あまちゃんの しーふー(西湖)日記 @ 杭州

2015年9月、ライター事務所が 中国・杭州に移転。
”あまちゃん”こと あまぎクンが異国での日々をつぶやきます。

蓝天 !(あおぞら)

2016-12-02 17:22:42 | 日本
日本 2日めは いいお天気で(兵庫県 武庫川の景色)

お空が

青かった! (ちなみにニトリには行ってまへん)

日本は歩きやすいね〜
電動バイクもいないし、
つばを吐く人もいないや (^_-) あたりまえ

今年一年のお礼参りもかねて、なじみの神社へ。

ここ ボクの実家。なんちって、、。

*おまけショット*

ばっちゃんの家からみた夕焼け。

ああ、ピントが網戸に…。

えへへ〜 (このテレビ 何か わかった人はスゴイ)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

すごい人に遭遇! 马云(マーユン)

2016-12-01 06:40:05 | 旅行
じゃーん。じつは杭州の空港にいます。
ちょっくら用があって これから日本へ。

それにしても人が少ないな〜
チャンス⁉️とばかりに税関で記念撮影。(>あほか)

海关(海関)って 税関のことたよ。

もうすく ボクの番が・・・というとき、
横を通りすぎた、見覚えのあるおじさん。
ひょっとして??
马云(馬雲:まーゆん)ではないかい?

马云とは、中国一の大富豪、実業家(アリババ社の創業社)。日本でいうとソフトバンクの孫さんか 楽天の三木谷さんみたいな存在。いやそれ以上かも。じつは杭州出身。

ボクが使ってるネットショップの淘宝(タオバオ)も、携帯でお買物の支払いができる支付宝(じーふーばお)もみんな彼の会社がつくったんたよ。

実物は写真と同じ。小柄で細い、頭ちっちゃい、クシャおじさんのような人だった。スーツではなくカジュアル着。
どこへ出張だろう? 「たぷんプライベートジェットでしょ」と後ろに並んでた日本人が言ってたよ。
さすがVIP、安全検査もなくスルッと別の通路から消えていきました。

搭乗口に行ってからも興奮冷めやらず、誰かに伝えたくて、つい掃除のおねえさんつかまえて「いま、马云 みたよ」と言ったら、
これたぺる? とクロワッサンみたいなパンを1個差し出されたんだけど 遠慮しときました。機内のたぺものらしい。

おねえさん、写真撮られて嬉しそうで、
聞いてないのに「私もう58よ」。
たしかにそうはみえないね〜 あき竹城 ふう (^_-)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

タオバオでお買物 5 焼餅

2016-11-30 10:41:13 | グルメ
懲りないね〜と言われそうですが。
これも少し前のお買物。
またまた少し離れた宅配ボックスに

届いた荷物は

黄山焼餅。
黄山とは安徽省にある世界遺産の山。

そこの名物なのかな?
じつはよくわからないで買ったという…。

淘宝(タオバオ)には
食料品も結構あるので、
小腹がすいたときの 甘くない お菓子として 頼んだんだ。

ありゃ、思いのほか ちっちゃい。

でも塩味でサクッとして イケる! 中は乾燥した梅や豚肉入りたよ。
買いもの 成功! もちボクのおこづかい

*ボスからのお知らせ*
きのうは"いい肉"の日、だったのかな?
誰かさんが 結婚したとかなんとか、、。

そんな日に ボスちゃんは日本時代に取材して ほったらかしだった台湾ばなしをアップしました。
興味のある方、ヒマでどうしようもないときにでも覗いてみてください。ボクが言うのもなんたけと、結構 感動もんだよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘンな果物 パラミツ

2016-11-29 10:52:37 | グルメ
果物屋の店頭で店員さんが せっせと切っているのは、

この 巨大ナマコ(!)みたいなフルーツ。店員さんに名前を聞いても聞きとれなかったよ。

菠萝蜜(ぼー るぉ みー)って パイナップルの意味もあるけど、これは明らかに違う。

ネットでしらペてみたら「パラミツ」だとさ。お笑い芸人の名前みたい。英語名は ジャックフルーツ。

じつはこないだ すすめられて味見したけど イマイチだったんだ。日本には入ってこないはずたね。

*おまけショット*

いやーん、、

師走にそなえて

毛衣(セーター)にお着替えしました。
ぬくぬく。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来客あり、特記事項なし。

2016-11-27 22:52:21 | 日記
めずらしく晴れた日曜日。
午後 お客さんがくるので
朝から 市場と超市(スーパー)へ。
その帰り…

マンションの広場では 飲料水メーカーがなにやらイベントを開催してたので
朝からマイクの音が騒がしかったよ。

ちらと覗いてみました。
杭州の名物料理「西湖醋鱼」がたくさん並んでいたよ。

ペットボトルの一本くらい貰えるかな? とおもたけど、

何もなさそうなので さっさと退散。
"ビストロおばさん"的なイベントかな?

お鍋の準備とかをしたあと、

ベッドルームで じっと待機。

お客さんは ボクの存在を知らないから しょうがないね。こういうのは慣れっこてす。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加