阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

和ネット「勝手連」の声に対して

2007年10月31日 21時29分49秒 | 政治
 皆さん、こんにちは。阪口直人です。今日は終日、瀧洋一橋本市議会議員と活動していました。

 7010さん、ミーさん、また、FAXを送って下さった和ネット「勝手連」のKさん、コメントありがとうございます。

 「和ネット」は、自分のことが多く書かれていたこともあり、参議院選挙の前は時おり見ていましたが、最近は、ご無沙汰していました。KさんのFAX、およびこのブログに投稿して下さった7010さんのコメントを見て、和歌山3区の民主党公認候補として、そして、民主党和歌山県連会長として私に期待して下さる声が和ネット上で盛り上がっていることを知り、驚きました。

 ① 県連会長として

 期待して下さるのはありがたいのですが、まずは県連副代表として、藤本眞利子県連新代表を支えていくことが私の責務であると考えています。そして、その責務は次の総選挙で当選できるよう、死力を尽くして頑張ること以外にはないと思っています。

 もちろん、県連会長は本来は国会議員のポジションです。次期衆議院選挙で当選できれば、私も県連会長候補になるのでしょうが、能力・経験ともに和歌山1区の岸本周平氏が最適任だと思います。

 もっとも岸本周平氏には、国会においても、民主党屈指の政策通として即戦力になってもらわなくてはなりません。従って、岸本氏が安心して活躍できるよう、和歌山県においても全力でサポートするつもりです。私自身は、その際のポジションには全くこだわりはありません。

 ご指摘があったように、県連のメンバーから足を引っ張られていると感じたことは一度もありませんよ。和歌山における民主党の体制を強化することは全員の責務ですし、そもそも小さな組織ですから足を引っ張り合う余裕などありません。参議院選挙では、一致団結して応援してもらいましたし、衆議院選挙に向けても、様々なサポートを頂いています。私自身も、和歌山の政治に新しい風を起こすべく、従来の慣例などは打ち破って、ひたすらアクティブに活動する決意です。自転車に乗ってひたすら一軒一軒まわる活動もそのひとつです。   

 ②和歌山3区候補者として

 私はすでに和歌山2区の候補者として民主党公認を頂いていますので、今から3区に移ることはありません。

 しかし、和歌山3区における不戦敗は何が何でも避けなくてはなりません。従って、不屈の闘志を持った優秀な候補者を擁立できるよう、私も全力を尽くします。政権交代を実現する勢いで議席を獲得できれば、もし小選挙区で負けても比例復活の可能性も高まりますから、自民党が盤石とされる和歌山3区であっても議席を頂ける可能性は十分だと思います。

 万一、惜しくも落選となった場合は、本人の希望、惜敗の状況にもよりますが、次期参議院選挙の候補者になって頂くことも視野に入れるべきと思っています。衆議院選挙で構築した3区の基盤を固めて頂き、1区、2区で衆議院候補予定者(その次点では衆議院議員になっているはずです)が全力でサポートすることで、次回の参議院選挙では議席奪取が期待できます。その上で、次々回の衆議院選挙に臨めば、自民党現職が盤石な和歌山3区でも十分に勝負できるのではないでしょうか。

 和歌山が変われば日本が変わる! そんな心意気で活動を続けますので、是非、応援して下さい。


さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな駅に立つ愉しみ

2007年10月30日 20時41分21秒 | 政治
 今日は、JR下津駅で早朝の駅立ちをしました。

 参議院選挙の時は、大きな駅でしか活動できませんでしたが、今は「民主号外」の配布を中心に、小さな駅でも駅立ちを続けています。

 今月活動した駅の中では、JR和歌山線の下井阪駅、船戸駅が小さな駅でした。もちろん乗降客数は調べていますが、小さな駅ほど1対1の局面が作れますから記憶には残るはず。そんな思いで、できる限り多くの駅で活動する予定です。駅立ちの予定は、政治活動HPのトップページに掲載していますので、ご覧下さい。

 今日の下津駅も、6時30分から1時間45分ほどの間に大人の数は30~40人ほど。でも、人が少ない分、対話ができるのがいいですねえ。「民主号外」も9割ぐらいの方に受け取って頂きました。

 明日は橋本市の南海御幸辻駅で活動します。4時15分に目覚ましが鳴る瞬間は辛いですけど、明日はどんな顔と出会うのでしょう? 楽しみです。私もいい顔でお迎えしなくては!!


