ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

ザ・ウォーカー

2010年05月25日 | 映画(さ行)
(原題:THE BOOK OF ELI)
【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆)


世界にたった1冊だけ残された本を巡って繰り広げられるサスペンスアクション。

文明崩壊後のアメリカ大陸。ウォーカーと名乗る男(デンゼル・ワシントン)は、世界でたった1冊残る本を運び、30年もの間旅をしていた。ただ「西へ向かう」ということだけが手がかりで、ウォーカー自身も目的地を理解していない。一方、汚染されていない水脈を独占する事で独裁者となり、ある地域を支配していたカーネギー(ゲイリー・オールドマン)。世界が崩壊する以前の歴史を知っているカーネギーは、部下のレッドリッジ(レイ・スティーヴンソン)らに「ある本」を探させていた。そんなカーネギーが支配する町にやってきたウォーカー。酒場のゴロツキを一瞬にしてやっつけたウォーカーに興味を示したカーネギーは、盲目の娼婦クローディア(ジェニファー・ビールス)の娘ソラーラ(ミラ・クニス)を充てがい接待する。またソラーラも自分の知らない外の世界からやってきたウォーカーに興味を示していた。やがて、探し求めている本をウォーカーが持っている事を知り、カーネギーはウォーカーを執拗に追い回す…。



嫌いじゃない物語なんだけど、超大作っぽい宣伝展開に期待して観たため、かなり拍子抜けしてしまったのも事実。
限りなく★2個に近い3個ですね。
もしこれが劇場未公開で、DVDで鑑賞したとしたら★4個付けて大絶賛してたかも?
観る側のスタンスで感想が大きく変動する作品ですね♪



いや~、良くも悪くもB級作品です♪
ともやは好きです、こういうの。
ただ前にも書いたけど、超大作を観るという前提でなければ…。

宣伝ではその本が「最強の兵器」であると謳っているが、その正体は?
でもその正体よりも、ウォーカーの身体に起きていたある事情の方がビックリしたかも。
あ~、そうか、それであの場面であ~でこうか!

「ファイト・クラブ」や「ボーン・アルティメイタム」を手掛けたスタント・コーディネーターのジェフ・イマダのアクションは最高♪
デンゼル・ワシントンって50歳越えてるのに、あの動き=アクションができるなんでスゴい!
そういえばこの間観た「パリより愛をこめて」のジョン・トラボルタのアクションもスゴかったけど、この2人同い年なのね(トラさんの方が学年は1こ上。…学年って…笑)。
トラさんとデンゼルは「サブウェイ123 激突」でも共演してたね。
オヤジたち、まだまだ頑張って欲しいなぁ。

ちなみに後半で出てくるマーサ(フランシス・デ・ラ・トゥーア)とジョージ(マイケル・ガンボン)老夫婦のエピソードは好きだなぁ♪
いや、絶対これB級映画ですって!
こんな超大作っぽい宣伝しちゃダメダメ♪



マックス・ペイン」や「寝取られ男のラブ♂バカンス」のミラ・クニスも出てます♪
ポスト:ミシェル・ロドリゲスと言ってしまっていいでしょうね♪
ともやお気に入りです♪
ラストシーンがまた格好良いんだ♪♪

追伸。
資料には『「アバター」を破り全米1位を記録!』ってデカデカと書いてあるんだけど、ともや調査ではどこ調べてもそんな事実見つからないんだよなぁ。
よく見てみると、『BOXOFFICE MOJOより』って小さく書いてある。
実際にBOXOFFICE MOJOのサイトに行ってみると、ここは1日ごとの興行収入のランキングを発表しているところみたい。
そこを見ると確かに「ザ・ウォーカー」が公開された初日(2010/1/15)の興行記録だけ「アバター」を抜いて1位になってるww(16日以降はまた「アバター」が首位)。
…ま、確かに嘘では無い…わな(苦笑)。

監督はアルバート・ヒューズ&アレン・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)。
製作はジョエル・シルバー&デンゼル・ワシントンほか。
スタント・コーディネーターはジェフ・イマダ。

全米興行成績(2010年1月公開):初登場2位→3位→5位→7位→ランク外
全米興行収入:9453万ドル
日本興行成績(2010年6月公開):初登場5位→5位→8位→ランク外

2010年6月19日公開
公式HP:ザ・ウォーカー


ザ・ウォーカー [Blu-ray]

角川映画

このアイテムの詳細を見る


ザ・ウォーカー [DVD]

角川映画

このアイテムの詳細を見る


Book of Eli(「ザ・ウォーカー」輸入盤サントラ)
Atticus Ross,Claudia Sarne,Leopold Ross
Reprise / Wea

このアイテムの詳細を見る


Book of Eli [Analog](「ザ・ウォーカー」輸入盤サントラ)

Reprise / Wea

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリンス・オブ・ペルシャ/時間... | トップ | アイアンマン2 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そっかー (chara)
2010-05-25 23:59:16
結局最終試写も行けそうにないので、
あきらめがつきました。
DVDでじっくり見ます。
うんうん (ともや)
2010-05-26 23:03:34
こんばんは、charaさん♪
B級映画ってスタンスで観れば、すんごい面白いですよ。
それだけ肝に命じておけば大丈夫です♪
こういうのも悪くないです。 (えい)
2010-06-01 23:40:47
ぼくも、あの老夫婦のエピソードは好きです。
なぜ、お婆さんの手が震えているのかと思ったら、
そういうことだったのかと…。
まあ、ゲイリー・オールドマンの
役回りなんかも含めて、
マカロニウエスタン、それも
『真昼の用心棒』あたりのB級の匂いのする
嬉しい作品でした。
スッキリ (ともや)
2010-06-04 07:23:48
こんにちは、えいさん♪
流れ者っていう設定は、西部劇にしっくり来ますよね。
ラストのスッキリとしない展開も、B級っぽくっていいんですけどね~ww。
わかります (にゃむばなな)
2010-06-19 14:14:52
これ、クリストファー・ランバートのようなB級俳優さんが主演でDVDで「拾い物」扱いで見たら絶賛していたでしょうね。
決して大作として見る映画ではありませんでしたもんね~。
Unknown (えふ)
2010-06-19 16:38:34
デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンが出てなければ、
B級として楽しめたかも!(苦笑
カルト (ともや)
2010-06-19 18:26:42
こんばんは、にゃむばななさん♪
そうなんですよ。
DVDスルーされたというスタンスで観てたら、『なんじゃ、この展開! すげぇ!』って大絶賛してましたよ♪
まぁ、そういう意味でも、これはカルト映画の仲間入りですよね。
ミラ・クニス (ともや)
2010-06-19 18:34:53
こんばんは、えふさん♪
>デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンが出てなければ、B級として楽しめたかも!(苦笑
ただアレですよね、この2人が出てなければ、観ようとさえ思わなかった…っていうのも事実なんですよね(苦笑)。
あ、でもミラ・クニス目当てで観てたかww
このね~ (KLY)
2010-06-20 00:02:20
宣伝はミスリードだよね。
しかも、デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンなんて大物二人の共演ときたら、そりゃのせられちゃうはず。
30年間もどこほっつき歩いてたのか解らないけど、もっとオーパーツ的な本かと思ったら、そこだけは妙に現実的だったり。(笑)
力込めて初日朝一で観にいって大失敗ってとこです。^^;
 (ともや)
2010-06-21 00:10:16
こんばんは、KLYさん♪
>オーパーツ的な本
そうそう。
「死霊のはらわた」の死者の書や、ラヴクラフトのネクロノミコン…みたいな…ね。

いや~、あの宣伝だと、もっとすごい展開を期待しちゃいますもんww
Unknown (mig)
2010-06-21 16:03:24
ともやさん★

さきほどはどうも♪(笑)

これ、なかなか楽しめたけどゾンビランドに比べたらね~^^

デンゼルがとにかくカッコ良かったし
女の子が可愛かったわ★
アンジーより可愛いって!
ポスト:アンジー? (ともや)
2010-06-21 16:19:55
こんにちは、migさん♪
いやいや、「ゾンビランド」は文句無く楽しいから、これと比べても…ww

