阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

鳩山由紀夫幹事長を迎えて

2008年06月28日 23時55分48秒 | 政治
 今日は鳩山由紀夫・民主党幹事長を橋本市に迎え、講演会、そして街頭演説会を行いました。

http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=13607

 当日の運営、天気、そして皆さんに来て頂けるのか、不安でいっぱいでした。しかし、教育文化会館での講演会は約330名、林間田園都市駅前には約200名がお集り頂き、大盛況の中、無事終えることができました。ご多忙な中ご来場下さった方々、また、ボランティアとしてお手伝い頂いた方々には心からお礼を申し上げます。

 私は「私が考える国家の未来図」「なぜ民主党を選んだのか」「民主党政権になれば何が変わるのか」「和歌山(地域)の活性化の考え方」などを中心にお話させて頂きました。鳩山幹事長には、候補予定者になるまでの私の足跡を詳しくご紹介頂き、また、政権交代で何が変わるのか、現状への鋭い問題提起とともに語って頂きました。300選挙区の候補予定者のひとりである私のことを詳しく紹介して頂いたことに感動しました。

 一方、国会が閉会してから推計560万件の厚生年金を公表するとは国民軽視であるとして、民主党として、この問題を鋭く追及する決意も語って頂きました。

 国会閉会後、最初の土曜日に和歌山2区に入って頂いたことからも、「保守王国」和歌山で民主党の基盤を強化したいとの強い意志を感じました。私にとっては大きなイベントが終了しましたが、これを突破口に、さらに活動のピッチを上げる決意です。


写真:演説する私。会場のちょうど真ん中あたりから撮ってもらった写真です。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」



 
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

明日は鳩山幹事長が来訪!

2008年06月27日 23時56分21秒 | 政治
 明日6月28日(土)は鳩山由紀夫幹事長が橋本入りです。下記のようなスケジュールで講演会、そして街頭演説会を行います。


 15:00~ 橋本市・教育文化会館
 16:30頃 南海・林間田園都市駅


 この一週間あまり、このイベントを成功させるために集中してきました。やるべきことはやったと思いますが、このようなイベントの前は、緊張感がありますね。

 橋本・伊都郡を中心に延べ5日間街宣活動を行い、多くのボランティアのご協力を頂き、主要駅では2回ずつビラ配りをしました。また、新聞折り込みや広告掲載を行い、支援者には来場をお願いしてまわりました。昨日、今日は自転車で、挨拶回りをしながら走りました。明日は和歌山、橋本とも鳩山幹事長を一日中引き回しますので、到着時間、そして出発時間が心配です。

 スタッフやボランティアを交えての準備は万端です。後は、私自身の演説ですね。なぜ民主党なのか、なぜ政権交代が必要なのか、そして、私自身の政策とビジョンについてお話する予定です。皆さんの心に残るようなスピーチができるように、全身全霊で訴えたいと思います。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」


 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「1対全員の決闘」-ミニ集会

2008年06月24日 22時30分48秒 | 政治
 今週は5日間で5回のミニ集会を実施・出席しました。ミニ集会とは言っても15人から70人程度のもので、規模も大きく、かつ質疑応答も入れて2時間程度お話をする中身の濃いものでした。このような集会を頻繁に実施することは以前は困難でしたので、私の話を聞いてみようと思う方が増えてきたことを嬉しく思います。機会を作って下さった方々、そして出席者には心から感謝を申し上げます。

 一方的に話す「演説」とは違い、徹底的に質問され、丸裸にされるミニ集会は、候補者の力量が試される厳しい試練の場でもあります。相手はその分野の専門家であったり、生活そのものの中で育んだ鋭い問題意識を持っていることが殆どです。また、そもそも他党の支援者や「民主党は大嫌い」「小沢一郎は大嫌い」な方の場合もあります。和気あいあいと進むことはむしろ少ないほどです。私は「1対全員の決闘」と位置づけ、覚悟を決めて臨みます。

 出席者が見ているのは、結局のところ「本物」かどうかだと思います。つまり、政策や政治姿勢を通して「本気で、覚悟を決めて政治活動をしているのか」「本当に自分たちの生活を良くしてくれるのか」そして「裏切らないか」。つまり、リスクを負ってでも応援するに足る人物なのか、評価・判断される場がミニ集会なのです。

 和歌山県はもともと保守王国である上、残念ながら民主党の議員や候補者が自民党に寝返ってしまうことが続きました。支援して下さる方々からすればハシゴを外されたようなもの。従って「今度の候補予定者は信頼できる」と思って頂かなくてはなりません。

