った」態度に、<これは大きい声を出して叱るに値する>と思ったので、「あえて」大きな声を出したことがある。そのシチュエーション(事務所内の場所)、後輩の表情まで、まざまざと覚えている。

「咄嗟に」大きな声が出てしまったのではない。
「あえて」大きな声を出しました。教育のために、それがいいと思ったから。ある意味、「怒ったフリ」をしました。

「舐めた」態度や、「甘えた」態度には、大きな声を出さない。
「舐め切った」態度、「舐め腐った」態度には、大きな声を出すことはやむを得ない。

これが今のところの私の基準です。

ーーーーーー

では、「舐めた」と「舐め切った/舐め腐った」の違いは奈辺にありや。

やっぱり「時間」なんですね。
本当に新人だったら、時間を使っていない。だから期待しない。
だから「舐めた」態度をとっても、それは「舐め腐った」と捉えられない。そう受け取られない。

だから、本当に新人に対しては大きな声を出さない。優しく教育する。

しかし。

1年も教育してきた。俺の考えはもう十分に分かっているだろう。一流の弁護士になるために、世界最高の弁護士になるために、中山国際法律事務所に入って来たのではないのか。

それなのに、そんな「舐め腐った」態度をとるのか。

ってな、期待を裏切られた怒りが、「舐めた」態度を、受け手の私にとって「舐め腐った」態度として受け取らせる。
やっぱり、投下した時間に比して、部下・後輩の成長が著しく劣るときに、期待が裏切られた感を上司は感じる。
「舐めた」と「舐め腐った/舐め切った」の違いは、投下時間(期待値)の差、なんですね。

ーーーーーー

別の切り口で説明します。

稲盛和夫さんが、人生や仕事の結果を

 考え方✖️熱意✖️能力

で評価している。

舐め腐った/舐め切った態度というのは、この3つのうち、特に前二者の「考え方」「熱意」に欠けている。
また、長年教育したのにそれはないだろう、という期待の裏切られ感は、「能力」にも多少分類され得るかも。

単なる能力不足に対して、大きな声を出してはいけない。
単なる「甘い」「舐めた」態度に対しても、大きな声を出してはいけない。

しかし。

考え方、熱意、及び能力の3つにおいて、部下・後輩が、期待値を大きく外れる「舐め切った」「舐め腐った」態度をとったときに、上司・先輩が、教育のために、あえて大きな声を出すことは、私には否定することができない。

それもやむを得ないのかな、と思う。
それがベストとは思わないが。

例を見てみよう。

78歳で、JAL再生の際に、JAL幹部に向かっておしぼりを投げつけた稲盛さんなら、舐め腐った態度に対しては、迷わずデカい声を出している。
ってか、有名な経営者(孫正義、柳井正、永守重信、三木谷浩史、イーロン・マスク、ビル・ゲイツあたり)は、確実に怒鳴りますねw

ーーーーーー

カリスマ経営者が怒鳴るから、我々も怒鳴っていい、なんて乱暴な議論はしません。

しかし。

聖人君子のように崇められ、誰からも人格者と慕われた司馬遼太郎も、たしか『街道をゆく』シリーズの、東北あたりの回で、書いていた。定食屋の親父が舐め腐った態度を取った、的な文脈で。

 世の中には、大きな声を出さないと分からない奴もいる

と。

おお。

人格者の司馬さんでさえも、大きな声を出して人を叱るということがあるのか。
この驚きは、この司馬さんのエッセイを読んでから四半世紀くらい、ずっと頭に残っている。

ま、司馬さんも、昔の、明治の人だから、令和の今にそのまま当てはめようとは思いませんが、、

ーーーーーー

だいぶ長いブログになりました。たぶんここ数年で最長。
それくらい、「部下に大きな声を出して叱る」ことの是非は、難しい、、、

いい解やヒントがあれば教えてくださいませ!

____________

 後記:インテグリティ研究会の方から、
 (1) 「人として」許せないときに大きな声が出ちゃう
 (2) 本気で生きている人ほど、そうせざるを得ない瞬間がある
 という示唆をいただきました。なるほど。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

仕事を辞めるのではない

2023年06月07日 | 経営・インテグリティ・エンゲージメント
Employees don’t quit their jobs, but quite their bosses. 
社員が退社するのは、「会社を辞める」のではなく、「上司の部下であることを辞める」のだ。

具体的には:

1 尊敬できなくなった(見限った)
2 何を言っても聞いてもらえない(3度くらい意見したけど変わる気配がない)
3 パワハラ(と思う)上司から逃げる

の3つに分類されるんですかね。



分析中です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

誰も戦争を欲していなかった なのになぜ戦争?

2023年06月07日 | 歴史
東京裁判で、キーナン首席検事は、その最終論告で

 被告(A級戦犯とか)は、誰も戦争を望んでいなかった

と言った。

検事が言った。弁護士とか裁判官ではなく。

ーーーーーー

これはあまり認識していなかった。

戦争指導者のうち、誰も戦争を望んでいなかった。もちろん、昭和天皇は最も望んでいなかった人の一人。

ではなぜ戦争に?

