阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

「構想日本」フォーラムでの私の発言

2009年09月30日 00時55分14秒 | 政治
 今夜は政策シンクタンク「構想日本」の公開討論会『新人議員よ大志を抱け』に出席しました。

 臨時国会が始まるまでは地元での活動を主軸にしていますが、これからの主戦場は国会です。そのためにできる限りの準備をしておかなくてはなりません。民主党議員としてのメッセージを発信すること、広く人脈を構築すること、また、政策の勉強をすること。そんな場を東京にも広げたく、参加しました。

 15人の「精鋭」新人議員をコーディネーターが次々に指名し、また本人の挙手で約2分間の発言をしていくのですが、マニフェストに掲げた政策について、党運営について、かなり際どく突っ込まれました。

 私のおもな発言は、下記の通りです。

 「鳩山総理の国連演説(CO2排出を25%削減する意思表示)について」

 「鳩山演説は、日本の首脳が初めて人類の普遍的な問題についてリーダーシップを発揮する意志を世界に発信した、歴史的な演説であった。海外で非常に高く評価されたことに注目すべき。環境と経済は、二者択一ではなく、何が何でも両立していかなければならない全人類の課題である。鳩山演説は他の国にも同様の削減努力を要求すると同時に、日本としても技術支援などイニシアチブを発揮しようとしていることがポイント。様々な外交的な取引をする上でも今回の発言を有効活用できる。就任早々、世界の温暖化対策についてリーダーシップを発揮する志を発信したこと自体に大変な意義があると思っている」

 「インド洋の給油活動を『単純延長しない』方針について」

 「外交は貸し借りの取引の場でもある。給油作業からの撤退を表明してしまえば、経済政策などでアメリカに貸しを作ることにもなる。外交カード(手の内)は簡単には見せないものだ。私はPKOが最初に派遣されたカンボジア、2度目のモザンビーク、4度目の東ティモールに市民という立場で参加し、現地で活動する自衛隊の方々と議論させていただいた。「貢献できた」「感謝されている」と公式発言はしても、実際にはもっと役に立てるはずと、忸怩たる思いを抱かれていた。インド洋での給油活動、そして過去のPKOがどれほどの効果があったのか、検証なしに延長する・しないの議論をするのは危険である」

 カンボジアでは、自衛隊(施設大隊)の方々は道路補修という任務を果たすべく一生懸命頑張っていましたが、治安や危険対策もあって「簡易舗装」しただけの道路は雨期が一度きただけでボロボロになり、現地では「日本の軍隊は撤退した時に道路まで持って帰ってしまった」とさえ言われていました。一方、イラクやアフガニスタンにおいては「感謝されている」という与党議員のコメントがあるだけで、まっとうな検証・評価がされていません。日本の技術、経験、資金力を活かした貢献は何か。個人的には、NGOによる除隊兵士支援。とりわけ、除隊兵士の家族を対象にした職業訓練を中心とした自立支援。自衛隊による武装解除の検証(または警察力強化のための技術支援)、JICAなどによるガバナンス支援、さらに民間企業のインフラ整備を組み合わせて「顔の見える援助」を行うことがより重要だと思っています。


 「民主党内の『権力の二重構造』について」

 「『小泉チルドレン』と今回の民主党新人議員の違いは、我々は小沢一郎という鬼軍曹の元で徹底的に選挙区を歩いて有権者との対話を重ね、数年間にわたって信頼関係を構築する活動をしてきたことだ。選挙のためであると同時に、地元を徹底的に歩いて弱い立場の方々の声を聞くことは、政治活動の基本中の基本であると思う。我々が次に当選しないことには民主党政権が終わり、国民に約束した本当の改革ができなくなってしまう。それはあってはならない。これまで自民党政権がないがしろにしていた弱い立場の方の声を国政につなげる上で、政府が鳩山代表、党務を小沢幹事長と責任を分担しても良いのではないか」

