あまちゃんの しーふー(西湖)日記 @ 杭州

2015年9月、ライター事務所が 中国・杭州に移転。
”あまちゃん”こと あまぎクンが異国での日々をつぶやきます。

小朋友とボク

2017-03-27 23:07:32 | 日記
きのう、太子湾公園にて。
いくら お花がきれいたからって、
自撮りばっかでは つまらんし〜

ねえ、きみ一緒にどう?
とたのんでみたら、

快く 「はい、ポーズ」してくれました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さいあくの日(@ お茶会)

2017-03-26 21:34:16 | 日記
きょうはまちの茶館でおじちゃんの会社のイベントがあるので、
その前に 初めて訪れた太子湾公園で
チューリップをみたり (貴重な晴れの日たしね)

しーふー沿いを歩いたり。
この時は まさかこんな日になるとは思いもよらないボクでした。

茶館では会社の組合のイベントで
朝からお茶会をやっていました。
ボクたちは昼前に合流。

先日の婦女節(女性の日)にあやかって
女性のためのお茶会のはずが。
誰かがワイン🍷を何本も買ってきて、
気がついたら 例によって一気大会になってまして、すっかり乱れて
ワインも倒れて…

ボスの白ジーンズにまでワインが飛び散り、ボスがついにキレた!

「あたし、もう帰る!」
立ち上がったものの、酔いつぶれたおじちゃんを置いて帰るわけにもいかず、

茶館でつぶれたおじちゃんを介抱する中国人従業員たちと一緒に2時間以上待ち、

茶館の終了時間(5時)、
外に出てからも 道ばたで動けないおじちゃんを 粘り強い従業員たちと待ち、
(観光客や街の人から奇異の目で見られました)

さいわい1人 車で来ていた従業員がいたので、なんとか車に乗せ、

うちまで 担ぎこんでもらいましたが
うちに入るなり、

こんな状態… さいあく👊
もうボク、めんどうみきれません!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

永和大王のいち押しメニュー

2017-03-25 22:14:37 | グルメ
おなじみ 永和大王のポスター。
最近のいちおしメニューは
サクサク&柔らか 鶏足の唐揚げセット。
ずっと気になってたので、
先日ヨガの帰りに 挑戦してみました。
結構 出てくるまで時間かかりましたよ。

じゃーん。ご飯の上に すっぱ辛いキャベツやインゲン。ご飯にも辛めの汁がどっぷりしみてて味が濃ゆ〜い。

これが中国人の好きな揚げもんのコロモね。サクサクというか、見た目ボロボロ〜なかんじ。
肉は柔らかいけど、やっぱコロモがデカかったよ。

スープの具は魚丸というか、
タコが入っている模様。
こういう店のスープは塩辛いね。
すっかり ボスちゃんの薄味に慣れてるもんで。

それにしても、

人がたぺてるときに掃除するのは
やめてほし〜 もう来ないから ( ̄▽ ̄)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土足でお邪魔しまんにゃわ〜

2017-03-24 20:42:44 | 日記
悩ましい 部屋さがし。
いま住んでるマンション内でも
オススメの空き物件があると先日見学。
いまいちピンとこなかったんだけど
きのう 買い物帰りに もう一度玄関まで行ってみよう… と見に行ったら、

見学の時にもお会いした隔壁(お隣)のおじさんとばったり。
「まあ、上がっていきな (^。^)」
とのお誘いを断りきれず…
土足であがりこんだボクちゃん。
ていうか、中国人の家はキホン土足たからね。

お2人とも 退職されて悠々自適。北京の大学時代のクラスメイトだそうです。

そしてなんと、お昼ごはんの(おばさんが外で買ってきた)ワンタンまで
ご馳走になる始末。これ、たぺたあと。

つづいて、おばさんに
「甘いものは お好き?」と聞かれ、
お菓子までいただいてしまい、

帰りがけに
お土産まで もらってしまったという 遠慮のなさ。(> あつかましいったら!)

おじさんに 悩める引っ越しの相談までしてしまったボク。
あちこち見学すればするほど、今の自分の部屋がいとおしいというか、舍不得(離れがたく)なってきたという話をしたら。
おじさんは「この舍不得な気持ちは人として当然の感情だな〜 まあゆっくり考えたまえ」と(たぷん)言ってくれました。

そしてきょうのおやつは、
例のお菓子。

おばさんによると、
老字号と書いてあるのは安心できるんだって。

1895年から続く老字号(老舗)ってことね。

日本の甘食と蕎麦ボーロにも似た

素朴なお味てす。
(おととい、いつもと反対の歯が痛かたので 甘いものは控えようと決心したのもつかの間。ゆうわくに 負けますた、、)





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

山口百恵(しゃんこう ばいふい)

2017-03-22 22:16:30 | つぶやき
きのう朝 タクシー🚕の運ちゃんから
興味ぶかい話を聞きました。
ボスがこちらの微信(ウィチャット)の朋友圈(モーメンツ)にアップしたので
こちらでも紹介します。

君はまだ覚えているだろうか?
70年代 日本の女性アイドルスター🌟
山口百恵(しゃんこう ばいふい)を。

けさタクシーに乗ったら、
運ちゃんが 私が日本人だと知ると
こんなことを話し出した。

その昔、日本のテレビドラマ
「血疑(赤い疑惑)」が中国でとても流行っててさ。僕も好きだったな〜 それは夢中で見たさ。

あの頃、僕は中学生。まだ家にテレビがなかったから、毎回友だちの家に行って見たんだ。友だちの家はお金持ちだったからね。
僕の家にテレビが入ったのは、そのだいぶあとのこと。

(遠い目で語る 運ちゃん… でもないか。真面目に運転ちゅー)

ボスより2つ若いの運ちゃんはなんと、
「赤い疑惑」の主題歌まで覚えてて
口ずさむんだ。
もち、歌詞までは覚えてないけと、
よっぽど好きだったんたね。
(たぶん「♫ ありがとうあなた」)

百恵は綺麗だったし、相手役(三浦友和)は背が高くてかっこよかったし、百恵の父親役(宇津井健)もかっこよかった。母親役(岸恵子)はたしかパリに住んでただろ? みたいなことも。

たまたま出会った運ちゃんから
こんな思い出ばなしが聞けるなんて。

百恵ちゃんに感謝❣️たね。

あ、これらの写真は少し前にこちらのテレビでやってた山口百恵のドキュメンタリーから。
結構なまなましいドキュメンタリーで、なんと

百恵ちゃんの出自というか、お父さんのことにまで話が及ぶからびっくり。
(本人が知ったら 怒るとおもうよ)


你还记得一个70年代的日本女星 山口百惠吗?
今天早上我坐了出租车。那辆出租车的师傅,他一知道我是个日本人就说起来一部日本电视剧《血疑(赤い疑惑)》的回忆。那时候师傅上中学,家里没有电视机,所以每次到很有钱的朋友家去看那部电视剧。当时在中国那部电视剧蛮火的,上中学的师傅也看得入迷。没想到,师傅还记得那部电视剧的主题歌,突然唱起来了。他一边开车一边唱哼歌,看起来很开心,仿佛回到那个时代,我也很开心。感谢山口百惠 啊❣️纪实节目

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加