情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

外国人の指紋は70年以上保有~入管法改正案 えっ,じゃぁ,日本人のも…

2006-03-19 00:08:33 | 適正手続(裁判員・可視化など)
日本に入国する16歳以上の外国人に、指紋など個人識別情報の提供を義務づける出入国管理法の改正案の正体が実は,日本人の海外旅行客の指紋,顔写真を修習することを可能にする「顔写真・指紋データ収集法」であることは,ここで書いたとおりですが,17日の法務委員会質疑において,法務省が、取得した情報を70~80年にわたって保有する方針であることが明らかになった(朝日新聞)。

メディアプレーヤーの調子が悪く,直接,国会TVを見ることができないので,朝日新聞の情報のみですが,【河野太郎副大臣は17日の衆院法務委で「(指紋などは)偽造旅券などを見破る重要な情報。その人物がもう一度日本に来る可能性があれば保存が必要だ。基本的にその人間が生きている間は保有する。16歳以上から採取するので70~80年は保有したい」と述べた。】らしい。

これまで,法務省は,情報の保有期間について、「不必要になれば速やかに廃棄する」とし、具体的な回答を避けてきたが,まったく,虚偽の回答であったことが分かった。このような法案に関する説明で虚偽を述べることの問題性は,偽メールの比ではない。本来なら,虚偽回答ということで,各社一面トップで扱ってもいいくらいだ。それくらい書かないと,「どうせいい加減なこといって切り抜けて成立させてしまえばいいんだ」ということになってしまう。

私たち国民だって,偽メールで,民主党に抗議の電話を入れるくらいなら,偽回答をしていた法務省に抗議をするべきではないか!

ところで,日本が70年も外国人のデータを保有しているってことは,当然,外国(いまは米国)でも同じ期間,データを保有していると考えた方がよさそうだが…。米国の空港には,確か,直ぐに廃棄するという趣旨のことが書いてあったような気もする…。

米国での保管期間が70年だとするとそれはそれで日本人のデータが長期間にわたって保有され,日本の捜査機関がアクセスできるのだから問題だし,もし,米国の保管期間が対象者が出国するまでだとしたら日本の制度の異常性がはっきりする。

野党の質問ではその辺は明確にさせてほしい(それまでにメディアプレーヤーを直しておかないと…)。

ちなみに,米国国土安全保障省のウエブサイトでは,

US VISIT has published a Privacy Impact Assessment that ensures that personal information is used appropriately, protected from misuse and improper disclosure and destroyed when no longer needed(必要なくなれば,消去する). This will be updated as necessary.【US-VISIT Fact Sheet】 とあるのみ…。

さらに,【US-VISIT Privacy Policy】を見ると,

7. How long is information retained?
(情報はいつまで保存されるのでしょうか?)
Personal information collected by US-VISIT will be retained and destroyed in accordance with applicable legal and regulatory requirements(US-VISIT により,取得される個人情報は,適切な法律及び規則の要請に従って保存し,廃棄される).

とあるだけで,いつまで保管されるのか,まったく,分からない…。それでいいのか,米国人。あ,そうか,自分たちのことだと思っていないからね…。でも,日本で同じ制度ができたら,日本を訪問する米国人の指紋データなどは米国の捜査機関がアクセスするようになりまっせ!

念のため,US-VISITプログラムとは、 【生体認証バイオメトリクス式、米出入国審査・監視システムです。US VISIT生体認証プログラムは、米国入国者のデジタル写真や指紋を登録し、外国人の出入国、滞在期間や違法行為等を自動的にコンピューターで管理する包括的な監視・管理システムです。指紋照合や身分証明技術を導入するUS VISIT生体認証システムで収集した外国人の情報は、ICE移民局やその他の政府機関のデータベースと照合され、検索結果によっては、米国訪問者は入国を拒否されたり、米国在住の外国人は米国外退去審問の対象になります。】(ここ)というもの。

まったく,子供が人間型宇宙人対策プログラムとして考えつきそうな仕組みだなぁ…。


※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民投票法案,今国会の成立... | トップ | 日本の公安ってば…立て看ぐら... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (田中大也)
2006-03-19 13:52:46
TBありがとうございます。全く、酷い話です。法案そのものの危険性もさることながら、これほどの虚偽的答弁をしてしまった以上は、法案を一時引き下げるなどの処置が必要だと思います。



どんどん国が危険な方向へと行ってしまっているのを日々感じております。
ひえ~ (華氏451度)
2006-03-20 01:51:37
TBありがとうございました。知らないうちに何されてるかわからん、という世の中です……。よほど目を光らせて見、眉に唾付けて聞かなければとんでもない所に連れて行かれるような、そんな気の重い世の中には住みたくない、もっとのんびり暮らしたいのですが……。



私のほうからも、2本まとめてTB送らせていただきました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「治安維持法」が甦る――それもさらに強力に (華氏451度)
共謀罪の審議は先送りされているが、それも「今のところは」である。共謀罪については本やブックレットが出されているし、多くのブログでも触れておられる。法案の内容・問題点などは専門の法律家や、一貫して反対運動をおこなってきた団体の書いたものを見ていただいた方が
飼い慣らされまい――我らは知るべし、よるべからず (華氏451度)
「民は之に由(よ)らしむべし、之を知らしむべからず」という、大昔の言葉がある。『論語』にも「民は、これを由らしむは可なるも、知らしむは可ならず」と書かれているようだ。ずっと時代が下った日本でも同じようなことを――むろん「聖賢の言葉」を引いたということだろ
もうはじまっちまった入管法改正案の審議 (みちくさ(Michikusa))
 今国会では例年になく早い時期から入管法改正案の審議がはじまった。  今週の15
入管法改正案は許容できるか? (法と常識の狭間で考えよう)
 本年3月17日から、衆議院法務委員会では、出入国管理及び難民認定法(以下「入管
民主党は修正案提出か? (みちくさ(Michikusa))
 本日3月22日午後、入管法の改正案を審議している衆院法務委員会では、民主党と社
条約難民支援施設/差別撤廃:NGOが共同声明/入管法改正案、閣議決定 (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2006.2.8.22:50ころ 1) 条約難民支援施設:4月、東京都内に開設へ