SHOUTS TO THE SOUL !!   岡崎 陽

聴く人を圧倒する声、銀色のギターを持つ、イカスオヤジ。日本にない個性と自己主張している。


RIME

2017年03月25日 23時31分03秒 | Weblog
まだ未完成だけど、初のインストだ。

リムが2015年11月に亡くなって、その後にレコーダーに吹き込んだハミングのメロディを見つけたんだ。

このメロディを聴いたときにリムを思い出した。

RIMUなんだけど、RIMEにしたかった、理由はない。


時が流れると、覇気もない俺でも曲が少しづつ出来上がってくるものなんだ。

生きるってそういうことなんだろうね。

人って、知らず自分が生きている足跡を残そうとしているんだな。

それが全く意味のないことでも、誰にも知られることがないとしても。

切ないね。


RIME
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「FINE DAYS」を読んだ。

2017年03月24日 19時26分17秒 | Weblog
短編集だ。

短編でも各編が大きく違う作風で著者の努力がうかがえる。

霊的体験のような物語だけど、恐怖ではなく、人との関わりが深くもなく浅くもなく、ちょっと人情があったりして、実話のような錯覚に陥るから、この作家は実力者だな。

イエスタデイが一番好きだな。

余命短い、堅物の父親が、息子に頼んだ最後の頼みは、若いころの恋人の現在の素性を探って欲しいということ。

その女には父親の子供がいるらしい。

息子は遠い昔その女の棲んでいたアパートに行き、玄関扉を開けると、タイムスリップして、若いころの父と、その恋人と遭遇する・・。

なんてファンタスティックだろう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No60

2017年03月19日 13時20分48秒 | Weblog
No60
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竜ケ崎 フォーク伝昭和に行った。

2017年03月19日 07時34分31秒 | Weblog
半年振りかなあ。

相変わらず、物腰のやわらかい、オーナーの永田さんが出迎えてくれた。

俺も3曲歌った。

シャンソン、スタイル、ブルースで待ちぼうけ。

店のシンボルである猫は俺のテーブルに乗ってくつろいでいる。

竜ケ崎原チャリで行ったんだけど、帰りにオーバーヒートしてしまった。

深夜0時、寒いし途方に暮れるよな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「天下り酒場」を読んだ。

2017年03月16日 18時20分13秒 | Weblog
新たに仕事を始める、どん底から這い上がり、発展もそう続かない訳だけど、そんな内容を多様に描いた短編集。

「この本を読んでみなよ」って、勧めてみたい人がいるな。

俺も昔、自分の会社を立ち上げて、会社登記から、各種の許可申請や、大手企業との取引など、やる気満々で頑張ったんだけどな。

頑張るほどに、ワーキングプアを痛切に経験し、経営者って人を裏切るほどの鬼にならないと無理だということ身に染みてわかった。

しかし、人との関係をうまくこなしながら、会社を大きくして、成功した人もいるわけだから、俺の力不足だったことは確かだ。

俺は負け組だ、経営については、えらそうなことは何も言えない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマホの不便

2017年03月16日 07時51分54秒 | Weblog
形がでか過ぎて持ちづらく、滑りやすく、ポケットから落ちやすく、

紐もつけられない、持っていると邪魔で捨てたくなる。

何度も落とすから、ガラスが割れた。

ろくでなしの機械だ。

今は、鞄の奥に入ったまま出ることはない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シェリーが来てから。

2017年03月13日 19時03分18秒 | Weblog
シェリーが我が家に来て5か月が過ぎた。

毎日の散歩で5kmから8kmほど歩くようになったからか、腰の痛みがなくなった。

身体を保つための運動は面倒で、大変な持続力と忍耐が必要だ。

健康って、運動嫌いな人には辛いことだよな。

中にはもうどうなってもいいから、運動したくないと思う人は多いだろうな。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ガール」を読んだ。

2017年03月12日 07時49分11秒 | Weblog
女目線のストーリーだ。

キャリアウーマンとは何ぞや?と思う人にはバイブルだな。

しかし、この著書を読んでいると、俺は女に生まれなくてよかったと思ってしまう。

女って面倒臭い。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色々と・・・

2017年03月10日 21時16分46秒 | Weblog
別に変わったこともしないで、飽き飽きするぐらいに毎日同じような生活を送っている。

でもな、俺が変化のない生活をしていても、俺を取り巻く人が破天荒な行いをするから、

俺の生活に影響を及ぼすんだ。

馴れない環境になると、疲れるよ、心身がくたくたになる。

シェリーが我が家に来た時もかなり疲れたけど、最近少し慣れてきたようだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No60

2017年03月09日 21時32分44秒 | Weblog
当たり所のない不満に (唾を吐いて) 

見上げる空はいつも (灰色)

プラットームでは 電車が近づく

飛び降りる白日夢 (aaaa)

テレビでは若者が (自己主張している)

歌を 聴いても 心には 残らない

疑似 架空 甘い言葉 (uso ) 

現実から目を背けて 

俺はカヤの外  俺は変質者 

人に言えないこと 言わなければならないことなどない

ムカつく格差社会に ハラスメントに理屈はない


うんざりした雑踏に (耳を抑えて)

すれ違う白い顔は (無表情)

足を止める交差点 いつも赤信号 

背中を押される 白日夢 (aaaa)

社会のすべては(洗脳の策略)

国会の答弁は 低次元のパロディ

無気力 無関心 (off couse)

嘘だらけの情報社会

俺が誰なのか 俺は犯罪者

人に頼みたいこと 関わりたいことなど何もない

経営者と政治家に 思いやりの心はない

(Die soon)こそこそと動いている 

(Die soon)まだ存在を知らせている

(Die soon)なんの希望もない 

(Die soon)なんの意味もない

(Die soon)老いから逃れることはない

人への不信感に (関わりを断って)

蔓延する汚染物質(緑の草原) 

殺処分場には 犬猫が集まる 

ガス室の扉が開く(aaa) 

残され捨てられる(無駄死に家畜)

今すぐ死んでも   明日死んでも

そう違いはないはず (No change)

手に付いた虫を殺す 

狂ったふりをしても 無視されるだけ

道徳学習とか 一般常識はすべてえぞらごと

人の言葉ほどの 矛盾だらけのきれいごと
コメント
この記事をはてなブックマークに追加