 さて、今日の「ミニ集会」は、父の出身校・大成高校の同期の方々が立ち上げて下さった「阪口直人君を支援する会」の発足式でした。約30人の前で約1時間半あまりお話させて頂きました。

 目の前にいる方々は子供の頃、父のアルバムの中で見た懐かしい方々。しかし、大半が「これまでは自民党に入れてきた」人々であり、様々な地域の人間関係やしがらみも持っていることでしょう。でも、そんな方々だからこそ、何としても応援してもらいたい! 今日も全身全霊で訴えました。

 明日は林間田園都市駅で早朝活動。いつものように4時起きです。鳩山幹事長を招いての講演会の案内ビラを配ります。こちらは「ミニ集会」であってはなりません。明日も大勢のボランティアに参加頂けること、心から感謝致します。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真夏の活動量が全てを決める

2008年06月23日 23時59分02秒 | 政治
 今日は、石井一・民主党副代表と松岡徹参議院議員が和歌山入りされました。和歌山1区総支部長の岸本周平さんと私は、党本部のデータによる選挙区の情勢について、昼食を頂きながらお話を伺いました。

 石井一副代表は、民主党のイラク調査団団長として、首藤信彦衆議院議員とともにイラク入りをしたことがあります。首藤議員の秘書としてイラク情勢について情報収集をしていた関係で何度かお会いしたことがありますが、こんなにも正面から向かい合ってお話しするのは初めてでした。大臣も務めた長い政治経験によって磨かれた強烈なオーラを感じました。

 「小選挙区当選圏内にはまだまだ届いておらん」「しかし、政治活動に取り組む姿勢も、活動量も非常に良いと評価しておる」「あと一歩で分厚い保守地盤を崩せる可能性がある」「1区、2区ともに党本部も大変注目しておる」温かく、厳しく、しかしクールな分析に緊張して聞き入りました。

 今日、改めて感じたこと、それは、今の最大の目標である第一次公認を目指すには、何よりも真夏の活動量が勝負であることです。

 あと一歩。ひたすら前に! 面談を終えた午後は、裂帛の気合で自転車に乗り、岩出市での街頭演説に飛び出しました。こんなにも大きな挑戦のチャンスを与えて頂いたことに感謝しつつ、今度こそは絶対に結果を残さなくては! と、改めて身が引き締まる思いです。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

介護関係者の大きな悩み

2008年06月20日 15時46分10秒 | 政治

 今朝は橋本駅で早朝活動を行い、鳩山由紀夫幹事長を橋本に招いての講演会(6月28日)への参加を呼びかけました。その後は、各地で街頭演説を行いましたが、打ち合わせのため、事務所に戻ってきたところです。開始まで少し時間があるので、パソコンに向かっているところです。

 さて、昨日は高野山の普賢院で「和歌山県老人保健施設協会」の新人研修に招かれ講演をしました。約1時間半、和歌山そして日本の未来の姿について、私のビジョンをお話しさせて頂き、その後深夜まで、介護に携わる方々が置かれた状況について、マネージャークラスの若い世代の方々と意見交換をしました。夜は宿坊に泊まりました。

 改めて感じたこと、それは、介護の現場で働く方々の労働条件があまりにも過酷で、将来設計を考えることさえ難しいこと。やりがいは大きいけれど、あまりにも少ない報酬、そして、今後ますます厳しくなる労働環境に、全員が大きな不安を抱いていらっしゃることでした。少子高齢化時代においては、介護に関わる方々が果たすべき役割、そして負担は増える一方です。しかし「いつまで我慢すればいいのか」先が見えない状況に、政治の力で待遇改善へのきっかけを作って欲しい強く要望されました。

 私は講演やミニ集会でお話をする時、日本の未来図として、「高福祉・高負担」の北欧型を目指すべきなのか、「低負担・自己責任」の米国型がいいのか、単純化して質問をします。生活の安心を担保してくれるなら高負担も止むを得ないと考える方が多いのですが、「その前に、まずは、税金の無駄遣いを徹底的になくすべき!」今のまま増税を訴えても、絶対に国民の理解が得られないこと、改めて実感しました。

 年間12・5兆円の天下り、毎年6兆円の道路予算。皆さんもご存じのように、そこは無駄遣いの温床です。無駄遣いの根絶、そして医療・介護など福祉を取り巻く環境の向上。それこそ民主党政権の最大の使命でしょう。皆さん、ともに、闘いましょう!

