情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

またまた、警察の不当捜査が発覚…本当にもう証拠開示させるしかないよ

2008-11-15 23:10:09 | 適正手続(裁判員・可視化など)
 先週、刑事裁判の証人尋問があった。ある意味、犯罪立証のための核心的な証人で、一問一問に気を遣って反対尋問をせざるをえず、久しぶりに、尋問後に吐き気がするくらい、疲れた。というのも、想定外の発言が次々に出てきたため、どこかに落とし穴があるのでないか、ここまで獲得したものが地雷を踏んで一気に失われてしまうのではないか、とどんどん緊張していったからだった。

 事件の詳細は言えないが、証人は、業務上の犯罪に荷担したとされる者だった。その証人の行った行為が犯罪なのか、そうでない通常の行為なのか、よく分からない、というところまで持っていくというのが、最大の目標だった。

 砂山に立てた棒を倒さないように、徐々に徐々に砂をかき分けていくような尋問を行った。被告人は関与していないから、犯罪に関連する業務上の手続きすら分かっていない。そこで、弁護人としては、一気にどさっと砂をかき分けるにはいかず、できるだけ、検察官が盛った砂(証拠)を棒を倒さないようにかき分けていくしかなかったからだ。本当に緊張する時間が続いた。

 ところが、この作業を続けているうちに、この証人は、日常業務であることを示す書類を警察で見せられていたことまでも証言したのだった。

 つまり、警察は、この証人が行った行為が日常業務であることを知りつつ、日常業務であったことを示す書類を隠してしまい、日常業務が犯罪行為であったかのように装って立証しようとしていることが分かったのだ。

 完全なでっち上げだ。

 聞いている傍聴人や裁判官も驚いただろうが、質問しているこっちが一番、驚いた。

 「え、いま、なんて言った?」そう、言いたい気持ちを抑えて、聴き方を変えて、つぶされないように何とか固めた。


 事件の進展はおいておくとして、問題は、こういうことをいまだに警察がしているってことだ。

 怪しい奴を有罪にするためには、犯罪をでっち上げてもかまわない…そういうことなのだろう。その気持ちはおそらく、警察官の本能に近いものであり、警察の反省、自制によって解決することはできないだろう。
 
 だからこそ、取り調べの過程を証人も含めてすべて録画することでそのようなでっち上げをすることを防ぐとともに(これも一種の証拠開示)、警察官が収集したすべての証拠を弁護人側に開示するような仕組みをつくるしかない。

 昔ならそういうこともあったろうけど、今の警察にそれはないでしょう…。そう思う人もいるでしょうが、警察の本能は変えられないでしょうからね…。

 そうそう、例の3人の転び公妨について、アワープラネットTVが番組をつくってくれています。

 併せて、ご覧ください。



http://www.ourplanet-tv.org/video/contact/2008/20081112_17.html


  


【PR】





★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刑事裁判での99.9%有罪... | トップ | -東京裁判史観を否定して日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
【必読】仮釈放の要件 (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
是非ご一読ください。
08年11月16日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年11月16日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・時事放談から{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・田母神氏と自衛隊{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党...
青木理「渋谷・路上逮捕を解剖する」 (喜八ログ)
2008年10月26日に東京・渋谷で発生した「リアリティツァー弾圧事件」。 気鋭のジャーナリスト青木理《あおき・おさむ》さんが、その問題点を分かりやすく解説されています。