 2分間ではなかなか自分の思いの全てを伝えることはできません。しかし、勉強になりました。また、大変レベルの高い一般参加者と討論会後に意見交換できたことも大変有意義でした。明日は和歌山に帰り、地元活動を行います。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

普通の市民が大きなリスクを負わず出馬できる選挙

2009年09月23日 23時48分34秒 | 政治
 特別国会が終わった19日に和歌山に戻り、連日、地元での活動を続けています。

 地元での体制構築、事務所の引っ越し、また挨拶まわりなどやることは沢山あるのですが、とにかくできる限り自転車での活動を行っています。自転車活動の良い点は、とにかく、コミュニケーションのきっかけが作りやすいこと。走っていると「おめでとう!」「頑張ってよ」と、次から次へ声をかけて頂き、新政権、そして私への期待、そして要望を聞かせて頂きます。また、鳩山内閣の大臣が次々に発するメッセージに対して、多くの方々が政治が変わるワクワク感、高揚感を感じていることも伝わってきます。

 さて、11月15日には紀の川市長選挙と市議会議員選挙が行われます。市議会議員には、選挙中、私のチームに参加してくださったボランティア(写真)も立候補に向けて準備中です。

 700キロを超える自転車活動の大半に同行してくださっただけでなく、例えば、お祭りなどでビラ配りをした翌朝などは黙って会場を見回りに行き、落ちているビラを回収するなど、私の選挙活動のモラルを支える中心的な役割を果たして頂きました。

 衆議院選挙では勝ったものの、民主党公認で当選した和歌山2区の地方議員は2名だけ。できる限り議員数を増やしていくのが私の大きな使命でもあります。民主党と価値観を共有できる方々が、経済的、社会的にあまり大きなリスクを負うことなく地方議員や首長に立候補できる。そんな選挙文化、政治風土の構築にも貢献する決意です。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

議員会館での一日

2009年09月17日 23時47分36秒 | 政治
 今日は一日中国会内にいて、挨拶回りや取材・来客対応などで過ごしました。また、アンケートや書類への回答・返答を行ないました。

 「政権交代」の歴史的意義を検証し、伝えていく。そんな使命感に燃える記者の方々との会話はとても興味深いものでした。

 さて、鳩山内閣の支持率が各社平均75%前後と、歴代の内閣の中でも最高クラスだそうです。「脱官僚」を掲げ、これまでとは全く違う政策課題へのスピーディーな対応も国民に好感されているようです。

 一方で、全く新しい政治手法で、政治と行政の在り方自体を徹底的に見直すのが私たちの約束ですから、最初からあまり高い支持率になるのは如何なものかとも思います。反対勢力とも対話し、説得し、国民の皆さんに政権交代の「果実」を生活実感として味わって頂く。その上で上る余地もあった方がいいと思っています。

 写真:初登院した時に中央門周辺で撮ったものです。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

初登院の日に思うこと

2009年09月16日 23時59分43秒 | 政治
 今日は国会への初登院でした。

 朝、国会議事堂に行くと多くの取材陣の方々が待ち受けていました。和歌山から当選した岸本周平さん、玉置公良さんと一緒に取材を受け、また、お世話になった先輩議員、同志の新人議員、さらに国会の秘書時代の仲間の方々と再会し、この場で再会できたことを喜び合いました。

 その後、初登院の時しか開かれない中央口から入り、議員バッジをつけてもらいました。「議員バッジ」そのものに対する思い入れは全くありませんでしたが、このようなセレモニー自体に重みがあり、国会議員になった責任の大きさを改めて噛み締めました。

 午後は、特別国会に出席し、本会議場で鳩山由紀夫総理大臣の首班指名を行いました。政権交代によって鳩山代表の総理就任は確実になっていましたが、実際に、自分の投票によって首相が決まる瞬間を議場で迎えるのは、本当に感慨無量でした。