 打ち合わせの後は再び橋本に行きます。街頭演説、そしてミニ集会(高野口)で民主党の政策、ビジョンを熱く訴えます。


 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

なぎ倒された掲示板

2008年06月18日 00時15分20秒 | 政治

 昨日、今日は主に橋本市、かつらぎ町で活動しました。

 昨日は車で、そして、今日は自転車でまわりました。各地で街頭演説をしながら、支援者の方々を訪ね、鳩山由紀夫幹事長が来訪予定の橋本での講演会に来て頂くようにお願いをしました。

 今日は本当に暑かったですね。真夏日を記録したようですが、路上は特に熱かったです。でも、自転車で走る紀州路は最高ですよ。つい最近、沿道をピンクで埋め尽くしていた桃の木には、早くも大きな桃がたわわに実っています。桃の季節はもうすぐ。楽しみです。

 掲示板やポスターの数も順調に増えていますが、今日は海南市の424号線から少し孟子方面に入ったところに設置した3つの掲示板がなぎ倒され、破壊されているのを発見しました。果樹園の隅に設置していたものですが、檜で作った頑丈な足までへし折られている様子は、明らかな破壊の意図を感じました。残念なことです。
 
 私はポスターや掲示板の設置が嫌いではありません。私のズボンにはいつもクモの巣やくっつき虫がついているようですが、とにかく、雑草が生い茂る中にも入り、高い塀にもよじ登って設置をします。ポスターは自分の分身。そして掲示板は全て手作りですから、とても愛着があります。敵陣の中、孤立無援で微笑んでいるポスターには「頑張れよ! そのうち友だちを増やすからね!」と、声をかけて通っています。

 選挙に詳しい方に相談したところ、しかるべき対応をした方が良いとのことでしたので、事務所として毅然とした対応をすることにしました。どんな動機で破壊されたのか不明ですが、刑法犯になる話だそうです。お互いに愉快なことではないと思うので、このようなことは止めて頂きたいものです。

 ともあれ、政治活動で出会う人の圧倒的多数は温かい方です。今日は、自転車での活動中に出会った見ず知らずの方に、「まぁ、休んでいきなぁよ」と声を掛けて頂き、ジュースや果物を頂きました。ありがたいことです。少しぐらい嫌なことがあっても、皆さんの笑顔を見るたびに勇気が湧いてくるのを実感しています!

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の日の活動

2008年06月16日 04時34分59秒 | 政治

 今朝はこれから橋本市の路上で街頭活動ですが、少し早く起きてしまったので書いています。

 今は梅雨の真っ最中。雨の中での活動が日常的になります。私としては晴れてくれた方が嬉しいのですが、雨の中での活動に対しては、皆さんの目がより温かい感じがします。昨日も、終日訪問活動をしていましたが、「まぁ、ご丁寧に。よぉ来てくれたよぉ!」そんな温かい言葉で迎えて下さった方が多かったです。また雨の日は在宅率が高く、直接お会いできる方も増えます。路上の活動に対しても、「雨の中大変やなぁ…。頑張って!」と、声をかけて下さる方も増える気がします。

 とは言え、路上活動の場合、風雨が強くなるとノボリ旗は倒れるし、マイクでの声も雨の音にかき消されてしまいます。また、路上にたまった水が撥ねて飛んできますから、ドライバーの方々も気が気ではないでしょう。そうなると、無念の撤退となります。本当に紙一重なんですね。

 そんなわけで、特に早朝活動をする日は、外に響く雨の音が気になって寝られなかったり、早く起きてしまうのですが、今日は雨の音も小さくなったようです。

 では、これから出発です。これ以上の雨は降りませんように!


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

小沢一郎代表の「檄」

2008年06月13日 23時57分10秒 | 政治
 今日、私たち公認内定者は全員民主党本部に集合し、小沢代表からの激励を受けました。

 報道陣を全てシャットアウトしてのスピーチでしたが、鳩山幹事長が「小沢代表のこんなに熱いメッセージは聞いたことがない!」としみじみ言うほど、温かく、厳しく、力強いものでした。政権交代に賭ける決意、そして、この一戦の歴史的意義、また闘いの極意など、自らの経験も踏まえてお話頂きました。

 小沢代表は、梅雨、そして真夏の政治活動を「暑い夏の田の草取り」に例えて話されました。非常に苦労が多く、厳しいけれど、ここでの活動量が、決定的に勝敗を左右するのです。そして、政権交代という歴史を作る一員になるためにも、小選挙区で勝たなくてはなりません。

 全員、すぐに帰って選挙区での活動に全力を尽くすように! とのこと。私もまっしぐらに和歌山に戻ってきました。

 党本部で過ごした時間は1時間足らず。トンボ帰りでの東京でしたが、このような闘いに参加できる喜びと使命感に打ち震える思い、心から感じました。明日からの活動、さらにギアを上げて頑張る決意です。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ホタルの舞いに感動!