 写真:今朝の私。JR下津駅にて。 


さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

コメントへのお礼など

2007年10月26日 12時37分43秒 | 政治

 皆さん、こんにちは。コメントありがとうございます。あらいぐまマンといずみちゃんさん。娘さんと星空を眺めるなんて本当に羨ましい限りです。

 今、事務所に戻ってきたところです。午後は「支援者を協力者に!」を合言葉に、支援者訪問をする予定ですが、今は少し休憩中です。

 石井君のコメントも嬉しく読みました。

 少し後に入学したHさんからも、NGOの職員になりビルマでの開発に関わっていると、嬉しいメールをもらったばかり。皆さんが社会で活躍し、私の政治活動にも興味を持ってくれること、本当にうれしく思います。 

 私は、DDRこそが平和構築における、最も重要なフェーズだと思って自ら活動していたこともあり、日本政府の対応を本当に歯がゆく思っています。先日和歌山に来た鳩山由紀夫幹事長によれば、アフガニスタンのカルザイ大統領とは2度会談したが、日本の給油活動については全く知らなかったとか。「安全で安上がり」だから給油活動を行うのではなく、憲法の範囲内で、「対費用効果を最大化する」「現地との信頼関係を構築する」ことを根幹において貢献することを真剣に考えなくては国際社会への真の責任を果たすことはできないと思います。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

星空を見る愉しみ

2007年10月25日 23時59分01秒 | 日常
 和歌山で政治活動を始めて半年あまり。田園風景の中で活動・生活をしていると、都会では味わえない様々なシーンに遭遇します。ここ数日は星空が創り出す芸術に興奮・感動しました。

 21日の夜は、オリオン座流星群を見ました。遅くまで活動して帰宅する途中、ふと、インターネットで見たニュースを思い出した私は、紀美野町の山奥に向けてハンドルを切りました。理由はひとつ。オリオン座流星群を見るためです。天気は快晴。そして、流星がピークを迎える時間帯でしたから、迷うことなく生石山方面に向かいました。

 本当に素晴らしかったですよ。満天の星空の間を流れる流星を、1時間ほどの間に、20個ほど見つけることができました。ほとんどがオリオン座周辺でしたから、たぶん、その時間帯の流れ星は、全て見ることができました。

 私は星空を見るのが大好きで、何度も印象的な星空、そして流星を見てきました。

 学生時代にキャンプカウンセリングをしていた南アルプスの麓の村では、毎年ペルセウス流星群を見ましたし、私が住んでいたカンボジアやモザンビークの山岳少数民族の村では、夜の一番の楽しみは星空を眺めることでした。北朝鮮の平壌では、星空の美しさに、電気の消費量の少なさを実感しました。一番驚いたのは、カラコルム山脈のオアシスの村、パキスタンのフンザで見た星空です。夜空を煌々と照らす星の明るさに、日本画家・平山郁夫氏が描く、明るいブルーの空を思い出しました。
 
 そして、今夜10時頃、ジョギング中に、とてつもない明るさの彗星が目の前を流れました。あまりの明るさに打ち上げ花火かと思いましたが、ネットで調べてみたら、ホームズ彗星が大規模な爆発現象(大アウトバースト)を起こしたとのこと。国立天文台によると、ホームズ彗星上最大級の明るさの彗星とのことです。何てラッキーなんでしょう!!!

 これからは、夜空が美しい季節。皆さんも、是非、星空を楽しんでください! 


さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「テロとの闘い」 日本政府は何をすべきか

2007年10月22日 01時56分10秒 | 政治
 私はホームページをふたつ持っているのですが、今回、久しぶりに国際協力活動ホームページを更新し、「テロとの闘い」に関する下記のような意見を載せました。


 テロ特措法によって施行されているインド洋上の給油活動は、果たしてアフガニスタンにおけるテロ対策として、日本政府が寄与できるベストの方法なのだろうか?

