情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

顔写真・指紋データ収集法案審議入り~17日,衆院で

2006-03-14 01:34:50 | 適正手続(裁判員・可視化など)
テロ対策の一環として、原則16歳以上の外国人が入国する際、指紋や写真などの個人識別情報の提供を義務づける出入国管理及び難民認定法の改正案が,3月17日,審議入りする。このような制度を導入しているのは,先進諸国では米国だけで,国家が不特定多数の人の指紋などを管理して監視の対象とすることには個人情報保護の観点などから反対する声も根強い(この点は下記ジャパンタイムズ参照)。

しかし,実は,この法案の真の姿は,外国人の顔写真・指紋を採取するだけではなく,日本人の顔写真・指紋を採取し,それを警察が捜査に利用できるようにする「顔写真・指紋データ収集法」なのである。

出入国管理及び難民認定法の第61条の9は次のように規定されている。
■■
1 法務大臣は、出入国管理及び難民認定法に規定する出入国の管理及び難民の認定の職務に相当する職務を行う外国の当局(以下この条において「外国入国管理当局」という。)に対し、その職務(出入国管理及び難民認定法に規定する出入国の管理及び難民の認定の職務に相当するものに限る。次項において同じ。)の遂行に資すると認める情報を提供することができる。

2  前項の規定による情報の提供については、当該情報が当該外国入国管理当局の職務の遂行に資する目的以外の目的で使用されないよう適切な措置がとられなければならない。

3  法務大臣は、外国入国管理当局からの要請があつたときは、前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する場合を除き、第一項の規定により提供した情報を当該要請に係る外国の刑事事件の捜査又は審判(以下この項において「捜査等」という。)に使用することについて同意をすることができる。
  一  当該要請に係る刑事事件の捜査等の対象とされている犯罪が政治犯罪であるとき、又は当該要請が政治犯罪について捜査等を行う目的で行われたものと認められるとき。
  二  当該要請に係る刑事事件の捜査等の対象とされている犯罪に係る行為が日本国内において行われたとした場合において、その行為が日本国の法令によれば罪に当たるものでないとき。
  三  日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。
■■

つまり,【法務大臣は、出入国管理及び難民認定法に規定する出入国の管理及び難民の認定の職務に相当する職務を行う外国の当局(以下この条において「外国入国管理当局」という。)に対し、その職務の遂行に資すると認める情報を提供することができ,かつ,外国入国管理当局からの要請があつたときは、提供した情報を要請してきた外国の刑事事件の捜査又は審判に使用することについて同意をすることができる。】というのだ。

くだけて言えば,「日本で集めた外国人の情報は,外国の警察に売りますよ」,ってことだ。

しかも,このような捜査機関への情報の提供は【日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証があるとき】に限定されるのだから,くだけて言えば,「日本から外国人の情報を提供するかわりに,その外国からも日本人の情報を捜査機関で使わせてもらいまっせ」ということだ。

顔写真・指紋の採取は,強制できるものではないはずだ。悪名高い外国人登録証の指紋押捺について,法務省は、指紋記録は犯罪捜査に利用しないとしていた。そこまで厳格に適用せざる得なかった個人生体情報が外国でどんどん収集され,いざとなったら,犯罪捜査に使われてしまう。

こういうシステムなんだけど,成立させてもよいのかなぁ…。



■■ジャパンタイムズ引用開始■■
急増する外国人犯罪を抑止するため、政府は出入国する外国人に指紋押捺を義務づける制度の導入に動いている。「出入国管理及び難民認定法」の一部を改正する法案を来年の通常国会に提出、改正法を07年から施行する意向だ。この計画は外国人居住者の批判を浴び、外交紛争のもとになる可能性がある。

 新制度の下で、外国人は入国時に写真を撮影され指紋を採取される。出国時にも同様の手順を繰り返す計画もあるという。ただし永住外国人は制度適用を免除される。

 政府・自民党は、出国外国人の指紋採取は、外国人犯罪容疑者が偽名を使って海外逃亡するのを防ぐ効果があるという。米は同時多発テロの経験を踏まえ、昨年から入国外国人の指紋を査証申請時に採取した指紋と照合する制度を導入した。

日本の旧指紋押捺制度は外国人登録証作成のため導入された。これに対し多くの外国人、特に在日韓国人・朝鮮人は屈辱的で差別的だと反発、反対運動が起きて、同制度は1999年に廃止された。