2008年06月12日 01時54分26秒 | 日常
 和歌山での政治活動は闘いの日々。でも、そんな私を癒してくれるものも沢山あります。

 最近の楽しみのひとつは、夜、ホタルの舞いを見ることです。和歌山県にはホタルが生息する場所が多く、5月下旬頃から飛び始めました。そして、今がピークのようです。

 私が訪問活動をしている地域は山あいの小さな集落が中心です。暗くなる直前まで訪問活動をしますが、やがて、あたりが夜の帳に包まれる頃、集落を流れる清流のまわりではホタルの舞いが始まります。何百、何千の小さな光が瞬きを繰り返す様子には、とても心が癒されます。この光景をひとりで独占するのは、何とももったいなく思います。

 私は毎日何時間も選挙区を歩いていますが、ここ和歌山では、日々変化する自然、そして農村の風景が本当に魅惑的で、飽きることがありません。時おりカンボジアやモザンビークで平和構築活動をしていたことを思い出します。私が住んでいたのは国連のヘリコプターでしか行けないような山岳少数民族の村でした。毎日、村を訪ね歩き、どうすれば人々の生活、そして命を守れるのか、徹底的に対話をするのが毎日の仕事でした。その頃私のまわりにあったのは銃声や地雷、そして貧困。でも、毎日、村人たちの明るい笑顔の中で生活していたように思います。

 私は70ヶ国を訪ねた経験がありますが、和歌山の農村を歩いて見る日常風景ほど美しい風景には、あまり出会ったことがありません。

 ところが、この和歌山では、笑顔よりも生活の苦しさを訴える声に接することがほとんどです。笑顔を増やすのは政治の大きな役割なのに…。でも、果樹園や田んぼで黙々と働く方々が、私の訪問に見せて下さる笑顔はまた、格別です。

 皆さん、もっと和歌山の農村を歩きましょう! 四季折々の農村風景、そして温かい人々とふれあうことができるはずです。有名観光地への旅よりも、ずっと心にふれる経験になること、間違いなしです。
 

阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高齢者と障害者をいじめる政治

2008年06月11日 23時59分11秒 | 政治
 毎日毎日、訪問活動と街頭演説の日々です。今週は、紀美野町や海南市、また橋本市の山間部を中心に歩きました。また、橋本市と海南市では3つのミニ集会にも参加させて頂きました。

 訪問活動でお話しする方々は大半が高齢者の方々です。つくづく感じるのは、後期高齢者医療制度がお年寄りなど社会的弱者から生きる希望、そして意志さえも奪っていることです。

 今日は海南市の訪問先で93歳の女性と話しました。小雨が降っていたこともあってこの女性は「まぁ、座ってよぉ」と、農作業を行っている納屋に入れて下さり、私はミカンを入れるケースを逆さにした「椅子」に座ってお話を伺いました。

 この女性は話している間もずっと手を動かし農作業をしていましたが、後期高齢者医療制度のせいで、「生きててもしゃあない気持ちになった」とおっしゃっていました。69歳の障害を持った息子さんがいて、その治療費負担がますます増えそうなことが心配でならないそうです。後期高齢者医療制度では、75歳以上のお年寄りだけでなく、65歳から74歳の障害者までもが、強制的にこの制度に加入させられているのです。この制度は「弱者」を切り捨てにする制度であると同時に、費用がかかるけど、今後社会に「貢献」する可能性の小さな人に「不要」の烙印を押す制度でもあるのですね。

 福田政権は総選挙向けに小手先の対応をしていますが、後期高齢者制度の骨格は今後も維持しようとしています。平成20年度の老人医療費は、11兆8700億円から11兆3700億円と5000億円が削られます。国の負担分は6200億円が削減される一方、高齢者患者負担分は1兆200億円から1兆1000億円と800億円も増えます。さらに若年者保険料分は3兆4400億円から3兆5500億円へ1100億円のアップし、高齢者の負担分は1兆9100億円と100億円アップです。

 つまり、国の負担が減少する一方で、個人は若年層、高齢者層ともに負担が増加することになります。そして、高齢者の負担はこれから増える一方です。

 道路の無駄、そして天下りはそのままで、医療費をこんなに削るとは。政治が守るべきは何よりも命への責任、そして未来への責任を果たすことであるはずなのに、絶対におかしいです。

 「今度は絶対に自民党をやっつけてよぉ」一日に何度言われることでしょうか。本当に大きな使命を担っていると、毎日痛感しています。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

鳩山由紀夫、橋本に来る!