 同時多発テロから6年が経過したが、「テロとの闘い」により同時多発テロで亡くなった方々より遥かに多くの米兵が戦死し、さらに、おそらく10万人を超えるアフガニスタン市民が殺戮された。
 
 そして、インド洋で海上自衛隊が給油している燃料は、イラクでの米国の戦争に流用されていることも確実視されている。

 一方、徹底した空爆によって消滅したはずのタリバンは各地で復活し、アルカイダは以前より強力な組織としてイラクを初め中東・アフリカで勢力を拡大しつづけている。

 アメリカ主導のテロ対策は、各地でアメリカや同盟国への憎悪を生みこそすれ、真のテロ対策になっていないことは明らかであろう。

 テロ特措法自体、インド洋上での「無料のガソリンスタンド」よりも、避難民救助や支援がその中核業務であったがゆえに国民にも一定の理解を得、さらに、これが一過性の緊急措置であるというところから、特措法(特別措置法)として成立したのである。

 日本政府として、どのような方法で「テロと闘う」ことが、効果を最大化できるのか、今、まさに本質的な議論を行うべき時であろう。

 私自身は、カンボジア、モザンビーク、東ティモールで自衛隊が派遣されていた、全く同じ時期に国連やNGOの一員として平和構築活動を行った経験がある。

 カンボジアでは、国連やNGOのプロジェクトが、現地における効果を最大化することを目的として行われていた一方、自衛隊は、最も安全とされたタケオ州を中心に施設大隊を派遣し、道路の簡易舗装などを行った。

 しかし、撤退後、雨期が一度来ただけで道路はボロボロになり、「日本の軍隊は撤退した時に道路を持って帰ってしまった」と現地では揶揄されていたほどだった。

 現地の方々には、「復興に貢献」することではなく、「安全に任務を遂行する」ことだけが目的であると映ったはずだ。

 カンボジア、モザンビークでは自衛隊員の方々と本当に親しくなり、綿密に情報交換を行った。「役に立っている」「現地に感謝されている」という政府・与党の説明は、非常に一面的であり、自衛隊員の多くはそうは思っていなかった。(しかし、彼らは自分の意見を述べる権利は与えられていない)

 本来自衛隊が持っている実力、士気の高さ、さらに対費用効果を考えると、もっと有効に寄与できる方法を見出す必要がある。

 私自身、武力によって争う状態を終結させるための、選挙支援活動を各国で行ってきた。また、平和を定着させる上での障害を取り除くため、武装解除や、除隊兵士の社会復帰支援などに取り組むとともに、農村の開発などにも関わってきた。

 私は「米国の戦争への貢献」であるテロ特措法を、「顔の見える貢献」としての復興支援活動にシフトすべく見直す必要があると思う。
つまり、テロの根本原因になっている貧困解決活動への転換だ。

 その方が遙かに有効な「テロとの闘い」になるからだ。「活動の意義」「対費用効果」「活動のリスク」を秤にかけ、日本としての特性を生かせる援助をすべく、見直すべきだ。

 2004年10月、私はアフガニスタン大統領選挙の支援活動に赴いたが、
アフガニスタンの人々は、生活の安心を守る直接的な支援を求めていることを痛感した。

 「使途不明の洋上ガソリンスタンド」ではなく、戦争で荒廃した農村の復興、
元兵士の社会復帰支援、教育、医療など、現地の人々が本当に求める協力をすべきであろう。

 真のテロとの闘いとは、テロを力で押さえ込んで憎しみの連鎖を引き起こすことではなく、テロの根本原因である貧困の解決と和解を促進することなのだ。


さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

民主党「躍進の集い」

2007年10月14日 23時06分20秒 | 政治
 今日は民主党和歌山県連が主催するパーティー「躍進の集い」が行われました。ここ数週間、パーティー券販売のノルマを果たすことが大きなプレッシャーだったのですが、無事に終わってホッとしています。500人以上の方々に参加して頂きましたが、民主党の組織がまだまだ脆弱な和歌山でこのようなパーティーが実施できたことは隔世の感がある・・・と、これまで民主党を支えてきて下さった方が感慨深げにしているのが印象的でした。

 今日の役割としては、ゲストとして党本部より出席してくれた鳩山由紀夫幹事長を関西空港に迎えに行き、その後「衆議院和歌山2区立候補予定者「民主党和歌山県連副代表」として記者会見に出席。その後、パーティーに出席しました。私の場合は、7月29日の参議院選挙もありましたから、とにかく会場を回って、できる限り多くの方々にお礼の挨拶をしてまわりました。皆さんの期待の大きさを感じるとともに、自分の責任の大きさを改めて実感しました。

