阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

新庄劇場、涙の終幕

2006年10月27日 22時45分14秒 | スポーツ
 北海道日本ハムファイターズが中日を圧倒して優勝。44年ぶりの日本一になりました。私は阪神以外のセ・リーグ球団が出場した時は、例外なくパ・リーグを応援するのですが、今回はひときわ熱心に日本ハムを応援しました。それは、何といっても「タイガース出身」新庄剛志の最後の舞台だったから。そして、ファイターズが地域と密着して盛り上がっている姿に感動したからです。札幌ドームの応援は本当にすごかったですね。ファンの大声援が選手にとっての絶大な力になることを、改めて感じました。札幌地区の最大瞬間視聴率73・5%という数字にも驚きました。
 私は以前、イチローや松坂を観たくて東京ドームに日本ハムの試合を観に行ったことがあります。地域に根づいている感じでもなく、同じ本拠地の読売とのあまりの差に、いつも選手が気の毒に思えてなりませんでした。しかし札幌移転後、北海道の象徴として明るさ、そして感動をもたらしたファイターズが持つ「価値」は、遥かに大きなものになったように思います。

 さて、1985年の優勝から2003年に再び優勝するまで18年を要したタイガースですが、一度だけ、優勝に大きく近づいたことがありました。それは1992年。新庄が鮮烈なデビューを飾った年でもあります。その年、私は会社を辞め、快進撃を続けるタイガースに後ろ髪を引かれながらも国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)の選挙スタッフとしてカンボジアに赴任。ベトナム国境地帯の秘境・ラタナキリ州で活動していました。毎日の活動を終えた後、短波ラジオでNHKニュースを聞いてはタイガースの勝敗に一喜一憂していましたが、そのうち、ラジオが壊れて何の情報も入らなくなりました。ペナントレースが終わって1ヶ月近くたった後、停戦監視員の自衛官の方からもらった新聞で優勝を逃したことを知った時は本当に力が抜けました。

 まだ20歳だった新庄。10年以上はタイガースの中心打者、そして看板選手として活躍してくれると期待したのですが、彼の活躍は、期待と想像を遥かに超えた、全然違う方向にブレークしたのは誰もが知る通りです。いつも華のある笑顔でチームを鼓舞した新庄が最後は号泣。何だか出来すぎたドラマを観ているような究極のハッピーエンドでしたね。センターからのレーザービーム送球、そして、宇宙遊泳のようなスーパーキャッチ。さらに読売戦での敬遠球のサヨナラ打。私にとっての新庄の記憶は、何と言っても暗黒時代のタイガースをひとりで照らした太陽のような存在感でした。これからの活躍も、ずっと応援していきたいと思います。あ、自民党から参議院選挙に出るなんてことがない限りはね! 

胴上げされる新庄剛志選手(毎日新聞HP記事より)


 さかぐち直人政治活動ホームページ
 阪口直人国際協力活動ホームページ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

後藤祐一氏、猛追も及ばず

2006年10月23日 20時09分56秒 | 政治
 昨日は衆議院補欠選挙の開票日でした。後藤祐一氏は猛追も及ばず敗れ、神奈川16区における民主党の議席奪取は次回に持ち越されました。

 今回の選挙戦、後藤祐一候補の随行役だった私は、一番近くで、誰よりも長い時間を一緒に過ごしました。一分一秒を惜しみ、目的を果たすために全身全霊で打ち込む後藤祐一氏の執念とエネルギーは凄まじいものでした。毎日、15~16時間、多い日は18時間も一緒に活動しましたが、全ての時間、気迫をみなぎらせ、頭も体も完全燃焼して動く後藤氏の志の強さには、心底心を動かされました。

 この1ヵ月半の私の役割は、限られた彼の時間を最大限有効に生かすための準備と、彼が行くほとんど全ての場所での「仕切り」。そして一緒に走り、一緒に声を枯らすことでした。キャリア官僚としての約束された身分を投げ打ち、自民党&官僚組織が行っている桁外れの無駄遣いを是正することを誓い、あえて民主党から立候補した後藤祐一氏。本当に背水の陣で世襲候補の厚い壁に挑んでいる彼を一番近くでサポートすることは、本当に責任が大きくエネルギーを要する、しかし心躍る役割でした。

 朝、駅立ちをした後は、一日中自転車に乗って、マイクで政策を訴えながら走り、適当な場所があればスポット演説。一番多い日は、125回も演説をしました。候補者が話している間、私は「自転車隊」のボランティアと一緒に全力で走って人を探し、ビラを渡して支援をお願いした後は、再び全力で走って直ちに自転車に飛び乗り、時にはペダルを漕ぎながら次の予定の打ち合わせ。連日、30キロ以上を駆け抜けました。夜はいくつもの会合を掛け持ちして支持を訴え、終盤は終電まで駅立ちして肉声で握手作戦。毎日毎日この繰り返しでしたが、私自身の選挙活動スタイルとも共通していたこと、また反応の良さもあって、手応えは上々でした。

 民主党本部もかつてないほど総力を挙げてサポートをしました。毎日のように現地入りした菅直人代表代行は延べ120回も街頭で演説をし、鳩山由紀夫幹事長や岡田克也元代表も自ら自転車に乗り、何時間も一緒にまわりました。また、多くの国会議員が駅頭で、マイクは持たず地声を張り上げて支持を訴え、またローラー作戦で地域を一軒一軒まわりました。代々続いた世襲候補を破り、政権交代への地殻変動をここからおこすぞ! そんなみんなの思いがひとつになって、大逆転の期待が膨らんでいただけに、それが議席奪取につながらなかったことは本当に残念でした。

 対立候補や多くの現職国会議員と比較しても、圧倒的な能力を持った後藤祐一氏が国会で力を発揮するチャンスが得られなかったこと、それは日本の未来にとっても損失と思われてなりません。

 しかし、こんなことで挫ける後藤祐一ではありません。苦しい人のためにこそ政治はある! そんな彼の信念は、さらに現場を歩き、格差社会に苦しむ人々の声を聞くことでいっそう本物になるのでしょう。ガンバレ後藤祐一! いや、これからも共に頑張ろう!!
  
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

実現男VS世襲男

2006年10月09日 23時41分05秒 | 政治

 いよいよ明日から神奈川16区の補欠選挙が始まります。この1ヶ月、朝から深夜まで後藤祐一氏と行動を共にしてきましたが、彼こそは、今の日本に必要な人材との思いは日々強くなるばかりです。

 自民党の亀井善太郎氏も、優秀で好感の持てる候補予定者ですが、4度行われた公開討論会の議論を見る限り、政治家としての力量の違いは明らかです。何よりも、世襲候補者であることが、発言の自由や発想の幅をとても狭くしているのが気の毒に思えました。

 経済産業省の官僚として味わってきた、間違った政策決定過程を正すこと。そして苦しい人のために、税金の無駄遣いを徹底的になくしていく。それが後藤氏の決意です。官僚組織と徹底的に闘うため、官僚の自己防衛の裏側を全て知っている自分がやらねばならない。そんな決意であえて民主党から立候補した後藤祐一氏の志が遂げられるよう、私も闘います。

   
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加