 「国民の生活を守る政治の実現」私に、そして民主党に切実な思いを託してくださった皆さんの期待を実現すること、それは、既得権益を破壊し、再構築する闘いでもあります。まさにイバラの道ですが、何が何でも約束を果たす、そんな強い気持ちで取り組んでまいります。

 そして、私がこの場に立てたのは、本当に、これまで出会った全ての方々のお陰だと思います。改めて、心からの感謝を申し上げます。ありがとうございました。

 これからも宜しくご指導をお願い致します。


 阪口 直人 


 写真:国会議事堂前にて両親と。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

両院議員総会

2009年09月15日 23時51分12秒 | 政治
 今日は議員会館で挨拶回りをした後、新人研修と両院議員総会に出席しました。

 400人を優に超える議員、凄まじい数の報道陣、そして眩いフラッシュ。日本で一番熱い場所にいること、実感しました。鳩山代表、菅直人代表代行などの熱い言葉に奮い立ちました。

 明日は初登院。そして特別国会での首班指名を行ないます。私を国会に送り出してくださった方々への感謝の気持ち、そして、新人議員としてベストを尽す決意を改めて噛み締めています。

 写真:両院議員総会の場で、和歌山県選出の岸本周平議員、玉置公良議員と。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

衆議院本会議場の椅子は橋本市高野口生まれ!

2009年09月14日 23時04分01秒 | 政治
 イチロー選手が9年連続200本安打を達成しました。

 彼がある大記録を達成した時、「とてつもない場所に到達するためには、目の前のことをやり続けるしかない」というようなことを言っていました。

 私にとっては、その言葉は大きな大きな励みでした。毎朝の辻立ち、自転車活動、そして一軒一軒歩く訪問活動。目の前の人と対話し、歩き、走る。その積み重ねが小選挙区での勝利、そして日本の歴史を変える政権交代につながったこと、彼の偉業とともに改めて噛み締めました。

 さて、昨夜上京し、今日は議員会館の自分の部屋(衆議院第一議員会館212号室)の自分の部屋に入居しました。嬉しいことに隣が和歌山1区・岸本周平さんの部屋で、今回当選した民主党の新人議員も大勢この階の部屋に入ることがわかりました。

 日本の真ん中で、新しい政治システムを構築すべく闘う機会が与えられたことに感謝し、また、改めて大きな責任と使命感を噛み締めました。

 さて、16日に始まる特別国会を前に、1970年以来39年ぶりにの衆議院本会議場の椅子の全ての布が張り替えられたそうです。実はこの布は、橋本市高野口の撚糸によって作られているのです。私は、高野口のパイル業界の工場や事務所を50軒ほど訪ねてお話を伺ったのですが、その時、この事実を知りました。初登院の時に、地元産の新しい椅子に座れること、とても嬉しく思います。

http://blog.goo.ne.jp/xday0321/e/d36648defd151b034f23757274b6c68e

 国会議員の役割のひとつは、自分が選出された地域のアピールだと思います。特別国会に合わせて張り替えられた椅子の材料が、橋本市高野口で作られている。この事実を伝えてもらわなくては! と、記者の方々にもアピールしたのですが、朝日新聞が報道してくださるようです。できれば他社でも記事にしていただきたく、よろしくお願いいたします。

 地元のアピールも、少しずつ積み重ねることが大きな成果につながるはずですよね。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

逆転の発想で、和歌山の魅力を活かした発展モデルをつくろう!

2009年09月12日 16時10分01秒 | 政治
 今日も自転車で出発しようとした途端にバケツの底をひっくり返したような雨。今、事務所で待機しながら書いているところです。

 9月9日、仁坂知事にお招き頂き、岸本周平衆議院議員(和歌山1区)、玉置公良衆議院議員(和歌山3区)とともに県政の課題についてお話を伺いました。翌日の新聞各紙には、私の提言として、「道路整備の重要性はもちろん認めるが、和歌山の良さを活かした発展モデルをつくることも重要。逆転の発想で、道路予算を農業や医療、観光開発などに振る考えがあってもいいのではないか」というコメントが大きく取り上げられていました。

