情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

排ガス規制違反での逮捕について予防拘禁の復活と批判~大谷昭宏氏指摘(東京新聞)

2007-08-29 06:49:28 | 適正手続(裁判員・可視化など)
 
 
 日本は、世界的にみても、一流の人権侵害国になってしまった。G8に参加するなんておこがましく、米国が、人権侵害状況を改善するために、占領必要があるのではないか、と思われるほどだ。なぜ、公安が排ガス規制の法律で市民運動家を逮捕することを裁判所が認めるのか?そして、なぜ、裁判所の不当な決定について、マスメディアが一斉に警告を発しないのか?なぜ、市民が怒りを表現しないのか?光市母子殺人事件で、弁護団に怒りをぶつける人は、この警察、裁判所の横暴については、いかに考えるのか…。

 先日、お伝えしたエントリーについて、わずかに東京新聞が大きく取り扱っているようなので、その記事を紹介しておきます。

 記事にも書いてあるとおり、逮捕のみならず、勾留までついたようだが、その判断をした裁判所は、一体、何を考えているのか?関係者は、今回の警察、裁判所の横暴に対し、きちんと、責任を問うて欲しい。そうでないと、次の世界的イベントでは、他国がボイコットをすることになるに違いない。



 

 
 

★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしています(ここ←参照下さい)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刑事法は何のためにあるのか... | トップ | 本日、警官の過剰発砲による... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
腹黒い連中 (imacoco)
2007-08-29 09:08:53
自衛隊の輸送機が、真っ黒な排ガスを撒き散らしながら連日住宅地上空で「訓練」をしております。



苦情の電話をすると、彼らはこう言います。「それはよく分かっていますが、必要な訓練ですので…」

警備・公安警察 (東西南北)
2007-08-30 01:48:55
 記事を読むと「排ガス規制」違反をした事実で逮捕したとあります。そうであれば、警備・公安警察ではなく、交通警察の部門ではないか?なぜ、公安警察なのか?大谷さんは「別件逮捕」だと言っています。背景は市民運動と天皇の警備体制。そして、取調べの時間延長。日本共産党の機関紙にはでていない事件です。こうしてみると警備・公安警察と日本共産党が「極左暴力集団」と規定している集団が背景にいると推定できる。背景は極左と警察の問題ですね。警察は「別件逮捕」で証拠を集めるやり方を取るのではなく証拠があるなら、堂々と極左を壊滅すればよい。もちろん、右翼や指定暴力団も同様だ。

 その上で、失業者・人間の職業選択の自由と勤労の自由を実現するべく市民運動している貧しい人間を逮捕して、取調べ時間を延長してまで「虐める」警察は異常だと言える。排ガス規制違反の取り締まりを強化すること自体はよいことだといえるのであるが、警察は貧しいボランティアの人間の微罪を取り締まるよりも利益追求の会社の排ガス規制違反を取り締まるべきであろう。限られた人員態勢で最大の効果をあげるには程度問題であるが会社の排ガス規制違反を調査する方に重点をおくのが当然だ。

 排ガス規制を違反して軽トラを走らせていた行為は確かに環境保護の時代に無神経な行為だと言えるが、失業者であるホームレスの人々の職業選択の自由と勤労の自由を実現しようとして運動しているは貧しい人々に対し、取るべき措置ではないであろう。本来であればそのようなボランティア活動をする人々の軽トラに対しては、税金で補助して排ガスが出ないような装置を付けるべきであるし、もっといえば、行政の責任で失業者の人々の自由を実現するべきなのだ。それをしないで単に警察で弾圧していくというのはやはり警察の「庶民いじめ」だと言わざるを得ない。僕が警察であれば、排ガス規制違反はよくない行為だし、行政の失業者に対する態度もよくない行為であるが、貧しい人々が貧しい人々のために活動しているわけであるから、「目をつむる」か口頭で注意する程度のことです。むしろ、有り余るほどの金、権力、人員、情報を持ちながら失業者対策に冷酷な行政の責任の方を取り締まることを考えるであろう。

 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
STOP! 外国人嫌悪&レイシズム、警察&裁判官の暴走 (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2007.3.12.23:45ころ。 内閣府が、昨年末に「治安に関する世論調査」
政府や財界による「労働者の難民化」に断固、抗議する(025) (SIMANTO BBS)
ネット喫茶難民5400人 20代が最多、日雇いが半数 (福井新聞) 8月28日午前10時04分 インターネットカフェで1年以上暮らす24歳の男性=5月、東京・蒲田  住所不定でインターネットカフェを泊まり歩く「ネット
防衛省による軍国主義の予兆 (現政権に「ノー」!!!)
防衛省、人材確保に民間からの「レンタル移籍制度」 防衛省が、民間企業の若手社員を自衛隊に2~3年の期限付きで入隊させる「レンタル移籍制度」の創設を検討している。  人材確保策の一環だが、背景には自衛隊の若手教育に対する企業側の期待もある。同省は、今...
07年8月29日・水曜日 新聞の世論調査とアンケート (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年8月29日・水曜日 新聞の世論調査とアンケート  新内閣が誕生すると各社がアンケートを出す。私は朝日新聞しかとっていないなく、Webで他社のを見るのに時間がかかるが、テレビは各社のアンケート結果を見せてくれるので比較ができるから助かる。      面白く...
危険な予防拘禁? (flagburner's blog(仮))
観客の入りがイマイチな世界陸上2007が開かれる前に、予防拘禁で逮捕された人がいるとか。
自民党の限界と内閣府「人権擁護に関する世論調査」 (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2007.8.29.20:40ころ 改造内閣だそうですが、なんだかなあ。。。しょ
世界陸上 開会式前に予防拘束? (老人党リアルグループ「護憲+」ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/d5b0b51c878c3f88db0b0760cce420a1 ヤメ記者弁護士: 排ガス規制違反での逮捕について予防拘禁の復活と批判~大谷昭宏氏指摘(東京新聞) >[記事見出し] 世界陸上 開会式前に予防拘束?         ホームレス支援者なぜ...
政府関係者、ホームレスを山中遺棄&臓器狩り (ゴーヤンのぼやき日記)
【大紀元日本8月29日】より(今日はこの大紀元のサーバ調子悪いようで、ページが表示されなかったり、文字化けしてたりで、この記事も一部文字化けしてます)8月26日の北京「新京報」によると、中国陜西省民政幹部が人を雇い、重病に罹った地元のホームレスを1400メートル...
公安の狙い撃ち逮捕 (高野 善通のブログアネックス)
 本日はお世話になっているヤメ蚊先生ブログ記事から。これ以外にも他のブログ記事にはありましたが、大手新聞では東京新聞が大きく取り扱っているくらいです。  事件は、実質上の本拠地となる大阪市内では違法となるディーゼル車について、奈良県内を本拠地として登録...
世界陸上の舞台裏で (Saudadeな日々)
トップ・アスリートが集う大阪・世界陸上。 開会式の華やかなパフォーマンスをする人たちはきっと知らない出来事。 MEMENTO MORI 死を想へ。 人は生き、そして死に行くもの。 この運命から逃げられる者はいない。 誰もが一人で生まれ、一人で死んでゆく...
逮捕大国ニッポンは、訴訟大国アメリカを笑えるか (ダイイン)
先日、ドキュメンタリー映画「100万ドルのホームランボール」を観た。 バリーボンズの打った新記録ホームランボールをめぐり、訴訟大国アメリカの姿、人種差別、司法において「所有」の定義とはなにか、メディアはどうあるべきか、アメリカイズムとはなにか、などなど、...