マスコミに負けた。国民に負けた。時代に負けた。帝国主義の嵐に負けた。

NOと言えなかった。

日本国民全体に、自分で考えて、NoとSpeak upする勇気が足りなかった。クリティカルシンキングができていなかった。メタ認知ができていなかった。

善を行う勇気がなかった。

善を行うに勇なれ。

戦前から慶應義塾の塾長であった小泉信三の言葉を、僕は諒とする。



↑ の本で紹介されていた、丸山眞男『戦後政治の思想と行動』から。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

便乗陰謀論の「ねじれ」

2023年06月07日 | メディア/SNS
昨年からかまびすしい安倍元首相暗殺→家庭連合問題は、本来は、

  暗殺犯=加害者
 安倍元首相(+家庭連合)=被害者 

 …家庭連合も狙撃の対象だった点では「被害者」

それが、左翼勢力による「山上特需」ないし「暗殺便乗」商法によって、

 暗殺犯=被害者
 自民党+家庭連合=加害者

になってます。

「ねじれ」現象が生じています。

テロリストを被害者とする構図は、今後のテロ誘発防止のためにも、阻止しなければいけませんね…
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「便乗陰謀論」

2023年06月07日 | メディア/SNS
鈴木エイト・ミヤネ屋が展開してきた「便乗陰謀論」(家庭連合と自民党がズブズブだという議論)を分解すると:

■ 霊感弁連:
 35年前の設立から、政治的に、反家庭連合。反勝共連合。
 いまもそうなのかな、社会党より共産党の影響が強かったらしい。
 絶版となった『霊感商法の真実』(1991年)に書いてあった。
 
 安倍元首相暗殺に便乗して、家庭連合を攻撃している。ついでに、家庭連合と結託しているとして自民党を攻撃している。
 
■ 鈴木エイト:
 彼も「安倍」と元首相を呼び捨てにしているので、左側の人。
  安倍元首相暗殺に便乗して、自民党を攻撃している。
 また、12年半も監禁されていた後藤徹さんを「引きこもり」と表現するような、歪んだ見方をする方。「家庭連合が悪い、それとつながる自民党が悪い」というロジック・構造を崩そうとしない。

■ 有田芳生:
 ヨシフという名から、生粋の左の方。デマを拡散するのがお上手なお方と理解している。赤報隊とか。
 霊感弁連側がアレンジした監禁場所にいたりした。まあ霊感弁連と一緒に反家庭連合をずっとやっている。

■ ミヤネ屋・メディア:
 いずれも上記「便乗」に、さらに便乗して、視聴率を稼いできた。反日、合同結婚式、桜田淳子/山崎浩子などの視点から、家庭連合はお茶の間のスキャンダリズム、ワイドショーには格好のネタだった。

____________

以上のように分析できる。

こうまとめると、

1 安倍元首相暗殺に便乗して、エイト+霊感弁連+有田芳生が活発に自民党+家庭連合を批判
2 上記1の批判に便乗して、ミヤネ屋+他のメディアが、自民党+家庭連合を批判

的な感じですね。大衆には上記2の表面的なところしか映りませんが。

実際に、上記2のメディアが利用したニュースソースの、大半が鈴木エイト由来。その次が霊感弁連だったはず。

つまり、暗殺に便乗する左翼系の方に、さらにメディアが便乗。

便乗商法ですね。

左翼系の方から見ると、「上手く好機をつかんだ」。暗殺事件を奇貨として生来の敵を攻撃。

そうではない方から見ると「便乗」。

「霊感」商法対策弁護団(正式名称、全国霊感商法対策弁護士連絡会)があるなら、「便乗」商法対策弁護団でも作りたい気分だ。参加者は私だけかもですが。

今後数年(または数十年)かけて、「ズブズブの何が悪いのか」(便乗陰謀論の正体)がじっくり検証されることになるでしょう。

天は見ている。

いずれ正当な裁きが下ることを信じましょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

女で買収された茂呂忠造

2023年06月07日 | 歴史
足尾鉱山鉱毒事件。

政府は、古河財閥の肩を持ち、鉱毒問題を治水問題にすり替えた。
下流にある谷中村を滅亡させて、渡良瀬遊水地を作らせた。

この遊水地が「ハート型」をしているのがなんとも皮肉である。

その谷中村滅亡の際、当然、住民の反対運動があった。
姑息なる政府は、反対住民を買収した。金で。女で。






遊郭に溺れさせて、買収されたのが茂呂忠造。
茂呂のスケベを責めない。政府の悪どさを責める。



↑で紹介されていた、以下の本から。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

荒畑寒村のペンネームの由来が知りたい

2023年06月07日 | 人物
荒畑寒村。本名は勝三。

田中正造から依頼されて、足尾鉱山鉱毒事件を本にした。
政府が、鉱毒問題を治水問題にすり替えた、その狡猾で卑劣で許し難い点を、後世に残した。

それが荒畑寒村『谷中村滅亡史』。




寒村の処女作である。

この処女作をものすに際して寒村がつけた、そのペンネームの由来が気になる。

谷中村が、滅亡した。
その滅亡した村に対するノスタルジーとして、「寒村」という、いかにももの哀しいペンネームを付けたのではないか。

ググってもヒットせず。
いくつか本をポチって調べます、、

荒畑寒村のペンネームの由来。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする