ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『ザ・ウォーカー』

2010-04-10 16:30:15 | 新作映画
※カンの鋭い人は注意。
※映画の核に触れる
部分もあります。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。



(原題:The Book of Eli)

「これはもう珍作。
そう呼ぶしかないね」

----えっ。それはまた挑発的な…。
デンゼル・ワシントンの超大作に
その言葉は似合わないんじゃニャいの?
「この映画の場合、
その“超大作”にしたのが、そもそもの間違い。
本来ならば堂々とした(?)B級として作るべき映画。
ぼくとしては、名画座とかで出会いたかったね。
今の時代無理だけど…。
あっ、ぼくはこの映画そのものを否定しているわけじゃないよ。
物語は、世界が崩壊して30年後の世界。
ウォーカーと呼ばれる、あるひとりの男が、西を目指して歩き続けている。
彼は、天啓に導かれ、ある本をその地まで運んでいるんだ」

----あらら。その本が何かはすぐ分かっちゃうニャあ。
「でしょ。
間違ってもこれは『西遊記』の経典じゃない(笑)。、
さて、旅の途中、彼が立ち寄ったある町では
カーネギー(ゲイリー・オールドマン)という名の独裁者が君臨。
彼もまた、ある本を探していた。
その本を手にした者は、世界を支配できるというんだね。
文明は崩壊し、多くの本は焼却。
しかも、彼の手下は字が読めず、
なかなか探すことはできない」

----で、そのふたりの決闘になるわけだ。
「そういうことだね。
その荒廃した世界観は『マッドマックス』のようでもあり、
マカロニウエスタン風でもある。
おそらく監督の頭にはセルジオ・レオーネがあったんだろうな。
何度も『ワンス・アポ・ア・タイム・イン・アメリカ』の旋律が流れる。
もっとも、こっちはウエスタンじゃないけども…。
あと、主人公のキャラ設定には
『アフロサムライ』があるような気がしたね。
とにかく、デンゼル・ワシントンの殺陣がはやい!
それをロングに引いたシルエットの画の中で一気に見せちゃうという
そのスタイリッシュさは、
この映画の特徴のひとつだろうね。
そういえば、最初はウォーカーがもつ武器として日本刀も検討されたとか。
最終的には、動きやすくて仕舞いやすいということで
中南米の山刀(マチェーテ)に似た形になったらしい」

----ふうん。銃とかはまったく使われないの?
「もちろん。敵はバンバン撃ってくるよ。
クライマックスの老夫婦の家では
ガトリング砲とか言ったっけ?
『続荒野の用心棒』並みに撃ちまくり、
家が一軒壊れてしまう」

----その、老夫婦って?
「ここがぼくは、最高にオモシロかったところ。
マイケル・ガンボン、フランシス・デ・ラ・トゥーアのふたりが演じるその夫婦は、
この時代を必死で生き延びている。
年老いているのになぜ、生き延びているか……。
そのヒントが、このお婆さんが運んでくる紅茶カップを持つ手の震え…」

----ニャに言っているか分からニャいよ。
「うん。分からない方がいい。
ここは、ゾッとする。
いわばホラーになるところ。
そういう意味でもB級臭ぷんぷん。
『ウルヴァリン X-MEN ZERO』の老夫婦とは話が違う。
さて、この映画、実を言うと、
ラストの方で、とんでもない展開を見せる。
ひとつは主人公の正体に関するもので、
さすがに、これはぼくの口から言えない。
ただ、それはこの本に関係あること。
そして、もうひとつは悪玉、大ボスの最期。
●●に倒れる大ボスと言うのは、ぼくは初めて観た気がする」

----いよいよ、ニャんのことだか…。
「だよね。
主人公は撃たれても死なないし、
ぼくは途中から、神が出てくるなどの、
とんでもないことが起こるのかなと思ったけど、
そういう、“なんちゃって”な逃げはない。
同じ文明崩壊映画でも
『アイ・アム・レジェンド』よりはいいと思うよ。
もし、キリスト教を絡めなければ、
堂々たるカルトになったかも。
惜しいなあ」



         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「だけど、30年も歩くなんて出発点はどこなのニャ?」小首ニャ


※どこか分からなかった度


コトリ・ロゴお花屋さん/">もよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はオフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『タイタンの戦い』(2010年版) | トップ | 『闇の列車、光の旅』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カルト (ともや)
2010-05-31 07:11:25
こんにちは、えいさん♪
これって途中のアクションは申し分無くいいんですけど、ラストとかゲイリー・オールドマンの最後とか…何かスカっとしないんですよね(笑)。