ある番組でミラ・クニスのインタビュー見たんだけど、クニスはポスト:アンジーって言われてるんだってね。
ともやはアンジーよりも、絶対ポスト:ミシェル・ロドリゲス派なんだけどね(笑)。
…とはいえ、今後注目の女優さんであることは確実!
楽しみですわん。
やるなら徹底的に (たいむ)
2010-06-21 16:56:17
こんにちは!
私も嫌いじゃないですけど、大物キャストを起用がちっとも効いてないのがもったいなくてね~。

「最強の兵器」のコピーも煽り過ぎ。すぐに何だか判っちゃうと、人によっては白けちゃうモノだものね。

宣伝って本当に難しいですね。やり過ぎても足りなくてもダメなんだもん(^^;
宣伝 (ともや)
2010-06-21 17:59:42
こんにちは、たいむさん♪
ゲイリーのラストは扱い的にもったいなかったですよね。
もうちょっと悪役らしく華やかに散らせてあげたかった(笑)。

>やり過ぎても足りなくてもダメなんだもん(^^;
ただあの宣伝でしっくり来る人がいることも事実なんですよね。
ほんとこういうのって正解が無いから、難しい世界ですよ~。
こんにちは~♪ (由香)
2010-06-23 09:25:06
お邪魔します~♪

デンゼルのアクションはカッコ良かったです!
映像も綺麗だったし、見所はあったんだけど、、、
ストーリーがなぁ~何だか拍子抜けでした。
ああいう展開は、日本だと特に馴染めないかも・・・
拍子抜け (ともや)
2010-06-23 22:52:45
こんばんは、由香さん♪
ああいう展開のカルト映画だとは思ってもいなかったので、観終わった後のガッカリ感はハンパじゃなかったですね~(笑)。
物足りなさ大爆発…みたいな(爆)。

デンゼルのアクションは格好良かったし、映像の雰囲気が良かっただけに、尚更…ね。
嫌いな感じではまったくないんですけどね~♪
こんにちは~♪ (ひろちゃん)
2010-06-24 15:22:38
うんうん。ともやさんに同感!私も期待せずにDVDとかで観たら、すっごく良かったって思ったと思います^^
あの予告編からじゃあ、いろいろと期待しちゃいますよね(^^;
とは言え、デンゼルとゲイリーが好きなのと
オチ(デンゼルの)が意外だったので、それなりに楽しめました(*^o^*)
おじいちゃん、おばあちゃんのシーン
この映画で、唯一笑ってしまったところでした
(笑)私も好きなシーンです(^_-)-☆
宣伝 (ともや)
2010-06-25 03:31:09
こんばんは、ひろちゃん♪
まざ、映画にお客が入らないと、配給会社が儲からないし、儲からないと面白い映画の買い付けができないから…これはしょうがないですよね。
多少のハッタリも宣伝のうち。
どれだけ予告で映画に興味を抱かせるかが、腕の見せ所だもんね~。
B級! (ノルウェーまだ~む)
2010-07-16 12:49:04
ともやさん、こんにちは☆
デンゼル格好よかったですよね!
しかし、これってB級映画だったんですか?
確かに老夫婦のところなんか、いかにもってかんじで、私もこういうB級テイスト大好きです。
その本の正体に対して、なじみの無い日本人には、ちょっと理解しにくいテーマですね。
公開 (ともや)
2010-07-19 14:27:36
こんにちは、ノルウェーまだ~むさん♪
大作っぽい派手な宣伝してたけど、話題になるわけでもなくあっという間に公開終わっちゃいましたからね~。
この流れは確実にB級映画ですわん。

