阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

大接戦!金権選挙との決別がテーマの鹿児島2区補欠選挙

2014年04月26日 15時05分09秒 | 政治

 自民党・徳田毅氏の辞職に伴う鹿児島2区の補欠選挙の投票日が明日27日に迫りました。民主党、日本維新の会、結いの党、生活の党が推薦する野党連携のシンボル、打越あかし候補(写真右)は「金まみれより汗まみれ」と精力的な活動を続け、大接戦になっているようです。

 打越さんは2009年に衆議院議員に当選した同期。同期生とは思えないほど存在感も態度も親分肌で、あらゆる政策に詳しい上に前原誠司国交大臣(当時)など党を代表する先輩議員を「呼び捨て」で語る大物感に驚いたことがあります。聞けば松下政経塾の2期生で県会議員を4期務めた政治の大先輩とのことでなるほどと思いましたが…。

 打越さんは特に離島振興には熱心に取り組んでいて、ガソリン値下げや失業保険認定の効率化、自動車の奄美ナンバーを実現するなど離島の方々の生活にかかわる問題に大きな実績を上げた議員でもあります。

 公示前日、そして公示日には私も応援に入りましたが、野党各党の代表、幹事長クラスは続々鹿児島入りし、打越さんの勝利に向けて熱い応援を繰り広げています。

 今回の選挙は金権選挙と決別する選挙のはず。しかし、自民党の石破幹事長は「(選挙買収事件で辞職した徳田毅氏は)皆さんにご恩返しすることもあると思う」と挨拶するなど、自民党が公認した徳田前議員による金権選挙への反省が全く感じられません。ほとぼりが冷めたらまた徳田氏を公認するつもりなのでしょうか?今回の自民党候補者はあくまでもワンポイントという思惑が透けて見えます。鹿児島の誇りを取り戻す闘いは同時に日本の民主主義を守る戦いでもあります。金権政治と闘い続けてきた打越あかし候補の勝利、是非、皆さんも応援してください。


打越あかし氏と指宿市の事務所で


今日は自転車に乗って各地で街頭演説。政治とカネの問題との決別の必要性を訴えました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国境離島における土地取り引きの実態調査ー2013年10月に提出した安全保障上重要な土地を規制する法案成立に向けて

2014年04月22日 23時06分48秒 | 政治

 この週末は国境離島における土地の取り引きの状況について調査するため石垣島、与那国島、西表島を訪問しました。

 今、日本の土地は大変に憂慮すべき事態になっています。国境離島や水源地、自衛隊の基地周辺などが外国資本によって次々に買われていて、管理が及ばない状況になっているのです。WTO協定における「サービスの貿易に関する一般協定(通称:GATS)」において、日本は土地の売買に関する留保事項を定めていません。従って、外国資本の参加を制限すべきではないと規定され、外国人の土地取得に関して何の制限もできない世界唯一の
国になっています。

 一般には、外国資本が投資を行い日本の経済活性化に寄与してくれることは歓迎すべきことだと思います。しかし、安全保障上重要な場所において、平和と安心を脅かす行為を行う可能性があるとすれば、歯止めをかけるための措置が必要です。従って、自由な経済活動との調和を図りながら、少なくとも国家安全保障上重要な土地については、外国人、日本人を問わず、その取引について必要最小限の制限を設けるべきとの考えに至りました。

 こんな問題意識を持ち続けていたこともあり、私は国家の安全保障上重要な土地の取り引きの在り方について検討するプロジェクトチームの座長を務めています。党内での議論や海上自衛隊周辺が韓国資本によって買われている長崎県対馬での調査、さらに法制局とのやり取りを経て昨年10月25日には「国家安全保障上重要な重要な土地等の規制等に関する法律案」を国会に提出しました。この法案は、自衛隊などの防衛施設や原発周辺、また、国境離島など、国家安全保障上重要な土地について、自由な経済活動との調和を図りつつ、その取引等について必要最小限の規制を行うことで、我が国の平和と安全に資することが目的です。

 さらに予算委員会において安倍首相に対応を求め、政府としても同じ問題意識を共有しているとの答弁を引き出しましたが、対応は遅々として進んでいません。従って今回の視察では「国境離島」における経済の活性化と安全保障をどのように両立するのか現地の意見を聞くと同時に、売りに出されている国境離島の土地における取り引きの実態を調査することを目的とし、国会における問題提起につなげていきます。

 今回改めて衝撃を受けたことは、登記簿における所有者と実態が大きくかけ離れていること。登記簿を管理する法務局は実態を把握しておらず、もし安全保障上問題のある行動の拠点として利用する目的で反社会勢力が土地を購入しようとしていても何の情報も把握できない状況です。私たちの法案では、現在は事後で良いとされている土地の取り引きについても、国家安全保障上重要と指定した土地については事前届け出を義務付け、国が収用することも可能としていますが、一刻も早くこの法案を成立させる必要性を痛感しました。

