座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆このようにして、主の栄光が現わされると、

2016年12月24日 17時35分02秒 | 聖書
すべての者が共にこれを見る。(イザヤ四〇・五)
私たちは、全世界がキリストのもとに帰る幸いな日を心待ちにしている。その時、異教の神々はもぐらやこうもりに投げやられ、三日月(イスラム教)は形を失い、その有害な光を再び諸国民の上に投ずることはない。諸国の王は平和の君の前に頭をたれ、すべての国民は贖い主を賛美する。
ある人々はこの話に失望する。彼らはこの世を、壊れ果てて再び浮かび上がらない船のようなものと見る。私たちは、世界とその中にあるすべてのものはいつの日にか焼き尽くされ、その後、新しい天と新しい地の来ることを知る。しかし私たちは、
「イエスは、大空を渡る太陽の
照らす限りを支配される」
という確信がなければ、聖書を読むことはできない。私たちは、主がおいでになるのが遅くても、失望はしない。主が教会に与えられた長い時の中で、私たちの戦いがほとんど成功せず、大部分が敗北であったとしても、私たちは落胆しない。私たちは信じる。神は、かつてキリストの血が流されたこの世界が、常に悪魔のとりでとなるのを決して放任されることはない、と。
キリストはこの世界を憎むべきやみの力から救うために来られた。人と天使が声を合わせて、「ハレルヤ。万物の支配者である、われらの神である主は王となられた」と叫ぶのは、いかにすばらしい光景であろう。
その日、戦いに参加した者、敵の弓矢を折ることを助けた者、私たちの主が勝利を得られるのに力のあった者の満足は、どれほどであろう。この常勝の主に自らをゆだね、主と共に戦い、主の御名と御力によっていくぶんかでもなす者は幸いである! しかし、悪の味方となった人の不幸はどうであろう。それは、敗者の側にあり、永遠に敗北し、失われた者となる。あなたはどちらの側につくか。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「すべての事について、感謝... | トップ | 12月24日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。