 衆議院1区の岸本周平さん、そして2区の私が和歌山で小選挙区の議席を取れるような状況になれば、必ず政権交代が実現するはずです。日本の歴史上、特別な意味のある選挙で、そんなやりがいのある選挙区で挑戦させて頂けることの喜びを強く感じました。今度こそ、何としても結果を出さなくてはなりません。


 写真:パーティーの壇上で挨拶する岸本周平さんと私。(岸本周平ブログより引用させて頂きました!)


さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チェ・ゲバラに学ぶ

2007年10月11日 10時32分05秒 | 政治
 今日はJR粉河駅で早朝の駅立ち活動をして、今、戻ってきたところです。

 三高さんが書いて下さったように、10月9日は、キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラの没後40年の記念日でしたね。私は大のチェ・ゲバラファンですが、ひとりの人間として、チェ・ゲバラの生き方から学ぶことは多いと思います。

 アルゼンチンの名家に生まれ、才能ある医師として将来を約束されていたチェ・ゲバラ。モーター付き自転車に乗ってラテンアメリカを放浪し、凄まじい格差と弱い者いじめの政治に強い憤りを感じた若きチェは、貧しい民衆が米国の傀儡である軍事独裁政権に搾取される社会構造自体を変えなければ貧困は解決できないと痛感します。

 メキシコで出会ったフィデル・カストロとともに、小舟「グランマ号」に乗りこみ、嵐の中キューバに上陸。激しい迎撃を受けますが、奇跡的に生き残った17人の仲間とともにシエラ・マエストロ山脈で活動を開始します。医師として貧しい村人を治療し、学校やラジオ局を作っての啓蒙活動を行い、武器を奪った貧しい軍人を味方にして、ハバナに進撃。腐敗した政治を倒す強い意志と、貧しい民衆に対する温かさが圧倒的な支持を得て、3年後の1959年、ついにバティスタ軍事独裁政権の打倒に成功するのです。

 弱冠31歳で国家No2の地位と絶大な人気を得ながら「権力」には何の関心もなく、カストロ議長と「決別」。コンゴやボリビアに潜入し、再び革命を目指しますが、ついにボリビア軍政&CIAに捕えられ、銃殺。39歳の生涯を閉じるのです。

 私が彼の生涯に興味を持ったのは、19歳の時、「瀬古はサラザールに勝てない」という中村監督のエッセイを読んだことがきっかけでした。当時、世界最強のマラソンランナーと言われた瀬古利彦が、世界記録保持者アルベルト・サラザール
に及ばない理由として、彼の父親が、キューバ革命の闘士であった「血」を挙げ、理性を超えたプライドと理想に邁進する狂気-サラザールが持つ「真のラテン的情熱」に対し、中村監督の指導の元、純粋培養で育った今の瀬古では「命のやりとり」をするような勝負ではかなわない。この点を乗り越えるには、走るだけではなく、武士道的な精神の高みに達する不断の努力を続けなくてはならない…。このような内容でした。

 チェ・ゲバラを生んだ土壌を知りたいと思った私は、古本屋を回り、英文や読めもしないスペイン語の文献まで集めた挙句、その後1996年にはついにキューバまで、チェ・ゲバラの足跡を辿る旅に出かけてしまったのでした。

 男のダンディズムを感じさせる容姿もあいまって、彼の顔がプリントされたTシャツは世界中で人気です。(私もグアテマラ、キューバ、ロシア、タイ、コスタリカなどで買って10枚近く持っています!)また、千葉ロッテマリーンズの応援席にもゲバラの旗がはためいていますね。

 チェ・ゲバラに対する評価は、その人が立つ位置によって違うと思いますが、卓越したヒューマニストとして見た時、現代に必要なのは、まさにチェ・ゲバラのような政治家だと思います。


さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山の方々の温かさ

2007年10月10日 09時39分29秒 | 政治
 今朝は紀の川市のJR下井阪駅で駅頭活動を行いました。

 無人駅ですので、乗降客は決して多くありませんが、しかし、その分、一対一の局面が作れます。踏切で一時停止する車の中の方々も含め、多くの方々と「コミュニケーション」をすることができました。