 私たちが法案を提出したことがきっかけになり、自民党もまず実態を調査する法案の提出を考えているとのことです。しかし、与党だからこそ様々なしがらみによって法案の中身が後退、骨抜きにされる可能性があります。私たちが「先回りして」法案を提出し、与野党の改革派に賛同を求めていく。そんなモデル法案にできるよう、今後も働きかけていきます。



石垣市にある竹富町役場で竹富町長に土地の取り引きや地域の活性化案についてヒアリングを行いました。


エコツーリズムのメッカ西表島。自然の美しさは抜群ですが、土地の取り引きを巡る様々な問題も存在します


与那国島の自衛隊監視基地開発予定地


340キロのクロマグロ。今年もはえ縄漁のシーズンが始まりましたが、日台漁業取り決めの対象になった海域はトラブルの恐れもあって入れないとの声も聞きました。


与那国島ではあまり観光開発は進んでいませんが、海底遺跡、そして与那国馬の風景などは大きな可能性を感じます。


テレビドラマ「Dr,コトー診療所」の舞台になった場所だそうです。与那国島では医療への備えが不十分なことは大きな課題で、自衛隊への期待は地域経済への貢献だけでなく、医官の駐在やごみ処理場の建設にまで広がっていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民主化支援の在り方について外務委員会で質問

2014年04月11日 14時56分28秒 | 政治

 おはようございます。今日も地元で訪問活動や街頭演説を行います。

 昨日は外務委員会で質問。ウクライナやカンボジア情勢を打開する方法としての民主化支援の在り方について岸田大臣と議論をしました。

 外務委員会にて民主化支援の在り方について質問 衆議院インターネットTV(4月11日) 

 外務委員会では、最近は「人権外交」「積極的平和主義」「民主主義の在り方」「民主化支援」などのテーマを自分自身で設定して質問しています。

 私自身は「民主化支援」に長年かかわってきましたが、民主主義の在り方が世界的に変容してきているように思えてなりません。ITの進化などで民衆があらゆる情報にアクセスできるようになり、一方、政権は何としても都合の悪い情報は統制して強いリーダーシップを確立しようとする。日本もそうです。

 民主主義の発展が豊かさをもたらすことは、民主化支援に関わる側にとっては独裁政権から脱却する意義を伝える説得材料でしたが、共産党独裁の中国の経済発展はそんな価値観に問題提起をしているように思います。今、先進国は少子高齢化、途上国は民族問題や環境破壊への対応などで財政負担が増え、国民に十分なサービスを提供することが難しくなっています。結果、社会に不満分子を抱えることになって、強権化する方向性になっていると考えます。
 
 私は、多様性を尊重し、ひとりひとりが自分らしい幸せの在り方を追求できる権利が尊重される政治を行うことは経済発展を遂げる上でも必要条件だと確信しています。そのためにも、社会の変化を踏まえながら、どのような民主主義を追求し、そのための支援をしていくのかを、私の政治活動の大きなテーマにしていきます。


先週は桃の花が満開の紀の川市を中心に街頭演説をしました。


木の上で街頭演説を聴いてくださった桃農家の方と後継者の問題などについて意見交換


昨日の外務委員会での質問の様子です


先週は『紀の川市桃源郷ハーフマラソン』を走りました


気温は6度前後。途中豪雨と激しいあられが降る厳しいコンディションのレースでした


記録は1時間48分34秒でした。練習不足でしたから仕方ないですね。最初の10キロはウォームアップのつもりで走りました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

民主主義の在り方を切り口にトルコへの原発輸出について質問

2014年04月04日 12時06分07秒 | 政治

 4月2日の外務委員会でトルコとUAEへの原発輸出を可能にする原子力協定を中心に質疑、そして採決を行いました。

 外務委員会にてトルコへの原発輸出や台湾におけるデモについて質問(4月2日) 

 このテーマで質疑を行うのは4回目です。トルコではエルドアン政権の強権化が進み、ツイッターやYoutubeが規制されていること、原子力の規制と推進を同じ原子力庁が担っていることなどを例に挙げ、世界最高水準の安全と言うのであれば、安全に関する情報が十分に提供される状況を求めることとセットで行わなければ輸出すべきではないと改めて反対の立場で討論を行いました。

 採決の結果は賛成多数でしたが、党内民主主義を機能させた結果、この協定に反対できることには満足しています。既得権打破を目指す以上、最大の既得権である原発を取り巻く状況に切り込んでいくための大きな一歩だと思います。

 最近の外務委員会では、「人権外交」「積極的平和主義」そして「民主主義」などの大きなテーマを掲げた上で、個々の事例に対する政府の考え方を大臣に質問するスタイルで行っています。この日の外務委員会では、いかに民主主義を機能させるかというテーマでしたので、中国とのサービス貿易協定に反対する学生が立法府を占拠し、50万人にも及ぶデモが行われた台湾での事例を挙げ、週末現地で行ったヒアリングに基づき「民主主義におけるデモの位置付け」についても質問しました。

 この点については改めて報告します。



原子力協定について反対の立場から質疑を行う



外務委員会における採決の様子。今日はこれから本会議での採決です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加