2008年06月04日 21時27分47秒 | 政治
 昨日、今日は橋本市内を中心に挨拶回りや街頭演説、また掲示板の設置を行いました。また、昨夜は遅くまで記者の方とも懇談しました。

 さて、6月28日、鳩山由紀夫・民主党幹事長が橋本市にやってきます。後期高齢者医療制度の問題点を中心に、「民主党政権になれば何が変わるのか」お話してもらう予定です。

 鳩山幹事長の和歌山訪問は、この1年間では3度目です。昨年の参議院選挙時にはJR和歌山駅前、そして和歌山市役所前に、応援演説に来てくれました。また、秋の県連パーティーにもゲストとして参加しました。今回は、遠路橋本市まで足を延ばしてもらうことになりました。

 
 当日の日程は下記の通りです


 15:00 政局講演会 橋本市教育文化会館 2階大ホール

 16:40 街頭演説会 南海・林間田園都市駅 駅前


 鳩山幹事長は見た目の印象よりも遙かにサービス精神旺盛な方で、参議院選挙時も、応援演説の後、飛行機を一本遅らせてまで、参加者への握手や写真撮影に応じていました。私も前座でお話をさせて頂きます。皆さん、是非ご参加ください!


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「あがらの和歌山」完成!

2008年06月01日 00時00分52秒 | 日常
 今夜は「あがらの和歌山-人間てほんまにおもしゃいでぇ」の出版記念会に参加しました。

 「あがらの和歌山」は私の友人である大江寛氏が主宰する「紀州文化の会」が編集した本で、和歌山にゆかりの深い人々が、「私の人生を変えた瞬間」「次の世代にこれだけは伝えておきたい」「ええとこあるで和歌山」のタイトルでエッセーを書き、同時に和歌山に関する様々なアンケートに答えることで構成されています。私も59人の執筆者のひとりに加えて頂いたので、「私の人生を変えた瞬間」をテーマに選び、次のような文章を書きました。


マザーテレサと和歌山の「民主化」

 1989年5月、私は会社の休暇を使ってインドにトレッキングに出かけた。経由地のカルカッタは、町じゅうにゴミがあふれ、喧騒と混乱の汚い街だった。ふと思い出したのはマザーテレサの言葉だ。

「美しさとは、心の中にあるもの。人々のやさしい気持ちがあふれるカルカッタは世界で一番美しい街です」 

 このカルカッタが世界で一番美しいとは! 私は、マザーテレサの施設・「死を待つ人々の家」でボランティアをすることにした。

 そこは想像を絶する世界だった。ゴミ捨て場から全身をねずみにかじられた状態で連れてこられた人がいた。路上で生き倒れになっていた人は全身にウジ虫が群がっていた。しかし、全ての人々が尊厳ある命を全うできるよう、多くのボランティが献身的に働いていた。自分も人を助ける仕事をしたいと強く思った。

 しかし、事務系サラリーマンの自分に何ができるのだろうか?

 当時勤めていたキヤノン株式会社では中国を担当していた。6月4日、民主化を求め北京の天安門広場でデモを行っていた学生に人民解放軍が発砲し、血の弾圧を行う事件が起こった。11月9日ベルリンの壁の崩壊をきっかけにソ連・東欧は民主化に雪崩を打った。「民主化支援!」そんな活動に強く興味を持った。

 しかし、そんな仕事があるのだろうか?

 1992年春、新聞を読んでいた私の目にニュースが飛び込んできた。

 「国連が民主化支援ボランティア募集」

 カンボジアでは国連が史上初めて一国の行政を統治し、平和維持活動を行う歴史的な試みが開始されていた。国連は各地方で選挙を実施する責任者を募集しているというのだ。 「これだ!」直感した私は、翌週には面接試験を受けていた。

 合格した私は、会社を辞め、直ちにカンボジアに赴任。山岳少数民族の村で活動を開始した。仲間(中田厚仁さん) は活動中に射殺され、私自身も何度も命の危険に遭遇したが、何とか活動を全うすることができた。その後、30代の多くを、アジア、アフリカの紛争地帯で平和活動に打ち込んだ。

 現在は民主党の国政候補者として、和歌山の政治を「民主化」するのが、私の使命だ。これは、何としてもやり遂げたい。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加