 新しいスタッフ、池田さんが来てくれるようになり、10月に入ってからは連日、「朝の駅立ち」と「戸別訪問」を続けていますが、チームで動くことで、効率が格段に上がったような気がします。一対一の局面でメッセージを伝える活動ですから、一緒に動く方は、私の分身になってもらう必要がありますが、私が気づかないことにも留意してくれる相棒の存在はありがたい限りです。

 それにしても、地域を回っていて感じることは、和歌山の方々の温かさです。突然「本人」が訪問するわけですから、さぞビックリされることと思いますが、本当に温かく迎えてくれることに驚きます。

 「頑張ってよ」「この前も入れたんやで」「政治を変えてもらわなあかん」こんな言葉もよく頂きます。また、軒先や畦道で、私が取り組むべき政策課題について
貴重なお話を頂くこともしょっちゅうです。

 歩いて一軒一軒を訪問することは、決して楽な活動ではありません。しかし、新しい政治への期待を寄せて頂くことは、何よりの喜びであり、使命感を感じる瞬間です。とにかく、「できる限り一対一の局面を作る」ことを目指し、自分から出向いて活動を続ける決意です。

 駅立ちの日程はHPでもご報告することになりました。時間のある方は、是非、ご参加下さい。


さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ポスター掲示板設置作業の悦び

2007年10月05日 00時31分26秒 | 政治
 今日は橋本市の「林間田園都市」駅で朝6:30から駅立ちをした後、一日中支援者を訪問し、その合間にポスターの掲示板設置を行いました。

 田んぼや空き地に作る掲示板の設置はまさに肉体労働です。杭とボードを買って適当な大きさ(長さ)に切り、下草刈り、穴掘り、杭打ち、そして、杭に補助板を打ち付けてから、ポスターを貼ったボードを、三角形やL字形に電動ドライバーで固定します。ドライバーや歩行者によく見える角度に微調整しながらさらに板で補強してようやく完成。その間、約60~90分! 今日は、薮の中の作業が多かったこともあり、数百個の「ひっつき虫」をズボンに付け、ブヨに数十ヶ所を刺されながら、一日中、この作業に没頭しました。

 瀧さん、池田さん、amaさん、そしてポスター設置に協力して下さった支援者の皆さん、本当にありがとうございました!!

 参議院選挙に向けては70歳の父と78歳の叔父が主にこの作業を行い、炎天下、2人で100ヶ所以上にポスターを貼ってくれました。本当に、感謝あるのみです。しかし、衆議院選挙に向けては、私も連日こんな作業をしながら、日々、支援者を広げる活動をしています。

 毎日通る道路にポスターが増えて、少しずつ名前や顔が浸透していくのは、何とも嬉しいものですね。それが自分の「作品」ならなおさらです。自分の顔が景観を損ねていることを思えば申し訳ない気持ちにもなりますが・・・。
 

さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

闘う小集団として

2007年10月02日 10時09分13秒 | 政治
 今朝はJR岩出駅で朝の街頭活動をして、そのまま事務所に戻って書いています。先月は、私ひとりでマイクで訴えながらの活動でしたが、今日からは新しく作った「民主号外」を配り、コミュニケーション重視のスタイルで行うことにします。

 さて、昨日から、新しいスタッフが参加してくれることになりました。参議院選挙の時から、ボランティアで手伝ってもらっていたのですが、私からお願いしてスタッフになってもらいました。IT技術者で地域の若者との仕事上のネットワークがあり、岩出市を魅力的な街にしたい! と政治的使命を持った本当に頼もしい仲間です。

 和歌山2区における民主党の地盤作りは始まったばかりですが、まずは小さくても「運動エネルギー」の強さを感じて頂ける、闘う小集団として地域を走りまわるつもりです。 
 
 9月半ばから貼り始めた新しいポスター(写真)も、海南市、橋本市を中心に200枚を超えました。橋本市では、特に瀧洋一市議会議員とamaさんに絶大なご協力を頂き、心から感謝を申し上げます。しかし、まだまだ足りません。貼って頂ける方は、是非、ご協力お願い致します!


さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加