 仁坂知事によれば、紀伊国屋文左衛門の頃から、和歌山の栄光の歴史は交通網とともにあったということです。和歌山が停滞している要因のひとつは交通網の未整備であり、知事として、何とか力になりたいという思いは痛いほど理解できますし、民主党政権になったからといって、道路建設をストップするわけではありません。

 その一方で、財源は限られてきますから、拠出可能な予算の中でやりくりしなくてはなりません。

 道路に関する私の基本的な考え方は、下記の通りです。

 「命と安心を守ることが政治の責任」という考え方に立って政策を判断する。
 
 「本当に必要な道路を精査し、なるべく小さなコストで早急に整備する」
 「削減した予算は、医療や教育の整備、人材の誘致などにまわす」
 
 「その判断を行う上で、地域住民の声を最大限尊重する」

 民主党政権が本格的にスタートすれば、私たちがすべきは、知事や地方自治体の首長の方々と協議を進め、これまでの成長モデルを見直し、進化させて、和歌山の良さを活かした新しい発展モデルをつくることだと思います。私の基本的な考え方は、このブログの中でも再三表明していますが、それを発展させる必要があります。そんな作業を読者の皆さんと、また、私が畑で、路上で、ミニ集会でお会いする方々との対話で行っていきたいと考えています。
 
 あ、そろそろ止みそうだっ!。これから自転車で出発です。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「万歳」をしなかった理由

2009年09月08日 23時58分41秒 | 政治
 衆議院選挙で当選させて頂いた時、私は「万歳」をしませんでした。代わりに皆さんにお願いし、「国会でもガンバロー!」と、皆さんと声を揃えました。海南事務所では、待ちに待っていた支援者の方々が、「万歳」をしてくださったのですが、私自身は深々とお辞儀をさせて頂いただけでした。最近聞かれることが多いので「理由」について書きたいと思います。

 「勝って万歳しよら!」「万歳するのが楽しみやっしょ」

 多くの支援者の方々が「万歳」することを楽しみに頑張ってくださったのですが、私自身は当選した政治家が「万歳」することにずっと違和感を持っていました。当選は、あくまでスタートラインに立っただけ。自分自身は6年越しの挑戦だっただけに、志を遂げた感慨、そして、保守王国・和歌山県で小選挙区で勝ち、政権交代に寄与できた達成感はありましたが、本当の勝負はこれからです。万歳は、衆議院議員として自分自身が本当に納得できる仕事をした時に、心の中でしたいと思います。

 そんなわけで、当選してからも、早朝活動、自転車、また挨拶まわりなど、選挙戦中と変わらない活動を続けています。何よりも嬉しいのは、熱い熱い選挙戦中と比較しても、皆さんの反応が、今、一番いいことです。車の中からガッツポーズしてくださる方、「おめでとうやで!」と激励してくださる方々。本当に大きな、そして切実な期待を感じています。

 明後日には新しいポスターが完成しますので、民主党の掲示板へのポスター掲示をお願いしたいと思います。

 一方で、国会で活躍するために一番大切な、政策の勉強にも時間を割いています。これまで現場で培ってきた問題意識を国会で活かせる場が与えられたわけですから! 今、生涯で一番勉強が楽しいと思える日々を過ごしています。

 また、申し訳ないのですが、「祝勝会」のような会合には出席できません。

 私は「夜の評判が極めて悪い」とか。自分で運転していますからお酒も飲みませんし、当選したからと言って弾けることもありません。とにかく、勝負の場は国会ですから、夜はそのための準備が最優先です。

 「限られた時間を使って政策を勉強する」「早朝活動のために早く起きる」ことが大切だと思うので、ご理解を頂ければ幸いです。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

選挙前の立ち位置を超えて

2009年09月03日 00時26分31秒 | 政治
 今日は和歌山県庁で当選証書を頂きました。

 その後、仁坂知事と意見交換をしました。面会予約なしに訪れたのですが、忙しい中約20分、時間を取って頂き、和歌山の発展の在り方について、意見交換をしました。とても興味深い時間でした。

 近いうちに2時間ほど時間を取って和歌山の政策課題についてお話頂くことになっているのですが、その前に、ざっくばらんに意見交換する機会を作れたことは大変有意義でした。

 総選挙では、知事を含めた和歌山県の首長は政権与党の議員を応援してきました。あまりにも偏った立ち位置には違和感を覚えていましたが、しかし、地方行政は政権与党の協力なしには進まない部分もありますから、止むを得ない面もあったかもしれません。

 民主党の政策は、自公政権のそれとは明らかに違います。行政の長からすれば、政策が変わることには期待と不安があることでしょう。また、民主党の政策、私自身の考え方とは、相容れないこともあるでしょう。しかし、これまでの政治的立ち位置はともかく、喧々諤々議論ができる人間関係を構築しておくことは、結局は和歌山にとって良いことだと確信しました。

 今日も夜遅くまで「当選報告」をして過ごしました。「感激して眠れなかった」「涙が止まらなかった」そんな声を聞くたびに、小選挙区で勝ったことの意義を噛みしめています。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新・衆議院議員として思うこと

2009年09月02日 00時39分47秒 | 政治
 衆議院議員になって3日目。私自身は、これまでとあまり変わらない生活です。朝立ちをして、日中はずっと挨拶回り。マスコミの取材を受け、勉強をして、夜も集会に顔を出しています。もちろん、自転車にも乗っています。初登院が9月16日と決まりましたが、それまでは、できる限り和歌山2区での活動に専念します。

 次回に向けた闘いはすでに始まっています。何よりも主戦場である国会では1年生議員。与党議員ですから「質疑」という見せ場はありません。その中で存在感を示し役割を果たすには、とにかく勉強すること、そして現場の声を聞くことが大切だと思います。

 かなり前から勝利を確信していたので、当選を決めた時も極めて冷静でした。大きな挑戦の機会を与えて頂き心躍る思いですが、それ以上に、選んで頂いた責任を果たす責任の大きさを痛感しています。

 一方で、支援者の方々が、とにかく喜んでくださることに感動しています。泣きながら祝福してくださる方々も大勢いて、この勝利がどれほど意義があり、待ち遠しいものであったのか、改めて実感しました。黒船の襲来、敗戦など、外的要因によってしか変われなかった日本人が、自分たちの力で政権を変えたのですからね。政権交代という歴史的な大事業に参加してくださった方々の勇気に感謝します。

 100通近い祝福メールを頂き、子供の頃からの友人が、温かく、待ち遠しく見守ってくださっていたことに感激しました。でも、ほとんど返事が書けていません。今、闘いに備えて必要なことをしていますので、返事は少し時間ができた時に書かせて頂きたいと思います。

 自分のために勝ちたいとは思いませんでした。しかし、多くの時間とエネルギー、そして、地域での立場などを投げ打って応援して下さった方々のために勝ちたい、勝たねば! との思いが成就したこと、素直に嬉しいです。

 政権与党の議員になるわけですが、他政党の支持者に「圧力をかける」自民党政治と同じことをするつもりはありません。和歌山を、日本を、そして、この地球社会をもっと住みやすくするために、党派などは超えて協力すべきと思っています。

 しかし、官僚と政治の癒着の中で生み出された税金の無駄遣い、利権を生み出すための政治権力の不正な行使には徹底的にメスを入れます。これは民主党の公約でもあります。裏の裏まで調べ尽くして情報公開をする。問題があれば徹底的に追及をする。これは政権交代の意義であり、醍醐味ですからね。冷徹にやり抜くことが、国民の期待だと理解しています。


 私の政見放送がYouTubeにアップされています。貴重な動画ですので、ご覧ください!
 
 http://www.youtube.com/watch?v=gS38XUZQDk8



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加