>もし、キリスト教を絡めなければ、堂々たるカルトになったかも。
すでに充分カルトかも?(笑)
■ともやさん (えい)
2010-06-01 23:34:27
こんにちは。
確かにスカッとしませんでしたね。
特にラストは腰砕けの感も…。
まあ、これもカルトたるゆえんかも…。(笑)
B級テイストで (にゃむばなな)
2010-06-19 14:18:10
こういうB級テイストな作品はジョエル・シルバーやヒューズ・ブラザーズよりもロバート・ロドリゲスのような監督さんに全てお任せするのがよかったと思いました。
ほんと、B級テイストを大作扱いにしちゃいけませんよね。
Unknown (えふ)
2010-06-19 16:30:54
これ、大作だったんですか?(汗
信仰心がないと・・・
ただの“本”ですよね(苦笑
限定 (たいむ)
2010-06-19 16:48:14
こんにちは。
やっぱり宗教がからむと無信心者には今一つになってしまうのかな?と。
作品の中の人々はまさしくそういうことだと言っているようなものと思うのだけど(笑)
「本」というもの (悠雅)
2010-06-19 20:55:57
中身も中身だけど、
「本」というものの特性を語るお話だったのか?と
だんだん思うようになってきました・・・

年齢を重ねて、ちょうどいい頃合に力が抜けたゲイリー・オールドマンが気に入りました。
■にゃむばななさん (えい)
2010-06-19 22:01:18
こんばんは。

なるほどロバート・ロドリゲスですか。
それはオモシロそうですね。
特に、あの老夫婦のあたりは…。
ひと昔前だったら、
ジョン・カーペンターあたりも手をあげていそう…。
まあ、ぼくはそこそこ楽しめました。
■えふさん (えい)
2010-06-19 22:02:40
そうなんですよ。
その観点で観ると、
ハリウッド映画は、
自分たち中心に世界が回っていると
それを前提としているのがよく分かります。
まあ、傲慢というかなんというか…。
■たいむさん (えい)
2010-06-19 22:05:12
こんばんは。

世の中には、いろんな宗教があるのに、
自分たちの宗教が絶対として
この映画は進んでゆく。
はて、この映画の中で
世界が終わりとなった理由はなんだったんだろう?
■悠雅さん (えい)
2010-06-19 22:10:28
こんばんは。
「本」の映画というと
『華氏451』を連想しちゃいます。
この映画では、
「この本」だけを特別視してしまったところが
残念でした。

ゲイリー・オールドマンはこういう役は、
ほんと似合いますね。
珍品 (ノラネコ)
2010-06-19 23:24:34
いやホントにこれは珍品、変な映画でした。
でも嫌いじゃないです。
神様が出てきても、少なくとも人間の意志を感じられるので楽しめました。
キリスト教的な世界観は確かにピンとこないのですけど、この映画のカルト感って案外この設定の産物という感じがして、無くすと単なるC級SFになってしまう気がします。
70年代テイストも悪くなかったです。
■ノラネコさん (えい)
2010-06-27 17:56:03
お返事遅くなりました。

