阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

バルト諸国の悩みと希望

2006年12月30日 01時19分50秒 | 日常
 ラトビア、およびエストニアでの観光開発調査から帰ってきました。

首都リガ、およびタリンは、13~15世紀にかけてハンザ同盟としてバルト海貿易を独占し栄えた街です。旧市街は中世ドイツの名残がある本当に魅力的な街並みでした。15年前まで共産主義に支配されていたとは思えないほどヨーロッパ的な活気にあふれ、フィンランドなどからの観光客も数多く見かけました。

 しかし、日本人観光客は本当に少なく、今回の滞在中も見かけませんでした。ラトビアが人口230万人、エストニアは130万人余りの小国でありながら、これといった資源もなく、経済的に発展する明るい展望はあまり見えません。そんな中、貴重な文化遺産を活かした観光開発は雇用の拡大、伝統文化の保全に有効に作用する可能性があります。

 リトアニアも含めたバルト3国では、ソ連からの独立(1991年)、そしてEU加盟(2004年)により自由が生まれた反面、経済格差から労働力の流出を招き、ソ連時代には強かった民族的なアイデンティーが急速に希薄になりつつあるようです。私のコーディネーター&通訳を務めてくれた女性によれば、民族、言語が共通し、地理的にも近いフィンランド、ノルウェー、スウェーデンなどスカンジナビア諸国に「出稼ぎ」に行く人々は多いけれど、多くの場合、労働条件は劣悪だそうです。経済格差に起因する差別、特にセクシャルハラスメントなどに対抗する手段もなく、彼女を含めこの問題で現地での仕事を諦め帰国する若い女性は本当に多いそうです。また、女性を目的にして訪れる観光客の増加も、双方の人心の荒廃に悪影響を与えているとのことでした。

 私の修士論文(経済学)は「持続可能な観光開発と経済発展」についてでした。観光開発は諸刃の刃。比較的早期に経済効果がある反面、様々な問題が生じる可能性も高いのです。オンリーワンとしての価値を高め、持続可能な開発を行うこと、つまり長年にわたって観光地としての価値、品格を保ち続ける努力を行うことが大切なのです。エストニアやラトビアの文化遺産は、様々な付加価値を与えることで持続可能な方向に開発できる可能性は大きいと思います。

 写真:エストニアの首都・タリンにて

 さかぐち直人政治活動ホームページ
 阪口直人国際協力活動ホームページ 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

空手から学んだこと

2006年12月20日 00時24分34秒 | ボランティア
 私は極真神奈川、および北総支部の会長を務めています。今年は4回の試合(練成会)、さらに昇段審査などで、挨拶をしたり賞状やトロフィーを渡す役割を果たしました。私がこのような大役を果たすのはおこがましいのですが、私の支援者で南足柄市議選挙に立候補する瀬戸利一極真空手上席師範がこのような機会を作ってくれているのです。

 さて、先週の日曜日、渡邉太師範が主催する練成会が八千代市であり、行ってきました。当日、挨拶の中でお話したのですが、私自身も空手をやっていて実感したこと、それは空手の試合のようにお互いの人格を賭けて痛みや恐怖の中で闘うことは日常生活の中ではあまりなく、そのような経験は、自分自身が遭遇した、究極の恐怖の中で、無意識に自分自身を守る役割を果たしてくれたことです。
 私は銃やナイフで襲われたことが4回ほどあります。一番危険を感じたのが、1995年10月1日、カンボジアのカンポット州で武装集団に襲われた時で、この時はAK47(カラシニコフ小銃)を引き金を引いた状態で4本も突きつけられ、生きた心地もしませんでした。http://homepage2.nifty.com/naoto1016/garally/cambodia%20jyotaiheishi.htm しかし、瞬時に究極の冷静さを取り戻すことができ、自分の立場を説明し、何とか切り抜けることができました。向かい合った時の緊張感の中である程度自分をコントロールする訓練ができていたからこそ、自分の存在を賭けた究極の恐怖を切り抜けることができたのではとも感じています。「人格を賭けて対峙する」経験は、国際協力活動、そして政治活動など自分が関わったさまざまな局面で役に立っているような気がします。