旧制度について法務省は、指紋記録は犯罪捜査に利用しないとしていた。刑事訴訟法でも、令状なしの指紋採取の対象になるのは、犯罪容疑者として身柄を拘束された人物に限るとしている。したがって、外国人が出入国時に強制的に指紋を採取されるとなれば、外国人差別の新しい動きとして批判を浴びるだろう。

問題は、政府が外国人、外国政府に対し新制度導入の合理的根拠を示せるかだ。外国人犯罪を抑止する方法は他にもある。法務省は、外国人居住者の国籍、氏名、住所、出入国の記録、強制送還者の写真・指紋などを含む各機関所有のデータベースの一本化を検討しているという。しかし、身元確認のための情報が犯罪捜査に使われると、個人情報保護の観点から問題になる可能性がある。

 自民党は、外国人対象のIC在留カード導入を検討しているというが、これらの制度のもとで外国人は、常時監視されていると感じるだろう。

政府・自民党は、新防犯制度の詳細を、実施前に十分時間をかけて説明すべきだ。
■■引用終了■■
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橋本勝の政治漫画再生計画-第1... | トップ | 国家公務員から取材、記者に証言... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kanazawa)
2006-03-14 17:40:37
法律改正案の問題点などがわかりやすく、いつも拝読しています。

じつは外国当局の要請があればという部分を読んでいて、組織犯罪処罰法の改正案にもそういう文言があったのを思い出しました。 要請国への執行財産等の譲与等

http://www.moj.go.jp/HOUAN/SOSHIKIHANZAI/refer04.html

以前営利活動により利益を得ることも、共同目的に該当するとの指摘がありましたが、この改正案部分米国などから(特許 知的所有権等)訴訟を起こされないでしょうか。

また外資が入っている企業が何か犯罪に巻き込まれた場合、外国からの要請で企業の収益が没収保全されそうな・・

なにか気になります。

ありがとうございます (ヤメ蚊)
2006-03-15 23:42:31
補足してご説明頂ければ幸いです。
Unknown (kanazawa)
2006-03-16 16:46:05
犯罪収益没収が被害者救済を強調した報道が多かったので疑問を感じ調べていました。

法律は専門でありませんので、条文が正確に読み取れていない部分があると思います。

現在 犯罪収益にあたる犯罪は明確に示されていますが(2条2項)、共謀罪を含む審議中の改正案がとおると、懲役4年以上の犯罪全てに適用されます。

http://www.moj.go.jp/HOUAN/KEIHO5/refer01.html (第三ノ二ノ一ノ)

となると犯罪によっては未遂でも、起訴前でも没収保全ができる。そこで加重規定の記事を拝読しまして、これは危険な法律ではないかと思ったのです。雑誌記事の企画だけで逮捕にとどまらず、その企業の資金まで押さえる事ができる。(混和財産もふくまれるので)

司法当局がその気になれば企業・団体をつぶすのは簡単な事ではないか、ましてや外国の要請で動く可能性もあるわけで、ライブドアの様な事件の場合、外国の株主から没収保全の要請がある。 と条文から読み取ったのですが、どう思われますか?私の解釈が間違っていなければ、ご感想をお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。

(特許に関しては民事と刑事 混乱していました。お恥ずかしいです。)

そもそも (situmon)
2006-03-22 16:32:33
極めて基本的かつシンプルな質問です

犯罪に手を染めずまっとうに生きている市民にとって、

警察が指紋や顔写真を持っていると何か問題がありますか?



運転免許を持っている人は全員顔写真を警察に保存されています。

それも問題があるということですか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アメリカの指図? (人工楽園)
 ・顔写真・指紋データ収集法案審議入り~17日,衆院で(情報流通促進計画)  昨年の郵政民営化問題の背後に、合衆国政府からの「年次改革要望書」が存在していたことは知る人ぞ知るところだが、この法案の場合はどうなのだろう。  ちなみに、在日米国大使館のHP
春闘で「東京総行動」 (ニュース・ワーカー)
 13、14の両日は、新聞労連と新聞労連東京地連が「東京総行動」を共催した。例年、春闘のこの時期に合わせて、全国の新聞社の労働組合から代表が上京し、在京の新聞社労組の組合員とともに、時々のテーマに即して学習会や関係省庁への申し入れを行う。30年以上の歴史