そもそもテーマが日本人には馴染みの無い世界でしたから…。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ザ・ウォーカー』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。 ※映画の核に触れる 部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:The Book of Eli)
ザ・ウォーカー (うろうろ日記)
試写会で見ました。本を運ぶためにひたすら西へ向かって歩いている話です。冒頭の森の
映画「ザ・ウォーカー」 (今日の素敵さがし)
 我が愛する(?)ゲイリー・オールドマンと、デンゼル・ワシントンが競演ってことで、かなり楽しみにしてたSF。ゲイリーが“狙う男”で、デンゼルが“運ぶ男”なんだそう。
『ザ・ウォーカー』 (めでぃあみっくす)
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレがないのが残念。 ヒューズ・ブラザーズ、ゲイリー・オールドマン、そして爆破魔。この映画...
ザ・ウォーカー (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本をー。
劇場鑑賞「ザ・ウォーカー」 (日々“是”精進!)
 「ザ・ウォーカー」を鑑賞してきました「フロム・ヘル」のヒューズ兄弟がデンゼル・ワシントンを主演に迎えて描くSFサスペンス・アクション。文明が崩壊した終末世界のアメリカ...
ザ・ウォーカー (悠雅的生活)
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
ザ・ウォーカー (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・...
ザ・ウォーカー (LOVE Cinemas 調布)
『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントン主演最新作。戦争で文明が崩壊した世界を歩いて旅する男を描いたSFアクションムービーだ。男がが運ぶこの世にたった一冊の本とは何なのか…。その本を狙う男に『ダークナイト』のゲイリー・オールドマン、他に『マッ...
ザ・ウォーカー (5125年映画の旅)
終末戦争で文明が崩壊した世界。一人の旅人<ウォーカー>が、一冊の本を抱えて30年の長い旅を続けていた。旅の途中、ウォーカーはとある街を訪れ、街の支配者カーネギーに目を付けられる。カーネギーの狙いはウォーカーが持つ「世界を支配出来る本」だった。 デンゼル...
ザ・ウォーカー・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
最終戦争で人類文明が滅亡した後の世界を舞台に、この世に残されたたった一冊の貴重な本を、ひたすら西へと運ぶ男を描いた、デンゼル・ワシ...
『ザ・ウォーカー』・・・終末の先に (SOARのパストラーレ♪)
事前情報をほとんど入れずに鑑賞。正直思っていたよりはるかに地味な作品だった。しかしながら切って捨てるにはもったいないだけの魅力も十分にあり、見応えはなかなかのもの。テイスト的には平日昼過ぎのテレビ東京行き確定のB級作品なのだが、そこはデンゼル・ワシント...
[映画『ザ・ウォーカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?  アクションが西部劇スケールなので、『マッドマックス』よりも表現が退化したと思われそうだが...
ザ・ウォーカー / The Book of Eli (勝手に映画評)
何らかの原因に依って文明が崩壊してしまっている社会が舞台。 とは言うものの、“何らか”が示すものは、核戦争である事を映像的に表現しています。“何らか”と記したのは、明示的に台詞として語られていなかったから。冒頭のシーンから、核の灰の降るシーンですからね...
ザ・ウォーカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE BOOK OF ELI。アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、マイケル・ガンボン、トム・ウェイツ...
ザ・ウォーカー (だらだら無気力ブログ)
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲ...
ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ゲイリー目当て{/3hearts/} だったけど、最高にカッコよかったのはデンゼルの方{/kaminari/} 期待はしてないまでも、ずーっと楽しみだったから初日に観てきま...
『ザ・ウォーカー』 (purebreath★マリーの映画館)
     運べ、西へ。 世界に残るたった一冊の本を・・・『ザ・ウォーカー』監督・・・アルバート・ヒューズ/アレン・ヒューズ脚本・・・ゲイリー・ウィッタ出演・・・デンゼル...
「ザ・ウォーカー」みた。 (たいむのひとりごと)
原題は『The Book of Eli』。予告編によれば”世界に残されたたった一冊の大切な本”をめぐる攻防みたいな印象であり、なんで邦題が『ザ・ウォーカー』と”本”を守護する人間側になってしまったのか
ザ・ウォーカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
世界的戦争の後、荒廃したアメリカ大陸を旅する一人の男。その男が持っているのは世界に秩序を持たらす絶対的存在だ。最後のオチは予想外だったけど、爽快な気分と充実感が得られた。デンゼル・ワシントンの演技がすごい。
「ザ・ウォーカー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「マトリックス」のジョエル・シルバー制作。ハリウッドを代表する二大スターが競演する事でも話題の本作。 主演のデンゼル・ワシントンは「サブウェイ123激突」の信楽焼のタ...
ザ・ウォーカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩...
★ザ・ウォーカー(2010)★ (CinemaCollection)