 表彰状を渡して握手するのは大人だけではなく、多くは子供たちなのですが、彼らは本当に小さくあどけない表情です。しかし向かい合って真剣に闘っている時、そして、難しい型に取り組んでいる時の表情は子供とは思えないほどの凛々しさで、「少年を男にする」(もちろんこれは男性だけのことではありません)経験であることを実感しています。

 このような指導をされている師範の方々の人格の大きさにはいつも敬服するばかりです。


 写真:練成試合を行う小学生たち(2006年6月)


 さかぐち直人政治活動ホームページ
 阪口直人国際協力活動ホームページ 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

民主党神奈川17区臨時大会

2006年12月17日 19時19分23秒 | 政治
 今日は民主党足柄支部で神奈川17区臨時大会を行いました。

 参議院議員浅尾慶一郎代表をはじめ、安藤慶県会議員(秦野市選出)、茂木猛山北町会議員議員の現職議員の他、俵鋼太郎小田原市議会議員候補、瀬戸利一南足柄市議会議員候補など約20名が出席。総支部の新体制の確認、規約の改正の他、今後の活動方針について話し合いました。

 民主党が政権交代を果たすには、地方組織の充実が不可欠です。そのためにも来年4月に行われる統一地方選挙では、上記立候補予定者4人全員の当選、さらに神奈川17区(小田原市、秦野市、南足柄市、足柄上郡=松田町、大井町、開成町、山北町、中井町、および足柄上郡=湯河原町、真鶴町、箱根町)選出の県会議員および市町議会議員候補の擁立・当選を目指していく予定です。

 志ある方の挑戦をお待ちしています。興味のある方は民主党神奈川県第17区総支部まで是非ご連絡下さい。(電話:0465-66-6606)
     

 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

和田毅投手の国際協力

2006年12月16日 23時58分32秒 | ボランティア
 少し前のことになりますが、福岡ソフトバンク・ホークスの和田毅投手がゴールデンスピリット賞という賞を受賞しました。これは、プロ選手のなかで一番社会貢献活動に熱心な選手に贈られる賞だそうです。和田投手が、自分の投球の結果に応じ、世界の子供にワクチンを寄贈する活動を続けていることが評価されました。このようなルールを作ることで自分に対するモティベーションを上げ、かつ、その結果を社会に還元することはとても賢明な方法だと思います。

http://www.jcv-jp.org/aboutJCV/watti.html(世界の子供にワクチンを日本委員会・僕のルール)

http://www.ad-c.or.jp/campaign/support/02/index.html(和田毅投手出演テレビ広告)

http://sports.nifty.com/tsuyoshi/index2.htm(和田毅投手公式ウェブサイト)

 国際協力活動(政治活動もそうですが)をしていると、有名人と言われる人が、その名前を有効に使うことで大きな影響力を発揮し得ることを時に羨ましく思います。

 私は浜田高校のエースだった和田投手が、夏の甲子園でサヨナラ負けを喫するシーンを偶然2大会連続で見ました。何とも頼りなげな細い体で力投し、最後に涙を流すシーンに心を打たれました。

 早稲田大学に入学したと聞いた時、とても大学レベルで通用するとは思えなかったのですが、やがて三振奪取の驚異的なペースが大きな注目を集めるようになり、江川卓投手が持つ東京6大学の通算奪三振記録を遥かに短いイニングで更新しました。和田投手の完封勝利で優勝を決めた2002年春の早慶戦を観に行ったのですが、特別速くはない球に打者が手も足も出ず翻弄されるのを見て驚きました。

 彼は120キロを少し超えるレベルだったストレートを磨くため自分のフォームをコンピューター解析し、自分で工夫してトレーニングを続けたそうです。また、球の出所が見えない独特のフォームを作り上げたことで、ストレートが140キロを超えるようになった時、打者にとってタイミングを合わせるのが本当に難しい、攻略が困難なピッチャーになったのでした。

 「ジャイアンツを倒せるようなチームに行きたい」とキッパリ応える姿を聞いて感動し、タイガースにきてくれるものと思い込んでいましたが、彼が選んだのは福岡ダイエーホークスでした。プロに入ってからも快進撃は続き、アテネ五輪、またWBCでも先発の柱として活躍しました。