なるほど“人間の意志”ですか。
運命論に陥らないところが、
ノラネコさん的には○だったのかも。
キリスト教を導入したから
かろうじてカルト足り得たというのも皮肉。
この映画には似合っている気もしますが…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ザ・ウォーカー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE BOOK OF ELI) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 世界にたった1冊だけ残された本を巡って繰り広げられるサスペンスアクション。 文明崩壊後のアメリカ大陸。ウォーカーと名乗る男(デンゼル・ワシントン)は、世界でたった1冊残る本を運び、...
ザ・ウォーカー (うろうろ日記)
試写会で見ました。本を運ぶためにひたすら西へ向かって歩いている話です。冒頭の森の
『ザ・ウォーカー』 (めでぃあみっくす)
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレがないのが残念。 ヒューズ・ブラザーズ、ゲイリー・オールドマン、そして爆破魔。この映画...
ザ・ウォーカー (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本をー。
「ザ・ウォーカー」みた。 (たいむのひとりごと)
原題は『The Book of Eli』。予告編によれば”世界に残されたたった一冊の大切な本”をめぐる攻防みたいな印象であり、なんで邦題が『ザ・ウォーカー』と”本”を守護する人間側になってしまったのか
劇場鑑賞「ザ・ウォーカー」 (日々“是”精進!)
 「ザ・ウォーカー」を鑑賞してきました「フロム・ヘル」のヒューズ兄弟がデンゼル・ワシントンを主演に迎えて描くSFサスペンス・アクション。文明が崩壊した終末世界のアメリカ...
ザ・ウォーカー (悠雅的生活)
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
ザ・ウォーカー (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・...
ザ・ウォーカー・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
最終戦争で人類文明が滅亡した後の世界を舞台に、この世に残されたたった一冊の貴重な本を、ひたすら西へと運ぶ男を描いた、デンゼル・ワシ...
[映画『ザ・ウォーカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?  アクションが西部劇スケールなので、『マッドマックス』よりも表現が退化したと思われそうだが...
ザ・ウォーカー / The Book of Eli (勝手に映画評)
何らかの原因に依って文明が崩壊してしまっている社会が舞台。 とは言うものの、“何らか”が示すものは、核戦争である事を映像的に表現しています。“何らか”と記したのは、明示的に台詞として語られていなかったから。冒頭のシーンから、核の灰の降るシーンですからね...
ザ・ウォーカー (だらだら無気力ブログ)
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲ...
ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ゲイリー目当て{/3hearts/} だったけど、最高にカッコよかったのはデンゼルの方{/kaminari/} 期待はしてないまでも、ずーっと楽しみだったから初日に観てきま...
ザ・ウォーカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩...
「ザ・ウォーカー」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 「マトリックス」のジョエル・シルバー制作。ハリウッドを代表する二大スターが競演する事でも話題の本作。 主演のデンゼル・ワシントンは「サブウェイ123激突」の信楽焼のタ...
【ザ・ウォーカー】 (日々のつぶやき)
監督:アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・キュニス 「戦争で地球が焼けたただれ、人口が減ったアメリカをイーライはただ一人旅を続けていた。 途中ある町に立ち寄った。そこで男たちに絡まれたイー
映画「ザ・ウォーカー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/6/23 ユナイテッドシネマ豊洲。 ここは肘置きが各椅子の左右に一つずつついている。 つまり、椅子と椅子の間の肘置きが2つあるので、肘置きの取り合いにならなくて済む。 とはいっても、他の映画館に比べ椅子の間が10cmほど広いだけで、そんなに違和感はない。...
ザ・ウォーカー (心のままに映画の風景)
世界で一冊だけとなった本を西へ運ぶため、30年間歩いて旅をしているイーライ(デンゼル・ワシントン)は、立ち寄ったある町で独裁者カーネ...
ザ・ウォーカー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
デンゼル・ワシントンにゲイリー・オールドマン舞台は近未来・・・人類は一度滅亡しかけ生き残った人々一人の男がひたすら西に向かって旅を続ける。Gyaoで冒頭7分くらいの映像公開してまして・・・あ、たぶん寝るかもという懸念抱きつつ鑑賞してました。あぁ、やっぱり途...
ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方...
ザ・ウォーカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界はすべてを失った。残されたのは、たった一冊の本!男はそれを抱え、ひたすら歩き続ける。運べ、西へ。その本を__。 男はなぜ、歩むのか?、何が書かれた本なのか?、戦慄の新世紀サスペンス・アクション。 物語:近未来、人類はほぼ滅亡しており、生き長らえた...
映画「ザ・ウォーカー」 (FREE TIME)
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。
タイトルデザイン_17・ザ・ウォーカー・Prologue Films (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・ネタバレ、内容に触れています。物語・世界崩壊後の近未来。世界に一冊だけ残された本を運び西へ向かう男イーライ(デンゼル・ワシントン)。そして同じく本を探す男カーネギー(ゲイリー・オールドマン)。果た
ザ・ウォーカー★★★+劇場93本目:セピア... (kaoritalyたる所以)
デンゼル・ワシントン主演のウォーカー‥一冊の本を西へ運ぶってだけの話しです(笑)だけじゃないけど、まぁそんなお話で、ネタバレ書いちゃいます。観ようと思う人は読まないで。そ...
「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・ (はらやんの映画徒然草)
<今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK
西へ旅する者〜『ザ・ウォーカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き...
ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI (いい加減社長の映画日記)
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー」は、大きめのスクリーンで、3...
ザ・ウォーカー (メルブロ)
ザ・ウォーカー(原題:THE BOOK OF ELI) 322本目 2010-26 上映時間 1時間58分 監督 アレン・ヒューズ 出演 デンゼル・ワシントン(イーライ) 、 ゲイリー・オールドマン(カーネギー)      ミラ・クニス(ソラーラ) 、 レイ・スティーヴンソン(レッ...
ザ・ウォーカー (The Book of Eli) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、...
mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...
【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ ということで本日2010年12月5日(日曜日)寝る前の更新に引き続き二度目の更新。 以下は映画観賞記録です。...
「ザ・ウォーカー」(THE BOOK OF ELI) (シネマ・ワンダーランド)
デンゼル・ワシントンを主演にした近未来アクションドラマ「ザ・ウォーカー」(原題=イーライの本、2010年、米、118分、ヒューズ兄弟監督作品)。この映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に1冊だけとなったある本を襲撃者から守り、西へ...
世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー (RISING STEEL)
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...