THEBOOKOFELI運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/06/19ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫PG12...
【ザ・ウォーカー】 (日々のつぶやき)
監督:アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・キュニス 「戦争で地球が焼けたただれ、人口が減ったアメリカをイーライはただ一人旅を続けていた。 途中ある町に立ち寄った。そこで男たちに絡まれたイー
ザ・ウォーカー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
デンゼル・ワシントンにゲイリー・オールドマン舞台は近未来・・・人類は一度滅亡しかけ生き残った人々一人の男がひたすら西に向かって旅を続ける。Gyaoで冒頭7分くらいの映像公開してまして・・・あ、たぶん寝るかもという懸念抱きつつ鑑賞してました。あぁ、やっぱり途...
ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方...
ザ・ウォーカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界はすべてを失った。残されたのは、たった一冊の本!男はそれを抱え、ひたすら歩き続ける。運べ、西へ。その本を__。 男はなぜ、歩むのか?、何が書かれた本なのか?、戦慄の新世紀サスペンス・アクション。 物語:近未来、人類はほぼ滅亡しており、生き長らえた...
映画「ザ・ウォーカー」 (FREE TIME)
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。
タイトルデザイン_17・ザ・ウォーカー・Prologue Films (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・ネタバレ、内容に触れています。物語・世界崩壊後の近未来。世界に一冊だけ残された本を運び西へ向かう男イーライ(デンゼル・ワシントン)。そして同じく本を探す男カーネギー(ゲイリー・オールドマン)。果た
ザ・ウォーカー★★★+劇場93本目:セピア... (kaoritalyたる所以)
デンゼル・ワシントン主演のウォーカー‥一冊の本を西へ運ぶってだけの話しです(笑)だけじゃないけど、まぁ、そんなお話で、ネタバレ書いちゃいます。その本を奪おうとするのがゲイ...
ザ・ウォーカー 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
西へ旅する者~『ザ・ウォーカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き...
「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・ (はらやんの映画徒然草)
<今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK
「ザ・ウォーカー」スタイリッシュな映像 (ノルウェー暮らし・イン・London)
機内上映2本目は「ザ・ウォーカー」 こちらも、ただカッコイイだけという前評判だったので、期待しすぎないように気をつけて鑑賞。 なるほどー、確かにカッコイイ!! まるでモノクロの写真集をめくっているような映像と、無駄のないシャープな動きが、単純なストーリ...
ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI (いい加減社長の映画日記)
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー」は、大きめのスクリーンで、3...
ザ・ウォーカー (メルブロ)
ザ・ウォーカー(原題:THE BOOK OF ELI) 322本目 2010-26 上映時間 1時間58分 監督 アレン・ヒューズ 出演 デンゼル・ワシントン(イーライ) 、 ゲイリー・オールドマン(カーネギー)      ミラ・クニス(ソラーラ) 、 レイ・スティーヴンソン(レッ...
ザ・ウォーカー(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
なーんか気になる映画だったので「ザ・ウォーカー」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン 上映時間:118分  世界で1冊だけ残る本を運ぶため30年間も旅を...
★「ザ・ウォーカー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みにTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 予告編を観て、30年間ひたすら西へ・・・なんて言ってたもんだから、 世界一周出来ちゃうぞ・・・と、ツイッターでツッコミを入れといたけど。
ザ・ウォーカー (The Book of Eli) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、...
mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...
【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ ということで本日2010年12月5日(日曜日)寝る前の更新に引き続き二度目の更新。 以下は映画観賞記録です。...
「ザ・ウォーカー」(THE BOOK OF ELI) (シネマ・ワンダーランド)
デンゼル・ワシントンを主演にした近未来アクションドラマ「ザ・ウォーカー」(原題=イーライの本、2010年、米、118分、ヒューズ兄弟監督作品)。この映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に1冊だけとなったある本を襲撃者から守り、西へ...
世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー (RISING STEEL)
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...