 和田投手が新人の年の日本シリーズは18年ぶりに優勝したタイガースとの対決でした。2003年の衆議院選挙の真っ最中だったので観戦することはできませんでしたが、3勝3敗で迎えた日本シリーズの第7戦では、この和田投手の快投に屈し日本一を逃すことにもなってしまいました。

 彼はイチローのような「天才」でもなく、また、松井秀喜や松坂大輔のような抜群の身体能力を持っているわけでもありません。しかし、クレバーな頭脳と感性で、身体的能力を補う新しいタイプのスポーツマンだと思います。また、ワクチン寄贈のような社会貢献活動をはじめ、ファンに対し、また社会に対しても、自分の能力や立場を活かしてメッセージを発信し続ける姿はとても清々しく映ります。

 今後も活躍を続けてもらいたいものです。野球も、そして社会貢献活動も!


  さかぐち直人政治活動ホームページ
 阪口直人国際協力活動ホームページ 
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

逗子選挙結果

2006年12月10日 23時04分25秒 | 政治

 逗子市長選挙、および市議会議員補欠選挙について多くの応援メッセージを頂き、ありがとうございます。

 先ほど開票結果が発表され、市長選挙は民主党推薦の平井竜一氏が不利の予想を覆して当選。また、市議会議員選挙は同じく民主党推薦候補の毛呂武史氏がトップ当選しました。市民派の市長の誕生、そして民主党が市の最大会派になったことで、市民の皆さんの声が届く市政への改革が期待されます。


【逗子市長選挙】開票結果

当選 平井竜一(無所属=民主・連合推薦=)  14,065票

網倉大介(無所属=自民・公明推薦=) 9,611票

【逗子市議会議員補欠選挙】

当選 毛呂武史(無所属=民主推薦=)  8,501票

当選 松本真知子(無所属)      6,033票

藤吉一哉(無所属=自民推薦=)      5,194票

丸山治章(無所属) 


 ありがとうございました。皆さんとともに今後の逗子市政に注目していきましょう。


 さかぐち直人政治活動ホームページ
 阪口直人国際協力活動ホームページ 
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

背水の陣

2006年12月09日 23時53分58秒 | 政治
 今日は逗子市長選挙および市議会議員補欠選挙の最終日。冷たい雨が降り続く寒い一日でしたが、候補者、そして支援者にとっては熱い一日でした。

 3月の市議会議員選挙では次点で落選した毛呂武史氏にとっては本当に背水の陣の闘いでした。逗子の未来を憂う気持ちと共に、小さな4人の子供を抱えた氏にとって、落選の恐怖と闘う選挙戦は本当につらいものだったことでしょう。最後のスピーチで、支援者を前にして号泣した姿に彼の気持ちが痛いほど現れていました。同時に、短い期間とは言えやりきった清々しさも全身から滲み出ていました。

 私にとっても次回の選挙は最後のチャンスになることは間違いありません。貴重な一日をいかに完全燃焼するべきか。後藤祐一氏の選挙に続いて今回の応援でも、本当に貴重な勉強をさせて頂きました。


 さかぐち直人政治活動ホームページ
 阪口直人国際協力活動ホームページ



 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

逗子での選挙応援

2006年12月07日 20時40分11秒 | 政治

 今週は逗子市議会議員選挙を応援するために何度か現地入りをしています。

 逗子市議会選挙は今年の3月に行われたばかりですが、逗子市長選挙に立候補する現職議員が2名辞職したため、補欠選挙が行われることになりました。

 民主党は市長候補の平井竜一氏(http://www.hirainet.com/)、そして市議会議員候補の毛呂武史氏を推薦しており、私は前回の市議選で惜しくも次点に敗れた毛呂候補の応援に入っています。毛呂氏は市議を1期務めた実績があり、また浅尾慶一郎参議院の秘書としても活躍していました。連日1日100回の街頭演説を目標に逗子中を駆け回って活動しており、その熱い姿に心を動かされました。

 市長選挙、市議会議員選挙とも投票日は今週の日曜日。逗子の未来を決める重要な選挙です。是非、投票に参加し、皆さんの声を逗子の未来につなげる真摯な気持ちと実行力を持った候補を選んで頂きたいと思います。
 
  
 さかぐち直人政治活動ホームページ
 阪口直人国際協力活動ホームページ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加